『ふしぎ遊戯』七星士と二十八宿まとめ

続編が出るほど人気を誇った『ふしぎ遊戯』。巫女を守る七星士の名前が「二十八宿」からとられていることは有名ですが、本当は一体どんな星なんでしょうか?各神獣の七星士及び、元ネタについてまとめました。

玄武の甲羅に当たる。祭事、祈祷を意味する。十二宮においては、沈着冷静で不屈の精神を持った宮と、エキセントリックな宮の影響を受ける。七曜では厳格、自己研磨の精神を表す。

出典: kosei-do.com

室宿(はつい)

12歳。薬草に詳しく、心優しい少年。ただ気が弱く、鉄の籠にこもることが多いです。

「我が道を行く」タイプ。妥協を許さない。豪快にして自由、独創的。ただ意外と傷つきやすい面も。

出典: kosei-do.com

壁宿(なまめ)

小さな人形のような七星士。その実は石の精霊で、何にでも化けられます。当初は言葉を発しませんでしたが、徐々に話すようになりました。基本の姿が人形のようである為か、独自のコーナーを持つなど、本編以外の所ではマスコット的な扱い。

信心深く、深い慈悲の心を持つ。芸術的センスを持ち、イメージ、直感で行動。雰囲気に流されやすい面もある。

出典: kosei-do.com

出典: www.animecharactersdatabase.com

斗宿(ひきつ)

水を操ります。死後霊体として神座法を守っていました。

玄武の甲羅の前部分に当たり、地位や推薦を意味する。十二宮では旺盛な知識欲、行動力を備えた宮と勤勉かつ忍耐強い宮の影響を受ける。七曜では拡大と繁栄、自由な心と、厳格にして自己研磨の精神を表す。

出典: kosei-do.com

虚宿ともども、甲羅の部分というのが意味深と言えば意味深です。神座法を守っていたわけですし。

牛宿(いなみ)

女性七星士。巨大なキセルが武器です。用心棒の経験あり。

迅速に進めて吉。

出典: ja.wikipedia.org

危宿(うるみや)

【ハーガス】女宿の命を狙っていました。他の七星士の能力を奪い、自分の物として使用可能。この頃の七星士は危険視されていたため、双子の兄を囚えていた時期があります。皇帝の裏切りで視力をほぼ失っている身。字は部首以外の部分のみが現れます。

【テグ】ハーガスの双子の兄。歌うことにより攻撃する七星士。場合によっては、他の七星士の能力を無効化させられます。長年幽閉されており、肉体的には成長していません。

高い社会的な地位を得る、自分を偽らない。管理能力が高く、意志も強い。

出典: kosei-do.com

出典: yaplog.jp

玄武の巫女・奥田多喜子

大正時代の人物。『朱雀・青龍編』では天地書の訳者奥田永之介の娘で、父により殺されたとあるだけでした。長刀が得意な少女。大杉鈴乃の父に恋をしていたようですが、天地書内部では女宿と恋に落ちます。結核を患いながらも倶東国と戦い、願いを二つ叶えた所で死亡。

総括

どんな星なのかと調べたら、色々な占いや意味で使われています。七星士の元ネタ特集でした。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents