東京マグニチュード8.0(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京マグニチュード8.0』とは2009年7月から9月までフジテレビのノイタミナ枠で放送された防災や家族愛を描いたテレビアニメ。平成21年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門において優秀賞を受賞している。巨大地震により甚大な被害を受けた東京の街を舞台に、1人の少女と被災者の視点で物語は進んでいく。夏休み初日、弟悠貴のお守りでお台場のロボット展を訪れた小野沢未来は最大震度7の大地震に突如襲われる。当たり前だと思っていた家族との日々を大切に感じるヒューマンドラマ系アニメ。

『東京マグニチュード8.0』の概要

『東京マグニチュード8.0』とは2009年7月から9月までフジテレビのノイタミナ枠で放送された防災や家族愛を描いたテレビアニメ。ノイタミナ枠では『東のエデン』に続いて2作目のオリジナルストーリーである。平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門において優秀賞を受賞している。アニメ放送中や放送後も防災イベントや、BSフジなどの一部放送局で総集編が断続的に公開され、CS放送ではシリーズ全話が再放送されている。また、2010年5月にはテレビ版を元に高橋ナツコが『マグニチュード8.0〜悠貴と星の砂〜』のタイトルで小説を書いた。突然発生した巨大地震により甚大な被害を受けた東京の街を舞台に、1人の少女と被災者の人々の視点で物語は進んでいく。
夏休み初日、弟悠貴のお守りでお台場のロボット展を訪れた中学1年生の小野沢未来は最大震度7(マグニチュード8.0)の大地震に突如襲われる。レインボーブリッジ崩壊や東京タワーが倒れる中、お台場で出会ったバイク便のライダー日下部真理とともに自宅がある世田谷に向かって歩みを進める。当たり前で退屈だと思っていた家族との日々が、どんなに幸せで満ち足りたものだったかを感じるヒューマンドラマ系アニメである。

『東京マグニチュード8.0』のあらすじ・ストーリー

大地震発生

出典: tokyo-m8.com

近くの手すりにしがみついて地震が収まるのを待つ未来。

中学1年生の1学期が終わり、通知表をもらう小野沢未来(おのざわみらい)は同級生たちが夏休みに旅行に出かける話を聞いて、仕事で忙しい両親のため旅行の話など一切出ていない自分の家と比べては落ち込む。クラスで席が近いメグはカリブに行く話をリサにしており、帰りに母親が焼いたスフレを食べに来ないかと誘ってきた。未来は苦笑いでその話を断った。また、その日の帰り道に幼馴染のマユとユカに寄り道へも誘われたが、まだ小学生の弟小野沢悠貴(おのざわゆうき)のお守りがあるため行くことができなかった。小さな我慢や家族への不満が積み重なって晴れない気持ちの未来は、携帯でマユとユカとのメッセージに愚痴をこぼす。

最近ずっと暗い表情の未来を心配する悠貴は、未来の机にあったお台場で撮った家族写真を見て次の日、「お台場のロボット展に行きたい」と言い出した。仕事で行けない両親のために渋々未来がついていくことになる。お台場に行くまでやロボット展で未来の笑顔が見られることもあったが、結局退屈そうな暗い気持ちは変わらずイライラしていた。帰りに悠貴がトイレに行きたいと言い出し、外で待っている間「こんな世界壊れちゃえばいいのに」と携帯のメッセージに入力する。次の瞬間、立っていた地面が大きく揺れ出した。轟音とともに建物は倒壊し、水道管は破裂して道路は水浸し、人々は地面にうずくまり揺れが収まるまで耐えていた。地震が収まり、トイレに行った悠貴を迎えに涙を堪えて未来は倒壊した建物の中に向かう。

真理との出会い、悠貴発見

出典: tokyo-m8.com

悠貴が心配で不安な表情の未来。

建物から出ていく人の波に逆らって歩く未来に余震が襲いかかる。身動きが取れず頭を抱えてうずくまる未来の頭上には、今にも落ちてきそうな天井があった。その様子を見ていた一人の女性が、未来を引っ張って落ちてくる瓦礫から守ってくれる。彼女は日下部真理(くさかべまり)といい、弟と逸れた未来のために一緒に探してくれると言ってくれた。道ゆく人に聞いていくと、「おもちゃ売り場で何人か一人でいる男の子を見かけた」と言うので1階のフロアまで瓦礫の山を進む。しかし、おもちゃ売り場に悠貴の姿はなかった。火事が発生して火の手が迫る中、「ここに残る」と言う未来に「死んだら元も子もない」と説得する真理。仕方なく出口に向かう途中、コンビニで「助けてください」と倒れた商品棚の下から女性の声が聞こえた。「今行きます」と言う未来の声を聞いて、同じ商品棚の下から「おねえちゃん?」と悠貴の声が聞こえる。棚と棚の間にあった空間により大きな怪我もなく助かった悠貴を、未来は泣きながら抱きしめた。悠貴と一緒にいたコンビニ店員の女性も大した怪我はなく、屋根がある場所へと未来たちと共に移動してコンビニ店員は知り合いと再会したためそこで別れた。真理と一緒に倒壊の心配のない場所まで移動した3人は、同じように移動してきた大勢の人たちに混じってひとまず腰を落ち着けた。しかし、両親への連絡はつながらない。

お台場から出発

出典: tokyo-m8.com

お台場から出ていた船に乗り込んだ3人。左から未来、真理、悠貴。

地震から一夜明け、唯一繋がるワンセグから流れるニュースで地震の規模と交通情報を手に入れた3人は、同じ方向に家があることから自宅まで一緒に歩くことを決断する。真理は義母の日下部和代(くさかべかずよ)と4歳になる娘の日下部ヒナ(くさかべヒナ)との三人暮らしで、連絡は未来らと同じくできなかった。お台場につながる橋は軒並み倒壊しており渡ることができないため、三人は緊急で出た船に乗ることにする。船着場が近づくにつれて人の数が増えていき、余震の混乱も重なって未来は人混みに攫われそうになる。恥ずかしさから、逸れないように手を繋ぐことを拒んだ未来だが、一人になる恐怖に耐えられず真理の手を強く握りしめた。子どもとその母親だと思われた3人は優先的に船に乗ることができたが、まだ船着場には大勢の人たちがいた。

対岸についた3人は東京タワー近くの公園までいくことにする。そんな中、未来は腹痛を起こしトイレを探していた。その異変に気づいた真理は配給されていた携帯トイレをもらってくる。使うのが恥ずかしくて我慢していた未来だが、公園のトイレは列が長く待っていられなかったためやむおえず携帯トイレを使うことにした。なんとかことなきを得た未来だったが、自宅まではまだまだ遠く、相変わらず両親と連絡は取れない。イライラがつのる未来は「全部あんたのせい」と「ロボット展に行きたい」と言った悠貴を攻めた。すると、それまで元気に振る舞っていた悠貴が黙り、どこかへ行ってしまう。それに気づいた未来は悠貴を探した。やっと見つけた悠貴は「お母さんとお父さん死んでないよね?」と今まで未来を元気づけるために張っていた気が緩んで、大声で泣き出した。二人はたまっていた不安な気持ちを吐き出すように一緒にただただ大声で泣いた。

東京タワーの崩壊と避難所のボランティア

出典: tokyo-m8.com

六華女学院の屋外で野宿をする未来。

ひとしきり泣いた二人は置いてきてしまった真理のもとに向かう。その時、ミシミシと鳴る音とともに目の前にあった東京タワーが二人に向かって傾き出した。急いで手を繋いで走り出す二人は間一髪押し潰されずに済んだが、東京タワーの破片が未来めがけて空から降ってきた。そこに飛び込んで未来を助けた悠貴は代わりに瓦礫が当たってしまう。その後ピクリともしない悠貴に泣きそうになる未来だが、「大丈夫だよ」と悠貴は動き出した。

真理とも合流して夜過ごすための避難所として、未来の通う女学院にいくことになる。いつも通っている中学校だが、帰宅困難者や運び込まれた遺体を見て気持ちが沈む未来。遺体の中には未来の同級生メグの母親もいたが、寄り添って泣き続ける同級生に何もできなかったことがさらに未来を落ち込ませた。そこに、ボランティアとして動く老人の男性が声をかけてきた。「もっと涼しい場所がある」と、三人を水辺のそばに案内してくれたその老人は「何にもできないからせめて涼しい場所に」と寂しそうな笑顔を見せる。古市と呼ばれていたその老人は古市匡司(ふるいちせいじ)といい、地震で未来と悠貴と同い年くらいの孫を亡くしていた。彼の妻である古市美佐子(ふるいちみさこ)は孫を無くしたショックで、未来たちを孫と勘違いして親しげに声をかけたりしていた。古市は妻を優しく制止して、「若者には生きてほしい」と未来たちに語る。その言葉を聞いて、中学校で出会った他のボランティアの人や大人たちの優しさを実感しながら芝生の上で未来は眠りにつく。

真理の体調悪化

出典: tokyo-m8.com

体調が悪化して事務所で倒れる真理。

中学校を朝早くに出発した三人は真理の事務所が近いため、そこに寄ることにする。道中どこからか聞こえてきた、真理の家がある三軒茶屋方面での火事に動揺し余裕がなくなる真理は頭痛がするのか調子が悪そうだった。やっと事務所を発見して中に入るが、誰かがいた形跡がある。真理はそれを確認した後、事務所の電話から自宅に連絡を取ろうとするがここでもつながらなかった。そして、いよいよ汗が止まらなくなり、体調が急激に悪化した真理はその場に倒れてしまう。驚く未来と悠貴のもとに、事務所の階段を上がってくる音が聞こえてくる。現れたのは防災用具に身を包んだ真理の同僚である川崎彩(かわさきあや)だった。地震があった日から事務所に寝泊まりしていたらしい。熱にうなされる真理は母親と娘のいる自宅が家事で燃える悪夢を見る。目が覚めると、未来と悠貴の姿はなく彩から二人が出かけてくると言っていたと聞く。「なんでも一人で抱えるな。二人は自分が面倒を見る」という彩の言葉に自宅へ帰ろうか悩む真理。そんな時、今は亡き夫との結婚前の思い出が蘇る。バイクでのツーリング中に、怖くてスピードが出せなかった真理はグループから遅れていた。「先に行ってもいい」という真理に、夫は「誘ったのに置いていけないだろう」と笑う。そんなやり取りを思い出した真理は再び二人を探し始めた。未来たちは真理が自宅に帰れるように動きそうなバイクを探し出し、事務所まで持って帰ろうとしていた。そんな二人を見つけた真理は、「三人で一緒に帰ろう」と手を取った。

災害用ロボットとロボオタクの少年

出典: tokyo-m8.com

悠貴にスケッチを見せる健斗。

自宅への歩みを進める三人は、途中瓦礫から人を助け出す現場に遭遇する。そこでは巨大なロボットが瓦礫を持ち上げ、小型のロボットが救助者の探索を行っていた。自然と好奇心でそちらに向かう悠貴。その様子を見る人たちの中にはメモを片手にロボットをスケッチする少年がいた。その少年のスケッチを見て、彼に話しかける悠貴に少年はロボットについて詳細に説明をしてくれた。感心する悠貴に野々宮健斗(ののみやけんと)と名乗る少年は、自分は中学1年生だと教えてくれた。その話を聞いていた未来は好きなことに情熱を注ぎ、将来はロボットを作りたいという健斗を少し羨ましく思う。健斗に別れを告げて歩き出してしばらくすると、悠貴がふらつき出した。熱中症の症状が出ており、雨も降ってきたので民家の軒下で雨宿りをしていると住人が好意で招き入れてくれる。悠貴に膝枕をしながら、未来は両親について悠貴に語る。仕事で忙しいけどきっと自分たちのことを考えてくれていたんだろうということ、死んでしまうと考えるととても悲しいことを話し、もっと優しく接したいと静かに伝えた。嬉しそうに頷く悠貴は「また皆んなでお台場行こう」と未来に笑った。そんな話をしていると、家の前をロボットが通るのを悠貴が見つける。追いかけるために飛び出す悠貴を追う未来。ロボットの向かった先には健斗がおり、倒壊しそうな建物から落下したロボットを助けるために自らの命を危険に晒していた。驚き慌てる未来だが、悠貴に真理に伝えるように言うと健斗を助けに向かう。なんとか大事には至らなかったが、レスキュー隊員に叱られてしまった。「助けてくれてありがとう」と言う健斗に照れてそっけない未来だが、「ロボット展にも健斗と家族で行こう」と言う悠貴に優しく頷いた。

病院での朝

出典: tokyo-m8.com

病院に運ばれる悠貴。

健斗と別れてから歩き出すと、それまで元気に話していた悠貴が突然倒れた。脈拍や呼吸を確認した真理は「病院に行こう」と未来に言う。救急車で近くの病院へと向かうと、怪我人でどこもいっぱいだった。どの人もトリアージで救助の優先順位を色分けされており、看護師も医師も走り回ってとても忙しそうに動いていた。未来は気づくと死んでしまった悠貴の側に立っていた。動揺する未来だったが、真理が自分の名前を呼ぶ声で目が覚める。そこは病院のベンチで、未来と真理は悠貴の手術を待っているところだった。しばらくたち、扉が開いて医師が真理に何かを伝える。その光景の途中で再び未来は目が覚めた。そこは病院の仮説テントで、横には悠貴の背負っていたリュックがあったため未来は悠貴を探して中庭に行く。子どもたちに混じって悠貴はサッカーをしていた。悠貴が生きていてホッとした未来は「探した」と少しだけ悠貴を叱って芝生に寝転び、二人でたわいのない話をして笑い合った。真理が心配するからと悠貴に話しかけながらテントに向かうと、心配そうに未来を見つめる真理がいた。未来と悠貴の家に行く前に真理の家が先にあるため、最初にそちらに向かうが時々神妙な面持ちの真理に未来が心配をして声を掛ける。「今日の夜は真理の母親と娘と三人で晩御飯食べてるはず」と真理を励ます未来に、「ごめんね」と涙ぐむ真理は未来に付いて歩みを進めた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

メイドインアビス(Made in Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

『メイドインアビス』とは、「つくしあきひと」による漫画作品。2017年にキネマシトラス製作でアニメ化した。アビスと呼ばれる巨大な縦穴を舞台にした冒険ファンタジー作品で、可愛らしい絵柄と美しい背景とはギャップのある過酷な冒険が描かれる。探窟家に憧れる主人公の少女「リコ」は、記憶を失ったロボットの少年「レグ」と共にアビスの底を目指す。

Read Article

ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の漫画家Kioによって書かれた四コマ漫画「ご注文はうさぎですか?」を原作としたアニメ作品で、アニメ株式会社WHITE FOXによって制作された。この作品は主人公保登心愛などラビットハウスで働く少女たちとその周りの登場人物の日常を描いた作品である。1期が2014年の4月から6月まで、2期が2015年の10月から12月まで放送された。

Read Article

プリンセス・プリンシパル(Princess Principal)のネタバレ解説・考察まとめ

『プリンセス・プリンシパル』とは、株式会社3Hz、株式会社アクタスによって共同制作されたオリジナルアニメーションである。 19世紀末、アルビオン国は特定の範囲を無重力にする「ケイバーライト」を生み出す。それにより巨大な軍事力を有することとなり、覇権国家となる。しかし、革命により「アルビオン王国」「アルビオン共和国」へ分断された。国内の名門校クイーンズ・メイフェア校に通う「博物倶楽部」の5人は共和国のスパイという裏の顔を持っていた。

Read Article

くまみこ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「くまみこ」とは吉元ますめによる漫画、及び「キネマシトラス」「EMTスクエアード」製作のアニメーション作品。東北地方の田舎にある「熊出村」の「熊出神社」に仕える巫女で中学生の「雨宿まち」は、都会に憧れている。まちと一緒に住む人間の言葉を喋る熊「クマ井ナツ」は、都会を全く知らないまちに都会を知るための試練を与えて行く。田舎を舞台にしたスローライフな日常コメディ。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

目次 - Contents