【TRPG】ロールプレイはプレイヤー自身で!TRPG作品まとめ

動画サイトへの投稿から日本国内でも人気が高まった
TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)。
本まとめでは数あるTRPGの中からいくつかの作品を紹介していきます。

動画サイトへの投稿から火がついたTRPG。
TRPGのシステム数は、ざっと調べただけで20種以上も存在します。

そんなTRPGゲームをいくつかチョイスしてまとめてみました。

ダンジョンズ&ドラゴンズ

hobbyjapan.co.jp

世界初のロールプレイングゲームとされる本作。
この作品は後のコンピューターゲームにも多大な影響を与えた一作となりました。

TRPGであるため自由にシナリオを組むこともできますが、
「ダンジョンアドベンチャー」にフォーカスされている作品であり、
強大な敵が守るダンジョンの宝を目指す、ゲーム展開が組みやすいようになっています。

世界観は、エルフやドワーフが存在するまさに王道ファンタジー。
本作がもし生まれていなかったなら、
今日のRPG文化はまた違う形になっていたかもしれません。

RPGを代表する一作です。

2009年12月13日に放送しました中野ゲームショウ2009「T-RPG実況をやってみる」のアーカイブ映像です。出演:えどさん”&ふみいち(プロゲーム実況者)広瀬和彦(ゲームプロディーサー)早川ティン(俳優)宮下友子(シナリオライター)柳田真坂樹(翻訳家)Rebis(漫画家)渡辺浩弐■一覧はこちらその1【so9325755】 その2【so9326045】 その3【so9326053】

ソードワールドRPG

ssl.fujimi-trpg-online.jp

国産のTRPGで、国内で最も普及したTRPGです。

世界観は「剣と魔法」が冠につくような、王道ファンタジーです。
ロードス島戦記の世界、フォーセリアは本作を出自とします。

本作ではプレイヤーキャラクターに、複数のクラスを設定できるため、
自由度の高いキャラクター製作が行えます。

リプレイ集なども多数販売されており、ファンタジーTRPGの定番作品です。

こんばんは、ブリッツPです。今回は息抜きにTPRGのソードワールドものです。続くかどうかは本編の進み具合次第。軍神様にボコられたら現実逃避のため書きます(キリッ)Session1-1:sm8846279Session13-5(最終回):sm9758508(2/18更新)小鳥さんのGM奮闘記:mylist/15973681いつものシリーズ:mylist/14462578

クトゥルフの呼び声(クトゥルフ神話TRPG)

※日本語版公式ページが見つからず…

TRPGブームの火付け役とも言える本作は、ホラーTRPGとなっています。

作家であるハワード・フィリップス・ラブクラフトの作品の中に登場する、
「クトゥルフ神話」を題材とした本作。

本作では基本的に超常的な存在には敵わないものとして扱われるため、
探索アドベンチャーのようにシナリオが進む中では、
そういった存在からは基本「逃げる」、「遭遇しない」ように立ち回る必要があります。
弱い存在である普通の人間を用いてRPGを行う中、
いともたやすくそのプレイヤーを葬りさる敵が出現する…という所が、
本作がホラーゲームたる点の一つでしょうか。

そのゲーム性や雰囲気から、いわゆる謎解きシナリオのような物も多く、
プレイヤーが頭をひねり、さまざまな行動をもってクリアを目指す、
TRPGの自由度を表現しやすいゲームでもあります。

自由だからといっておもむろに館に火を放ったりしないように。

この動画に記されているのは、私が多くの思索と探索の結果として悟得した禁断の秘密である。それは考えるだけで戦慄し、夢見るだけで気が狂う、慄然たる宇宙の暗黒を仄めかす。それが単なる私の狂気の産物であったなら私と世界にとってどれほど幸福であろうか。もしこの動画を観てしまったあなたが賢明であるならば、すぐさまこれを何も知らぬ俗人どもの目に触れぬよう処分してしまって欲しい。人々がこの動画に記されている断片的な記録を繋ぎあわせ、宇宙の真実を紡ぎ出すような事は避けねばならない。もしそれが世間に知れ渡るようになるならば、我々人類は自己の置かれた戦慄すべき位置を知り、狂気に陥るであろう。次:sm19113948 マイリス:mylist/34129789

他にも面白いシステムのタイトルや、有名作もありますが、
本記事では3作品を紹介させていただきました。

個人的には迷宮キングダムなどもお勧めです。
動画サイトに様々なゲームシステムのリプレイ動画が投稿されているので、
興味が湧きましたら、一度見てみることをお勧めします。

doublejumper
doublejumper
@doublejumper

目次 - Contents