死亡遊戯(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『死亡遊戯』とは、1978年に公開されたロバート・クローズ監督、ブルース・リー主演の香港映画である。
スター俳優のビリー・ローはシンジケート組織からの契約を迫られるが、それを頑なに断る。ある日の撮影中に、ビリーは銃弾を浴びて銃弾を受けて殺害されたと思われたが、実はビリーは死んでおらず、単身でシンジケート組織へ戦いを挑む。
1972年にアクション場面を撮影後、ブルース・リーが急逝。
数年後に代役スタントマンを起用して追加撮影したうえで1978年に制作された。

CV:藤本譲
ビリーの叔父で京劇俳優である。ビリーが楽屋に訪ねて来て、組織に狙われて契約を迫られている事を話す。それに対し、役者にとって何より大切なのは客だと話し、ビリーはその言葉を胸に組織と戦うと答える。またビリーが、恋人のアンも組織からの危険が及ぶ可能性があると告げたのに対し、暫く彼女と距離を置いた方がいいと助言を述べる。ランドの手下達の襲撃があり、ビリーを逃がしつつ他の劇団員達と共に手下達に対抗した。
ヘンリー・ロー役を演じたロイ・チャオは、1960年代から俳優として注目される。映画『燃えよドラゴン』(1973年)での少林寺の高僧という印象的な役や、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984年)のギャング役等、中華圏にとどまらずハリウッドにも進出し活躍の場を広げた。1999年4月に死去。

『死亡遊戯』の用語

ヌンチャク

出典: eiga.k-img.com

ヌンチャクを持ち構えるビリー。

組織のアジトにやって来たビリーに対し、棍棒使いパスカルが対抗武器として用いた武器である。その後ビリーもまたヌンチャクを取り出し、パスカルに攻撃を仕掛ける。最後はビリーがスキを突いて、ヌンチャクでパスカルの首を締めたところで勝負がつく。
パスカル役のダニー・イノサントは、ブルース・リーがテレビドラマ『グリーン・ホーネット』(1966年〜1967年)出演時で派手なアクションをする事でカメラからはみ出るという事から、ヌンチャクを教えた。また、映画『ドラゴン怒りの鉄拳』(1972年)撮影中にアクション俳優の倉田保昭が訪ねてきてブルース・リーにヌンチャクをプレゼントしたところ、殺陣師のハン・インチェ(『ドラゴン危機一発』(1971年)のボス役)に気に入られて使用される事となったというエピソードがあるとの事。以降、出演作品には必ず出る程に、ヌンチャクはブルース・リーの「代名詞」となった。

トラックスーツ

出典: stat.ameba.jp

ビリーがアンを助けに行った際、手下達と戦った後に、手下の一人から奪い着用した服。そのまま組織のアジトに向かい、手下の格闘家達と激闘を繰り広げる。本作品を観た多くのブルース・リー及び映画ファンの目に焼き付いた、黄色に黒の線が入った衣装である。トラックスーツは多くの映画に影響を与え、『少林サッカー』(2001年)ではトラックスーツ姿のブルース・リーそっくりの男が現れ、『キル・ビル』では主演のユマ・サーマンが、このトラックスーツをモチーフにした衣装を着用している。

撮影スタジオ・控え室

出典: 1.bp.blogspot.com

ビリーの控え室。

本作品にて、度々出てくるのが撮影スタジオや控え室であり、ビリー、彼の叔父、そしてランドの手下カールが使用する場として出てくる。これらは、物語の展開に関連する様に表現されている。

『死亡遊戯』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

アン・モリス 「どうしてあなたたちは意気地なしなの!組織がやったと分かってても、それを口に出す人がいないんだから!」

ビリーが銃撃され、彼の葬儀が執り行われる。ビリーの「死」を悲しむ多くのファンと共にアンの姿があった。そんななか、スタイナーとカールの姿を見たアンが、彼等に詰め寄り唾を吐きかける。それにカールは怒るも、直ぐにジムがやって来て、彼女と共にその場を立ち去る。ジムは気持ちを落ち着かせる様に説得するも、アンは「どうしてあなたたちは意気地なしなの!組織がやったと分かってても、それを口に出す人がいないんだから!」と泣き叫ぶ。恋人のビリーを殺害した者が分かっていつつ、何もできない現状に対し、アンのやり場のない怒りがストレートに表現された言葉である。

ビリー・ロー「お前の負けだ、カール!」

出典: i.ytimg.com

カール(写真右)に蹴りを浴びせるビリー(写真左)。

空手選手権にて優勝したカールに対し、祝いの場が行われる。カールはシャワーを浴びてくると一同に告げ、一人で鍵が掛かったロッカールームへ向かう。カールの前に一人の老人が現れ、カールは老人に出ていけと話す。すると、カールの目の前で鬘と付け髭を外し、正体がビリーであると分かる。カールは、その場でビリーと一対一の格闘を始める。カールはビリーの両腕を掴んで動けなくするが、それをビリーは空中回転蹴りで解く。更にビリーは、連続蹴りをカールに浴びせる。ふらつくカールに対し、ビリーは「お前の負けだ、カール!」と告げ、カールをロッカーへ蹴りつけた。カールとの勝負がついたことを表すだけではなく、組織への復讐の序曲を意味する言葉と受け取れる。

ビリー・ロー「ランドはどこだ!」

出典: 4.bp.blogspot.com

手下にランドの居場所を聞くビリー。

ランドがアンを手下達に誘拐させ、ビリーは一人で倉庫へ彼女を助けに行く。そこでアンを助けつつ、次々と襲撃してくる手下達を撃退。そしてビリーは、最後の一人の胸ぐらを掴み、「ランドはどこだ!」と訴える。その手下が場所を話し、そのままアジトへと向かう。ビリーの、組織に対する復讐決行の強い意志が伝わって来た一言である。

『死亡遊戯』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

元々の題は『死亡的遊戯』だった

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

燃えよドラゴン(Enter the Dragon)のネタバレ解説・考察まとめ

『燃えよドラゴン』とは、1973年に香港とアメリカの合作により製作されたカンフーアクション映画。 世界各国で大ヒットとなり、カンフー映画ブームをまき起こした。主演は香港の俳優で、武術家でもあるブルース・リー。彼は本作の完成直後に急死し、今作が遺作となった。香港の沖に浮かぶ要塞島で、武術の達人を集めたトーナメントが開かれた。英国政府の要請で秘密諜報員として大会に参加した中国人青年リーは、島で行われている麻薬密売の証拠をつかみ、少林寺拳法を武器に強大な悪と対決する。

Read Article

ドラゴン怒りの鉄拳(Fist of Fury)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴン怒りの鉄拳』とは、1972年制作の香港映画。前作『ドラゴン危機一発』の大ヒットで一躍、香港のトップスターとなったブルース・リー主演の一連のカンフー映画の第2作目。日本公開は1974年。日本帝国主義が横行している1900年代初頭の上海を舞台に、中国武術の道場「精武館」を潰そうと企む日本人武術家一派に恩師を殺された青年が復讐を果たすため、単身で一派に立ち向かう姿を描く。

Read Article

ドラゴン危機一発(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴン危機一発』とは、1971年制作の香港映画。アメリカから香港に凱旋したブルース・リーがゴールデン・ハーベスト社と契約して主演した一連のカンフー映画の第1作目。香港では当時の映画興行記録を更新する大ヒットとなった。日本では大ヒット映画『燃えよドラゴン』の人気を受けて1974年に劇場公開された。 町の製氷工場で働く事になった田舎の青年が、その工場に麻薬犯罪がからんでいる事を知り、工場一味に戦いを挑む。

Read Article

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ドラゴンへの道(ブルース・リー)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンへの道』とは、イタリア・ローマを舞台に、ギャングの悪行に立ち向かっていくカンフーの達人や中華料理店の従業員姿を描いたカンフー映画である。主演のブルース・リーが初監督を務めた海外ロケ作品であり、前二作『ドラゴン危機一発』『ドラゴン怒りの鉄拳』とは対照的にコミカルな演技が多々見られる。また、クライマックスでのブルース・リーとチャックノリスとのコロッセウムでの対決場面は、現在でも語り草となっており、多くの映画人にも影響を与えた。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

NEW

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『炎の大捜査線』とは、1991年に台湾・香港で製作・公開された刑務所を舞台としたアクション映画である。警察官のウェイが、異動に伴い署長のもとへ挨拶に行った矢先、何者かにより署長が殺害される。署長を殺害した男は逃走用の車に乗った直後に爆死。男の死体を調べると、彼は3ヶ月前に死刑が執行されていた。ウェイは、犯人が収監されていた刑務所に何かあると考え、自らの入所を試みる。ジャッキー・チェンをはじめ、1990年代の香港の人気俳優が総出演。

Read Article

目次 - Contents