死亡遊戯(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『死亡遊戯』とは、1978年に公開されたロバート・クローズ監督、ブルース・リー主演の香港映画である。
スター俳優のビリー・ローはシンジケート組織からの契約を迫られるが、それを頑なに断る。ある日の撮影中に、ビリーは銃弾を浴びて銃弾を受けて殺害されたと思われたが、実はビリーは死んでおらず、単身でシンジケート組織へ戦いを挑む。
1972年にアクション場面を撮影後、ブルース・リーが急逝。
数年後に代役スタントマンを起用して追加撮影したうえで1978年に制作された。

『死亡遊戯』の概要

香港版広告。

『死亡遊戯』(原題:死亡遊戯、英語題:Game of Death)とは、1978年に公開されたロバート・クローズ監督、ブルース・リー主演の香港映画である。
アクション俳優のビリー・ローはシンジケート組織から、脅迫まがいな手を使いつつ契約を迫られる。頑なに断っていたビリーだったが、ある日の撮影中に銃弾を浴びて倒れる。殺害されたと思われたビリーだったが、それは表向きの偽装であり、ビリーは単身でシンジケート組織への戦いに挑む。
1972年秋にクライマックスの塔内でのアクション場面を撮影するも、翌1973年にブルース・リーが死去した事により作品は未完成となっていた。その後、スタントマンとして活躍していたユン・ピョウやユン・ワー、韓国出身のタン・ロンらをドラマ及びアクション場面の代役として、アクション監督にサモ・ハン・キンポーを起用して追加撮影して完成、1978年に公開された。

『死亡遊戯』のあらすじ・ストーリー

組織の黒い影

シンジケート組織の手下達に抵抗するビリー(写真右)。

アクション俳優のビリー・ローが映画の撮影を終えて、スタジオを出ようとしたが突然、照明用器具が頭上目がけて落ちてくる。慌ててスタッフが近くまで様子を見にいくなか、ビリーは自身の控え室へ向かう。するとそこには、シンジケート組織のボスであるドクター・ランドの側近スタイナーがいた。組織はこれまで多くの芸能人を脅し、自分達との契約を取り仲介料をせしめており、ビリーもまた彼等から狙われていた。ビリーの近くに照明器具が倒れたのも、組織による仕業だった。そしてスタイナーは、契約を断ったロックバンドが自分達の指を失ったと脅しを掛け、ビリーにも契約を仕向ける。それに対し、ビリーは頑なに断る。恋人で歌手であるアンと車で帰宅する途中、ビリーはランドの手下達に襲われる。ビリーはアンに車から絶対に出ない様に告げ、彼等に抵抗するも、自身も怪我を負わされる。
その後、ビリーとアンは新聞記者のジムと会う。ジムは、ビリーとアンが共に組織の「商品」となればそれなりの報酬も受けられるだろうから、彼等にたてつかずにここは割りきって組織に身を委ねた方がいいと提案する。ジムは知人の俳優が組織に背いた為に、殺害された挙句に港で発見された事を話す。そのうえで、ビリー達が殺された事を記事に書きたくないと告げる。それでもビリーは、悪質な組織に従うのは嫌だ、自分は戦い続けると答えるのだった。
またビリーは、自分の叔父で京劇俳優をしているヘンリーのもとを訪ねる。役者にとって大切なのは客だと告げるヘンリーに対し、ビリーはその事を胸に組織に対抗すると答える。またジミーはアンにも組織からの危険が及ぶ事も話すと、ヘンリーは暫く距離を置いた方がいいのではないかと告げる。
その矢先、ヘンリー達の楽屋もランドの手下による襲撃を受ける。自分が常に組織に追われる身となっていることを自覚したビリーは、このままではアンの命が危ないと感じ、彼女に故郷であるアメリカへ戻る様に言う。しかしアンはそれを断りビリーと一緒にいると宣言した。

ビリーの「死」、傷心のアン

出典: i.ytimg.com

悲しみにくれるアン(写真中央)。

契約を拒否し続けた結果、ランド達はビリーの殺害を決行する。そしてある日の撮影中、ビリーはスタジオに侵入したスタイナーによって銃撃される。銃撃されたビリーに意識は無く、彼は事故死とみなされ、葬儀が盛大に執り行われた。
しかしそれは「表向きの出来事」であり、銃弾が急所を外れていたためビリーは死んでいなかった。ビリーが生きているという事実を知る者は、彼を治療した担当医とジムのみだった。怪我が回復したビリーは単身、組織への戦いに挑む。一方ビリーの葬儀では、沿道にスターの死を悲しむ大勢のファンが押し寄せていた。その中にアンの姿もあった。彼女のもとへ、スタイナーとランドの手下のカールがやって来る。二人の姿を見るなりアンは激昂して彼等に詰め寄り唾を吐きかける。スタイナー達も怒りかけた際、近くにいたジムが駆け寄り、アンを引っ張りその場を後にする。そしてジムは、アンに落ち着く様に説得する。ジムは、ビリーから彼自身の生存を周囲やアンにさえも伝えない様に告げられていた。それ故ジムは、悲しみとやり場のない怒りをぶつけるアンに、慰めの言葉を話すしかなかった。その後、傷心のアンは病院へ入院する。そんな彼女のもとへランド達がやって来て、力になりたいと声を掛ける。しかしアンは怒ってランド達に帰れと言い、全く話し合う気が無かった。仕方なくランド達はその場を立ち去り、ランドは帰り際の車の中で、アンを厄介な女だと愚痴をこぼしたのだった。

復讐劇の開始

倉庫にて手下達と格闘するビリー(写真右)。

アンのもとを去り自身の屋敷へ戻ったランドのもとへ、サングラスに髭面の男が現れ駆け寄る。手下たちはランドを守ろうと戦うが、サングラスの男に返り討ちにされてしまう。男はその場から立ち去ったが、ランドは彼の正体がビリーなのではないかと考え、スタイナーにビリーの墓を掘り返させる。墓の中にあったビリーの遺体は偽物であり、彼の死が嘘である事が判明する。
その後、組織が多額の掛け金を掛けたという空手選手権が開催された。アンはその大会に潜り込み、ランドを自分の手で倒してビリーの仇を討とうとする。アンが忍ばせていた拳銃を取り出し、カールの試合の応援に熱中しているランド達に向けて引き金を引こうとした時、一人の老人がアンの行動を制止した。アンが振り返ると、既に老人の姿は無かった。試合ではカールが勝利し、試合後に控室で祝賀会が開催される。
カールはシャワーを浴びてくると一同に話し、ロッカー室へ向かう。ロッカー室に入ったカールのもとへ、一人の老人が待ち構えていた。すると老人は、カールの前で鬘と髭を取る。その正体はビリーであり、その場で一対一の決闘が行われる。一方、隣の部屋では祝賀会で盛り上がっており、ロッカールームでの激しい戦いに誰も気付いていない。しかし、一人の男がロッカールームからの物音を聞きつけて、ドアに耳を近付ける。異変に気付き、鍵をこじ開けて一同が入った時にはもう遅かった。ロッカールームには、決闘の末ビリーに蹴り飛ばされ、ロッカーへ叩き込まれたカールの姿があった。
ビリーは、アンがランド達を殺害しようとしたうえ、自分の存在に気付き始めた事に懸念を抱く。そこで人気のない公園でアンと会って話す事となった。ビリーはアンに自分の存在を知らせるも、二人の会話が密かに組織に盗聴されていたため居場所を知られてしまう。そしてランドは、手下達にアンをマンションの駐車場で捕まえさせる。アンが捕まった事を聞いたビリーは、単身でアンが捕まっている倉庫へ向かう。ビリーはアンが捕まっている倉庫に向かい、縄で縛られている彼女を助けようとする。そこへ手下達がバイクに乗り、ビリー達目がけて襲ってくる。ビリーはアンを安全な場所に隠した後に、ライダー隊を一人ずつ拳や蹴りで攻撃する。また、一人の倒したライダーから服を奪い、彼のバイクに乗り込み操縦。手下のライダーになりすましたビリーが、他のライダーへバイクごと突っ込んだ。ライダー隊との戦い後、ビリーはバイクで手下から聞いたボスのアジトへ向かう。

アジト内での激闘

出典: eiga.k-img.com

塔内にて格闘家と戦いを繰り広げるビリー(写真右)。

ビリーが向かったアジトは、五階建てほどの高さの塔だった。階段を上り中に入ったビリーの前に、棍棒使いパスカルが現れる。パスカルが手に持つ棍棒やヌンチャクで攻撃してくるのに対し、ビリーもまた自分のヌンチャクを取り出して対抗する。最後はビリーがスキをついて、ヌンチャクでパスカルの首を絞め落とす。
上の階に上がると、合気道の達人が待ち構えていた。彼は優れた投げ技でビリーを投げ落とすが、ビリーもまた絞め技で対抗する。そしてビリーは合気道の達人の体を持ち上げ、腰をへし折る。
更に上がると、2mはあろう巨漢の持ち主であるハキムが座っていた。ハキムはその長い足で、攻撃を仕掛けたビリーを蹴り上げる。ビリーの胸部にはハキムの足跡がついていた。またハキムは容赦なく蹴りを浴びせ、ビリーを苦しめる。ビリーはハキムの攻撃をスキをついて対抗し、ハキムの首を絞める。
その直後、上階からハキムを呼ぶスタイナーの声が聞こえてきた。返答が無く降りてきたスタイナーとビリーは対決する。スタイナーは槍を用いて攻撃を仕掛けた後、ビリーを羽交い絞めにする。しかしビリーは直ぐにスタイナーの腕を解き、逆にビリーが足技でスタイナーの首を絞めた後に、蹴り技で階段から突き落とす。
建物の最上階までやって来たビリーが見たのは、机の上で手首を切り自殺したランドの死体だった。しかしビリーは、それがランドそっくりの蠟人形である事を直ぐに見抜く。そしてビリーは、仕掛け鏡の反対側の方にランドがいると分かり、鏡を飛び蹴りで突き破る。最上階のベランダまでビリーに追跡されたランドは、屋根から足を滑らせ落下。ランドの絶命した顔が大きく映し出されたところで、物語が締めくくられる。

『死亡遊戯』の登場人物・キャラクター

ビリー・ロー(演:ブルース・リー)

CV:津嘉山正種
アクション俳優として活躍する一方で、ドクター・ランド率いるシンジケート組織から契約を迫られている。契約を拒否する事で、組織から執拗な嫌がらせも受けている。恋人のアンと車で帰宅途中にランドの手下達に襲撃され、安全の為にアンを車を残して彼等と格闘するも、自分も怪我を負わされる。
知人で新聞記者のジムは、それなりに報酬が与えられるだろうから、ここは割りきってたてつかずに組織に身を委ねる事を提案する。そんなジムの言葉に対し、ビリーは悪質な組織に従いたくないと答えた。
しかし組織による悪行は日に日にエスカレートし、自分のみならずアンの命も危ないと感じ、彼女に故郷であるアメリカへ戻る様に告げるも、アンはそれを断り一緒にいると答える。
契約に拒否し続けるも、ある日の撮影中に、スタジオに侵入していたスタイナーによって銃撃され頭部を撃たれる。その場での意識が無く、「事故死」とみなされ、葬儀が盛大に執り行われる。しかし実際は急所を外れていて、密かに担当医により治療を受ける。自分が生きている事は、担当医とジムにだけ知らせていた。怪我が回復後、顔をサングラスや付け髭で隠して、組織に潜入しランドのもとへ駆け寄る。そこへランドの護衛が数人やって来て、彼等を叩きのめした後にその場を立ち去る。
また組織が多額の掛け金を掛けていた空手選手権の会場に向かい、そこでアンを見つける。アンが忍ばせていた拳銃を取り出し、試合を観戦しているランドへ向けていた。そこへ老人に変装した状態でアンに話し掛け、彼女の行動を止める。アンが振り返った時には、既にその場からいなかった。試合後、勝利したカールの祝賀会が控室で行われる。シャワーを浴びに一人でロッカー室へ向かったカールのもとへ、老人の姿で現れる。そして、自ら鬘と髭を取り正体をカールに見せ、その場で一対一の決闘を行う。はじめはカールが優勢であり、彼により両腕を取られて動けなくなる。しかしそこへ回転両足蹴り、及び連続蹴りをカールに浴びせた後、ロッカーへ蹴りつけた。その直後、ロッカー室での物音に気付いた一同がドアをこじ開けてくる事を悟ってその場から逃げ去る。
そしてアンに自分の存在を知らせるが、組織が盗聴し居場所を知られてしまう。ランド達の手下達によりアンが連れ去られ、彼女が捕まっている倉庫へ向かう。倉庫にて縄で縛られているアンを見つけて、彼女を助けようとする。そこへ手下達が、バイクに乗り込んで襲ってくる。アンを安全な場所に隠し、ライダー隊を一人ずつ拳や蹴りで攻撃。また一人のライダーから服とバイクを奪い、他のライダーに向けてバイクごと突っ込む。ライダー隊との戦いを行った後、手下から聞いたボスのアジトへバイクで向かう。
アジトへ向かい、中へ入ると棍棒使いパスカルがいて、棒やヌンチャクを用いて怪鳥音を上げながら戦う。スキをついてパスカルに連続蹴りを浴びせた後、ヌンチャクでパスカルの首を絞め落とす。
階段を上ると、合気道の達人がベッドの上で座って待っていた。攻撃を仕掛けたビリーは達人の投げ技を受け投げ飛ばされる。それに対しビリーも絞め技を使い対抗する。更に合気道の達人の体を持ち上げ、腰をへし折る。合気道の達人が立ち上がれない状態だったのを見計らって上階へ上がると、2m以上の巨漢の持ち主ハキムが座っていた。彼に向かって攻撃を仕掛けると、ハキムがその長い足で蹴り上げられる。蹴られた胸部には、ハキムの足跡がついていた。ハキムが容赦なく蹴りを浴びせてくるなか、攻撃のスキをついて対抗する。そしてハキムの首を絞めて絶命させる。その直後、上階からハキムを呼ぶスタイナーの声が聞こえるが、返答が無く降りてくる。スタイナーは、倒れているハキムを見るや、槍を用いて攻撃を仕掛けてくる。やがてビリーはスタイナーに羽交い絞めにされるも、直ぐにスタイナーの腕を解く。逆に自身の足技でスタイナーの首を絞めた後に、階段から突き落とす。
建物の最上階へ来るも、そこには机の上で手首を切り自殺したランドの死体があった。しかし直ぐに、ランドそっくりの蠟人形である事を直ぐに見抜き、人形の頭を引っこ抜き地面に叩きつける。ふと近くに鏡があり、それが仕掛け鏡である事が分かる。その向こう側でランドが逃げているとみて、鏡を飛び蹴りで突き破る。最上階の外でランドを追いつめた挙げ句、ランドは屋根から足を滑らせ落下して絶命する。
ビリー・ロー役を演じたブルース・リーは、アメリカのテレビドラマ『グリーン・ホーネット』(1966年〜1967年)のカトー役で人気を獲得する。また武術家としても独自の武術「截拳道(ジークンドー)」を創設する。映画『ドラゴン危機一発』(1971年)以降、自身の主演作がが立て続けにヒットし、一大カンフー映画ブームが巻き起こる。しかし、日本でも大ヒットした最後の主演作『燃えよドラゴン』が日本で公開された時は、既に故人(1973年7月20日)となっていた。

アン・モリス (演:コリーン・キャンプ)

出典: so-s.nflximg.net

CV:土井美加
ビリーの恋人であり、歌手として活動している。ドクター・ランド率いるシンジケート組織からビリー共に目を付けられている。ある日、ビリーと車で帰宅途中でランドの手下達に襲われる。ビリーが単身、車から出て彼等に抵抗するが、彼も相当な怪我を負う。
新聞記者のジムは、ビリーと共に二人は大事な「商品」でそれなりに扱ってくれるだろうから、ここは組織に歯向かわずに身を委ねる事を提案してくる。しかしビリーは組織に従わず、戦い続けると答える。それでも組織による襲撃はエスカレートする事を見込んだビリーから、故郷であるアメリカへ戻る様に告げられるが、それを断りビリーと共にいる事を話す。
組織からの契約に拒否し続けたビリーは、撮影中にスタジオへ侵入したランドの側近スタイナーに銃撃される。ビリーは「事故死」とみなされ、彼の葬儀が執り行われる。アンはビリーの死を悲しむ大勢のファンと共に葬儀へ参加する。そこへスタイナーとランドの手下カールがやって来た。アンは二人を見るや彼等に詰め寄り唾を吐きかける。すると近くにいたジムに腕を引かれその場を後にする。ジムは、スタイナー達に殺される気かと警告し、落ち着く様に説得する。
その後、病院へ入院し療養中のもとへランド達が訪ねてくる。ランドは力になりたいと声を掛けてくるが、彼等に怒り帰れと叫び、全く聞く耳を持たなかった。退院後、カールが出場する空手選手権に忍び込む。そして懐から拳銃を取り出して、試合を観戦するランド達に向ける。そこへ一人の老人が拳銃を持つ手を止める。振り返ると、既に老人の姿は無かった。試合終了後にカールを殺害した男がビリーではないかとジムに告げる。ジムと別れた後に、ビリーと遭遇、彼が組織に復讐する事と、身の安全の為にアメリカへ帰る様に言われる。そのやり取りをランド達に盗聴されてしまい、ランドの手下により人質としてさらわれる。倉庫で手足を縛られ捕らえられていると、ビリーが助けに来る。アンを安全な場所に隠した後、ビリーは手下達と戦いを繰り広げる。その後、ビリーは単身で組織のアジトへ向かった。戦いへ挑んでいくビリーの姿を見届けた。
アン・モリス 役を演じたコリーン・キャンプは、1973年に映画デビュー後に『地獄の黙示録』(1979年)や『ポリスアカデミー』シリーズ(1985・1987年)等、多ジャンルの作品へ出演。現在も女優の他、映画プロデューサーとしても活動を継続している。

ジム・マーシャル (演:ギグ・ヤング)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

燃えよドラゴン(Enter the Dragon)のネタバレ解説・考察まとめ

『燃えよドラゴン』とは、1973年に香港とアメリカの合作により製作されたカンフーアクション映画。 世界各国で大ヒットとなり、カンフー映画ブームをまき起こした。主演は香港の俳優で、武術家でもあるブルース・リー。彼は本作の完成直後に急死し、今作が遺作となった。香港の沖に浮かぶ要塞島で、武術の達人を集めたトーナメントが開かれた。英国政府の要請で秘密諜報員として大会に参加した中国人青年リーは、島で行われている麻薬密売の証拠をつかみ、少林寺拳法を武器に強大な悪と対決する。

Read Article

ドラゴン怒りの鉄拳(Fist of Fury)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴン怒りの鉄拳』とは、1972年制作の香港映画。前作『ドラゴン危機一発』の大ヒットで一躍、香港のトップスターとなったブルース・リー主演の一連のカンフー映画の第2作目。日本公開は1974年。日本帝国主義が横行している1900年代初頭の上海を舞台に、中国武術の道場「精武館」を潰そうと企む日本人武術家一派に恩師を殺された青年が復讐を果たすため、単身で一派に立ち向かう姿を描く。

Read Article

ドラゴン危機一発(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴン危機一発』とは、1971年制作の香港映画。アメリカから香港に凱旋したブルース・リーがゴールデン・ハーベスト社と契約して主演した一連のカンフー映画の第1作目。香港では当時の映画興行記録を更新する大ヒットとなった。日本では大ヒット映画『燃えよドラゴン』の人気を受けて1974年に劇場公開された。 町の製氷工場で働く事になった田舎の青年が、その工場に麻薬犯罪がからんでいる事を知り、工場一味に戦いを挑む。

Read Article

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ドラゴンへの道(ブルース・リー)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンへの道』とは、イタリア・ローマを舞台に、ギャングの悪行に立ち向かっていくカンフーの達人や中華料理店の従業員姿を描いたカンフー映画である。主演のブルース・リーが初監督を務めた海外ロケ作品であり、前二作『ドラゴン危機一発』『ドラゴン怒りの鉄拳』とは対照的にコミカルな演技が多々見られる。また、クライマックスでのブルース・リーとチャックノリスとのコロッセウムでの対決場面は、現在でも語り草となっており、多くの映画人にも影響を与えた。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

目次 - Contents