【世界のキタノ】ビートたけしが出演しているゲーム作品まとめ

ビートたけしの出演ゲームというと、『たけしの挑戦状』がもっとも有名でしょう。 ですが、これ以外にも登場しているゲーム作品は多く、中には幻のソフトとなっているものもあります。

オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ

1987年の『オールナイトニッポン』放送開始20周年に先駈けて、1986年12月に限定生産された記念ソフト。

出典: ja.wikipedia.org

当初は記念品としてプレゼント限定の3000本のみの予定で有ったが、余りにも反響が大きかった為に2回ほどニッポン放送で直販売と言う形で数量限定3500円で販売された

出典: ja.wikipedia.org

大人気作品である『スーパーマリオブラザーズ』と、当時の人気ラジオ番組『オールナイトニッポン』とのコラボ作品です。

キノコ王国の変わりに「ビバ王国」だったり、キノピオの変わりにラジオパーソナリティが登場したりなど、コラボ作品らしい変更点が多数あります。

当時は宣伝されず、視聴者へのプレゼントという形で世にでた限定品でした。 その後2回ほど放送内で販売されたりもしましたが、基本的にラジオファンの間でしか知られていないソフトでした。
現在でも入手困難であり、幻のソフトとして有名です。

龍が如く6(仮題)

現在(2016年2月13日)制作中の『龍が如く6(仮題)』には、ビートたけし本人にそっくりなキャラが登場します。 同シリーズには芸能人のそっくりさんが多数登場しており、最新作『龍が如く6』ではついに世界の北野が登場するということで話題となっています。 作中でどのような活躍を見せるのか、今から楽しみですね。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

痛快なりゆき番組 風雲!たけし城(Takeshi's Castle)のネタバレ解説まとめ

一般視聴者が本気で汗にまみれ、泥につかり、池に落ち、壁にぶつかる。そんな姿はお茶の間の大爆笑を呼ぶとともに、自分たちも参加してみたいと思わせた。そして日本国内だけではなく、海外でも大いに受けた。『風雲!たけし城』はそんな番組である。 谷隼人率いる攻撃軍と、ビートたけし率いるたけし軍の、数々の関門を介した激闘は127回に及んだ。

Read Article

オレたちひょうきん族(Oretachi Hyokin Zoku)のネタバレ解説まとめ

『オレたちひょうきん族』は、1981年~1989年までフジテレビ系列で放送されていたバラエティー番組。ビートたけしや明石家さんま、島田紳助ら豪華な出演陣と、多くの予算と小道具を用いたダイナミックな笑いは一部で「伝説の番組」ともいわれている。タケちゃんマンやひょうきんベストテン、懺悔室などのコーナーが特に有名である。「楽しくなければテレビじゃない」を形にした番組である。

Read Article

目次 - Contents