中村悠一を必ず好きになるエピソード・画像まとめ

ここでは声優・中村悠一のエピソード、画像をまとめた。『呪術廻戦』の五条悟、『ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風』ブローノ・ブチャラティ、『僕のヒーローアカデミア』ホークスなどを演じる超人気声優だ。

吉田直樹いわく「FF14にはさすが俺たちの○○と言われる人たちが二人いて、一人はレベルファイブの社長の日野晃博、もう一人は中村悠一」と言われている。

ジョブはナイト。

▼メディア

Twitter

2010年3月1日、Twitterを始める。

以下初日のツイート。

当時のアイコンは自身が声を担当していた『ヴァルキリープロファイル』のルーファス。

▼作家さんとのエピソード

桜玉吉先生に似顔絵を描いてもらったことがあり、Twitterのアイコンにしていた。

出典: twitter.com

携帯の待ち受けにもしていたらしい。

出典: bandai-hobby.net

▼杉田智和とのエピソード

matome.naver.jp

▼他の声優とのエピソード

『君に届け』の舞台は北海道だったことから、出演陣で旅行に行ったらしいが、中村は仕事の都合でいけなかった。
参加した出演者たちから逐一報告のメールがきていたらしい。
沢城みゆきからも電話がかかってきたが宴会中だったのかテンションが高く騒がしかったためすぐ切った。

アニメ作品で郷田ほづみと共演した際、諸々迷惑をかけたらしいが、一番最後のアフレコのときに「よかったよ」と言われてすごく感動したことがあった。

このことを話しているドラマCD『響演 宝くじ/腕時計』(2008年12月17日発売)以前の二人の共演作は「金色のガッシュベル!!」「陸奥圓明流外伝 修羅の刻」なので、このどちからかと思われる。

ekinan
ekinan
@ekinan

Related Articles関連記事

おそ松さん(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

おそ松さん(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『おそ松さん』とは、赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」を原作にしたアニメーション作品。キャッチコピーは「成長しても、やっぱりバカ」。「おそ松くん」では子供だった六つ子おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松は、成長し大人になるが童貞のニートになってしまう。六人は実家暮らしをしながら、今日も働かずにダラダラと過ごす。「おそ松くん」でお馴染みのイヤミ・チビ太・トト子・ハタ坊・デカパン・ダヨーンも登場。ナンセンスでシュールなギャグコメディ。

Read Article

おそ松さんの公式女体化『じょし松さん』6人の喪女像がリアルすぎる件について

おそ松さんの公式女体化『じょし松さん』6人の喪女像がリアルすぎる件について

3/25ついに最終回を迎えた人気ギャグアニメおそ松さん。 その13話で初登場となった、六つ子を女体化した『じょし松さん』たち。 松野家の6つ子たちと同じ声優さんが演じている為オネエキャラのようなキモカワな魅力 で話題となりましたが、それだけではないリアルな『喪女』っぷりを 振り返ってみます。

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

27年の時を経て再びアニメ化!!「おそ松くん」と「おそ松さん」キャラクターと声優一挙紹介!

27年の時を経て再びアニメ化!!「おそ松くん」と「おそ松さん」キャラクターと声優一挙紹介!

1966年に第1作、そして1988年に第2作とアニメ化され放送されていた赤塚不二夫原作「おそ松くん」 が大人に成長した姿で27年ぶりにアニメ化され話題となった「おそ松さん」! 今回は「おそ松くん」、「おそ松さん」の登場キャラクターと歴代のアニメ制作スタッフをご紹介します!

Read Article

今更ながら『おそ松さん』を深読みする(最終回ネタバレあり)

今更ながら『おそ松さん』を深読みする(最終回ネタバレあり)

深夜枠の放送ながら何かと話題の『おそ松さん』。「ギャグ漫画の巨匠の作品」。そのネームバリューだけではない快進撃ですが、何だか単なるギャグではなく、風刺の香りがプンプンしますね。ものすごく今更ですが、第1話をはじめいろいろと振り返って、色々と考察というか深読みして行こうかと思います。「本当に今更だな!」とチョロ松兄さんからツッコミが入ろうとも。

Read Article

目次 - Contents