残念RPG この素晴らしい世界に祝福を!

「この素晴らしい世界に祝福を!」は、暁なつめによるライトノベル。略称は「このすば」。イラストは三嶋くろね。角川スニーカー文庫(KADOKAWA 角川書店)より刊行。2014年より「月刊ドラゴンエイジ」(KADOKAWA 富士見書房)にて漫画版が連載。2016年1月よりTVアニメが放送。

あらすじ・ストーリー

ゲーム好きで引きこもりの佐藤和真は、久々の外出中にトラクターに引かれかけてショック死してしまいます。目が覚めた死後の世界にはアクアという口の悪い女神がおり、彼に「天国行き」か、特権付きの「魔王軍に蹂躙され過疎化の進む異世界行き」かの選択を迫ります。自分の死に様を散々馬鹿にするアクアに和真は腹を立て、異世界行きを選択するとともに、「何か一つだけ自分の好きなものを持っていける」という特権に、アクア自身を指名します。こうして2人は異世界へと転移されました。元の世界に戻るには魔王を討伐しなければなりません。オタクと駄女神の冒険者としての生活が始まりました。

登場人物・キャラクター

佐藤和真(サトウ カズマ)

本作の主人公。身長165センチ、体重55キロ、黒髪黒目の16歳。
ゲーム好きのひきこもりの高校生ですが、珍しく外出した日に不慮の事故で死んでしまい、異世界へ転移することになりました。
職業は冒険者。知力と運が非常に高いのですが、それ以外の能力は冒険者としては平均以下なので、雑魚モンスターに度々やられ、その都度アクアに蘇生させてもらっています。また知能のある相手には、口八丁やハッタリによる頭脳戦でポテンシャルを発揮します。

アクア

和真に異世界行きの道連れにされた水を司る女神。
絶世の美女ですが、性格はお調子者で能天気、女神らしさはほとんどありません。
冒険者としての職業は「アークプリースト」で、全能力が非常に高いのですが、知力は非常に低いです。酒と宴会が大好き。

めぐみん

魔法使いの格好をした紅魔族の少女。14歳。眼帯はファッション。
カズマとアクアの出した求人の張り紙を見て、仲間に加わります。
冷静な性格で頭の回転も速いが、想定外の事態には弱く、パニックになることもあります。
職業は上級職の「アークウィザード」ですが、「爆裂魔法しか愛せない」ことから爆発系最上級クラス魔法「爆裂魔法」しか使えず、消費魔力の関係から、一日一回しか魔法を放つことができません。

ダクネス

大貴族・ダスティネス家の令嬢。金髪碧眼で、豊満なボディを持つ美人18歳。
めぐみんと同じく、カズマとアクアの出した求人の張り紙を見て仲間に加わります。
クラスは上級職の「クルセイダー」ですが、非常に不器用で極度のマゾヒスト。本人は不器用ゆえに敵に攻撃が当てられないといっていますが、「モンスターと必死に戦うも力尽き、その後にたっぷりあんなことやそんなことをされたい」などという願望も語っています。

PV

スタッフ

原作:暁なつめ
原作イラスト:三嶋くろね
監督:金崎貴臣
シリーズ構成:上江洲誠
キャラクターデザイン:菊田幸一
音楽:甲田雅人
アニメーション制作:スタジオディーン

syuuryou
syuuryou
@syuuryou

Related Articles関連記事

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のネタバレ解説まとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、KonoSuba)」とは文・暁なつめ、絵・三嶋くろねによる小説。もとはWEB小説であり、文庫化に際してはリメイクが行われている。またアニメ作品も2016年1月~3月に第1期、2017年1月~3月に第2期としてそれぞれ10話ずつ放送された。不慮の事故で命を落とした和真が異世界に転生、そこで繰り広げる賑やかな日常を描いている。

Read Article

異世界かるてっと(第5話『炸裂!こんしんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワール先生の計らいにより開催された懇親会。 親睦を深めるため、くじ引きで選ばれた者が「かくし芸」を披露することになったが、最初に選ばれたのは先生であるレルゲンだった。続々と「かくし芸」を披露する2組の生徒たちだったが、めぐみん、アインズは「かくし芸」の規模が大きいため外でやることになった。 今回は「異世界かるてっと」第5話『炸裂!こんしんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第2話『緊迫!じこしょうかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

唐突に始まった学園生活。担任は『Re:ゼロから始める異世界生活』にも登場するロズワール。スバルはロズワールに学園生活の意図を尋ねるもはぐらかされてしまう。アインズは学園から抜け出そうとするが、ロズワールに「校則違反になってしまう」と警告される。 今回は「異世界かるてっと」第2話『緊迫!じこしょうかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第6話『決定!いいんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワールの提案により委員会を決めることになった。各々立候補をするがなかなか決まらず、結局またくじ引きで決めることになる。ベアトリスはロズワールがくじ引きを操作したことに気付いた。ロズワールは謎の言葉を残して去っていく。今回は「異世界かるてっと」第6話『決定!いいんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第3話『膠着!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

学園生活を拒否することはこの世界を崩壊させることにつながるのではないか、とデミウルゴスが提言する。 とりあえずは学園生活を送るしかないと覚悟を決める一同。 そんな中、ターニャは同級生の中に、自分を異世界に転生させた自称神こと「存在X」がいるのではないかと疑いを持ち始める。 今回は「異世界かるてっと」第3話『膠着!くらすめいと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『異世界かるてっと』とは、『オーバーロード』『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』『幼女戦記』の4作品に登場するキャラクターたちが登場する、スタジオぷYUKAI制作のクロスオーバーアニメーションである。 ある日、カズマたちのもとに現れた謎のボタンにより、他のアニメキャラクターたちが現れる。それらのキャラクターが異世界の学校で交友していく約十五分のショートアニメ。

Read Article

異世界かるてっと(第4話『邂逅!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ターニャが自身を異世界に転生させた存在Xがアインズなのではないかと疑ったことで一触即発状態になってしまったアインズとターニャ。 しかし、アインズがターニャに日本にいたことがあるかを確認したことをきっかけに状況は一変する。 一方、スバルもカズマのサトウ・カズマという名前から自分と同じ異世界転移された日本人ではないかと疑いを持つ。 今回は「異世界かるてっと」第4話『邂逅!くらすめいと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第1話『集結!かるてっと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ある日、カズマたちのもとに謎のボタンが現れた。時を同じくして、アインズ達のもとにも謎のボタンが現れた。異世界に転移してしまった一行は学園生活をおくることに。2組に案内された一行を待っていたのはターニャ達であった。各々が異世界に転移してしまった理由を考えていたところ、ナツキ・スバルたちが遅れてやってきた。それぞれのキャラクターが様々な反応を見せる中、ルーデルドルフが学園生活の始まりを宣言する。 今回は「異世界かるてっと」第1話『集結!かるてっと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のスキル・魔法まとめ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)は角川スニーカー文庫より発売されているライトノベル作品。現代社会に生きる引きこもりの佐藤和真(カズマ)が突然、女神アクアによって異世界に転移した。彼と女神アクアは地球へ帰還するため、異世界の美少女達と一緒に敵である魔王軍と戦う異世界ファンタジー。一般的な英雄像ではない個性的すぎるキャラクターやこのすばの世界観などを掘り下げ解説していきます。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)の名言・名セリフまとめ

『この素晴らしい世界に祝福を!』とは、暁なつめ(あかつきなつめ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 不慮の事故で命を落とした主人公の高校生の佐藤和真ことカズマは、死後の世界で女神アクアから天国へ行くか、生まれ変わるかの選択を迫られる。女神アクアは悩むカズマに、異世界で魔王と戦う勇者として転生する第三の選択肢を提示する。 本作の見どころの一つである独特なブラックユーモアを交えた笑えるストーリーからは、様々な名言が生まれている。

Read Article

ゲーム好きのひきこもりが異世界で勇者に!『この素晴らしい世界に祝福を!』

2016年冬に放送されていたアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』に関する記事です。この作品は、不慮の事故で死んでしまった引きこもりの主人公が異世界へ転生して個性的なパーティメンバーと共にたくさんのトラブルに立ち向かう物語です。この記事では、主人公をトラブルに巻き込ませるパーティメンバーについて紹介します。

Read Article

目次 - Contents