太鼓の達人に登場するなかまたちを紹介

音ゲーの代表格として2001年から現在も活躍中の「太鼓の達人」。
ゲームの中にはたくさんのキャラクターが登場し、ゲームをより華やかで楽しいものにしてくれています。
そこで今回はそんな「太鼓の達人」に登場するキャラクターを一挙ご紹介します。

「太鼓の達人4」より登場。
和田どんたちが居候している和田家の次男です。
初登場時は5歳であったが、現在では小学3年生となっています。
わんぱくな性格で根は素直なおじいちゃん子で、運動神経抜群で頭も良いという優等生という一面も持っています。
和太鼓教室に通っているが、よくサボっているようです。また、太鼓の師匠はバチお先生です。

どん子

和田どん・かつ兄弟と同じ工房で生まれ、その後2人のあとを追って東京にやってきた恋する乙女太鼓。
現在は和田どん一筋です。
しかし、和田どんは鈍感なためもどかしい想いを多くしているようです。
乙女仲間のはなちゃん、猫とは仲が良く、みんなでお祭り用に笛の練習をしています。
初期では顔が青い”かつ”色のどん子が登場していました。
しかし、真相は気分によって顔の色を変えているということでどん子はひとりということのようです。
アニメ「らき☆すた」ではどん子らしきキャラクターがゲスト登場したことがあり、キャスト表記は”太鼓の声”というものでした。

はな

和田家の隣にある高橋家の次女。
初登場「太鼓の達人4」で、年齢は和田家のテツオより1つ年上です。
特技は書道。運動や料理もできる優等生です。
ゲームでは、踊り子の演出でチアガールになったり、家庭用版ではどん子とケーキを作っていたりしています。

おじいちゃん

和田どん・かつが居候している和田家のおじいちゃんで、フルネームは和田喜与志。
初登場は「太鼓の達人4」で初登場時は74歳で現在は78歳です。
ちょうちんうなぎとは旧知の仲らしいということです。

和田イヌ

初登場は「太鼓の達人1」。
和田家で飼われている柴犬です。
白いほっかむりをしている礼儀正しい犬。
和田家の家事を担当し、得意料理は煮物です。

和田ジョン

初登場は「太鼓の達人1」であったが、「春祭り」版まで名前がなかったキャラクター。
和田イヌの弟だがなぜだか野良犬です。
赤いほっかむりとグレーのボディが兄との見分けができる点です。
また、兄・和田イヌとよく勝負しています。

ちょうちんうなぎ

屋台を営みながら全国を巡り歩いている”ちょうちんうなぎ一行”の親分で、ゲーム内では踊り子の役割を担っています。
和田家のおじいちゃんとは旧知の仲。オンチだが、本人に自覚はないようです。
踊り子時にはドジョウすくいをしています。

お面小僧

お面をつけた熊のぬいぐるみの踊り子キャラクター。
お面はきつね・ひょっとこ・おかめをかぶっています。
もともとは川沿いに放置されていた熊のぬいぐるみ。
とてもシャイなため、どんなときでもお面を外すことはありません。
しかし、きつねだけは数回お面を外したことがあります。
運動神経が良く、おもにきつねは様々なミニゲームで和田どんや和田テツオと対決することがあります。

かめ

makie
makie
@makie

目次 - Contents