桜井和寿とGAKU-MCのユニット・ウカスカジーについて

Mr.childrenの桜井和寿とラッパーのGAKU-MCによるユニット”ウカスカジー”
Mr.childrenとは違う魅力のつまったユニットで、多くの支持をあつめています。
そこで今回はウカスカジーについてまとめました。

ウカスカジーとは

ウカスカジーは、Mr.Childrenの桜井和寿と、ラッパーGAKU-MCによるスペシャルユニット。

もともとサッカーで友好があった桜井和寿とGAKU-MCが2014 FIFAワールドカップを盛り上げるためにユニットを結成。
コンセプトは音楽とサッカーでさまざまなコミュニケーションをクリエイトするプロジェクト。
結成当初は”UKASUKA-G”表記であったが、2014年3月頃からは”ウカスカジー”に変更された。
ユニット名の由来は2人の名前であるGAKUとSAKUをひっくり返したもの。

メンバー

桜井 和寿
1970年生まれ・東京都出身。
Mr.Childrenのボーカル・ギタリスト。
Mr.Childrenの楽曲のほとんどの作詞、作曲を手掛けている。
2004年からはBank Bandとしても活動。

GAKU-MC
1970年生まれ・東京都出身。
ラッパー、ミュージシャン。
ヒップホップユニットEAST ENDのメンバー。
RHYMESTERが主宰するFUNKY GRAMMAR UNITの最古参メンバーでもある。

おすすめ曲

勝利の笑みを君と

ファーストアルバム「AMIGO」収録曲。
2014年日本サッカー協会公認 サッカー日本代表応援ソング “ 夢を力に 2014” テーマソング〟として数々のメディアで流れていました。

元気が出る応援歌にはぴったりな1曲。
最後の転調部分ではさらに気持ちが盛り上がってゾクッとします。
MVでは一発撮りの長回しで見ごたえじゅうぶんです。

手を出すな!

GAKU-MC×桜井和寿 名義で2006年に発表したシングル。
ドイツFIFAワールドカップ2006におけるサッカー日本代表の健闘と応援をテーマにした曲。
日本テレビ系全国ネット「サッカーアース」のテーマソングとして起用された。

タイトルの「手を出すな!」はサッカーの基本ルール”手を使ってはいけない”というところからきている。
2013年にウカスカジー名義で「でも、手を出すな!」をリリース。
桜井がGAKU-MCに「手を出すな!」の2014年バージョンを作ろうと話を持ちかけたことから制作され、リアレンジした形でのリリースをした。

縁 JOY AMIGO

心躍るリズムに自然と身体が動き出してしまうハッピーチュー ン「縁 JOY AMIGO」

遊びごころ満載で楽しいラテンなナンバー。
桜井がラップを披露するというめずらしい楽曲です。
そこにGAKU-MCの高速ラップが炸裂してさらにハッピーで楽しくなれる疾走感を増してくれます。

豪華メンバー集結のアルバム「AMIGO」

ファーストアルバム「AMIGO」はウカスカジーの2人が親交のあるミュージシャンを中心にレコーディング参加をオファーし、豪華なメンバーが参加しています。
鈴木英哉(Mr.Children)、亀田誠治、寺岡呼人、DJ FUMIYA(RIP SLYME)、常田真太郎(スキマスイッチ)、蔦谷好位置らが集結。
さらに「ウカスカアンセム」のギターソロは、日本を代表するロックギタリストの布袋寅泰が参加しています。

今後も期待

2016年は初のツアーを開催。

ほかに、サッカー選手との対談やサッカーとライブを行うことができる施設を作り、さまざまな活動を行っているウカスカジー。
今後の展開も目が離せません。

makie
makie
@makie

Related Articles関連記事

Mr.Children(ミスターチルドレン、ミスチル)の徹底解説まとめ

Mr.Children(ミスターチルドレン)は日本の4人組ロックバンド、通称ミスチル。 デビュー当初はポップな曲が多く、恋愛を描いた作品を多く発表。 しかし徐々に、人の内面の暗い部分を描いたり、社会風刺的な作品が増えていき、多彩な曲がさらに多くのファンを引き付けることに。 1990年代前半から20年以上にわたり日本の音楽界をリードし続け、幅広い世代から支持されていて人気は今も衰えない。

Read Article

4年ぶりの開催決定!今までのap bank fesをふりかえる

Mr.childrenの桜井和寿と音楽プロデューサー小林武史を中心として開催された夏フェスap bank fes 環境問題や復興活動に特化した他の音楽フェスとは一線を画した音楽フェスですが、2012年を最後に休止していました。 しかし、今年4年ぶりに開催することが発表されました。 そこで今回はap bank fesについて、今まで出演したすごいゲストアーティストについてをまとめました。

Read Article

目次 - Contents