Dragon Ash(ドラゴン・アッシュ)の徹底解説まとめ

降谷建志率いる、日本を代表する6人組ミクスチャーロックバンド。1997年にメジャーデビューし、ROCK IN JAPAN FESTIVALには、初年度から全て出演。ZEEEBRAを客演に迎えた、「Grateful Days」で一躍有名になり、ワールドカップのテーマソング「FANTASISTA」や、「Life goes on」などヒット曲を連発。2017年でデビュー20周年を迎える。

百合の咲く場所で

2001年3月14日 にリリースされた6枚目のアルバム、LILY OF DA VALLEYに収録されている。
当時のDragon Ashはロックとヒップホップの融合をテーマとしており、そのコンセプトが反映されている一曲である。
またLIVEでの定番曲である。

Crush the window

2005年6月1日にMOB SQUADからリリースされた、14枚目のシングルである。2004年7月にリリースされたシングル「Shade」以来約1年ぶりとなるリリースとなった。
「ファンと共有する事」をテーマに制作された。レゲエを織り込んだ、カラッとしたロックナンバーになっている。

Dragon Ashの関連サイト

www.dragonash.co.jp

www.mobsquad.jp

www.dragonash.co.jp

kenkenweb.net

ck6
ck6
@ck6

目次 - Contents