独断と偏見で紹介するウルトラ怪獣【ノーバ編】

20140514090900

皆さんはウルトラ怪獣というものをご存知ですか?怪獣と聞くと「どれも似たような奴ばっかりでしょ?」と思われるかもしれませんが実はそうじゃないんです!今回は個性溢れるウルトラ怪獣「ノーバ」を紹介します。

どんな怪獣なの?

20140514090900

ノーバの初登場はウルトラマンレオの第49話「死を呼ぶ赤い暗殺者!」。ブラックスターから送りこまれた円盤生物の一体で、外見は真っ赤なてるてる坊主と半分冗談のような姿をしているが性格は残忍で狡猾、綿密な計画を立て地球へやって来る。

劇中ではまず公園に飛来。その後少年の心を惑わし利用、吸引した人間を凶暴化させる赤いガスを撒き散らしながら地球侵略と打倒レオを試みる。

巨大化した後にレオと戦闘開始。目から放つ光線技、鞭や鎌などの武器で苦しめるが、最後はエネルギー光球とシューティングビームを受けて消滅、凶暴化していた人たちも元に戻る。

またノーバは「ウルトラマンメビウス」に登場、以前出現したものとは別固体だが性格はそのまま。加えて戦闘能力が格段にアップしている。高速で回転しながら相手をズタズタに切り裂くファントムアタックや、超威力の火球ヘルボールが得意技。

劇中では自分の分身体を囮に使いGUYS本部を襲撃する作戦でウルトラマンメビウスに挑む。多彩な技でメビウスを翻弄するが、マケット怪獣ミクラスの援護もあり最後はメビュームシュートによって倒され消滅する。

余談ではあるが「ウルトラマンレオ」の番組制作時はオイルショックや怪獣ブームの終焉で制作費が乏しく、着ぐるみを作る費用をカットするためにノーバなどの簡素化されたデザインの怪獣が多く誕生した。

こちらはウルトラマンレオとノーバの戦闘シーン

P001

こちらは「ウルトラマンメビウス」に登場したノーバ。のっぺりとした顔だが劇中では不敵に笑う場面があり、より不気味さが増している。

4d5cda24e8ae0261

こちらはノーバのソフビ人形。独特なフォルムのノーバだがソフビでしっかりと再現されている。

9e42c7e4

こちらはフジテレビの番組「めちゃ×2イケてる」の怪獣オーディション企画に参加した際のノーバ。そのシュールな存在感からナインティナインの両人からイジられていた。

今回はここまで!

いかがでしたか?次回もきっと気になるウルトラ怪獣を紹介しますのでチェックしてみてくださいね!

bbman
bbman
@bbman

Related Articles関連記事

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

ウルトラマンレオ(Ultraman Leo)のネタバレ解説まとめ

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。 「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

Read Article

まさかの円谷プロ公式!「ウルトラ怪獣擬人化計画」地球を萌やす怪獣たちはフィギュアも熱い!

「ウルトラマンを知らない若い世代に、怪獣の魅力を通じてもっと作品を知ってもらおう」という志から始まったプロジェクトが、何をどう間違えたのか怪獣の萌え擬人化というメディア展開に発展した異色の「ウルトラ怪獣擬人化計画」! 既に商品化も始まっているウルトラ怪獣達の萌えるフィギュアをご紹介しましょう!

Read Article

今こそ注目したい!ウルトラマンゼロについてあれこれ

今やウルトラマンギンガがメインを張っているウルトラワールド。しかし、ギンガ登場まで、子供たちを大いに沸かせていたヒーローがいることをご存知でしょうか?彼の名はウルトラマンゼロ。ゲスト出演を果たした映画や主役を務めるパチンコの発表など、2015年もまだまだ目が離せません。そんなゼロについてまとめました。

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

Contents