龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

佐川司(さがわ つかさ)

CV:鶴見辰吾

五代目近江連合直参佐川組組長で、真島が支配人を務めるキャバレー「グランド」のオーナー。
真島がかつて身を置いていた嶋野組組長・嶋野とは代紋違いの兄弟分であり、その縁から東京を追われた真島を一時的に預かっており、真島の生殺与奪を握っていると言っても過言ではない。

普段は遊び人然とした砕けた口調と性格で、極道らしからぬ容姿で夜の街を気ままに歩いている。しかし、少しでも意に沿わぬことが起きれば凶暴かつ攻撃的な感情を剥き出しにする、極めて危険な男でもある。
極道への復帰を望む真島に条件として「マキムラマコトを殺せ」との指令を下したことから、真島を大きな運命の渦へと巻き込んでいく。

マキムラマコト

CV:沢城みゆき

蒼天堀の場末にある整体院「ほぐし快館」に従業員として働く謎の女性。
両目が不自由でほぼ失明しているが、整体師としての技術を磨いて生計を立てている。

大人しく心優しい性格で、華やかな蒼天堀の片隅で時代の波に取り残されたかのようにひっそりと暮らしている。しかし実は彼女には「カラの一坪」にまつわる秘密があり、それがきっかけで極道たちに狙われ、血みどろの抗争に巻き込まれていく。

李文海(リー・ウェンハイ)

CV:田中一成

蒼天堀の場末にある整体院・ほぐし快館の店長を務める中国人男性。
その坊主頭で強面の外見とは裏腹に愛想のいい性格で、鍼師としての腕前も「ゴッドハンド」の異名を持つほど超一流であり、訪れてくる客たちの間でも評判が良い。

さらに蒼天堀で暮らす在日中国人(主に密入国者)を取りまとめ、面倒を見ている。しかし時折鋭い眼光を見せたり、極道を前にしても顔色ひとつ変えない様子から、ただの堅気の人間ではないことをうかがわせる。

西谷誉(にしたに ほまれ)

CV:藤原啓治

五代目近江連合直参鬼仁会会長。
金と女と暴力をはじめとしたあらゆる欲望の赴くままに行動する、自分自身にひたすら忠実な男。幼い頃から置き引きや強盗などあらゆる犯罪に手をつけるほど破天荒な人生を送っており、巨大組織である近江連合ですらも制御しきれないでいる。
そして一方で、強い相手との命を賭した戦いを求めているところもあり、真島と出会って彼と一騎討ちを繰り広げ、彼が自分が求める強者だと確信に至る。

嶋野太(しまの ふとし)

CV:楠見尚己

東城会直系嶋野組組長。
見上げるような巨体で相手を威圧する圧倒的な迫力の持ち主で、さらにその外見通り、本人もれっきとした武闘派である。そして性格は豪胆にして残酷で、歯向かう者と見なせば誰であろうと一切の容赦がない。

真島にとって渡世の親にあたるが、自分の意向に逆らったことで真島を極道社会から追放し、さらに代紋違いの兄弟分である佐川に働きかけて蒼天堀へ軟禁状態においた。
それからは生かさず殺さず、佐川と共に真島を蒼天堀で飼い続けているが、その真意を知る者は誰もいない。

ビリケン

CV:中尾良平

大阪府警の管轄にあたる蒼天堀警察署の刑事。「ビリケン」とは近江連合の極道たちから付けられた呼び名で、本名は不明である。
くたびれたトレンチコート、禿げ上がった頭にわずかに残る白髪が特徴的で、普段は蒼天堀川を眺めながらしけもくを吸っており、その姿はいかにもうだつの上がらぬ老人といった風采である。

しかし実は蒼天堀の川底に重犯罪者を戦わせるための地下闘技場「三途の川底」の管理人という副業で金儲けをしており、近江連合も含めた蒼天堀の裏社会ではちょっとした顔役となっている。さらに西谷とは彼の幼少時代からの付き合いで、強い信頼関係で結ばれているらしい。

山形(やまがた)

CV:中井和哉

真島が支配人を務めるグランドと並ぶキャバレーの人気店「オデッセイ」の支配人。確かな手腕と時代の先を読む眼力の持ち主で、経営の腕も確かなものであり、キャバレーだけでなく、新しい業態に移りつつあるキャバクラにもいち早く注目している。

『龍が如く0 誓いの場所』の世界観・用語

神室町21世紀再開発計画(かむろちょうにじゅういっせいきかいはつけいかく)

巨大商業施設「ミレニアムタワー」を神室町に建設するという計画で、このミレニアムタワーの建設によってもたらされる利権を巡り、さまざまな組織が水面下での争いを繰り広げている。その中でも堂島組は傘下の久瀬拳王会や泰平一家、渋澤組を使って建設予定地の多くの土地を買収するなど、利権の独占に向けて積極的な動きを見せている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents