龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

CV:小西克幸

不動産会社・立華不動産の社員で、地上げを専門とした神室町の不動産乗っ取りのスペシャリストであり、裏社会でも有名となっている。
立華不動産による地上げの現場を仕切っており、社長の立華からの信頼も篤く、彼の右腕的存在として活躍している。

一見して軽い印象を与えるが、既に数多くの修羅場を経験してきているため、極道に対してさえ物怖じしないほど肚が座っている。そして、豊富な資金力と緻密な情報網を駆使し、極道顔負けの強引さで地上げを繰り返してきている。

堂島宗兵(どうじま そうへい)

CV:江川央生

東城会直系堂島組組長。
目的のためには合法非合法問わず手段を選ばない冷酷さと、敵と見なせば誰であろうと容赦はしない凶暴さ、そして貪欲な出世欲を併せ持っている。
これまで東城会を拡大してきた功労者として数多い直系組長たちの中でも最大、最強の勢力を誇っているが、その功労の多くは自身の片腕で若頭である風間の手によるところが大きい。

二代目会長代行体勢の続く東城会の跡目を狙っており、その足掛かりとして神室町 21世紀再開発計画の莫大な利権獲得を目指している。その鍵として「カラの一坪」に目をつけ、若頭補佐である久瀬、阿波野、渋澤に指示を出す。

錦山彰(にしきやま あきら)

CV:中谷一博

東城会直系堂島組若衆で、桐生の幼馴染にして兄弟分。
桐生と共に風間に拾われて養護施設「ヒマワリ」で育ち、恩人となった風間の背中を追って堂島組に入った。

桐生とは対照的に、極道として器用に立ち回れるだけの才覚と、組織内でのし上がって偉くなりたいと考える上昇志向を持っている。そのため、出世に興味のない桐生に物足りなさを覚えている様子がある。
そして病気がちの妹がひとりいて、彼女に対して常に気にかけているという一面も持つ。

柏木修(かしわぎ おさむ)

CV:咲野俊介

東城会直系堂島組内風間組若頭で、堂島組若頭の風間の片腕としてその名を神室町内に轟かせる凄腕の極道。
義理と人情、礼儀に厳しく、筋を通さない者は誰であろうと決して許さない。

肩書上は東城会の三次団体である風間組の人間であるため、堂島組に所属する桐生や錦山よりは格下に位置するが、ふたりにとっては何より恐ろしい、年の離れた兄貴分でもある。
風間からは実質的な風間組の運営を任されており、風間だけでなく周囲からに信頼も厚い。

風間新太郎(かざま しんたろう)

CV:渡哲也

東城会直系堂島組若頭で、堂島組内風間組組長。
東城会最強と言われるまでに堂島組を支えてきた立役者で、実力と出演を兼ね揃えた別格の極道で、柏木をはじめとした風間組はもちろん、堂島組の多くの極道たちからも尊敬と畏怖の念を向けられている。

堂島組の若頭として辣腕を振るう一方で、個人的に養護施設「ヒマワリ」を設立し、身寄りのない子供たちを支援している。そこで育った桐生と錦山に取って風間は本当の親も同然であり、憧れの存在ともなっている。
現在は風間組で開帳した賭場が半年前に警察に摘発されたことにより、刑務所に収監されている。その間隙を縫うようにして若頭補佐の久瀬、阿波野、渋澤に若頭のポストを狙われている。

世良勝(せら まさる)

CV:大川透

東城会直系組織「日侠連」の総裁。冷静で達観した性格と紳士的な佇まいとは裏腹に、代紋を掲げることなく東城会本部の裏方のトップとして数多くの汚れ仕事をこなしている。
正確な射撃の腕前を持ち、佐川が真島をマコト共々射殺しようとした際、彼の腕を正確に撃ち抜いたり、堂島が銃を使おうとした際もその銃を弾き飛ばしている。

また、極道の世界に足を踏み入れてすぐに風間と出会い、彼から極道のイロハを教わったこともあって、桐生や錦山とは似て非なる経緯で風間を恩人として深く尊敬している。
そして「カラの一坪」を巡る抗争においても暗躍しているようだが、その真意は明らかになっていない。

二井原隆(にいはら たかし)

CV:柴田秀勝

東城会二代目会長代行で、1988年現在、東日本の裏社会のトップに君臨する男。
直系組織の堂島組の一員とはいえ、一介の若衆に過ぎない桐生にとってはまさに雲の上の存在だが、「カラの一坪」を巡る抗争の中で思いがけない邂逅を果たすことになる。

麗奈(れいな)

CV:鶴ひろみ

神室町の一等地・天下一通りに位置する高級クラブ「セレナ」のママを務める女性。多くの店が割拠する天下一通りの中でも評判を集める店を切り盛りしていることで一躍有名になっている。

優雅な容姿と落ち着いた物腰で男女問わず人気を集めているが、極道相手にも物怖じしない意志の強さも併せ持っている。
流行に敏感な錦山が評判を聞きつけてセレナの常連となり、その縁で桐生とも出会い、顔見知りの関係となる。

サブキャラクター(真島吾朗編)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents