目指せグランドライン!『ONE PIECE(ワンピース)』のRPGゲーム作品まとめ

マンガ『ONE PIECE(ワンピース)』のRPG作品まとめ。 タイトルごとの特徴的な戦闘システムやストーリーなどを解説します。

アクション要素の強いRPGです
主人公ルフィたちは、それぞれ特殊なアクションを持っています。
例えばルフィはゴムゴムのピストルで離れた場所に飛び移ったり、サンジは障害物を蹴り飛ばして通路を作ったり……など。
こうしたアクションをうまく使ってマップを攻略するのが本作の大きな特徴です。

もう1つの特徴として、シミュレーション要素を含んだバトルシーンです。
画面に収まるくらいの、小さなマスめ状のフィールドで戦闘になります。
戦略シミュレーションよりもシンプルですが、キャラごとの長所を活かした必殺技を駆使する必要があり、戦略性はなかなか高いです。

さらに女性の敵がいると、サンジだけ問答無用で行動不能になるというオマケつき。
ストーリーも敵キャラもゲームオリジナルで、かなり楽しめる作品です。

『ONE PIECE チョッパーの大冒険』

これはチョッパーが主役の完全オリジナルストーリーRPGです。
無人の村で一夜を明かしたルフィ達は、目を覚ますと全員動物の姿に変わってしまった!
もともと動物のため変化しなかったチョッパーは、仲間達をもとの姿に戻すため冒険に出ます。

バトルだけでなく、薬を調合するシミュレーション要素も含んでいます。
ダンジョンで手に入れた材料を調合し、全員をもとの姿に戻す治療薬を作ることがゲームの目的です。

ダンジョンはローグライクのように毎回マップが変化する自動生成ダンジョンや、ミニゲームといったお楽しみポイントが盛りだくさん。
さらにチョッパーの形態変化やランブルボールによる変化も完全再現しており、これらをうまく使って攻略する事になります。
また、サルになったルフィや、トラになったゾロなどが仲間としてついてきます。

『ONE PIECE オーシャンズドリーム !』

本作は、記憶を失ったルフィ海賊団が主人公。
今までの冒険の記憶はおろか、それぞれの得意技まで忘れてします。 ルフィたちは失われた記憶を求めて大海原へ乗り出し、今まで訪れた町を巡っていきます。 つまり、記憶を取り戻すという形で原作を追体験するのがこの作品のコンセプトです。

この作品の大きな魅力は、なんといってもバトルです。 バトルのグラフィックは2Dですが、「コミックドライブ」というシステムによって、マンガとアニメを組み合わせたようなバトルが展開されます。 使用イラストも1000枚以上であり、コミックスを読んでいるかのような臨場感があります。 演出の迫力は3D格闘ゲーム以上といっても過言ではありません。

ワンピースをテーマにしたゲームらしい、ワンピ世界の思いっきり浸れるような作品です。

『ONE PIECE ドラゴンドリーム!』

これは『オーシャンズドリーム』のリメイク作品です。

コンボが非常に重要な要素となっています。 といっても複雑なコマンド入力は必要なく、「A」「B」「AB同時押し」の三通りのみ。 これに入手したワザを自分で設定するのですが、それらのワザを繋げる事でコンボを繰り出すのがこの作品の特徴&楽しいポイントです。

ワザによってコンボが繋がったり繋がらなかったりしますが、繋がるかどうかは矢印が表示されるのですぐに分かるので、イチイチ自分で確かめる必要もありません。 簡単なシステムで次々にコンボを繋げられる感覚はまさに快感です。 原作の技をかなり上手く再現出来ており、動かしていて楽しいです。

キャラゲーはシステム面がおおざっぱになるイメージを持たれがちですが、ワンピースのゲーム作品はシステムの作りこみにも定評があります。 その中でもこのタイトルはかなり出来が良いです。 コンボなどの戦略を立てるほどに強くなれます。

『ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け』

今までのRPG作品ではゲームオリジナルのストーリーなどが入っていました。
しかし本作は原作再現を重視したつくりで、アニメや映画のオリジナルキャラといった要素はほとんどありません。 ストーリーは『サバイバルの海 超新星編』(コミックス1巻から61巻まで)が収録されています。

ためたポイントで必殺技を強化するのが本作のポイントです。 序盤ではそこそこの威力しかなかった技でも、強化すればザコ敵を一掃できるほどの威力に成長する。 戦いを通して成長していくイメージで非常に良いです。

肝心のストーリーですが、ここはあまり評価がよくありません。 原作を完全再現というのは容量の都合で不可能だったらしく、省略されたエピソードがかなりあります。 仲間の過去に関するエピソードはおろか、完全に削除されたエピソードもあります(空島編など)
こうした理由から、ワンピースに初めて触れるという人にはオススメできません。 原作を一通り読んだ人向けの作品です。

【関連まとめ】

renote.jp

renote.jp

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

フランキー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

NEW

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフまとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

『ONE PIECE』色々と引っ張るキャラクター、ジンベエとその人生(随時更新)

次から次へと怒涛の展開続く『ONE PIECE』。初期は展開も早く、新しい仲間の加入も割合すんなり進んでいたと思います。しかし作品に人気が出るにあたって、容易に先が見えなくなってきました。そんな中、登場及び「仲間になるかどうか」等、色々と先延ばしにされている感のある(敢えてでしょうが)ジンベエというキャラについてまとめました。

Read Article

NEW

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

NEW

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

女体化したトラファルガ・ローだと?『ONE PIECE』フィギュアから新シリーズI.R.Oが発売!

大人気漫画の『ONE PIECE』からは、今まで多くのフィギュアが発売されてきました。特にナミやハンコックそしてロビンといった女性フィギュアは物凄い人気で、予約と同時に直ぐにも完売してしまうほど。そして再び『ONE PIECE』から魅力的な女性フィギュアが発売されるのですが、どうやら今回は男性キャラがセクシーな女性へと「女体化」したモノらしいのです!

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents