なぜセイウチなのか。人間がセイウチになる映画「Mr.タスク」が珍妙すぎる!

数ある動物の中からどうしてセイウチを選んだのでしょうか。人間がセイウチになるというワンアイデアのみで膨らませたような映画「Mr.タスク」ですが、好き嫌いが極端に分かれるようで、傑作と称賛する人もいれば、時間のもだと貶す人もいます。さて、あなたはどちらでしょうか。映画「Mr.タスク」をご紹介致します。

あらすじ・ストーリー

ポッドキャストを運営するウォレス(ジャスティン・ロング)は、取材先のカナダで航海の話を聞いてほしいという老人の家を訪問する。ハワードと名乗る老人(マイケル・パークス)が体験した冒険談を聞きながら、睡眠薬入りの紅茶を飲まされたウォレスは眠ってしまう。気が付くと足の感覚がなくがくぜんとする彼に、ハワードは君はセイウチになると告げ……。

出典: movies.yahoo.co.jp

良点:ある意味先の読めない展開と、「なんでこの人が!?」というビッグスターの出演

物語の先は本当に読めません。設定からして意味不明ですからね。しかしこれだけ読めなくても別にいいやと思える作品も珍しいでしょう。どんな結末になっても「へえ」と終わることは分かりきっており、また既に出オチしてるのであえて結末を楽しみに待たなくても良かったりします。本当にセイウチ人間になるだけですからね。セイウチ人間になってどうこうというわけではありません。

物語の中盤になると突然どこかで見たような顔が現れます。そう、ジョニー・デップです。なんでこんな映画に出てるの、と思わず戸惑い、視聴後にまあ偽物だろうと思ったら本物だったというサプライズ。本当にどうしてこんな映画に出てるのでしょうか。はっきり言ってかなりチープな作品で、製作費もそれほどかかっていないと思われます。もしかしたら彼に払う出演料が制作費の大半を占めているのではと勘ぐってしまいます。ある意味ビックリな展開が起こりました。

悪点:冗長なやり取りと、ホラーでもコメディでもない中途半端な演出

本編は約100分あるのですが、そのうち40分くらいは無駄なやり取りに費やされているような気がします。その冗長な掛け合いを味と見るかどうかは人それぞれですが、少なくとも私はそれで完璧にだれてしまいました。何の実入りもない、無駄な会話を延々と見せられ、それでいて物語は遅々としか進まない。会話がそれなりに面白ければ良いのですが、聞いても聞かなくてもどっちでも良いような話ばかり。笑えませんし、かといって真面目に聞くような含蓄ある話でもありません。眠い目をこする以外にすることがありませんでした。

この映画のジャンルはホラーコメディ。確かにホラーテイストはあるでしょう。人間がセイウチになるんですから。また、コメディ要素も確かに見受けられます。人間がセイウチになりますからね。要するに、ホラーもコメディも人間がセイウチになるという設定に頼りきりです。それでいてさほど怖くないし、面白くもありません。やるなら「ムカデ人間」のようにはっちゃけて欲しかった。あれはあれでジャンルを超越してましたからね。というか、タイトルがなぜ「セイウチ人間」じゃなかったのかが謎です。邦題のタイトルの付け方はよくわからないですね。

まとめ

史上稀に見る、時間の無駄遣い映画でした。最後の5分だけ見れば十分です。これだけつまらない映画をよくも作ったものです。本編割と長いですし、その上ジョニー・デップ出てますし。でも記憶には残りました。人間がセイウチになる映画があったなあという程度でしょうがね。それでも観たいという人は止めませんが、後悔すること請け合いです。暇つぶしにすらなりません。暇つぶしに観た映画なのに、さらに暇つぶしが必要になるくらいのつまらなさです。ある意味、珍しい作品ですけどね。

ryosuke0712
ryosuke0712
@ryosuke0712

Related Articles関連記事

チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)のネタバレ解説・考察まとめ

チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)のネタバレ解説・考察まとめ

2005年、ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビで公開された、アメリカの映画です。ファンタジー・コメディーに分類されます。しかし蓋を開ければ内部非公開の工場を見物できるというワクワク感とは裏腹のブラック・ジョーク、皮肉全開のミュージカル調のシーン、美しくも怪しい映像のセンスなどが監督ティム・バートンの世界観をよく表現しています。第78回アカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート作。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(The Curse of the Black Pearl)は、2003年7月9日に公開されたアメリカの冒険映画。 カリブの港町ポート・ロイヤルは、ある日バルボッサ率いる海賊たちから襲撃を受ける。思い人をさらわれたウィル・ターナーは、収監されていた海賊ジャック・スパロウと手を組み、彼女を救うための航海に出る。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は、2006年7月7日に公開されたアメリカの冒険映画。 かつての恨みを果たそうとする幽霊船『フライング・ダッチマン号』に追われるジャックたち。幽霊船の船長ディヴィ・ジョーンズの弱点である心臓を収めた宝箱(デッドマンズ・チェスト)を探すため、彼らは追っ手から逃げつつ大海を冒険する。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(On Stranger Tides)とは、2011年5月20日に公開されたアメリカの冒険映画。大海賊ジャック・スパロウは、『見つけた者は永遠の生命を得ることができる』といわれる生命の泉を探していた。永遠の生命を求めて英国海軍とスペイン海軍に加え史上最凶の海賊・黒ひげ、そしてジャックたちが激しい争奪戦を繰り広げる。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドは、2007年5月25日に公開されたアメリカの冒険映画。 世界中の海賊は次々に処刑され、海賊の時代が終焉を迎えようとしていた。海賊たちは決起し、『伝説の海賊』と呼ばれる9名を招集する。クラーケンに飲み込まれた伝説の海賊の一人ジャック・スパロウを救うべく、ウィルとエリザベスらブラック・パール号は、蘇ったバルボッサを船長として世界の果てを目指す。

Read Article

妹の恋人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

妹の恋人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『妹の恋人』(原題『Benny & Joon』)とは、1993年にアメリカで公開された、ある兄妹と1人の青年との交流を描いた青春ドラマである。両親を早くに亡くし、精神を病んでしまった妹を支える兄。そんな2人の元にサムという青年が現れる。無口で風変わりなサムはジューンの固く閉ざした心を開いて行き、2人は恋に落ちる。しかし妹離れ出来ずにいる兄は2人の交際に反対し、ある事件が起きてしまうのだった。監督は『ナショナル・ランプーン クリスマス・バケーション』のジェレマイア・S・チェチックが担当している。

Read Article

ギルバート・グレイプ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ギルバート・グレイプ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギルバート・グレイプ』とは、原題は『What’s Eating Gilbert Grape』で、同名小説の映画化。ジョニー・デップと、レオナルド・ディカプリオが共演している、1993年のアメリカ映画である。 知的障害を抱えた弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)と、夫を亡くした事で過食症となり、病的な肥満になってしまった母親。 退屈な田舎町で家族を支えるギルバート(ジョニー・デップ)が、ある日ベッキーという女性と出会うことで自分自身を見つめ直し、心の揺れ動きと成長を描いた物語。

Read Article

アリス・イン・ワンダーランド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アリス・イン・ワンダーランド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリス・イン・ワンダーランド』とは2010年公開のアメリカの3D映画。監督はティム・バートン。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。原作はルイス・キャロルの児童文学小説『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』。19歳になったアリスが再びワンダーランドに迷い込み、赤の女王に支配されていたワンダーランドを救う。実写とモーションキャプチャーの技術を使い映画化した。映像が素晴らしく童話の世界観を見事に実写化しており、アカデミー賞では衣装デザイン賞をはじめ、3部門で受賞した。

Read Article

NEW
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』とは2016年公開のアメリカの3D映画。2010年公開の『アリス・イン・ワンダーランド』の続編。ティム・バートン製作・製作総指揮。監督は ジェームズ・ボビン。3年の船旅から戻ったアリスが青い蝶のアブソレムに導かれ、鏡の中に入り再びアンダーランドを訪れる。そこで病んでいる親友のマッド・ハッターを救うために過去に遡り、過去を変える時間の旅に出る。ヒットした前作と比べアメリカ、日本ともに興行成績は振るわず、厳しい評価になった。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』とは2018年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚の第2弾。 闇の魔法使いグリンデルバルドが移送中に逃亡するシーンから物語が始まる。巨大な力を求め仲間を集めるグリンデルバルドとの攻防が繰り広げられる。 黒い魔法使いグリンデルバルドを追う魔法動物学者ニュートの新たな冒険が描かれる。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とは2016年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ1作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚。原作者J.K.ローリングが脚本を手がけた。 イギリスの魔法使いニュートが魔法動物達と共にニューヨークに降り立つところから物語が始まる。手違いで逃げ出してしまった魔法動物達とニューヨークで起こった不思議な事件。魔法動物と魔法使いによる新たな魔法界の物語。

Read Article

変貌がスゴい!ジョニー・デップの歴代出演作品まとめ【パイレーツ・オブ・カリビアン】

変貌がスゴい!ジョニー・デップの歴代出演作品まとめ【パイレーツ・オブ・カリビアン】

そのルックスから、日本でもファンが多いジョニー・デップ。彼の名前を聞いて真っ先に思い浮かぶ作品といえば、やはり『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでしょう。しかしながら、実はそれ以外にも様々な有名作品に出演しています。この記事では、そんな彼の歴代作を時系列でまとめました。さきほど挙げた海賊映画のジャック・スパロウもそうですが、ブッ飛んだキャラクターを演じさせるならジョニー・デップに勝る人はいませんよね。

Read Article

【トム・クルーズ】来日したハリウッドスターと一緒に現れる戸田奈津子の画像まとめ【ジョニー・デップ】

【トム・クルーズ】来日したハリウッドスターと一緒に現れる戸田奈津子の画像まとめ【ジョニー・デップ】

ハリウッド映画が公開されるのに合わせて海外のスターたちが来日するのはよくある話ですが、彼ら/彼女らとともに必ずといっていいほど一緒に現れるのが戸田奈津子。字幕翻訳家として様々な作品を手がけてきた彼女は、スターの通訳としても活躍しています。この記事では、そんな戸田奈津子とハリウッドスターたちとの共演画像についてまとめました。仕事とはいえ、こんなに間近でスターと接せられるなんて、ファンからしたら羨ましすぎますね!

Read Article

【ウィル・スミス】惚れてまうやろ!「世界のイケメン」ベスト100【ジョニー・デップ】

【ウィル・スミス】惚れてまうやろ!「世界のイケメン」ベスト100【ジョニー・デップ】

2012年、ファッション雑誌『グラマー』が「最もセクシーな男性100人」を発表しました。その中にはウィル・スミスやジョニー・デップなど、日本でも名を知られているイケメンたちが数多くランクインしています。なかなか日本人男性には見られないような彫りの深い顔、バツグンのスタイル、ステキすぎるスマイル…もうこんなん見たら、惚れてまうやろ!

Read Article

隠しきれない色気!ジョニー・デップのカッコイイ画像まとめ!

隠しきれない色気!ジョニー・デップのカッコイイ画像まとめ!

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどへの出演で知られるジョニー・デップ。この映画でのジャック・スパロウをはじめ、いろいろとぶっ飛んだ役を演じていることが多い彼は、母国だけではなく日本にもファンがたくさんいます。この記事では、そんなジョニー・デップがカッコイイ画像についてまとめました。普通にしていても隠しきれない色気…素敵すぎます!

Read Article

ファンタビのレビュー・評価・感想まとめ【ファンタスティック・ビーストシリーズ】

ファンタビのレビュー・評価・感想まとめ【ファンタスティック・ビーストシリーズ】

『ファンタスティック・ビーストシリーズ』は『ハリー・ポッターシリーズ』のスピンオフ映画である。主人公のニュート・スキャマンダーはホグワーツ魔法魔術学校指定教科書『幻の動物とその生息地』の著者であり、作中では多くの魔法動物が登場する。 ここでは『ファンタスティック・ビーストシリーズ』のレビュー・評価・感想をまとめた。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ!「ファンタスティック・ビースト」と「呪いの子」の情報まとめ

ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ!「ファンタスティック・ビースト」と「呪いの子」の情報まとめ

2016年に『ハリー・ポッターシリーズ』のスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が公開された。これはハリーの時代よりも前の出来事を描いた作品である。また同年には『ハリー・ポッターと呪いの子』の舞台も始まった。こちらは『ハリー・ポッターと死の秘宝』の出来事から19年後の話となっている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズとの繋がりは?ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の徹底解説・考察まとめ

ハリー・ポッターシリーズとの繋がりは?ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の徹底解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は『ハリー・ポッターシリーズ』のスピンオフ作品で、ホグワーツ魔法魔術学校における魔法生物飼育学の指定教科書『幻の動物とその生息地』を書いたニュート・スキャマンダーが主役となっている。 この時代はグリンデルバルドという闇の魔法使いが勢力を拡大しており、ニュートは闇の勢力との戦いに巻き込まれていく。

Read Article

心温まるヒューマンドラマを描いた映画10選【ギルバート・グレイプ/サイダーハウス・ルール】

心温まるヒューマンドラマを描いた映画10選【ギルバート・グレイプ/サイダーハウス・ルール】

この記事では見終わった後に心がすっきりと澄み渡るように爽快な気持ちになれる、心温まるヒューマンドラマを描いた映画をまとめた。どの映画でも様々な苦難を前にして成長していく主人公の姿が描かれており、家族や友人との絆、愛情が大切なものだと改めて感じさせてくれる。

Read Article

「アリス・イン・ワンダーランド」風の夫婦のウエディング写真がステキすぎると話題!

「アリス・イン・ワンダーランド」風の夫婦のウエディング写真がステキすぎると話題!

ティム・バートン監督による映画『アリス・イン・ワンダーランド』。作中に登場する人物・キャラクターたちはみんな独特の衣装を着ているのですが、その中のアリスと帽子屋(マッドハッター)そっくりに扮した夫婦のウエディング写真がステキすぎると話題になっています。まるで映画の中からそのまま抜け出してきたかのようなクオリティの高さ!これは一生思い出に残りますね!

Read Article

目次 - Contents