えっ!こんなのがあったの?『ハイキュー!!』裏話・トリビア・小ネタを集めてみた。

現在少年ジャンプにて連載中の『ハイキュー!!』。アニメ二期放映も大好評で、ミュージカルの続演も決定しました。そんな『ハイキュー!!』から、最近見付けた意外なものや裏話・トリビア・小ネタ、そして古舘先生が出されたクイズ(?)の答えなどを探し、そのいくつかをまとめてみました。

・左《8巻》誰も居ない椅子の上にポツンと置かれた王冠が、当時の影山をとてもよく表しているように思われます。右《6巻》小さいですが、こちらの王冠にも注目!

・左《7巻》、右《8巻》扉絵から。

・左《第142話》、右《8巻》。《8巻》では青城との戦い途中で“王冠”を脱ぎ捨てますが、二度目の対決では早々に“王冠”を脱ぎ捨てた影山。ここいら描写の細やかさは秀逸と思いました。
そして、こうやって王冠を並べてみて気付かれたでしょうか?古舘先生は影山の王冠をずーっと“同じデザイン”で描かれていたのです!ちょっ…凄いこだわり!?

■大王様の色々

・やはり“大王様”と言うだけあって“アレキサンダー大王”なのでしょうか。《12巻》
※アレキサンダー大王についてはリンク先にて。

ja.wikipedia.org

・大王様=大魔王様の流れで生まれた「ハイキュークエスト」ですが、本誌の及川にも角が生えてます(笑)。《16巻》

■臣民とは?

・2巻では“臣民”と自らの状況を称し、金田一へと訴えていた日向。あれ?この時日向は影山を「大王」へとランクアップさせていた(笑)。

・何時の間にやら独裁、圧政に苦しむ臣民を導く存在になった(らしい)日向。そして脱・孤独な王様こと影山は、この扉絵の元であろう「民衆を導く自由の女神」の画家ドラクロワ自身を演じていて。影山ってば、すっかり王様脱却しちゃいましたね(笑)。《11巻》

ja.wikipedia.org

・ちなみに日向も王冠を被っているのですが、こちらは学芸会で被る紙で出来た王冠みたいです。左《11巻》、右《14巻》。

■縁下くんの遍歴

・結構初期から登場している縁下力くんですが、《3巻》ではこんな感じでした(左のスタメン表が縁下くん初登場シーンです)。

・すっかり時期主将、後ろを任せられる男の顔となった縁下くんです!《14巻》

■マーライオンを捜せ!

・第82話「決裂」のクイズ、マーライオンのキーホルダーはここにいました(笑)。《10巻》

■ハイキュー!!16巻のヒナガラス

・《16巻》第144話「極限スイッチ」のシーンです!

■国見ちゃんも捜せ!!

・《14巻》カバー折り返しにあった古舘先生のこのコメント、答えは《7巻》第55話「"俺のベスト"と"お前のベスト"」です(笑)。

■西義之先生

高塔
高塔
@chaineltess

Related Articles関連記事

ハイキュー!!(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『ハイキュー!!』は、古舘春一による、高校バレーボールを題材にした漫画作品、及びそれを原作とした小説、アニメ、舞台作品である。漫画は『週刊少年ジャンプ』にて連載している。アニメは2014年4月から9月まで第1期、2015年10月から2016年3月までセカンドシーズンとして第2期が、そして2016年10月から12月までは第3期として『烏野高校VS白鳥沢学園高校』が放送された。

Read Article

ハイキュー!!の名言・名セリフまとめ

「ハイキュー!!」は、古舘春一による漫画作品。 烏野高校バレー部のエース「小さな巨人」に憧れてバレーボールを始めた主人公「日向翔陽」は烏野高校に入学し、排球(バレー)部に入部する。そこでチームメイトとなった中学時代の宿敵「影山飛雄」や、個性的な同級生や先輩達と共に、全国大会を目指していく高校バレー漫画である。青春の熱が強い数々の名言が存在する。

Read Article

「ハイキュー!!」ファンがお気に入りに登録しているYouTubeの3曲!

2015年10月期のアニメでは「おそ松さん」が圧倒的な人気で話題になっているため見逃されがちですが、堅実に人気を積み上げているアニメが「ハイキュー!!セカンドシーズン」です。一部のランキングサイトでは「おそ松さん」以外では実質1位の人気を獲得しているとまで言われている「ハイキュー!!」のオープニング3曲を、YouTubeの公式動画からご紹介します!

Read Article

目次 - Contents