NieR Replicant / Gestalt(ニーア ゲシュタルト/レプリカント)のネタバレ解説・考察まとめ

『NieR Replicant』(ニーア レプリカント)及び『NieR Gestalt』(ニーア ゲシュタルト)とは、スクウェア・エニックスより2010年4月22日に発売されたアクションRPGゲーム。
『NieR Replicant』はPlayStation 3専用ソフトとして、『NieR Gestalt』はXbox 360専用ソフトとして発売されている。
主な違いは対応ハードと、主人公の年齢とヨナとの関係性。
キャッチコピーは「一人のために、全てを滅ぼす」。

マモノ「グレーテル」

魔王のことで話がある、とポポルに呼び出された主人公。ポポルは、魔王の居所が「石の神殿」とつながっているらしいという情報を主人公に教えてくれる。ようやく魔王の居場所をつかんだ主人公たちは、石の神殿へと向かう。

石の神殿では、かつて主人公に破れたマモノ「グレーテル」がひとり、絶望に打ちひしがれていた。相棒を失い、白の書を守るという責務も失ったグレーテル。そんなグレーテルを小さなマモノたちは気遣うが、グレーテルは彼らを拒む。しかし、それでもグレーテルを捨て置かないマモノたちに、グレーテルは徐々に心を開いていった。
生きる意味を失っていたグレーテルだが、小さなマモノたちと触れ合ううちに、この穏やかな生活が続けばいいと願うようになる。

かつて白の書と出会った石の神殿の広間にたどり着いた主人公たち。そこに、グレーテルが小さなマモノたちと共に現れる。小さなマモノたちは、自分たちの居場所を守ろうと、懸命に主人公たちに向かっていく。しかし、小さなマモノたちは日の光に弱く、無為に命を散らせてしまった。
仲間たちを守るため、必死に戦うグレーテル。主人公たちも、魔王の居所へと向かうためグレーテルとぶつかり合った。その戦いの最中、グレーテルの放った一撃がカイネの胸を貫く。なんとかグレーテルを退け、カイネの元へ駆け寄るも、彼女の追った傷はあまりにも深く、手の施しようがない。すると、この機を逃すまいと、テュランはカイネの身体を乗っ取ろうとする。
マモノに浸食され、暴走するカイネ。主人公たちは彼女の暴走を止めるため、暴走するカイネと戦う。主人公たちの必死の呼びかけにより、カイネは正気を取り戻すことができた。
落ち着いたところで、主人公はかつて白の書が封印されていた祭壇に謎の石片が落ちていることに気づく。その石片には文字が刻まれていたが、この場にいる誰にも読むことができない。
石片を持ち帰りポポルにみせると、それは暗号であることがわかった。ポポルが解読してみると、どうやらこの石片は魔王の城への封印を解く鍵らしい。他に4つの石片が存在し、全てを組み合わせることで鍵が完成するのだ。主人公たちは、解読できた言葉から推測できる場所のひとつ、ロボット山へ行ってみることにした。

ロボット山

平和な時を過ごすクレオとP-33

主人公がロボット山を訪れる4年前。母親を亡くしたあの兄弟は、山の中の基地に商売に使うための素材を採りに来ていた。はしゃぐ弟の不注意で施設の一部が崩れ、兄は弟を守るため、彼を付き飛ばす。なんとか、がれきの下敷きにならずにすんだ弟であったが、代わりに兄はがれきに押しつぶされ、命を落としてしまう。突然のことに、混乱する弟。弟は自らの心を守るため、その様子を見ていた機械「P-33」に全ての責任を擦り付けてしまう。

主人公が5年ぶりに兄弟の店をたずねると、店には成長した弟の姿だけがあった。弟の口から、兄が4年前に事故で亡くなったことを知らされる。それから弟は、強力な武器が手に入ったのでぜひ主人公に使ってほしいと言い、その武器を主人公に差し出す。武器を受け取った主人公だが、刃の部分が悪くなっており、今のままでは少々心もとない。そこで主人公は、武器の強化に必要な素材を集め、弟に強化してもらうことに。
無事、武器の強化が終わると、弟は主人公たちに「兄さんの仇を討ってください!」と頼み込んでくる。弟はずっと、マモノと一緒にいる大きなロボットを倒すために、武器を作り続けていたという。主人公も、マモノがいるとあれば断る理由はない。主人公たちは、マモノとロボットを探してロボット山の内部を探索することに。

弟の言っていたマモノ「クレオ」はかつて、母親を失いひとりぼっちになっていた。泣きじゃくる彼のもとに、山を巡回していたP-33が現れる。お互いに孤独であることを知ったクレオとP-33。P-33はクレオを守ることが自分の仕事だと思い、それからふたりは行動を共にするようになる。一緒にいるうちに仲良くなるクレオとP-33。ふたりはいつか、一緒に世界をまわろう、と約束を交わす。

クレオを守ろうと戦うP-33

ロボット山の最深部にて、主人公たちはクレオとP-33を発見する。P-33は主人公たちからクレオを守るため、戦いを挑んでくる。戦いによってどんどんと傷つくP-33の姿を見て、クレオはP-33に戦いをやめるよう懇願する。しかしP-33は戦うことをやめない。ガラクタで作った翼を広げ、クレオと共に外の世界への脱出を試みるが、それは叶わなかった。
主人公たちはP-33とクレオを倒し「機械の理」の鍵を手に入れる。戦いが終わった後、駆けつけた弟はP-33の残骸をなぐりつけ、恨み言を吐き続ける。痛々しい弟の姿を、主人公たちはただ見守ることしかできなかった。

仮面の街

結婚式を挙げる仮面の王(右)とフィーア(左)

ポポルに鍵の情報を聞きに行く主人公だが、めぼしい情報は得られない。代わりに、自宅のポストに手紙が届いていたことを知らせてもらった主人公は、家に戻りポストを開ける。届いた手紙は、仮面の王の結婚式への招待状だった。主人公は王の結婚を祝うため、仮面の街へと向かう。

仮面の街に到着した主人公たちは、王の館を訪れる。出迎えてくれた仮面の王に、主人公はお祝いの言葉を述べる。そして花嫁を紹介されるのだが、なんと王の結婚相手はかつて主人公たちに手助けをしてくれたフィーアであった。

一方、砂漠では結婚式を安全に執り行えるようにと、大規模な狼狩りが行われていた。砂漠の狼たちの長である狼型のマモノ「ロック」は、人は共存を知る生き物と思い多少の狩りは見逃してきたが、突然始まった大規模な狩りに戸惑いを隠せない。罪もない仲間がたくさん殺され、怒りをあらわにするロック。ついに人間を見限った彼は、人間への復讐を誓う。

翌日、王とフィーアの結婚式が盛大に執り行われる。街中の人たちが祝福をくれる中、傷だらけの兵士が式の場に現れ皆に警告する。その直後、どこからともなく現れたロックが仮面の王に襲い掛かる。しかし、ロックの牙を受けたのは、王を庇ったフィーアであった。
血を流し、倒れるフィーア。結婚式の場は一転して、狼たちの襲撃により混乱状態となった。主人公たちはなんとか狼の群れを追い払うが、フィーアの傷は深く、息も絶え絶えであった。取り乱す王に、フィーアは最後の力を振り絞り、「私なん……かをお嫁さん……に、してくれて、ありがとう……ございまし……た」と言葉をかける。そのまま、フィーアは息を引き取った。王はフィーアの命を奪った狼へ復讐するため、全軍を率いて狼の後を追いかけようとする。冷静さを欠いた王を白の書や副官が宥め、王は一度館へと戻ることになった。
落ち着きを取り戻した王の元に、主人公たちは話をしに向かう。王は、フィーアのためだけでなく、民を守るためにも狼たちを討つ覚悟を決めていた。主人公たちも、フィーアの仇をとるため、王たちとともに狼と闘うことに。

狼たちのボス「ロック」

王と兵士たち、そして主人公たちは狼の巣へと襲撃をかける。襲撃を察知していたロックの掛け声で、巣の狼たちも一斉に主人公たちに襲い掛かる。王たちは犠牲となった民とフィーアの仇を取るため、ロックは仲間たちの仇を取るため、激しい戦いが繰り広げられた。
狼の群れを倒し、ボスであるロックを追いつめた主人公たち。仮面の王の槍がロックの身体を貫き、ロックはその場に崩れ落ちる。薄れゆく意識の中、ロックは大好きなおじいちゃんの姿を思い描く。そのまま、ロックは息絶えた。
ロックを倒したことで「忠義のケルベロス」の鍵を手に入れた主人公。フィーアの墓前で、王と主人公たちはフィーアのことを思う。
「フィーアは、これまでも十分幸せであった。あの娘なら、きっとそう言うはずだ」という白の書の言葉に、仮面の王はフィーアに恥じない立派な王になることを誓う。それから、一人にしてほしいという王を墓前に残し、主人公たちは砂漠を後にした。

神話の森

神の樹を調べる主人公

最初の鍵の暗号から推測されるもう一つの場所、神話の森にやってきた主人公たち。村長に変わったことはないかと尋ねると、最近村の奥にある「神の樹」と呼ばれる樹から妙な気配がするという。しかし、村人たちはその樹に近寄ってはいけないとされており、それ以上の情報は得られない。主人公たちは自力で神の樹を調べることに。
神の樹を調べにやってきた主人公たちは、樹の内部とおぼしき文字だらけの世界で「記憶を喰うマモノ」と遭遇する。そのマモノは主人公たちに問いかけてくるが、マモノに知性があることに驚く白の書とは反対に、主人公は構わずそのマモノに斬りかかる。崩壊を始める文字だらけの世界で、マモノは主人公に「汝……世界 一番 大切 モノ」と問いかけた。主人公は迷わず、ヨナと答えた。
文字だらけの世界は完全に崩壊し、主人公たちは現実世界へと引き戻される。記憶を喰うマモノから「記憶する樹」の鍵を手に入れた主人公。主人公は新しい情報が見つかったかをポポルに聞くため、一度村へと戻ることにした。

崖の村

マモノ「ウェンディ」にとどめを刺す主人公(奥)とエミール(手前)

ポポルに最後の鍵の情報を尋ねると、ポポルは崖の村の村長からの手紙を見せてくれる。その手紙によると、崖の村に「贄」の鍵について知っている者がいるらしい。白の書とポポルは、都合が良すぎると訝しむが、主人公はたとえ危険があっても崖の村へ確かめに行くと言い張った。ポポルに見送られ、主人公たちは崖の村へと向かう。

崖の村に到着した主人公たちは、まず村長の家を訪ねるが、なにやら様子がおかしい。「もう、この村はお終いだ……」と漏らす村長に手紙のことを聞くが、村長は手紙のことは知らないようだった。村長とはまともに話ができないため、主人公たちは最近崖の村で始めた市場へ向かうことに。市場に居た衛兵に声をかけると、その衛兵は手紙のことを知っている様子だったが、やはり様子がおかしい。すると突然、市場にいた村人たちがマモノへと姿を変え、主人公たちに襲い掛かってきた。あの手紙は、マモノに乗っ取られた村人たちが仕組んだ罠だったのだ。
主人公たちは、マモノから村人を守ろうと戦うが、それを拒みマモノの味方をする村人も現れる。どちらが敵なのかわからないような状態で、戦い続ける主人公たち。やがて、村中のマモノが村人たちを巻き込んで融合した姿「ウェンディ」が主人公たちの前に立ちふさがる。元は村人であったウェンディと闘うことに戸惑いを見せるエミールだが、戦わなければこちらがやられてしまう。
ウェンディを追いつめた主人公たちは、主人公の魔法と、エミールの魔法とでウェンディにとどめを刺す。二人の全力の魔法はウェンディを貫いたが、同時にエミールが魔力の暴走を引き起こしてしまう。エミールの魔力はウェンディごと崖の村を飲み込み。すべてを消し去ってしまった。
最後の鍵「贄」を手に入れた主人公。魔王への道が開けた彼らは、石の神殿へと向かう。

石の神殿~魔王の城

魔王の城で出会う、デボルとポポル

集めた鍵を使い、白の書が封印されていた祭壇の奥へと進む主人公たち。その先は、魔王の城へとつながっていた。エントランスを抜けると、主人公たちを待ち構えていたのはなんと、デボルとポポルであった。彼女たちは、魔王の仲間だったのだ。そのことにショックを受けながらも、主人公は魔王の城を進み続ける。
立ちはだかるマモノを蹴散らしながら上を目指すが、その道中イノシシ型のマモノ「グース」が主人公たちの前に立ちふさがる。まともに相手をしていては埒があかないと、主人公たちはグースを振り切って先へ進もうとするが、グースに追い込まれてしまう。そのとき、仮面の王とその副官たちがあらわれ、主人公たちを助ける。彼らは主人公が魔王の城に乗り込むと聞き、加勢にきてくれたのだ。仮面の王は、自分たちがグースを食い止めているうちに先へ進むよう、主人公に言う。しかし、仮面の王たちだけではグースを倒すことはできない。心配する主人公たちを半ば無理やり先へ進ませ、仮面の王たちはグースと対峙する。

ポポルを倒すため、ひとり残ったエミール

仮面の王たちと別れた後、主人公たちは再びデボル・ポポルと対峙することになった。そこで明かされたのは1300年前、滅びかけた人類が取った最後の手段「ゲシュタルト計画」によって人類は魂と肉体を分かたれたこと。そして、主人公たちがマモノと呼び、切り捨ててきたものが本当の人間であり、主人公たちは皆、人間の魂を収めるただの器だったのだ。上手く状況が呑み込めない主人公だが、デボルとポポルは構わず戦いを挑んでくる。
デボル・ポポルとの闘いは熾烈を極めたが、最初に倒れたのはデボルだった。デボルの亡骸にすがりつき、涙を流すポポルに向かって、主人公は「ポポルさん……もうやめよう……」と声をかける。しかし、デボルを失った悲しみにより逆上したポポルは戦いをやめようとはしない。追いつめられたポポルから、強大な魔力が放たれる。その魔力にとらわれてしまった主人公たちであったが、エミールは明るい声で大丈夫、と言った。そしてエミールは、カイネの制止を振り切り、魔法で主人公とカイネを先へと進ませ、自身はポポルの元に残る。そして、兵器としての力を解放したエミールはポポルもろとも消えてなくなった。

雄たけびを上げる魔王

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NieR:Automata(ニーア オートマタ)のネタバレ解説・考察まとめ

「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」とはプラチナゲームズが開発したPlayStation4用のゲーム作品。ジャンルはアクションRPG。2017年2月23日にスクウェア・エニックスより発売。2017年4月には全世界での累計出荷本数 (ダウンロード版含む) が100万本を突破。 地球に侵略してきたエイリアンが作った機械生命体と人類を守るために作られたアンドロイドたちの抗争を描く。

Read Article

NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『NieR Re[in]carnation』とは、2021年2月に正式サービスが開始したスマートフォン向けロールプレイングゲームアプリ。 SQUARE ENIX発のアクションRPGとしてファンから人気の呼び声高い『NieR』シリーズの最新作。 辺り一帯を美しい建造物に囲まれた不思議な場所で1人の少女が目を覚ました。傍らには自らを「ママ」と名乗る謎の生物。 今作では、彼女の失ったものについて紐解かれていく様を魅力的なアクションや幻想的なBGMと共に描く。

Read Article

【ニーア ゲシュタルト / レプリカント】美女・美人な登場人物・キャラクターの画像まとめ【NieR Replicant / Gestalt】

『ニーア レプリカント』はPlayStation 3で、『ニーア ゲシュタルト』はXbox 360でそれぞれ発売されたアクションRPGゲームだ。『レプリカント』は兄妹の、『ゲシュタルト』は父娘の、それぞれの愛を描いた作品となっている。廃墟化した東京を舞台とし、怪物と戦っていくという内容であり、登場人物・キャラクターはどこか透明感がある。ここではそんな美女たちを紹介する。

Read Article

目次 - Contents