独断と偏見で紹介するウルトラ怪獣【タイラント編】

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

皆さんはウルトラ怪獣というものをご存知ですか?怪獣と聞くと「どれも似たような奴ばっかりでしょ?」と思われるかもしれませんが実はそうじゃないんです!今回は個性溢れるウルトラ怪獣「タイラント」を紹介します。

どんな怪獣なの?

「レッドキング」、尻尾は「キングクラブ」のもので構成されている。怨念が集まった怪獣とだけあって並の怪獣より遥かに強い。劇中ではまず海王星に出現し、ウルトラマンゾフィーと交戦し圧倒的な力でねじ伏せる。その後天王星でウルトラマン、土星でウルトラセブン、木星でウルトラマンジャック、火星でウルトラマンAと交戦するもこれら全てを撃破している。そのまま地球に降り立ちウルトラマンタロウと戦闘を開始する。始めは戦いを有利に展開していたが、他のウルトラ兄弟との連戦で体力を消耗していたのか劣勢に追い込まれ、最終的にタロウのウルトラランスで一撃をくらい絶命する。

その他にもタイラントは様々な作品に登場している。共通するのはやはりどの固体も強敵ということ。またゲーム作品には改造されてより強力になった「EXゴモラ」という固体も登場する。

1

こちらは「ウルトラマンタロウ」に登場したタイラント。バラバの腕から放たれる鞭でウルトラマンタロウを苦しめた。また口からシーゴラスの口から火炎放射、ベムスターの腹部から冷気噴射攻撃をすることができる。

2

こちらは「大怪獣バトルNEO」に登場したタイラント。劇中ではキール星人グランデの操る怪獣として出現、レイの操るゴモラと激しい戦いを繰り広げた。火炎放射や冷気噴射に加え、新たにイカルス星人の耳からアロー光線を発射するようになっている。ゴモラの超振動波もベムスターの腹部で吸収するなど耐久力の強さも見せた。一度目はゴモラを叩きのめしたが、ゴモラとの再戦時には超振動波のパワーに押し負け、腹部に超振動波ゼロシュートを受け絶命する。

3

こちらは「ウルトラマンギンガ劇場スペシャル」に登場したタイラント。イカルス星人が計6体のスパークドールズを合体させ、そこに自らがライブして誕生した。劇中では主人公のヒカルがウルトライブしたウルトラマンティガやジャンナインと戦闘する。

4

こちらは「ウルトラマンファイティングエボリューションリバース」に登場する改造タイラント。ウルトラマンタロウに倒されたタイラントがバルタン星人によって改造されたもの。頭部にジェロニモンの羽飾り、二足歩行から四足歩行になっているなどの幾つかの違いが見られる。体格も実にウルトラマンの約2倍になっており、その巨体から繰り出す技の威力は計り知れない。条件を満たせばプレイヤー用キャラとして使用可能になる。

5

こちらは改造タイラントの撃破すると現れる改造タイラントⅡ。怪獣の怨念を取り込み過ぎてしまった結果、骨だけのゾンビのような姿になった。こちらも条件を満たせばプレイヤーキャラとして使用することができた。また改造タイラントは「大怪獣バトル」にも登場しており、名称もEXタイラントというものになった。

6

こちらはタイラントのソフビ人形。発売時期やシリーズの違いなどで多少造詣の変わっている。

ウルトラマンとタイラントの戦闘動画。

今回はここまで!

いかがでしたか?次回もきっと気になるウルトラ怪獣を紹介しますのでチェックしてみてくださいね!

bbman
bbman
@bbman

Related Articles関連記事

ウルトラマン(初代ウルトラマン、Ultraman)のネタバレ解説まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

今こそ注目したい!ウルトラマンゼロについてあれこれ

今やウルトラマンギンガがメインを張っているウルトラワールド。しかし、ギンガ登場まで、子供たちを大いに沸かせていたヒーローがいることをご存知でしょうか?彼の名はウルトラマンゼロ。ゲスト出演を果たした映画や主役を務めるパチンコの発表など、2015年もまだまだ目が離せません。そんなゼロについてまとめました。

Read Article

まさかの円谷プロ公式!「ウルトラ怪獣擬人化計画」地球を萌やす怪獣たちはフィギュアも熱い!

「ウルトラマンを知らない若い世代に、怪獣の魅力を通じてもっと作品を知ってもらおう」という志から始まったプロジェクトが、何をどう間違えたのか怪獣の萌え擬人化というメディア展開に発展した異色の「ウルトラ怪獣擬人化計画」! 既に商品化も始まっているウルトラ怪獣達の萌えるフィギュアをご紹介しましょう!

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

Contents