スウィングガールズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スウィングガールズ』とは、2004年に公開された「ジャズやるべ!」をキャッチフレーズに掲げた青春コメディ映画である。監督・脚本は『ウォーターボーイズ』で一躍有名になった矢口史靖が手掛け、主演には上野樹里を迎えた。山形の田舎を舞台に、ジャズや音楽とは無縁だった田舎の女子高生達は、ひょんな事からビッグバンドを組みある日突然ジャズの世界へ。落ちこぼれ高校生達が、ビッグバンドをきっかけに次第にジャズに魅了されていく様が描かれている。

弘美の元カレで、弟の雄介、由香と共にバンドを組んでいた。女々しい性格に嫌気が差した弘美と由香がバンドを脱退し、雄介とフォークデュオを組みタンバリンとヴォーカルを担当。

雄介(ゆうすけ/演:三上真史)

画像右が雄介

由香の元カレで、元バンドメンバー。その後は兄の高志と共にフォークデュオを組みギターとヴォーカルを担当。

その他

パチンコ店 店長(演:田中要次)

画像左がパチンコ店店長

カラオケが大好きで連日通っていたところ、店員に怒られる友子達に遭遇。自身のパチンコ店の駐車場でコンサートをすることを承諾したが、あまりの下手さに友子達を追い返した。

カラオケボックス店員(演:徳井優)

友子達がカラオケで楽器の練習をしている際、他の部屋から苦情が入り追い返した。

音楽ホールの司会者(演:管原大吉)

「人生諦めが肝心」がモットーで、音楽祭ではもうすぐ到着するであろうスウィングガールズを待つことなく即座に演奏会終了を決断した。

楽器店 店員(演:江口のりこ)

いつも愛想がなく、接客中でも耳掃除をしている。

弁当屋(演:森下能幸)

野球応援に向かう吹奏楽部へ弁当を届けにきたが、すでに出発したあとだった。他の配達も残っており困っているところ、友子の提案で弁当を届けてもらえることになった。

列車 車掌(演:小形雄二)

電車が雪で止まってしまった際、弘美が「歩いて行くから降ろしてけろ」と喧嘩腰に言われても「無理言わないでけろ」と真顔で言いながら通り過ぎた。

老婆(演:森康子)

いつも町を徘徊しており、音楽室を追い出されたスウィングガールズが号泣しているところに遭遇。「先生でも死んだんか?」と言いながらすれ違って行った。

公園横の奥さん(演:林田麻里)

子どもをおんぶし、やっと寝たところスウィングガールズが演奏を始めたため起きてしまい、激怒していた。

tosshiy0
tosshiy0
@tosshiy0

Related Articles関連記事

夜のピクニック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

夜のピクニック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『夜のピクニック』とは、恩田陸の青春長編小説『夜のピクニック』を原作としたヒューマンドラマである。「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」をキャッチコピーにして、2006年9月30日に公開された。主人公の甲田貴子は、北高に通う高校3年生である。北高には、一昼夜かけて80㎞を歩く「歩行祭」という伝統行事があった。貴子は、高校生活最後の歩行祭で「同じクラスの西脇融と話をする」という1人だけの秘密の賭けをしていた。青春時代の輝きや、友人の大切さなどを感じる青春映画である。

Read Article

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』とは、三浦しをんの著書『神去なあなあ日常』を原作として公開された青春映画である。大学受験に失敗した平野勇気は「緑の研修生」という林業研修プログラムのパンフレットを偶然見つける。その表紙の美女に憧れて神去村(かみさりむら)にやってくるが、そこには癖だらけの村人たちが暮らしていた。何度も逃げ出そうとする勇気だったが、次第に林業の魅力にみせられていく。この映画はたくさんの小ネタに笑わせられつつ、森林風景の美しさや人との出会いに感動する物語になっている。

Read Article

民王(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

民王(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『民王』とは、2015年7月から9月まで、テレビ朝日で放送された政治を題材としたコメディドラマ。主演は遠藤憲一と菅田将暉。原作は池井戸潤の小説である。内閣総理大臣の武藤泰山と、息子で大学生の翔の人格がある日突然入れ替わってしまい、互いの仕事や生活を入れ替わった状態で悪戦苦闘するストーリー。2016年4月にスペシャルドラマ『民王スペシャル〜新たなる陰謀〜』と、貝原茂平が主役の『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』が放送されている。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

ビューティー・インサイド(韓国映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ビューティー・インサイド(韓国映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ビューティー・インサイド』とは、2013年カンヌ国際広告祭グランプリを受賞した原案『The Beauty Inside』を映画にした作品である。毎日目が覚めると別人に変わってしまう男が、ハン・ヒョジュが演じるホン・イスに恋をしてしまったファンタジーロマンス。毎日顔が変わっても1人の女性を愛する心は変わらない男・ウジンとホン・イスが、愛し合う故に立ちはだかる困難をどう乗り越えるのかをうまく表現した映画である。

Read Article

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『陽だまりの彼女』とは、越谷オサムによる日本の恋愛小説を原作として2013年に映画化された恋愛映画である。交通広告代理店の営業マンである奥田浩介(おくだこうすけ)が中学時代の同級生の渡来真緒(わたらいまお)に再会することからはじまり、ふたりは恋愛し結婚する。幸せな毎日を過ごしていたふたりだが、真緒に異変が現れる。そして浩介は真緒の驚くべき秘密を知るのだ。恋愛ストーリーの中にファンタジー要素が加わり、可愛らしく心温まる映画となっている。

Read Article

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイネクライネナハトムジーク』とは、2014年に発刊された伊坂幸太郎の連作短編集を原作とした、2019年に公開された日本映画である。監督は今泉力哉。会社員の佐藤(さとう)は、恋愛したいと思いつつも「出会いがないから」と理由をつけて恋愛に積極的になれずにいた。それを友人の織田一真(おだかずま)や妻の由美(ゆみ)らが見守る中、佐藤と本間紗季(ほんまさき)は劇的な出会いを果たす。この作品は、佐藤と紗季やその周りを取り巻く人々が10年にわたって織りなす物語を穏やかに描き出す作品である。

Read Article

似合ってる!女優・タレントのかわいいショートヘアー画像集【マネしたい】

似合ってる!女優・タレントのかわいいショートヘアー画像集【マネしたい】

女性は髪が長いものだと思っていませんか?確かに、さらりとしたロングヘアーは女性らしさがあって「好き」という方も多いけれど、芸能界には髪が短い方もたくさんいます。しかもこれまためちゃくちゃ似合ってて素敵なんですよね。この記事では、そんなショートヘアーの似合う女性芸能人たちについてまとめました。

Read Article

【犬猿の仲】意外な人物も!?芸能界の共演NGまとめ

【犬猿の仲】意外な人物も!?芸能界の共演NGまとめ

「あの人とこの人は犬猿の仲」という関係って、どこにでもありますよね。芸能界でもそれは同じで、様々な理由で「共演NG」とされる組み合わせは多数存在しています。何がきっかけで「この人ムリ」になるのかは人それぞれですが、華々しい世界にもそういったことがあるというのは視聴者としてはあまり知りたくないですよね…。

Read Article

【矢作兼】おめでとう!2016年に結婚した有名人まとめ【上野樹里】

【矢作兼】おめでとう!2016年に結婚した有名人まとめ【上野樹里】

毎日のように暗いニュースが報道される中、有名人の結婚が報じられるととても幸せな気持ちになりますよね。この記事では、2016年に結婚した芸能人やアスリートなどについてまとめました。お相手は有名人同士だったり一般の方だったりと様々ですが、たとえどんな人が相手であっても、誰もが心から祝福してあげられるような世界になってほしいと願うばかりです。

Read Article

【持田香織】実は変人?理解できない芸能人の奇妙な言動まとめ【上野樹里】

【持田香織】実は変人?理解できない芸能人の奇妙な言動まとめ【上野樹里】

人間は誰しも他人には見せないような一面を秘めています。芸能人もそれは同じで、メディアを通して見る姿からは想像もできないような奇妙な言動をとっている人がいました。この記事では、そんな彼ら/彼女らについてまとめています。新しい一面が見られることを喜ぶファンもいれば、やはりショックを受けてしまう人もいますよね。どう捉えるかは、あなた次第です。

Read Article

目次 - Contents