ハヴ・ア・グレイト・サンデー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる、ある男たちの日曜日の出来事を描いたハートフル漫画である。初老の作家・楽々居輪治は、長くニューヨークで暮らしていたが、ある事情を抱え単身東京に戻ってきた。そして、一人暮らしを謳歌しようと思っていた輪治のもとに、息子のマックスと娘婿のヤスがやってきたのだった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、男だけの週末エンターテインメントだ。

『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』の概要

『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる、ある男たちの日曜日の出来事を描いたハートフル漫画である。2016年から2020年まで連載されており、単行本は4巻で完結となっている。オノ・ナツメが描く作品には、バディものやハードボイルド、時代劇など多岐にわたっているが『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』は、現代の日本で展開されるある家族の物語を描いた作品だ。キャラクターは歴代のオノ・ナツメ作品と遜色ないものの、世界観や設定は一風変わった作品となっている。女性作家のオノ・ナツメが描く男性ばかりが登場する作品はいくつかあるものの、『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』は男3人だけの日曜日の出来事を切り取った特別な物語なのだ。

初老の楽々居輪治は小説家だ。長くニューヨークで暮らしていたが、とある事情で単身東京に戻ってきていた。妻と離れ離れになってしまったが、輪治は一人暮らしを謳歌しようと考えていたのだ。しかし、そんな輪治のもとに東京で家庭を持っている息子のマックスと、娘婿のヤスノリがやってきた。3人でご飯を食べたり、お酒を飲んだり、他愛もない話をしたりと楽しい時間を過ごしているのだ。『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』はオノ・ナツメによる、毎週日曜日の出来事に焦点を当てた男だけの週末エンターテインメントだ。

『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』のあらすじ・ストーリー

男三人

初老の小説家・楽々居輪治(ささい りんじ)は、45歳の時に初めて書いた小説について自宅で取材を受けていた。
当時ニューヨークに住んでいた輪治は、アメリカの出版社ではなく日本の出版社に原稿をおくる。アメリカ人の妻に小説を読まれるのが恥ずかしかった為、日本語で執筆したからだ。また日本に住んでいた輪治の父親が亡くなり、家の面倒を見る必要ができたため日本へ戻ったのである。
そのような事情を説明していると、息子マックスと娘婿のヤスノリ(通称ヤス)が輪治を訪ねてきた。二人とも日本で家庭を持っており、毎週日曜日は輪治の元を訪れることが習慣となっていたのである。

マックスの日曜日

マグカップに盛ったアイスクリームを食べるヤス(左)、輪治(中央)、マックス(右)

マックスは一人息子のルーカス(通称ルーク)と妻が関西に行ってしまい、一人になっていた。ルークは小学生ながら飛び級で高校生になるほどの天才児で、毎週末考古学のセミナーに参加していたのである。マックスは輪治が不在の時には一時間おきに電話を掛けるほどで、出版関係社と食事をしていた輪治は電話に気が付くと、いったん解散後同じ寿司屋に戻ってヤスとマックスにお土産を買っていくのだった。

輪治は毎週のやって来るマックスに理由を尋ねてみると、ヤスがその疑問に答える。マックスは以前輪治から「子供の手が離れたら相手してやる」と言われており、ルークと妻がセミナーで不在になるようになったことから「手が離れた」と判断していたのだ。理由を聞いた輪治はそんなマックスの事を迷惑とは思わず、「ちょっと困る」くらいに考えた。

その後マックスは「日曜日午前の醍醐味」を味わうべく輪治と一緒に掃除をしたり、「ヤスの日曜日の味」であるミートボールスパゲティを堪能する。時にはセミナーが中止になってしまったルークを連れてきたり、ランニングを楽しんだ。ランニングの時にいっしょに走っていたヤスは、スポーツ経験者のマックスが輪治を追い越さないようにしていることに気が付く。「いくつになっても追いかけていたいんだな」と、ヤスは微笑ましく思ったのであった。

ある日曜日、マックスとヤスが輪治を尋ねるより先に先客が来ていた。ニューヨークで輪治とともに記者活動をしていた中野秋光(なかの あきみつ)という男で、輪治は彼のことを「アキ」と呼んでいた。マックスは「輪治がアキに取られてしまうのではないか」と不安を覚えていたが、政治の話をする二人の会話が少し面白く感じて、近くによってみる。アキは「話が面白いと感じたのはマックスの日本語がうまくなったからだよ」と話し、輪治も「これからもっと上達するよ」と請け合うのだった。

輪治の父親が使っていた冷蔵庫の調子が悪くなったことに気付いたマックスとヤスは、新しいものを購入すべく、輪治を連れて電気屋に訪れる。輪治は「マグネットが付くやつにしてくれ」とその部分だけはかたくなに譲らなかった。後日新しい冷蔵庫が届くと、輪治はさっそく冷蔵庫のドアにマグネットを張り付けていく。マックスとヤスはそれを見て、輪治の父親がニューヨークにいたころ行っていたことだと気づいた。輪治の想いでは冷蔵庫ではなくマグネットの方だったのだ。無事マグネットは張り付けられたが、三人は冷凍庫がすぐには冷えないという事に気付く。そこでマグカップに大量のアイスクリームを盛りつけて、三人は庭で存分に堪能するのだった。

マックスは輪治の自宅に届いたお中元の海苔の缶を見て大はしゃぎしていた。子供の頃味付け海苔を「子供用」としてもらった事を思い出したのである。マックスはルークにも同じように「子供用」の味付けのりを渡していたため、味付け海苔の缶はマックスが持って帰ることとなった。

夏休みが近くなったころ、マックスは輪治がまもなく9月までニューヨークに行くことを聞いて驚いた。ルークは夏休みの間はニューヨークのサマースクールに通うことになっており、ヤスもニューヨークへ戻る予定だったのである。マックスも休みの間はニューヨークへ行くことになっていたが、それまでの間は一人だ。マックスは「輪治と一緒に線香花火をしたかったのに」と少し落胆したのである。輪治が日本を離れている間家の管理を任されたマックスとヤスは、空気を入れ替えた後パソコンでスカイプを繋ぐ。元気そうな様子の輪治や輪治の妻の声を聞いて、二人はニューヨークでの再会を心待ちにするのだった。
マックスとヤスもニューヨークへ立ったある晩、輪治は二人を連れてとあるバーを訪れていた。そこで輪治の昔なじみの刑事キース・シニーズと再会する。マックスとヤスは、シニーズが新人賞を獲得した小説のモデルだということに驚いて、わいわいしながら夜を過ごすのであった。

ある時三人は神保町にカレーを食べに来ていた。食事中マックスは「首都高を走って渋滞を体験してみたい」「サービスエリア巡りもしてみたい」と、普段は部屋で過ごしているのだろう輪治に提案してみる。しかし会計の時輪治の財布から新幹線のチケットが落ちたのを見て、マックスは父親が平日にも出かけていることを知った。

紅葉が美しいころ、三人は「六義園」のイルミネーションを見に来ていた。マックスはカメラを構えて、こっそりヤスや輪治を撮影する。マックスは日本に来て本格的にカメラを始めようと思い、妻に怒られながらも良いものを購入したのである。輪治はマックスの写真の腕が上達したら本の表紙に使おうと密かに考えていた。

年の瀬が迫ったころ、マックスはヤスを連れて輪治の家を訪れる。張り切って大掃除をするつもりだったが、輪治はすでに掃除を終えていた為マックスはがっかりしてしまった。しかし輪治がクリスマスに合わせてニューヨークへ渡り、正月は輪治の妻も日本で過ごすことを聞くと、大いに喜んだのだった。年が明け、家族だんらんを心行くまで楽しむと、輪治の妻はニューヨークへ戻っていった。

マックスは日本に来てから漢字ドリルを解いていたが、すらすらと漢字が書けるようになっていた。ヤスは「もう少し難しいのにしたら」とアドバイスし、輪治は二人を連れて本屋を訪れる。自分にぴったりのレベルのドリルが見つかって喜ぶマックスの一方、輪治は店員から声を掛けられていた。新刊発売の際世話になったのである。それにつられて客たちも輪治の存在に気付き、輪治は「こんな形でファンと会ったのは初めてだ」と呟いていた。

マックスは輪治やヤス、そして輪治の妹である道子と共に食事作りにいそしむこともあった。自家製ローストビーフや、道子に教えてもらいながら初めて漬けた梅酒。そして執筆業にいそしむ輪治の為にフレッシュなオレンジジュースを振舞ったのである。

ある時マックスは、ルークが参加していた毎週末のセミナーが終了していたことを知る。妻のベリンダは和食の教室に通う事となったため、ルークの希望通りマックスは神保町へと向かった。宇宙飛行士を目指しているルークが本を欲しがったのである。昼食のカレーを食べ終わり、本屋を巡っていると、マックスは偶然輪治とばったり出くわしたのだった。

輪治の家へ行こうと考えたマックス・ルーク・ベリンダだったが、輪治の仕事がものすごく忙しいらしいと聞いて、三人で過ごすことに決める。するとルークが「晩御飯に手巻きずしを用意して持って行ったら?」と提案した。マックスも昔手巻きずしを作ってもらった事があり、その時は海苔が無くて輪治が夜のニューヨークを駆け回ったのである。手巻きずしを渡しながら「新作に向けて無理はしないでね」と声を掛けたマックスだったが、輪治曰くコラムのネタ切れだったようで、マックス達が何か面白いことを持ってきてくれないかと期待していたとのことだった。

マックスは日本語の練習用にと小説を書いて輪治とヤスに披露していた。侍の楽々居馬久巣之助(ささい まくすのすけ)と相棒の忍者・ヤス丸が主役らしく、時代劇ものにSFとハードボイルドを足した内容だ。小説を読み進めていたは輪治は、仕事部屋を使っていいから続きを書いてほしいと告げたのである。輪治にインタビューするために、担当者たちが自宅にやってきた。
家族について語ってもらうため、担当者のリクエストでマックスとヤスも呼ばれていた。輪治がインタビューを受けている間、マックスとヤスは草むしりをしていた。「楽々先生(ダッド)について」とマックスたちも一言だけインタビューされ、WEBでの配信のため男3人で記念写真を撮ったのである。

以前3人で撮影した写真が使われている輪治の新刊のPRページがお披露目された。マックスとヤスは輪治から新刊をもらいながら、お祝いをしようと考えていた。「マックスが撮影した近影を入れればよかったのに」とヤスは言ったが、輪治はマックスのカメラの腕が上達するのを待っているようだ。すると、マックスは輪治に自分とヤスの写真を撮ってほしいと頼んできた。以前マックスが書いた小説が最後まで書きあがったらしく、その小説の表紙に使うようだ。浅草で買った刀を持ち、マックスとヤスは侍と忍者の衣装を着て撮影したのである。

「タイトル入りのオリジナルのマグカップがほしくて」と言い出したのはマックスだった。陶芸をするのではなく、白いマグカップに柄を入れてもらえるのだ。以前マックスが書いた小説のマグカップを作るつもりらしく、ヤスは輪治の家で好きなもの「庭いじり」や「ライス」「タマゴかけゴハン」を文字で入れるようだ。輪治は「日曜日」と考えながら、デザインをしていくのであった。

輪治の日曜日

温泉街にやってきたヤス(左)、輪治(中央)、マックス(右)

輪治はほぼ毎週をマックスとヤス、時にはルークを含めて男4人で過ごしていた。フラリと散歩に出かけたり、美味しい食事やコーヒーを楽しむ穏やかな時をおくる。
一方ニューヨークに残っている妻に愛情をかけることも忘れていなかった。マックスとヤスに留守番を任せてニューヨークへ戻ると、妻と仲睦まじい姿を見せる。正月を日本で過ごすことになった際には年末になる前に大掃除を済ませ、クリスマスに合わせて妻を迎えに行った。年明け二週間を存分に楽しんだ妻がニューヨークへ戻る際には、リクエストの水炊きをお土産に持たせたほどである。

しかしある時輪治は自宅に畑を造ろうとしたところ、石を退かした弾みでぎっくり腰になってしまう。マックスが掃除機をかけ、マックスの妻ベリンダが食事を作っている間、輪治はテレビを見ながら「マックスの家の日常はこんな感じなのか」とひそかに楽しんでいた。少し腰の痛みが引いたころ、輪治はマックスやヤスと共に温泉を訪れる。それぞれの家族は後から合流することになっており、輪治は浴衣で温泉街の散策を楽しんだ。温泉の効能によって輪治の腰も多少良くなったのである。

クリスマスの時期に輪治の妻が来日し、年が明けたころ楽々居家では「どんぶり選手権in楽々居家」が開催されようとしていた。グループに分かれスーパーに買い物にいくところからスタートし、オリジナルのどんぶりを1,000円以内で作るようだ。各々、輪治の妻がニューヨークに帰っても作れるようにと考えているのだ。豆腐とねぎの味噌煮込み丼や、コロッケキャベツ丼など、個性豊かなどんぶりを前にして、輪治の妻は楽しそうな様子だ。安くて美味しい、ワンコイン丼を堪能した楽々居家であった。

輪治たち楽々居家は、輪治の妻を見送るために羽田空港国際線のロビーにいた。マックスとルークは空港内のお店を回ることにし、レイチェルとベリンダも一緒に行くことになったのである。輪治は妻と二人になり、直行便が増えて便利になったという話をしていた。トランジットを楽しむトラベラーも増えており、そのようなツアーをやっている空港もあるようだ。そんな他愛もない会話をし、いよいよ出発の時間になってしまった。輪治の妻は手を振り、飛行機に乗り込むのであった。

マックスたちは先に帰ったが、輪治は一人空港に残っていた。父親の旧友キース・シニーズ元刑事を待っていたのだ。キースの家族は翌日の到着のようで、一足先に輪治とともに寿司屋に行くことになったのである。
輪治はキースと二人ではとバスツアーに参加していた。輪治の父親が遺した「おもてなしノート」に「はとバスツアーは必須」だと書かれていたのだ。浅草にやってきた二人は日本最古のバー「神谷バー」に寄り、ブランデーが配合されたアルコール飲料「電気ブラン」を楽しんでいた。キースが退職をしたため乾杯も兼ねてだった。刑事をやめキースが第二の人生を歩んでいくことを、輪治は楽しみにしているのだ。東京タワーを訪れ、お土産を買い、ノートの旅を楽しんだのである。

今週はマックスもヤスも来ないと知りながら、輪治はコーヒーを作りすぎてしまったようだ。新聞を読み、ぎっくり腰に気をつけながら庭の草むしりをして過ごした。さらに、競馬を見ながら昼食を済ませお風呂に入ったのである。しかし、まだ6時だということに気づき「一日長いなぁ」と呟く輪治であった。

いつもの日曜日

いつものように日曜日を過ごす輪治(左)、ヤス(中央の黒髪)、マックス(右)

マックスとヤスは、輪治の自宅の庭の草むしりをしていた。草むしりを終え、コーヒーを飲むことにした3人は先日作ったオリジナルのマグカップを用意した。海苔あられを準備し、3人でいつも通りの楽々居家の日曜日を過ごすのであった。

『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』の登場人物・キャラクター

楽々居輪治(ささい りんじ)

小説家。ニューヨークにしばらく住んでいたが、日本に住んでいた父親が他界したのをきっかけに東京に戻ってきた。45歳のときにはじめて小説を書いたが、アメリカではなく日本の出版社に送っている。理由は、妻に読まれるのが恥ずかしく日本語で書いたからだ。処女作が新人賞を獲得しており、輪治が日本に戻ってきたのは作家デビュー20周年目だった。毎週日曜日になると訪ねてくるマックスとヤスノリのことをなんだかんだ気にかけており、ご飯を食べたり出かけたりと、楽しんでいる様子だ。

マックス

マックス(右)

輪治の長男。輪治のことをダッドと呼んでおり、毎週日曜日になると輪治の家を訪ねてくる。輪治に「子どもの手が離れたら相手をしてやる」と言われたことがあり、息子のルークが手を離れたため毎週のようにやってくるようになった。輪治は、子どもが離れたころにはマックスはもういい歳で、自分で楽しみ方を見つけると思っていたがそうではなかったようだ。輪治の友人が訪ねてきたときには、輪治をとられるのではないかと不安になる場面もあった。家電に詳しく輪治にパソコンやスマホの使い方を教えたことがある。

ヤスノリ(ヤス)

黒髪のコーヒーを飲んでいる男性がヤス

輪治の次女レイチェルの婿。輪治のことを「リンジさん」と呼んでいる。毎週日曜日になるとマックスとともに輪治を訪ねてくる。日本に来てからまだ半年ほどしか経過していないが、日本語は堪能だ。ハネムーンに行っていなかったが、輪治に薦められた熱海に行くことになった。

9973_AKi-peso9
9973_AKi-peso9
@9973_AKi-peso9

Related Articles関連記事

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらい屋 五葉』とは『月刊IKKI』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作としたテレビアニメである。時は江戸時代、藩主から暇を出され江戸にやってきた侍・秋津政之助は、誘拐組織「五葉」の頭である弥一の用心棒をすることになった。渋々、弥一の仕事を手伝う政之助だったが、この出会いをきっかけに人として成長していくのである。『ふたがしら』や『ACCA13区監察課』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、かどわかしを生業にした個性豊かな登場人物たちの時代劇エンターテインメントだ。

Read Article

つらつらわらじ(備前熊田家参勤絵巻)のネタバレ解説・考察まとめ

つらつらわらじ(備前熊田家参勤絵巻)のネタバレ解説・考察まとめ

『つらつらわらじ』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる時代劇漫画である。時は寛政、備前岡山藩主の熊田治隆は参勤交代のために江戸に向かうことになった。そして、隠居して江戸で暮らす計画を立てているため、江戸までの旅を楽しもうと考えていたのだ。しかし、江戸までの道のりは波乱の連続だった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、2年に1度の参勤交代エンターテインメントだ。

Read Article

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ACCA13区監察課(オノ・ナツメ作)』とは『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス刊)にて2013年~2016年まで連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。ACCA本部監察課副課長のジーン・オータスの過ごしていた平和な日常が少しずつ世界の陰謀に巻き込まれていく。その軸となるのは巨大統一組織「ACCA」と「タバコ」を巡る男たちの’’粋’’様だ。食えないキャラクターたちが勢ぞろいする大人な雰囲気の作品となっている。

Read Article

レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)のネタバレ解説・考察まとめ

レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ&オールドマン』とはオノ・ナツメが『ウルトラジャンプ』で連載していた男女バディ・エンタテインメント漫画作品。連載時期は2015年~2019年までで全8巻で完結。オノ・ナツメ原作の『ACCA13区監察課』や『BADON』とはまた違ったかなりハードボイルドな内容だ。舞台は1963年のロサンゼルス郊外。父親譲りのおせっかいな性格のシェリー・ブライトと100年間刑務所に入っていたというロバート・ウィンツ。この二人の出会いが全ての始まりだった。

Read Article

リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)のネタバレ解説・考察まとめ

リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)のネタバレ解説・考察まとめ

『リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)』とは、『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)で連載されていたオノ・ナツメによる、老紳士たちが織り成すハートフル漫画である。幼くして両親が離婚し祖父母に預けられたニコレッタは、母親の再婚相手を一目見るためローマにあるリストランテにやってきた。そこで働き始めたニコレッタは、従業員全員が老眼鏡着用必須のリストランテであることを知ったのである。数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、老眼鏡紳士たちによるおもてなし漫画だ。

Read Article

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふたがしら』とは、『月刊IKKI』(小学館刊)また増刊『ヒバナ』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作とした連続テレビドラマである。時は江戸時代。盗賊「赤目一味」の頭目だった辰五郎が死去。その際に、手下である弁蔵と宗次二人に一味のことを託したことからすべては始まった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、巧妙な駆け引きと巧みな騙しあいが織りなす時代劇盗賊エンターテインメントだ。

Read Article

目次 - Contents