HUNTER×HUNTER 主人公ゴン=フリークスの歩み トリックタワー編

晴れてハンター試験に合格したゴン。
キルアを取り戻すため、ククルーマウンテンへ。
そして天空闘技場で修行を開始する。
そこで念の存在を知り、そして因縁のヒソカとも…

試しの門で力試し!

ハンター最終試験でキルアが不合格で帰ってしまった。
そのキルアを連れ戻しに、ククルーマウンテンに向かったゴンとレオリオとクラピカ。
キルアに会うには試しの門というただただ力がないと開かない門を
開けなければならないと守衛のゼブロに教えられる。

無理やり入ると番犬のミケに殺されるため、自力で試しの門を
開けられるよう特訓を始める。
1カ月はかかるといわれるが2週間ほどで3人はクリアする。
執事のカナリアそしてゴトーのコインゲームをクリアしキルアと再会を果たす。

天空闘技場

ゴンとキルアはお金稼ぎと修行を兼ねて天空闘技場に向かう。
そこでヒソカと再会をはたす。
ここで念の師匠ウイングとその弟子ズシ出会う。200階まで上がると、
ゴンたちの身を案じたウイングの判断でゴンとキルアに念を教える。
それは200階以上は全員念の使い手で念を知らないと危険であるため。
念を教わったゴンはウイングさんとの約束を破り、負けを覚悟で
戦いにエントリーする。

念を覚えたてのゴンはコマ使いの新入り狙いのギドに敗れる。
しかも、約束破ったウイングさんに怒られ、2か月間の試合禁止と念の修行も禁止されてしまう。
2か月後ギドと再戦したゴン。修行の成果から全く寄せ付けず勝利する。
再戦にあたりギド、リールベルト、サダソがズシを誘拐し卑怯な手を使ったため
かなりゴンとキルアは怒っていた。

その後修行を続けたゴンはヒソカとの戦いに挑む。
ゴンはハンター試験の借りを返すため、石板を使った奇襲攻撃でヒソカにクりティカルヒットを決める。
しかしその後はヒソカの念能力バンジーガム(伸縮自在の愛)により防戦一方のままTKO負けをしてしまう。
目的を達成したゴンはキルアとともにくじら島に戻る。

くじら島に里帰り

くじら島に戻るとミトさんからジンから預かったものを渡される。
それはジンの肉声テープ、指輪、ROMカードであった。
このROMカードがグリードアイランドのROMカードでありジンと何らかの関係があると
考えグリードアイランドを目指すことになる。

懸賞金

グリードアイランド入手のためお金を稼ぐ中、レオリオと再会をはたす。
レオリオの提案で腕相撲でお金を稼ぐ中、シズクとも勝負している。
その際はシズクが利き腕ではなかったこともあり、ゴンが勝っている。
ゴンとキルアは高額なグリードアイランドを競り落とすため旅団にかけられた
懸賞金に目をつける。

旅団を捕まえるためノブナガとマチを尾行するが、二重尾行により捕まってしまう。
ノブナガに気に入られ、監禁されるが壁を壊し脱出に成功。
その後クラピカと会い、クラピカに協力することになる。
グリードアイランドは高額なため落札するのではなく、グリードアイランドをプレイする
ハンターとして雇われることを目指し、合格する。

renote.jp

renote.jp

renote.jp

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)のネタバレ解説まとめ

「幽☆遊☆白書」とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された「冨樫義博」によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年「浦飯幽助」は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠「玄海師範」の修行を受け、「桑原和真」「蔵馬」「飛影」と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

どうしてコンナコトニナッタノカ?『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが色んな意味で凄すぎた。

『HUNTER×HUNTER』と言えば、1998年から「週刊少年ジャンプ」にて連載が始まったマンガです。しかし、作者の冨樫義博先生の度重なる休載により、17年経った今も「未完」となったまま“動き”がありませんでした。ところが、バンダイから販売されている『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが、色々と「トンデモない」“動き”をしていたのをご存知でしょうか?

Read Article

目次 - Contents