タイムリープ・サスペンス 僕だけがいない街

2015 10 30 09 01 39 29615200 640x360

「僕だけがいない街」は、三部けいによる漫画作品。「ヤングエース」(KADOKAWA)にて、2012年7月号から連載。「マンガ大賞」「このマンガがすごい!」に2014年、2015年の2年連続ランクイン。TVアニメは2016年1月7日よりフジテレビ「ノイタミナ」他にて放送。また同年3月に実写映画が公開予定。

リバイバル(再上映)能力とは

Catch1

主人公・藤沼悟がもつ特殊能力。
悟の周辺で何か悪いことが起きる直前に、彼は「違和感」を感じます。そして事件が発生する1~5分前に、その原因が取り除かれるまで、タイムスリップを繰り返すというものです。
この能力は自分の意志とは無関係に発動される上、行動を起こした結果、自分自身が不利益を被る場合もあるので、悟自身は悩まされています。

あらすじ・ストーリー

001 size8

2006年のある日。売れない漫画家である藤沼悟は、ピザ屋のアルバイトをこなす日々を過ごしていました。ピザ配達中に交通事故に関わるリバイバルを経験し、少年の命を救ったものの、自身が負傷して入院。事故の知らせを受け、上京してきた母・佐和子とアパートで同居することになります。
買い物に出かけた佐和子は挙動不審の子連れの男を見かけ、その顔が1988年に北海道で起きた誘拐殺人事件の真犯人であることを見抜きます。しかし真犯人もそれに気づき、悟に伝えられる前に、母親をアパートの室内で刺殺。第1発見者である悟は犯人に仕立て上げられてしまいます。彼は母親殺害を未然に食い止めるために、強くリバイバルを念じると、それまで経験したことのないような大規模なタイムスリップが発生し、自身が10歳である1988年にいることに気づきます。悟は2006年の母殺害と、1988年の連続誘拐殺人事件が同一人物であると確信し、リバイバルを繰り返しながら真犯人を追い求めてゆきます。

声優ではないキャストの抜擢

75286

青年時代を演じる満島真之介さん(左)、少年時代を演じる土屋太鳳さん(右)

藤沼悟の少年時代は土屋太鳳さん、青年時代は満島真之介が演じていますが、どちらも女優・俳優で、アニメ声優が本業ではありません。
伊藤智彦監督は「アニメにとどまらないよりリアルな作品」を目指し、ドラえもんの「のび太をリアル方向にした感じ」の配役を選びました。
土屋さんは声質の良い子感と昭和っぽさが良く、満島さんは落ち着きながらもどこか影を感じさせる声がぴったりだと感じたそうです。
また「2人がアフレコを重ねていくことで成長する姿が、物語の展開と重なって見えるのではないか。これは賭けだが、面白いと思って決定した」という目論見もあったそうです。

PV

スタッフ

原作:三部けい
監督:伊藤智彦
シリーズ構成:岸本卓
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
美術監督:佐藤勝
音楽:梶浦由記
アニメーション制作:A-1 Pictures

syuuryou
syuuryou
@syuuryou

Related Articles関連記事

僕だけがいない街(僕街、ERASED)のネタバレ解説まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

クズの本懐(Scum's Wish)のネタバレ解説まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

四畳半神話大系(The Tatami Galaxy)のネタバレ解説まとめ

四畳半神話大系とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

ハチミツとクローバー(Honey and Clover、ハチクロ)のネタバレ解説まとめ

「ハチミツとクローバー」は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

図書館戦争(Library War)のネタバレ解説まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

ソラニン(Solanin)のネタバレ解説まとめ

浅野いにおによる青年漫画、及びそれを原作とした映画。「週刊ヤングサンデー」にて2005~2006年まで連載。2010年に実写映画化された。退屈なOL生活を送る社会人2年目の芽衣子と、音楽への夢を持ちつつも踏み出すことができないままフリーター生活を続ける恋人種田。二人が夢に向かって歩き出すところから、挫折、そして種田との死別を経て、芽衣子が新たな一歩を踏み出すまでが描かれる。

Read Article

モノノ怪(Mononoke)のネタバレ解説まとめ

「モノノ怪」とは、2006年にフジテレビのノイタミナで放送されたアニメ「怪 〜ayakashi〜」の中の「化猫」編をスピンオフし、「モノノ怪」というタイトルで2007年に同じくノイタミナで放送されたオリジナルアニメーション。シリーズディレクターは「中村健治」で、スタイリッシュな和製ホラー作品。 人間の情念に憑いたあやかしが「モノノ怪」となり、主人公「薬売り」が退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

Read Article

四月は君の噓(君噓、Your Lie in April)のネタバレ解説まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

もやしもん(Moyashimon)のネタバレ解説まとめ

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。 細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

Read Article

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花、Anohana: The Flower We Saw That Day)のネタバレ解説まとめ

埼玉県秩父市を舞台にしたオリジナル作品。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。子供から大人に変わりかける過程で、幼馴染達がバラバラになっていたが、死んだはずの少女が現れることにより過去の出来事や想いを打ち明けていくことになる。少年少女の葛藤や傷を1人の少女を中心に過去から現在を描いていく。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(Rampo Kitan: Game of Laplace)のネタバレ解説まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

海月姫(Princess Jellyfish)のネタバレ解説まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション、アジカン)の徹底解説まとめ

「アジカン」の略称で知られる4人組ロックバンド2002年11月、ミニアルバム『崩壊アンプリファー』でデビュー後、2004年10月アルバム『ソルファ』がオリコン初登場1位を記録。一躍有名バンドの仲間入りをする。 『鋼の錬金術師』OPとなった「リライト」や、浅野いにおによる漫画を原作とする映画『ソラニン』の主題歌である「ソラニン」を発表するなど活動の幅を広げ、2016年に結成20周年を迎えた。

Read Article

NEW

【随時更新】いぬやしき(アニメ全話)のネタバレと感想・考察・動画放送情報まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 「人を助けることで生を実感する男」と「人を殺すことで生を実感する男」の戦いが描かれる。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

【※ネタバレ注意/参考画像なし】僕だけがいない街 第43話「告白 2005.08」を読んだ感想!

物語もクライマックスという事で、興奮冷めやらぬ筆者が単発の感想を書いています。 再び「真犯人」と対峙した悟。それはリバイバル(再上映)の度に培った経験と、悟自身の努力、そして大切な仲間の想いによってもたらされた正念場でした。2人は何を語り、何を想い、何を選んだのか・・・。次号に控える最終回に向け、物語は怒涛の展開を迎えます!

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

目次 - Contents