2015年ブレイク!今後も期待のマルチアーティスト・米津玄師について

みなさんは米津玄師をご存知でしょうか。
聴けば聴くほどはまる楽曲と、クオリティが高くて心に響く絵が魅力のアーティストです。
2015年にはCDアルバムがオリコンチャート1位を獲得するなど、この先活躍が大いに期待されるアーティストです。
ここでは、米津玄師についてまとめました。

プロフィール

米津 玄師
(よねづ げんし)

1991年生まれ徳島県出身
本名も米津 玄師。
ミュージシャン、シンガーソングライターであり、イラストレーター、ビデオグラファーでもある
別名義、ハチという名でボカロPをしていました。

ボカロP「ハチ」

ボカロP「ハチ」は2009年よりニコニコ動画にオリジナル曲を投稿しはじめ、中毒性のあるロックサウンドで存在感をあらわしていきました。
そして、日本だけでなく世界からも注目され、実績を積み上げていきました。
イラストと映像も自身で手掛けているという多才な面は他のボカロPと一線を画しており、さらなる存在感をあらわしていました。
ハチ名義で2010年に2枚のアルバム「花束と水葬」「OFFICIAL ORANGE」をリリース。
「マトリョシカ」「パンダヒーロー」「ドーナツホール」などのヒット曲を数多く生みだしました。

米津玄師としての活動

2012年
米津玄師名義で、自身がボーカルを担当し、アルバム「diorama」をリリース

2013年
生音でのレコーディング形態をとりはじめる。
シングル「サンタマリア」「MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー」リリース
(並行してハチ名義でVOCALOID楽曲「ドーナツホール」発表)

2014年
2ndアルバム「YANKEE」リリース
オリコンチャート2位を記録、iTunes年間ランキング「Best of 2014 今年のベスト」でベストアルバム受賞、「第7回CDショップ大賞」入賞
アルバム収録曲「アイネクライネ」が東京メトロ2014年広告キャンペーン”Color your days.”CMソングとして起用される

初めてのライブ活動、ワンマン公演“Premium Live 帰りの会”を一夜限りで開催

2015年
3rd Single「Flowerwall」リリース、オリコンチャート3位を記録、ニコンのTV-CMソングとして起用される
初の全国7大都市10公演のツアー、初の夏フェス出演を果たした

4th Single「アンビリーバーズ」をリリース。
MIZUNO WAVE ENIGMA5のCMに起用

3rd Album「Bremen」をリリース
オリコンチャート1位、iTunes週間アルバムランキング1位、Billboard JAPAN HOT Albumチャート1位を獲得

2016年
全国ワンマンツアー「米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊」を開催

アンビリーバーズ

2015年発売、4th Single

ご本人いわく、ギターを使っていないという点でも自分の中で実験的な作品。
考えさせられる小説のような詞と疾走感あるメロディーとサウンドは秀逸。
鬱屈としているような気持ちに風穴をあけてくれる希望の歌は米津玄師だからこそ作り出せるのかもしれません。

MVでは悲しい運命の中でも必死に生き抜くオオカミの姿が描かれていて、歌詞の世界観をさらに引き立てています。

独特の存在感

独特なサウンド、楽曲とリアルで抒情的な詞は鮮烈的でインパクトが強い。
インパクトや勢いだけでなく、温かく包み込むような曲もあり、非常に多面的で幅が広い。
全曲にわたって、作詞・作曲・アレンジ・歌・演奏を自身で手掛けているだけでなく、動画・アートワークも自身で制作し、完結させてしまうというする多才である。

これからの活動も目が離せない米津玄師。
みなさん、ぜひチェックしてみてください。

makie
makie
@makie

Related Articles関連記事

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンナチュラル(Unnatural)』は女優の石原さとみ主演の、野木亜紀子の脚本によるオリジナルドラマである。主人公の三澄ミコトはUDIラボで働く法医解剖医。UDIラボメンバーの中堂、東海林、六郎たちと一緒に、日本全国から送られてくる不自然死した遺体を解剖する仕事をしている。1話ごとに事件解決する法医学ミステリーで、ドラマのキャッチコピーは「不自然な死は許さない」。スピード感や爽快感のある明るくスリリングな物語で、UDIラボメンバーの人間ドラマをメインに「死」の謎や事件を解明していく。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

禍威獣(かいじゅう)とは、『シン・ウルトラマン』に登場する敵性大型生物。ある時を境に日本各地に出現するようになり、多大な被害を生み出した。その姿は爬虫類のようなものから鳥に似たもの、巨大な植物まで多種多様。既存の生態系から完全に独立した生物であり、放射性物質を食べたり破壊光線を発したりと個々が地球の常識では考えられない能力を秘めている。 その正体は、外星人こと地球外の知的生命体が、人類発祥以前に後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器。日本にしか出現しないのもこれが理由である。

Read Article

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

天体制圧用最終兵器ゼットンとは、『シン・ウルトラマン』に登場する、一兆度もの火球を放ってその星系ごと天体を消滅させる光の星の兵器。元ネタは『ウルトラマン』の最終話に登場し、ウルトラマンを敗北に追い込んだ怪獣ゼットンである。 「地球人の生物兵器としてのポテンシャル」を“宇宙の将来的脅威”と判断した光の星の決定を受け、ゾーフィによって地球に持ち込まれる。同族たちの決定に1人反発したウルトラマンと戦い、これを造作も無く一蹴する強さを見せつけた。『シン・ウルトラマン』の実質的ラスボスである。

Read Article

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ウルトラマン/リピアとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、同作の主役でもある巨大人型外星人。ウルトラマンは地球でつけられた名称で、リピアが同族間で用いる本名である。 禍威獣の出現に合わせて地球に来訪し、外星人の遺物であるこれらを撃破する。しかし初戦闘時にアクシデントから禍特隊の神永新二の命を奪ってしまい、“肉体を融合する”という方法で彼を救う。その後は普段は神永として行動しつつ、彼が見せた「自分より弱い者を命懸けで守る」という行動の意味を調べ、地球人について学んでいった。

Read Article

メフィラス(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

メフィラス(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

メフィラスとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球に潜伏して暗躍する外星人。 腹黒い一方で、振る舞いは紳士的。ウルトラマンがやってくる前から地球で活動しており、自らを「外星人0号」と名乗って禍特隊に接触。地球人そのものが禍威獣や外星人の脅威に対抗する術を持つ必要があると説き、日本政府に対して技術供与を申し出る。しかし裏では地球人の潜在的な戦闘能力に目を付けており、これを生物兵器に仕立てて売りさばくことを計画していた。この陰謀を見抜かれて、ウルトラマンと敵対することとなる。

Read Article

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ゾーフィとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、ウルトラマンと同じ天体出身の外星人。 彼らの出身地は「光の星」と呼ばれており、個々の高い戦闘力と優れた科学力を用いて宇宙の調停者として振る舞っている。地球人の生物兵器としての高いポテンシャルが明らかとなった時、光の星はこれを“全宇宙の知的生命体にとっての将来的な脅威”と見なして滅ぼすことを決定する。そのために地球を訪れるも、なんとしても地球人を守らんとするウルトラマンと決裂。最後は地球人の生物兵器として以外の可能性を認め、地球を去った。

Read Article

神永新二(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

神永新二(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

神永新二(かみなが しんじ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の作戦立案担当官にしてウルトラマンをその身に宿す青年。 元公安課の刑事で、その職務上当然ではあるが前歴には明かされていない情報も多い。寡黙で実直、合理性を重んじる性格ながら、同時に自らを犠牲にしてでも弱者を救おうとする高潔な意志を併せ持つ。ウルトラマンが地球に来訪した際、その着地の衝撃から子供を守ろうとして命を落とすも、彼のこの行動がウルトラマンと人類の運命を変えていくこととなった。

Read Article

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

浅見弘子(あさみ ひろこ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の分析官。突如出現して禍威獣を撃破していった“銀色の巨人”の調査のために物語途中で禍特対に加わり、彼に「巨大人型生物ウルトラマン」という名称をつける。 頭脳明晰かつ明朗快活な才媛で、禍特対では新入りの立場ながら歯に衣着せぬ物言いで周囲に意見する。同僚の神永にウルトラマンが融合していることを知らないまま彼とバディを組み、“地球人とはどういう生き物か”のもっとも身近な実例として様々な気付きを与えていく。

Read Article

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブ(シン・ウルトラマン)の徹底解説・考察まとめ

ザラブとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球人を「地球の害獣」と見なして絶滅させることを目論む外星人。 「体の前半分の皮膚以外が透明」という奇怪な姿をしている。電子機器を操る生体器官を有しており、外見をまったく別のものに変える擬態能力を持つ。ウルトラマンこそは自身の計画の最大の障害だと判断し、禍特隊の神永新二と融合していた彼を監禁する一方、自身はウルトラマンの姿になって都市を攻撃。人類の間に疑念と互いへの敵意を植え付けて大戦争を巻き起こそうと画策した。

Read Article

【あつ森】米津玄師/ハチを再現した島メロがすごい!

【あつ森】米津玄師/ハチを再現した島メロがすごい!

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、オリジナルのメロディーを作れる「島メロ」という機能があり、人気を博している。有名な曲を再現した島メロは特に人気だ。島メロはごく短いメロディなので、誰でも簡単に設定できる。ここではボカロPの「ハチ」として人気を博した後、シンガーソングライターとしてデビューし国民的歌手となった米津玄師の音楽を再現した島メロを紹介する。

Read Article

【RADWIMPS】男子が泣ける失恋ソング11選【米津玄師】

【RADWIMPS】男子が泣ける失恋ソング11選【米津玄師】

失恋した時、あなたはきちんと泣いていますか。特に男性には変なプライドがあるのか、「泣く」ということに抵抗のある人が多いみたいですね。「泣く」のはネガティブに捉えられがちですが、実はすごく大切なことなんです。「泣いたらスッキリした」という言葉があるように、気持ちのリセットにも繋がりますよ。この記事では、失恋した時に聴きたい楽曲についてまとめました。男だからとか女だからとか関係なしに、辛い時は泣いたっていいんです。それが人間というものだし、泣けるからこそ人は成長できるのですから。

Read Article

NEW
【嵐】「ONE PIECE」や米津玄師とコラボ!休止前の嵐の活動内容まとめ【ワンピース】

【嵐】「ONE PIECE」や米津玄師とコラボ!休止前の嵐の活動内容まとめ【ワンピース】

2020年をもって活動休止を発表した大人気グループ、嵐。ここでは休止前にファンを驚かせた活動内容をまとめています。大人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」とのミュージックビデオのコラボや、NHK2020ソング「カイト」での米津玄師とのコラボ情報などを紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents