極主夫道のレビュー・評価・感想まとめ

『極主夫道』は「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたコメディ漫画である。ヤクザ時代と変わらない強面、言葉遣いで周囲から度々誤解されるものの、主人公の龍(たつ)は真面目に主夫業をこなしていく。本人の意識と周囲の反応のギャップが本作の魅力の一つである。

出典: www.amazon.co.jp

元・最凶のヤクザが主夫の道を極める!

既刊1巻(2018年8月現在)。

面白い

笑える

怖いけどカワイイ

見た目とのギャップ

テンポが良い

独特の間

liverock-renote
liverock-renote
@liverock-renote

目次 - Contents