[西尾維新]戯言シリーズ聖地巡礼[from京都]

C 136018 d314248a4f2b119af6e0993cdc0744c834744cef jpg

化物語で一世を風靡した作家・西尾維新の代表作「戯言シリーズ」のロケ地である京都。作品に登場するロケ地を本場京都からご紹介します。アクセス方法、近場の名所なども合わせてお楽しみください。近く京都方面へ行かれる方必読です!

戯言シリーズとは?

7227b99b

『戯言シリーズ』(ざれごとシリーズ)は、作者のデビュー作『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』(クビキリサイクル あおいろさヴぁんとざれごとつかい)をはじめとする西尾維新のライトノベルシリーズ。イラストは竹が担当している。全6タイトル9冊。

出典: ja.wikipedia.org

戯言シリーズは
【クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い】
【クビシメロマンチスト】
【クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子】
【サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し】
【サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄】
【ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹】
【ネコソギラジカル(上) 十三階段】
【ネコソギラジカル(中) 赤き征裁 vs. 橙なる種】
【ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い】
の全9作品。

出典: ja.wikipedia.org

戯言シリーズの魅力①【強烈すぎる登場人物・キャラクター達】

戯言シリーズでは、個性的で魅力的で暴力的なキャラクターが登場します。
ここではその一部をご紹介いたしましょう。

サヴァン症候群の少女・玖渚 友(くなぎさ とも)

Mig

本作のメインヒロイン

劣性遺伝子である青い瞳と青い髪を持つ、引きこもりの美少女。サヴァン症候群。19歳。
「ぼく」がなんらかの方法で「壊した」ことにより体の成長が13歳で止まってしまっている。一人称は「僕様ちゃん」。玖渚機関直系血族の令嬢で、当初絶縁状態にあったが、兄・玖渚直の機関長就任を機に、復縁を果たした。電子工学・情報工学・機械工学のプロフェッショナル。

出典: ja.wikipedia.org

人類最強、哀川 潤(あいかわ じゅん

Mig

人類最強の女

《人類最強》。全ての世界を股にかける「人類最強の請負人」。推定24歳。合法・非合法問わず、お金さえ積まれれば、どんな仕事でも引き受ける。万能家。典型的主人公体質。変装・声帯模写および声帯同化・ピッキング(その技術は指紋認証までにも及ぶ)・読心術及び口唇術(相手の唇の動きから何を話しているか理解する術)の達人。

出典: ja.wikipedia.org

戯言シリーズの魅力②【独特の言葉使い西尾節】

化物語や刀語を読まれている方はおわかりいただけるだろう。
西尾維新独特の文章表現、いわゆる西尾節が戯言シリーズでも如何なくぶちまけられている。

「馬鹿がゆえにシャープであり、愚劣がゆえにスマートで、卑怯がゆえにクレバーだ」
兎吊木 垓輔

出典: lightnahon.blog100.fc2.com

言葉の連なりがとても良い一文です。
一度読んだら、なかなか離れないごろの良さが魅力的ですね。

とりあえず後悔だけしておけば、今目の前にある問題から逃げることができる。
悪いのを全部昔の自分にしてしまって、だからそれは、とりたてて自責ってわけではなくて。
後悔している間は正しい自分でいられるから
「クビキリサイクル」より

出典: laughy.jp

これは、ドキッとする方多いんじゃないでしょうか?
私自身ドキッとしました。人生なんて後悔の連続ですよね。

寂しいけれど、でも、一人で生きます。
裏切って、騙して、言い訳して、一人で生きるです。
「クビツリハイスクール」より

出典: laughy.jp

人生ってのは死んでも終わらないんだぜ。
お前が死んでもお前の影響は残るからな。
本当は終わりなんてどこにもないんだ。
「クビツリハイスクール」より

出典: laughy.jp

後悔して、後悔して、後悔して、もう辞めてしまおうかと思った時、
この言葉を見ると、死んでもなにも終わらないと改めて考えさせられます。

それでは本題!戯言シリーズ聖地巡礼①「立命館大学」

Rits03

いーちゃんの通っている大学のモデル

関関同立に数えられる関西の名門私大「立命館大学」です。
電車では少々アクセスしにくいので、バスがオススメです。
近くには超観光スポット「金閣寺」があります。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

めだかボックス(Medaka Box)のネタバレ解説まとめ

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Read Article

刀語(Katanagatari)のネタバレ解説まとめ

『刀語』とは、西尾維新のライトノベル作品である。全12話で、作者初の時代小説となる。2010年1月から12月にかけてテレビでアニメ化されている。「刀を使わない剣士」の鑢七花は、「奇策士」を名乗る女・とがめに誘われ、「完成形変体刀」とよばれる刀を集める旅に出ることとなる。人を知らぬ男と心を無くした女の物語が始まる。

Read Article

〈物語〉シリーズ(化物語シリーズ)のネタバレ解説まとめ

『戯言シリーズ』や『めだかボックス(漫画原作)』を代表作に持つ人気小説家・西尾維新(にしおいしん)が趣味全開で手がけたライトノベルシリーズ、およびそれらを原作としたアニメ、ゲーム作品。女吸血鬼に魅入られた少年・阿良々木暦と、超常的現象〈怪異〉に取り憑かれた少女たちがとある田舎町で巻き起こす、可笑しくも不気味な青春の物語。

Read Article

めだかボックス(Medaka Box)の名言・名セリフまとめ

「めだかボックス」は2009年より「週刊少年ジャンプ」に連載された漫画作品。 主人公の完璧超人「黒神めだか」は圧倒的支持で箱庭学園生徒会長となり、幼馴染の「人吉善吉」と共に生徒会活動をスタートする。その活動の一つが目安箱、通称「めだかボックス」に投書された案件の解決。次第に増える個性豊かな生徒会メンバーと共に、生徒間トラブルを通してめだか達の成長を描く。奥深く考えさせられる名言の数々が名高い。

Read Article

【アニメ】化物語から始まる西尾維新の「物語シリーズ」視聴順まとめ

西尾維新プロジェクトと称されるアニメ化真っ最中の【物語シリーズ】は、現代の怪異に出会った少年少女の姿を描いた作品です。その多さ故、視聴前は混乱必至ですが各シリーズの放送順を知ることでスムーズに楽しむことができます。今回は各シリーズの大まかなあらすじ/放送順/時系列順でご紹介。

Read Article

目次 - Contents