『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』の五大ボスまとめ

NINTENDO64で発売され、後にニンテンドー3DSでリメイクされた『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』。 作中に登場する5体のボスまとめ。

密林仮面戦士オドルワ

ウッドフォールの神殿のボス。巨大な剣と盾を持つ人型の魔物。普段は奇妙な掛け声を上げながら踊り、虫(ガモス、スカラベ)を呼び寄せたり、ブロックを落としたりして攻撃し、時折大ジャンプをして切りつけてくる。

出典: ja.wikipedia.org

13no4

おそらく一番最初に戦うであろうボス。 ムジュラの仮面のボスでは唯一の人型で、リンクと同じく剣と盾を装備した剣士スタイルのボスです。
大きな剣で薙ぎ払ったり大ジャンプ切りをしてくる他、炎でリンクを囲んだり虫を呼び寄せたりしてくるなど、初見ではなかなか苦戦させられます。 反面、耐久力が低く、攻撃パターンを読むのも比較的簡単なので、4ボス中最も楽に倒せるという両極端な特徴のボスです。

「パターンさえ掴めば中ボスよりも弱い」などと言われる、ある意味気の毒なボスキャラです。

仮面機械獣ゴート

スノーヘッドの神殿のボス。人面の牛を模したような機械仕掛けの魔物。最初は氷付けになっているが、氷を溶かすと暴走し始め、ドーナツ状になっている部屋を走り回り、岩を蹴り飛ばしたり、電撃やビームを放って攻撃してくる。

出典: ja.wikipedia.org

ゴロンリンクでスパイク状態で転がりながらゴートを追いかけるのが基本戦術で、これを繰り返せば勝てるのだが、如何せんゴロンリンクに慣れてないと難しい。

出典: www49.atwiki.jp

200px mm goht

四足獣タイプのボス。 氷付けの状態で登場し、リンクが氷を溶かしてやることで戦闘が始まります。
丸いステージ内で走るゴートをゴロンリンクで追いかけるという、まるでレースのような戦い方をしなければならない点が特徴です。 と言っても64版は爆弾や矢を活用すれば追いかけるどころか、ゴロンリンクに変身する必要すらなく倒せるのですが……(後の3DS版では前者の戦法以外が通用しなくなった)。

ゴロンリンクの能力の1つに”高速移動”があります。 レースイベントが用意されている為、ボス戦にもその要素を取り入れたのだと思われます。

巨大仮面魚グヨーグ

グレートベイの神殿のボス。大型の魚の魔物。通常は水中を泳ぎまわり、時折、足場に体当たりして、リンクを水中に突き落とそうとしたり、水面からジャンプしてリンクに食らい付こうとする。水中ではその巨大な口でリンクを噛み砕く攻撃をするほか、ダメージが溜まってくると大量の稚魚を吐き出してくる。ダンジョンの難しさに拍車をかける強敵。

出典: ja.wikipedia.org

40no5

人間をも丸呑みできそうな、巨大な魚類タイプのボス。 アクションゲームによくある水中戦の要素を加えたボスです。
ステージ中央に足場がありますが、攻撃する時はゾーラリンクに変身して水中に飛び込まなければなりません。 幸いゾーラリンクは水中での機動力が高い為、攻撃自体は簡単に当てられます。
しかしグヨーグの巨体を見て予想が付くでしょうが、すぐに戻らないとリンクが”食べられて”しまいます。 さらに小魚によって水中にいるリンクの動きを止めてしまう特殊攻撃も厄介です。

大型仮面虫ツインモルド

ロックビルの神殿のボス。非常に巨大なムカデ型の魔物で、赤と青の2匹で登場する。地面から現れたり潜ったりを繰り返しているだけで、特別な攻撃はしてこないが、頭などにあたるとダメージを受ける。虫と呼ぶには程遠く、ほか3体のボスはおろか、歴代ゼルダシリーズ作品のモンスター全てと比べても体が極端に大きく、ゼルダシリーズ史上最大級の巨体を誇るモンスターであり、特定の仮面をつけないとダメージを与えるのが難しい。

出典: ja.wikipedia.org

Hqdefault

2体同時・異常なまでの巨体・空中を飛び回る……という、3つの要素を持った虫タイプのボス(というかもはや虫とは言えないような気もするが)。
この中でも特徴的なのが2番目の”巨体”という点です。 画面に収まりきらないほどのサイズで、しかも2体同時に相手にしなければなりません。 ボス戦の直前で手に入る『巨人の仮面』を使い、巨人リンクに変身して戦うのが正攻法です。 矢でも倒せますが、動きが早くて当てづらい為、敵の動きを予測するプレイが求められます。

なお、3DS版では改変・強化されており、64版に比べて遥かに難易度が高くなっています。

ムジュラの仮面

3つの形態を持ち、第1形態は仮面から触手を伸ばした「ムジュラの仮面」、第2形態は仮面に手足の生えた「ムジュラの化身」、最終形態は全体的に手足ががっしりと太く筋肉質になり、鞭のような触手を振るう「ムジュラの魔人」、と名称が変わっていき、姿も人型に近付いていく。

出典: ja.wikipedia.org

ムジュラの仮面との戦いは全部で3段階に分かれている。
壁際のツボを壊せば矢などを補給可能だが、復活はしないので有限。
長丁場を覚悟して時計台(から月)への突入前はしっかり準備を。

出典: www49.atwiki.jp

20090327160026

全ての元凶であり、常に事件の中心にいたムジュラの仮面が最後のボスです。
3つの形態を持っており、1つ目は仮面の姿のまま四ボス達の亡骸と共に攻撃してきます。2つ目は細長い手足が生え、俊敏かつ意味不明な動きでリンクを惑わします。 3つ目は屈強な体格に変貌し、鞭による猛攻を仕掛けてきます。

物語中最後に手に入る仮面を使えば楽に倒せますが、それを使わない場合、苦戦させられること間違いなし。 ラスボスにふさわしい強敵です。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(夢砂、The Legend of Zelda: Phantom Hourglass)のネタバレ解説まとめ

2007年に任天堂からニンテンドーDS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。「ゼルダの伝説 風のタクト」から数か月後の話で、主人公リンクが幽霊船にさらわれたテトラ(ゼルダ)を助けるために冒険に出るストーリーとなっている。システム面では、ニンテンドーDSのタッチスクリーンやマイク機能を活かした謎解きがダンジョン各所に散りばめられている。

Read Article

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(The Legend of Zelda: Majora's Mask)のネタバレ解説まとめ

ゼルダの伝説シリーズの「時のオカリナ」の続編にあたり、NINTENDO64用ソフトとして2000年に任天堂から発売された。「時のオカリナ」で世界を救った主人公・リンクは、冒険の終わりで別れた友人を探して愛馬エポナと共に旅に出た。道中で奇妙なお面をつけた小鬼・スタルキッドと妖精の姉弟と出会い、お面をめぐった事件へと巻き込まれてゆく。

Read Article

ファイナルファンタジーI(FINAL FANTASY I、FFI、FF1)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(The Legend of Zelda: Breath of the Wild)のネタバレ解説まとめ

2017年に任天堂より発売されたWii U/Nintendo Switch用アクションアドベンチャーゲーム。本作の特徴としてオープンワールドを使用しており、一本道の攻略ではなく自分で選び新しく探すゲームになっている。 それに伴い、武器防具の破損など『ゼルダの伝説』として新たな要素が組み込まれおり、今までにないハイラルの世界をリンクと共に冒険し、救うことが目的になる。

Read Article

ゼルダの伝説 風のタクト(風タク、The Legend of Zelda: The Wind Waker)のネタバレ解説まとめ

任天堂より発売されたアクションアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説シリーズの1つです。ハイラルと呼ばれる世界を舞台に、主人公のリンクが、世界から世界へ、時には時空を超えて旅をし、多くの人々との出会いの中で、彼らの助けを借りながら、困難に立ち向かい、ゼルダ姫を助けだしたり、巨悪から世界を守るお話です。

Read Article

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし(The Legend of Zelda: The Minish Cap)のネタバレ解説まとめ

2004年に任天堂からゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。リンクの体を小さくすることでダンジョン攻略をしていくシステムや、リンクが装備できる新アイテムが多く搭載されている。魔人・グフーの呪いによってゼルダ姫を石にされてしまった事件をきっかけに、リンクは言葉を話す不思議なぼうし・エゼロと共にゼルダ姫の石化を解くため、またグフーを倒すために冒険に出る。

Read Article

ゼルダの伝説 時のオカリナ(時オカ、The Legend of Zelda: Ocarina of Time)のネタバレ解説まとめ

1998年に任天堂より発売されたNINTENDO64用アクションアドベンチャーゲーム。 ゼルダの伝説シリーズ5作品目であり、初の3D作品。 完成度の高さと革新的な提案は世界中から高く評価され、第3回CESA大賞大賞や、第2回文化庁メディア芸術祭 デジタルアート部門 大賞など、日米欧で数多くの賞を受賞した。また、光村図書の高校美術の教科書にゲーム画像が記載されている。

Read Article

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(The Legend of Zelda: A Link Between Worlds)のネタバレ解説まとめ

2013年に任天堂からニンテンドー3DS用ソフトとして発売された、ゼルダの伝説シリーズのひとつ。世界観は、1991年にスーパーファミコンで発売された「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」からはるか未来の設定である。ロウラルの司祭・ユガによって絵画にされたゼルダ姫と七賢者たちを救うため、リンクは冒険に出る。今作新たに加わったシステムは、主人公リンクが壁の中に入り込める壁画化能力である。

Read Article

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(トワプリ、The Legend of Zelda: Twilight Princess)のネタバレ解説まとめ

任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説シリーズの1つです。略称は「トワプリ」。ハイラルと呼ばれる世界を舞台に、主人公のリンクが、多くの人々との出会いの中で、彼らの助けを借りながら、困難に立ち向かい、ゼルダ姫を助けだしたり、巨悪から世界を守るお話です。

Read Article

Contents