どうしてコンナコトニナッタノカ?『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが色んな意味で凄すぎた。

Han 00

『HUNTER×HUNTER』と言えば、1998年から「週刊少年ジャンプ」にて連載が始まったマンガです。しかし、作者の冨樫義博先生の度重なる休載により、17年経った今も「未完」となったまま“動き”がありませんでした。ところが、バンダイから販売されている『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが、色々と「トンデモない」“動き”をしていたのをご存知でしょうか?

■他フィギュアまとめ

renote.jp

『HUNTER X HUNTER』

・2012年12月28日に発行された32巻を最後に、3年後の現在も続巻が刊行されないままの『HUNTER X HUNTER』。作者である富樫先生のJW休載は何時もの事ではありますが、今回は3年以上とかなり長く、再開をジリジリと心待ちしているファンは多いのではないでしょうか。そんなジリジリとしているファンへと向け2015年12月18日、プレミアムバンダイから「HGヒソカ・フィギュア」が発売されました。
・予約受付などの追加情報を更新しました。

『HUNTER×HUNTER』HGシリーズ

Gonsoldout2

(画像:プレミアムバンダイ)

HG ヒソカ

■『HUNTER×HUNTER』HGシリーズ第3弾

1000101595 3

・挑発するかのようなポーズのヒソカ。
(画像:プレミアムバンダイ)

1000101595 4

・切れ長の目に美しい顔立ちの造詣。そしてヒソカの代名詞とも言えるピエロのような顔の模様も、フィギュアではしっかり描きこまれています。
(画像:プレミアムバンダイ)

20151218 hghysoka pc12

・原型師のコメントに「女性ファンが痺れるくらいかっこいいヒソカ」とあり、ファンとしては素直に嬉しく頷けました。ですが、その後の「下半身」「身に覚えの無いギミック」「光る」「見たかった」……これは、一体?ヒソカの身(フィギュア)に“なに”が起きてしまったのでしょうか。
(画像:プレミアムバンダイ)

1000101595 1

・……え?、、、、うっ、わぁぁあぁーーーーっ!光ってる!!フツーじゃ“光らない場所”が光ってるーーーーーーーっ!!!!!
(画像:プレミアムバンダイ)

20151218 hghysoka pc13

・2015年12月18日11時に予約が開始され、17時に完売、予約終了となりました。作ったバンダイも大概ですが、ハンターファン………恐るべし!
【※1次予約は完売致しましたが、2015年12月24日現在2次予約サイトにて受付中→http://p-bandai.jp/gashadepa/item-1000101875/】
(画像:プレミアムバンダイ)

Han 01

・こうしてアニメやマンガでのヒソカを見返してみても、やはり「HGヒソカ」の再現度には驚かされてしまいます。

※そしてヒソカの前に2体、『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアシリーズは発売されていたのです。

HG ゴン

■『HUNTER×HUNTER』HGシリーズ第1弾
※暫く下へのスクロールが続きますが、その理由は察して下さい。

Gonsan

・これだけのクオリティでありながら、お値段たったの2,943円(税別)。つまり「2943(憎しみ)」と、見事なオチまでつけてくれました。
【※現在予約は行われておりません。】
(画像:プレミアムバンダイ)

Gon face m

・普段のゴンはこんなに可愛い少年なのですが。
(画像:Gigazine)

・憎しみに我を忘れてしまうと同時に、怒りでこんな途方もない姿と髪形に。これぞまさに「怒髪天を衝くほどの怒り」を体言しているのでしょう。

Images

・余談ですが、パズドラとのコラボでは、何とか画面に髪を入れようとしているゴンさん。
(画像:APP BANK)

HG ビスケ

■『HUNTER×HUNTER』HGシリーズ第2弾

高塔
高塔
@chaineltess

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター、ハンターハンター、H×H、ハンハン)のネタバレ解説まとめ

1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

目次 - Contents