相続者たち(韓国ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『相続者たち』とは、財閥の御曹司でありながら愛人の息子に生まれたがゆえに疎まれる日々を送ってきた男子高校生キム・タンと、障がい者の母を持つ家庭環境が貧しい苦労人の女子高校生チャ・ウンサンが偶然出会い、恋に落ちる甘く切ないロマンスドラマである。御曹司のキム・タンを俳優イ・ミンホが演じ、苦労人のチャ・ウンサンは女優パク・シネが演じた。2013年視聴率No.1を記録し、2013年度のSBS演技大賞最優秀演技賞など計8部門を獲得した大ヒットドラマ。身分違いの2人の恋と葛藤をメインに描く。

『相続者たち』の概要

『相続者たち』とは、2013年10月9日〜12月12日まで韓国放送局SBSで放送された韓国ドラマである。ラブ&ロマンスドラマで、全20話。
帝国グループの次男で御曹司のキム・タンと障がい者の母を持つ家庭が貧しいチャ・ウンサンが偶然出会い、恋に落ちるストーリーを描いたドラマだ。身分違いの2人が惹かれ合い、様々な試練を乗り越えて結ばれていく、韓国ドラマらしい格差を乗り越えていくドラマである。しかし、タンとウンサンのラブストーリーだけでなく、彼らが通う帝国高校の同級生の問題や悩み、家族との関係など、友情や家族間の愛情物語も描いている。
作家は『シークレットガーデン』や『紳士の品格』などを手掛けたヒットメーカー、キム・ウンスク氏で、放送前から注目されており、主演俳優イ・ミンホとヒロインの女優パク・シネの豪華共演も話題となった。さらに、当時次世代ナンバーワン俳優と言われたキム・ウビンや、カン・ミンヒョク(CNBLUE)、パク・ヒョンシク(ZE:A)、クリスタル(f(x))らの人気K-POPアイドルが多く出演したことでも話題になり注目を浴びた。
2013年に放送されたドラマでもっとも視聴率が高く、最高視聴率は28.6%だった。また、その年のSBS演技大賞最優秀演技賞やベストカップル賞など計8部門の賞を受賞した。

主人公キム・タンを演じたのは俳優イ・ミンホ。大ヒットした韓国版『花より男子』のドラマ『花より男子〜Boys Over Flowers〜』で道明寺司を演じ、その後一躍トップスターとなった。その後、ドラマ『シティーハンターin Seoul』、『シンイ−信義−』で主演を務めた。『相続者たち』のヒットで、中国を中心にアジアでブレイクし、国内外で活躍した。
ヒロインのチャ・ウンサンを演じたのは、女優パク・シネ。子役時代にドラマ『天国の階段』でチェ・ジウの子役時代を演じ注目を浴びた。その後、2009年にヒロインを務めたドラマ『美男(イケメン)ですね』がアジア各国で大ヒットし、海外でも知られるようになった。その後、映画『7番房の奇跡』や『尚衣院(サンイウォン)』に出演し、映画でも活躍した。また、広告モデルとしても人気が高く、多くのCMや雑誌広告に引っ張りだこの女優である。

帝国グループの御曹司で、容姿端麗、何不自由ない暮らしをしているかに見えるが、愛人の子と疎まれ、逃げるようにアメリカへ留学したキム・タン。一方、話せない母親を持ち、貧しい家庭環境のチャ・ウンサンは、家計を支えるために学校に通いながらアルバイトに励んでいた。ウンサンはアメリカ留学している姉が結婚すると聞いたので、姉に祝い金を渡すために渡米したが、姉の現実を知って失望し、異国の地で言葉が通じないトラブルもあり、途方に暮れてしまう。そこで出会ったタンはウンサンを助け自宅に招いた。一緒に過ごすうちに心を通じ合わせる2人だが、タンにはユ・ラヘルという婚約者がいる。それを知ったウンサンはタンとの関わりを避け、帰国した。
帰国後、ウンサンは帝国グループの豪邸で家政婦をしている母と一緒にその豪邸で住むことになり、またその後、ウンサンはセレブが集まる名門私立高校"帝国高校"へ転校することになった。そして、タンもアメリカから帰国してその学校に復学した。階級や身分で評価される"帝国高校"でタンとウンサンは運命の再会を果たし、お互いに惹かれ合っていく。

『相続者たち』のあらすじ・ストーリー

1話 絶望の中の出会い

出典: images.app.goo.gl

ビーチでサーフィンを楽しむアメリカ留学中のタン

帝国グループ会長キム・ナムユンと愛人の子であるハン・ギエの子、キム・タンは周囲から疎まれ、1人で逃げるようにアメリカに留学した。タンはアメリカでの生活を楽しんでいるように見えるが、実はとてもさみしい思いをしていた。

韓国では、タンの幼馴染であり、ゼウスホテル財閥の息子であるチェ・ヨンドが、学校にいる家庭環境が貧しい男子生徒をいじめていた。ヨンドの両親は数年前に別れ、現在は父親であるチェ・ドンウクと暮らしている。そんな父親が再婚することになった。再婚相手は、ヨンドの同級生であるユ・ラヘルの母親イ・エストだった。しかし、ヨンドもラヘルも再婚に反対していた。

一方、苦労人で貧しい女子高校生チャン・ウンサンは、毎日アルバイトをして家計を支えていた。彼女がアルバイトしているカフェに、幼馴染のユン・チャニョンと彼の彼女であるイ・ボナが訪ねてきた。働きすぎなウンサンをチャニョンが心配すると、ボナがチャニョンと仲が良いウンサンに嫉妬して「彼と仲良くしないで。」とウンサンに言って、チャニョンを連れてお店を出て行った。チャニョンは、本当はアメリカ留学すると、ウンサンに伝えたかったのだが、アルバイトに追われているウンサンを見て言えずにいた。

ウンサンは帰宅すると、障害を持っている話せない母パク・ヒナムから「お姉ちゃんが結婚するから、お祝いにお金を銀行から送金しなさい。」と頼まれたが、ウンサンは「ちゃんとアメリカに行って、結婚式に出席したい。」と言った。その後、アメリカで結婚するという姉にお金を渡すために渡米したウンサンは、姉の結婚話が嘘だと知り拍子抜けした。ウンサンの姉は留学が目的で渡米したが、実際はカフェのウェイトレスをしていた。
姉はウンサンに会うと、一生懸命貯めたお金を持ち逃げして、ウンサンを置き去りにして別れた。ウンサンはショックで泣き崩れた。偶然、その時、そのカフェに食事をしに来ていたタンは、姉とウンサンのやり取りを見つめていた。その後、ウンサンは異国で言葉が通じずトラブルに巻き込まれ、警察にパスポートを没収された。パスポートを没収され、お金もないウンサンは行くところがなく途方にくれていたところを、タンが助け「うちに来るか?」と言った。

2話 楽しいひととき

出典: images.app.goo.gl

タン(左)に「もしかして俺は君に気があるのか?」と言われ驚くウンサン(右)

タンに救われた行くあてのないウンサンは、タンの家へと行くことになった。しかし、あまりにも豪華な家にウンサンは驚き、タンが危険な人ではないかと彼を疑った。怯えるウンサンをタンはからかった。翌朝、ウンサンは起きて豪邸の中にあるプールに来て、晴れた空を眺めていた。その時、タンはふとした瞬間に見せたウンサンの美しい姿に見惚れて、目が離せなかった。

韓国ではタンの腹違いの兄であり、帝国グループの社長であるキム・ウォンが、アメリカへ出張することが決まった。帝国グループの室長であるチャニョンの父親ユン・ジェホがウォンのためにアメリカへのチケットの準備が完了したことを報告する。

携帯電話もなくお金もないウンサン。タンの提案でウンサンは、タンと一緒にタンの通う学校に行った。その後、もう一度姉が勤めていたカフェに行くと、姉はすでにお店を辞めてしまい、姿を消していた。ウンサンは身動きがとれず困ったので、タンの携帯電話を借りて、自分のSNSのアカウントにログインし、幼馴染のチャニョンに「今、アメリカにいるんだけど、問題があるからこのメッセージ見たら返事して。」というメッセージを送った。その後、携帯電話を返してもらったタンは、ウンサンのことが気になり、貸した携帯電話でウンサンのSNSの履歴を見て、過去の彼女を見て楽しんだ。

タンと出かけた後、帰宅し、ウンサンはタンから家の鍵をもらい「先に入れ。」と言われた。タンは警察に没収されたウンサンのパスポートを取りに行った。ウンサンは先に家に入ると、そこにタンの婚約者であるラヘルがいた。ラヘルは、ウンサンのことを泥棒と勘違いして、ウンサンを追い出した。
しかし、パスポートもなく行く当てのないウンサンは、またタンの家に戻った。そこでタンからパスポートを返してもらった。その後、タンに恨みをもつ人がやってきてウンサンは一緒に追われるはめになったので、2人はそのまま街へ逃げ出す。

一方、韓国では、チャニョンがアメリカ留学に出発していた。チャニョンに会えないボナがさみしくて彼に何度も電話したが、繋がらない。やっとチャニョンと電話が繋がると「SNSに泣き顔の写真をアップしたから見て!」とボナは言った。そこでチャニョンはSNSを開くと、ウンサンが残したメッセージを発見し、ウンサンに連絡をした。その後、そのメッセージをたまたまラヘルが見つけ、ウンサンの居場所を教えた。

街へ逃げ出し、隠れるためにタンとウンサンは映画館の中へ入った。そこでタンは「俺は君に気があるのか?」と独り言のように、ウンサンに聞いた。

3話 秘める痛み

出典: images.app.goo.gl

車でウォンに会いに行くタン(右)とウンサン(左)

「俺は君に気があるのか?」とタンに聞かれたウンサン。「いいえ、違うわよ。あなた、婚約してるもの。」とウンサンは少し困ったように答えた。

家に戻ると、ラヘルの姿はいなかった。また、チャニョンの父親ユン室長から電話で、「パーティに参加するように。会長(タンのお父さん)のご希望だ。」と言われたタン。ウンサンを連れパーティへ行くと、異母兄のウォンと3年ぶりに再会した。タンは懐かしがりながら話しかけるも、ウォンの態度は冷たい。兄に厳しい言葉を浴びせられるタンの様子を偶然みてウンサンは悲しむが、タンは「今、見たことは忘れろ。」と言った。

そして、タンとウンサンは帰宅途中、落石に遭い、タンの運転した車がエンストし、動かなくなった。そのため、2人は仕方なく近くのモーテルに泊まった。
翌日、車を修理してもらい、やっとタンの家に戻ると、チャニョンが来た。ウンサンは「あなたもアメリカにいるの?!」と驚き、やっと帰れると思って喜んだが、タンはウンサンを引き止めようとする。結局ウンサンはチャニョンについて行った。また、チャニョンはタンを知っているようだが、タンはチャニョンを知らなかった。実は、チャニョンの恋人であるボナは、タンの元恋人だった。

チャニョンにお金を借りて、帰国することになったウンサン。空港に行く前にタンの通っている学校に行き、掲示板にメモを残して帰国することにした。
その頃、ラヘルはタンがウンサンに惹かれているかもしれないと疑って、すねて韓国に帰ろうとしていた。ラヘルの母イ・エストは、ゼウスグループの代表でありヨンドの父親であるチェ・ドンウクと再婚することになり、ヨンドがラヘルの兄となる。ヨンドは帝国高校に通っており、タンと仲良かったが、最近は仲違いしていた。

ラヘルの帰国を見送ろうとタンも空港に来た。そこでタンはラヘルに抱きつかれ、その様子を偶然ウンサンが目撃。ウンサンは思わず背を向けた。

4話 訪れる転機

出典: images.app.goo.gl

ラヘル(手前左)に抱きしめられるタン(手前右)を見たウンサン(奥)

タンが婚約者であるラヘルに抱きしめられているところを偶然見てしまったウンサン。自分がタンと近づくことでタンとラヘルの婚約を潰してはダメだと、タンに連絡先を聞かれたが、教えることもなく韓国へ帰国した。
ウンサンは家に着くと、母パク・ヒナムの姿も家の荷物もなくなっていたことに驚く。実は姉が持っていったお金は家の補償金なので、家に住めなくなったのだ。ヒナムは家政婦として働く帝国グループ会長の家に住むことになった。ヒナムはウンサンも一緒に住めるように、家の主人であるハン・ギエに頼んだ。

ギエは帝国グループの会長の愛人で、タンの母である。しかし戸籍上では、タンとウォンは正妻であるチョン・ジスクの息子ということになっている。ジスクは後妻で、ウォンの実の母親ではない。ウォンの母は、最初の会長の夫人で、すでに亡くなっていた。正妻のジスクは、会長の愛人であるタンの実母・ギエを監視するために会長の家に招き入れ同居しているのだ。

ヒナムと一緒に帝国グループの会長の家に住み込みで働くことになったウンサンは、ヒナムの手伝いしながら、アルバイト生活を送っていた。そしてお金が貯まると、帰国のためにお金を貸してくれたチャニョンにお金を返した。

その後、タンも続いて韓国へ帰国し、家にウンサンがいること知ることになった。

5話 再会

出典: images.app.goo.gl

ウンサンの通う学校にタン(手前)が来て驚くウンサン(右)

ウンサンが自分の家の家政婦の娘であると知ったタン。しかし、自分が帝国グループの会長キム・ナムユンの息子だと、なかなかウンサンには言えなかった。タンは自分が帰国したことを知らせるために、直接ウンサンの通う高校に行った。しかし、ウンサンは全くタンに興味がなく、相手にしなかった。その後、タンはウンサンの電話番号を聞き出すために、彼女とSNSで話したり、アルバイト先へと出向いたりする日々を送る。そして、やっとウンサンの電話番号をゲットしたタンはとても嬉しそうだった。
その後、帝国高校の友人であるチョ・ミョンスがタンの家の近くでタンの姿を目撃し、声をかけた。そのおかげで、タンが留学から帰国していることが帝国高校の生徒の間で噂になった。

一方、タンの父親である帝国グループの会長ナムユンは、自分の部下を使って息子たちの私生活を調べさせていた。その部下の報告で、アメリカでタンとウンサンが知り合っていたことを知ったナムユン会長は、ウンサンの母パク・ヒナムが長く勤めてくれたお礼として、正妻であるジスクが理事長をしている帝国高校への転校を勧めた。表面上では、学生を支援するのが目的だが、実際は身の程知らずのウンサンに上級階級がどんなところかをわからせるためだった。
ウンサンは転校するのを嫌がったが、経済的な問題でウンサンを進学させることができないことに申し訳ないと思っていたヒナムは、帝国高校に通わせられることになりとても喜んだ。
帝国高校は名門私立高校で、帝国グループが運営する学校である。そこには、ヨンド、ラヘル、ボナ、ミョンス、イェソル、チャニョンが通っている。セレブしかいない学校で有名である。

ラヘルはヨンドのバイクに乗せてもらって、帝国高校の制服を新調しにお店に行く際に偶然ウンサンに会った。ウンサンも帝国高校の制服を見にお店に行っていたのだ。そこで、ラヘルはウンサンを見るなり、彼女に「タンが帰国したの知ってるかしら?」と言うと、ウンサンは平然とした態度だったので、「その態度、知ってるってことね。アメリカで警告したけど、人の婚約者に近づかないで!」と怒った。しかし、ウンサンはラヘルの怒りに怯えることもなく、その場を去った。その様子を見たヨンドは、ラヘルを置き去りにして、バイクを走らせ、ウンサンに接近した。
ウンサンに話しかけたヨンドは「タンとの関係は?」と聞くと、ウンサンは「関係ないでしょ。」と彼を無視した。

ある日、家のワイン倉庫でウンサンが誰かと電話しているのを偶然聞いてしまったタン。その内容はアメリカでの出来事やタンのことだった。ウンサンがアメリカでのことや自分のことを忘れてなかったことを知って、タンは自分の正体を明かすことに決めた。タンは、自分が帝国グループの次男であることをウンサンに明かすと、ウンサンはあまりの身分違いがショックで涙を流した。
タンも帝国高校への編入が決まり、ギエから制服をもらった。その時に、タンはギエからウンサンが帝国高校へ転校することを聞いて驚く。

そして、帝国高校に初登校するウンサン。彼女はお金がなく、結局高い帝国高校の制服は買えなかったため、私服で登校した。そして、その日はタンも初登校だった。タンが学校に来たと生徒たちが知ると、みんなの注目を浴びた。

6話 波乱の幕開け

出典: images.app.goo.gl

タン(左)とヨンド(右)がにらめ合うなか気づかずに割って入ってしまったウンサン(真ん中)

会長キム・ナムユンの勧め通り帝国高校に転校したウンサンは、初登校の日、なぜか身分違いのタンと知り合いであることで注目を浴びてしまう。そこで、アメリカ留学から帰ってきていた親友のチャニョンがウンサンを助け、帝国高校の階級について教えた。ウンサンはチャニョンがこの学校に通っていたのは知っていたが、その実態は知らなかった。
帝国高校では、徹底した階級社会が成り立っており、トップは企業後継者。生徒でいうと、帝国グループの次男であるタン、ゼウスホテルの後継者であるヨンド、アパレル会社の後継者であるラヘル、企業の後継者であるイェソルのことだ。
その次は株式保有者でいわゆる親が持っている株をそのまま引き継げる者である。生徒でいうと、芸能事務所の代表であり株を多く持っている父親を持つボナのことだ。
そして国会議員や裁判員、法律事務所の代表といった権力者の子供達というような階級になっている。生徒でいうと、弁護士の親を持っているミョンスやヒョシン先輩だ。
その他は社会配慮者集団と呼ばれ、特別枠で入学できる者のことを言い、下級の身分である。チャニョンもこの社会配慮者集団の属する。帝国高校では、大企業・帝国グループのとはいえ秘書室長の息子チャニョンは下級扱いである。

身分や家柄で何もかもが判断される学校生活に疲弊するウンサンを守ろうとするタン。この学校では弱者であるウンサンに向かって、タンが「おい、成金。」と呼んだため、ウンサンは成金という設定になった。タンのおかげで助かったウンサンは、学校の身分の違いによるいじめがあることを知り、そのことに納得がいかなかった。タンは留学前、そのいじめの加害者だったが、今は違う。そして、学園一のいじめっこであるヨンドは気の強いウンサンに興味を示した。

ある日、ヨンドはウンサンがアルバイトしているところを見てしまった。彼女に「なんで成金がバイトしてるの?」と聞いたが、正体がバレるのを恐れたウンサンはヨンドの質問を無視した。

帝国高校の学費は免除してもらえたが、制服が買えないウンサンは、掲示板に貼ってある放送部の部員募集の記事を発見した。そこには、放送部員になると、少しだけ奨学金がもらえるとのことだった。これだ!と思ったウンサンは、すぐさまに放送部に入部したいことを放送部の部長で先輩であるイ・ヒョシンに伝えた。

ウンサンは成金という設定で、常にタンが見守っている状態なので、現時点でいじめにはあっていない。いじめのターゲットである男子生徒が生徒たちの前で、見せしめかのように暴行を受けていた。それを見たウンサンは次は自分だと恐れていた。

学校の帰り道にコンビニに寄ったウンサンは、飲み物を買って、コンビニの外の席でぐったりして寝た。その時、コンビニにはヨンドもいてカップラーメンを購入した。ヨンドがウンサンを発見すると、コンビニの外に出て彼女に話しかけた。そのせいでウンサンは起きてしまうが、相手がヨンドだと察したウンサンは彼と関わりたくないので、寝たふりをした。その時、ウンサンとヨンドが2人でいるのをタンが目撃してしまう。

7話 苦い学校生活

出典: images.app.goo.gl

喧嘩している中学時代のタン(右)とヨンド(左)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents