「バキ BAKI」の名試合を5つご紹介!!

「グラップラー刃牙」の続編である「バキ BAKI」は格闘漫画の代表的な漫画です。
今回はその「バキ BAKI」から個人的にセレクトした名試合を5つご紹介します!

はじめに

前作「グラップラーバキ」で地下闘技場の最強トーナメントで見事優勝した主人公の高校生・範馬刃牙。
普段は普通の高校生活を送りながら、父である「地上最強の生物」と呼ばれる範馬勇次郎を超えるべくトレーニングを続けています。
ある日、地下闘技場の運営・管理者である徳川光成に呼ばれ、そこに現れたのは5人の脱走死刑囚達。
彼らは「敗北を知りたい」という目的のもと、地下闘技場に集まり彼らと対峙するのは前作の最強トーナメント出場者から選出された5人です。
その場は解散となり、後日お互い街で会ったときにその場で試合開始です。

今作は前半はこの「死刑囚編」。後半は「中国大擂台賽(-だいらいたいさい)編」で構成されています。

その中から特に印象の残った5試合をこれからご紹介します!!

1.花山薫VSスペック

暴力団組長であり「最強の喧嘩師」と評される花山と、5分間の無呼吸運動が出来るという人間離れした巨人死刑囚スペックの超ヘビー級対決です。
この試合はインパクトのあるシーンがたくさんあるので画像を多めに貼ります。

いきなりスペックの不意打ち!!

お互い同じポーズからのスペックの無呼吸乱打!!

しかし、花山の一撃の方が勝る!!

花山の口に銃弾を放り込み口内で爆発させる!!

それでも花山は倒れずスペックをノックアウト!!

そして警察署までスペックを引きずり連れてくる花山!

ここで勝者・花山!!
と読者の誰もが思いますが、その後…

一瞬の隙に警察官を撲滅し、花山の乗る車を後ろで持ち上げているスペック!!

そして思いっきり車をひっくり返す!!

警棒で何発もぶっ叩いた後に…

拳銃を使用!!

拳銃で撃たれても攻撃をやめない花山に手こずるスペックは凶器攻撃をやめます。

驚異的な握力を持つ花山に腕を握られたスペックは技を外します。

耳の奥に指を突っ込むスペック!!

対して花山はスペックの喉を潰す!!

やっとのことでスペックに勝利する花山!

死刑囚編で最初のまともの試合がこの試合でした。
凶器の使用がOKだとここまで凄惨な試合になるのか、と今後の試合に期待が持たれました。

その後、負けたスペックは一気に体が老体化しそのまま死亡します。

2.愚地独歩VSドリアン

神心会空手の館長である愚地独歩と中国拳法の使い手である死刑囚のドリアン。
二人は初めの地下闘技場での顔合わせの直後に接触しており、その際に独歩は左手を切断されています。
ドリアンも他の死刑囚同様に凶器を多分に使用します。
街中だったこともあり、その場は勝負がつかず終わります。

その後もドリアンは神心会空手を相手に暴れまわります。

独歩不在中に神心会本部に現れ、独歩の義理の息子である克己を倒し、門下生である加藤と末道も別の場面でそれぞれ倒します。

独歩が再びドリアンと対峙します。

左手が無いと思われた独歩は、無事左手を結合することに成功し…

思いっきりドリアンの顔面にぶち込みます!!

AEG
AEG
@eiji-0123

Related Articles関連記事

グラップラー刃牙(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

グラップラー刃牙(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

板垣恵介による日本の漫画。週刊少年チャンピオンで連載されていた。東京ドームの地下に秘密裏に建造された闘技場では日夜、熱き格闘家たちによる試合が行われていた。そして地下格闘技場の若きチャンピオンである範馬刃牙は今日も強者との戦いを求めていた。すべては地上最強の生物である父親、範馬勇次郎を倒すため、刃牙は戦い続けるッ! 全国の男を熱くさせた格闘漫画の金字塔!

Read Article

範馬勇次郎(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

範馬勇次郎(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

範馬勇次郎(はんまゆうじろう)とは、『刃牙シリーズ』に登場する地上最強の生物。通称オーガ。主人公である範馬刃牙(はんまばき)の父親である。その戦闘力は、一国の軍隊よりも上と言われており、どの闘いにも圧倒的な強さを発揮する。刃牙は勇次郎を倒すために日々トレーニングを続けており、親子の対決は2度行われた。多くの猛者が勇次郎と対戦しているが、いまだ勝利した者はおらず、地上最強の生物の名にふさわしいキャラクターである。本気の戦闘モードになった時、背中の筋肉が鬼の顔になる特徴を持つ。

Read Article

範馬刃牙(バキ)の徹底解説・考察まとめ

範馬刃牙(バキ)の徹底解説・考察まとめ

範馬刃牙(はんまばき)とは、『刃牙』シリーズの主人公。父は「地上最強の生物」と呼ばれる範馬勇次郎。母は朱沢財閥グループの朱沢江珠(あけざわえみ)。父勇次郎を倒すべく、日々トレーニングに明け暮れる。その中で数々の強敵と闘いながら強くなり、17歳にして猛者が集まる地下闘技場のチャンピオンに君臨。父勇次郎とは2度対決している。恋人は松本梢江(こずえ)で、学生時代から付き合っている。

Read Article

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(はんま)とは、『刃牙シリーズ』の全てに登場し、ステロイドを常用する噛みつきが得意な強者である。範馬という名前の通り、主人公である範馬刃牙の義理の兄にあたる。第1作目『グラップラー刃牙』では、地下闘技場最大トーナメントで初登場し、決勝で刃牙と戦うことになる。第2作目『バキ』ではシコルスキー(死刑囚)やマホメド・アライJr.(マホメド・アライ流拳法)、第3作目『範馬刃牙』ではピクル(白亜紀の人間)、第4作目『刃牙道』では本部以蔵(柔術家)と対決する。

Read Article

NEW
渋川剛気(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

渋川剛気(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

渋川剛気(しぶかわ ごうき)とは、板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場する合気道家である。モデルは塩田剛三。小柄な老人だが、渋川流合気柔術で体格や年齢の差を物ともしない戦いをする。「真の護身」を完成させており、危険な敵に近づくと同等の危険性を表す幻影が見える。第1作『グラップラー刃牙』最大トーナメントではベスト4まで進出。第2作『バキ』では柳龍光、ビスケット・オリバ、マホメド・アライJrと戦う。第4作『刃牙道』では宮本武蔵と戦い、第5作『バキ道』では巨鯨と相撲で対決する。

Read Article

【爆笑必至】バキシリーズの笑える画像を大紹介!【腹筋崩壊】

【爆笑必至】バキシリーズの笑える画像を大紹介!【腹筋崩壊】

名前を変えながらも連載を続け、格闘漫画の金字塔的存在へと成長していった漫画『バキ』シリーズ。地上最強の生物範馬勇次郎と、それを超えんとする息子刃牙の2人を中心に、強さを求める様々な猛者たちを描いている。 しかし時に物語に熱が入りすぎて、いわゆる「シリアスな笑い」がたびたび生じることでも有名な作品である。ここでは、そんな『バキ』シリーズの“笑える1コマ”を紹介する。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】【BLEACH】実は恋愛漫画を描いていた意外な漫画家【マギ】【バキ】

【HUNTER×HUNTER】【BLEACH】実は恋愛漫画を描いていた意外な漫画家【マギ】【バキ】

大ヒット漫画『BLEACH』の作者である久保帯人の最新作『BURN THE WITCH』はなんとラブコメ。しかし『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博、『マギ』大高忍、『バキ』シリーズの板垣恵介など、有名漫画家が描いたラブコメの名作は実は多い。本記事では有名漫画家の隠れた名作ラブコメを紹介していく。

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents