「バキ BAKI」の名試合を5つご紹介!!

「グラップラー刃牙」の続編である「バキ BAKI」は格闘漫画の代表的な漫画です。
今回はその「バキ BAKI」から個人的にセレクトした名試合を5つご紹介します!

はじめに

前作「グラップラーバキ」で地下闘技場の最強トーナメントで見事優勝した主人公の高校生・範馬刃牙。
普段は普通の高校生活を送りながら、父である「地上最強の生物」と呼ばれる範馬勇次郎を超えるべくトレーニングを続けています。
ある日、地下闘技場の運営・管理者である徳川光成に呼ばれ、そこに現れたのは5人の脱走死刑囚達。
彼らは「敗北を知りたい」という目的のもと、地下闘技場に集まり彼らと対峙するのは前作の最強トーナメント出場者から選出された5人です。
その場は解散となり、後日お互い街で会ったときにその場で試合開始です。

今作は前半はこの「死刑囚編」。後半は「中国大擂台賽(-だいらいたいさい)編」で構成されています。

その中から特に印象の残った5試合をこれからご紹介します!!

1.花山薫VSスペック

暴力団組長であり「最強の喧嘩師」と評される花山と、5分間の無呼吸運動が出来るという人間離れした巨人死刑囚スペックの超ヘビー級対決です。
この試合はインパクトのあるシーンがたくさんあるので画像を多めに貼ります。

いきなりスペックの不意打ち!!

お互い同じポーズからのスペックの無呼吸乱打!!

しかし、花山の一撃の方が勝る!!

花山の口に銃弾を放り込み口内で爆発させる!!

それでも花山は倒れずスペックをノックアウト!!

そして警察署までスペックを引きずり連れてくる花山!

ここで勝者・花山!!
と読者の誰もが思いますが、その後…

一瞬の隙に警察官を撲滅し、花山の乗る車を後ろで持ち上げているスペック!!

そして思いっきり車をひっくり返す!!

警棒で何発もぶっ叩いた後に…

拳銃を使用!!

拳銃で撃たれても攻撃をやめない花山に手こずるスペックは凶器攻撃をやめます。

驚異的な握力を持つ花山に腕を握られたスペックは技を外します。

耳の奥に指を突っ込むスペック!!

対して花山はスペックの喉を潰す!!

やっとのことでスペックに勝利する花山!

死刑囚編で最初のまともの試合がこの試合でした。
凶器の使用がOKだとここまで凄惨な試合になるのか、と今後の試合に期待が持たれました。

その後、負けたスペックは一気に体が老体化しそのまま死亡します。

2.愚地独歩VSドリアン

神心会空手の館長である愚地独歩と中国拳法の使い手である死刑囚のドリアン。
二人は初めの地下闘技場での顔合わせの直後に接触しており、その際に独歩は左手を切断されています。
ドリアンも他の死刑囚同様に凶器を多分に使用します。
街中だったこともあり、その場は勝負がつかず終わります。

その後もドリアンは神心会空手を相手に暴れまわります。

独歩不在中に神心会本部に現れ、独歩の義理の息子である克己を倒し、門下生である加藤と末道も別の場面でそれぞれ倒します。

独歩が再びドリアンと対峙します。

左手が無いと思われた独歩は、無事左手を結合することに成功し…

思いっきりドリアンの顔面にぶち込みます!!

AEG
AEG
@eiji-0123

Related Articles関連記事

【HUNTER×HUNTER】【BLEACH】実は恋愛漫画を描いていた意外な漫画家【マギ】【バキ】

大ヒット漫画『BLEACH』の作者である久保帯人の最新作『BURN THE WITCH』はなんとラブコメ。しかし『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博、『マギ』大高忍、『バキ』シリーズの板垣恵介など、有名漫画家が描いたラブコメの名作は実は多い。本記事では有名漫画家の隠れた名作ラブコメを紹介していく。

Read Article

BEASTARS(ビースターズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『BEASTARS』とは2016年より板垣巴留が『週刊少年チャンピオン』で連載している漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。肉食獣と草食獣、爬虫類や鳥類などの様々な動物が共存する世界を舞台に、全寮制の学校チェリートン学園に通う悩めるハイイロオオカミの高校生・レゴシが、恋愛や部活、家族との関係や社会での関わりを通し、種間の違いに葛藤しながら成長していく青春を描く。擬人化された肉食獣と草食獣の対立や異なる種間の相互理解を巡るすれ違いが生み出すドラマは国内のみならず海外にも厚い支持を受ける。

Read Article

BEAST COMPLEX(ビーコン)のネタバレ解説・考察まとめ

『BEAST COMPLEX(ビースト コンプレックス)』とは、擬人化した肉食獣と草食獣が織り成す社会模様を描いた、板垣巴留(いたがき ぱる)による漫画作品。 スマホなども存在する現代風の世界。そこでは二足歩行する能力と高い知性を持った動物たちが、文明的な生活を謳歌していた。それでいて彼らは獣としての本能を捨て切れず、肉食獣は隣人たる草食獣の肉を欲してやまず、潜在的にそれを理解している草食獣は肉食獣を恐れている。危うい均衡で成立する社会の中、苦悩しながらも歩み続ける獣たちを描いた短編集。

Read Article

目次 - Contents