『ハイ☆スピード!』の見どころをご紹介!

12月5日に公開された劇場アニメ『ハイ☆スピード!』に早速行ってきました!
今回はこちらの作品の見どころをご紹介していきます。

ハイ☆スピードって?

2013に1期、2014年に2期がテレビアニメとして放送されたFree!。
この作品に登場する主人公、七瀬遥と橘真琴の中学時代を描いた物語です。
ちなみにFree!は彼らが高校生の時のお話です。
KAエスマ文庫から発行されているラノベ小説が原作となっております。
制作会社は『けいおん!』や『涼宮ハルヒシリーズ』などで有名な京都アニメーション。
監督はFree!では内海監督だったのとは打って変わり、ハイ☆スピードでは武本康弘さんが監督をされています。
代表作は『涼宮ハルヒの消失』や『らき☆すた』のOVAなど。

あらすじ・ストーリー

椎名旭に水泳部に入らないかと誘われ半ば強引に入部した遥、真琴、郁弥の3人。
専門種目が全員違った為、4人でメドレーリレー出場を目指すことに。
それぞれ葛藤や悩みを抱えつつも日々練習に励みます…。
果たして4人はメドレーリレーに出場し、勝利を手にする事は出来るのか…?

主な登場人物・キャラクターのご紹介

七瀬遥

岩鳶中学校1年生。
専門種目はフリー(クロール)。
フリーに強いこだわりを持っている。
彼の泳ぎは先輩が認めるほど凄い。
他人と関わる事があまり好きな方ではなく、誰に対してもいつもツンツンした態度を取っている。

橘真琴

岩鳶中学校1年。
専門種目はバック(背泳ぎ)。
遥の幼なじみで家も近い。
誰にでも優しくて思いやりのある性格の持ち主。
先輩が言い放ったある一言によって悩む事になる。

椎名旭

岩鳶中学校1年。
専門種目はバッタ(バタフライ)。
遥や真琴、郁也を水泳部入部に誘う。
明るくて元気な皆の盛り上げ役。
真面目で努力家な一面もある。
何事にもポジティブに捉える。
ある日突然フリーが泳げなくなった。

桐嶋郁弥

岩鳶中学校1年。
専門種目はブレ(平泳ぎ)。
繊細で感受性豊か。
しかし人に自分の気持ちを上手く伝えられない。(所謂ツンデレ)
兄と対立している。

見どころ

作画が素晴らしい!

一番の見どころと言うとやはり作画でしょう!
プールの水面などが映っているシーンはまるで本物の水を見ているような感覚に陥ります。
とにかく綺麗で圧巻されます。
流石京アニの作画班と言ったところでしょうか。
さらにキャラクター達もぬるぬる動く!
特に泳ぐシーンは一人一人丁寧に描かれています。
遥の水に対する熱意が映像からもひしひしと伝わってきます。

4人の心情描写に注目!

キャラクターの心情描写も見どころです。
ハイ☆スピードでは泣いたり、笑ったり、怒ったり…といった様々な表情をとても分かりやすく描かれています。
なので感情移入しやすいと思います。
キャラクター達のコロコロと変わる表情にも注目です。

声優さんの頑張りにも注目!

橘真琴を演じていらっしゃる鈴木達央さんが「聞いたことも見たこともないショタ声聞かせて やるよ!!」 と言ってた通り、真琴と遥の声優さんは変わっておりません。
さらにハイ☆スピードで新しく出たキャラ、旭と郁弥の声優さんも男性の方です。
男性声優さんがどれだけ頑張ってショタ声を演じているのかも見どころですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ハイ☆スピードには見どころが沢山あります。
ここでは3つの見どころをご紹介致しましたが、他にもたくさんあります!
誰が見ても損しないような内容になっておりますので、是非一度劇場に足を運んでみては如何でしょうか?

関連

なつり
なつり
@natsuri0801

Related Articles関連記事

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

『Free!』とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に、高校生になったキャラたちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿、三期では各々夢に向かって邁進し成長して行く姿がリアルに描かれた。

Read Article

特別版 Free!-Take Your Marks-(フリー・テイク・ユア・マークス)のネタバレ解説まとめ

『Free!』とは、おおじこうじの小説「ハイ☆スピード!」を原作に、京都アニメーションが制作した大人気テレビアニメ。水泳部部員の青春と仲間たちの絆を描いた物語である。 そんな「Free!」シリーズの、劇場版完全新作アニメ「特別版 Free!-Take Your Marks-」(略称:特別版 Free! TYM)は、卒業する3年生とそれを見送る後輩たちの姿を描いた、4編の短編ストーリーである。

Read Article

目次 - Contents