『ルパン三世 カリオストロの城』を100倍楽しむ方法まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。1971年にアニメの放送が開始して以来、断続的に新作が作られ続けている。
『ルパン三世 カリオストロの城』は、そんな『ルパンシリーズ』の中でも傑作として名高い劇場用映画。宮崎駿が初めて監督を務めた作品でもあり、世界的にも評価されている。そんな『ルパン三世 カリオストロの城』をさらに楽しむ方法を紹介する。

『ルパン三世 カリオストロの城』とは

出典: www.amazon.co.jp

ルパン三世 カリオストロの城

『ルパン三世 カリオストロの城』
(ルパンさんせい カリオストロのしろ)は、
モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』の
劇場映画第2作。宮崎駿の映画初監督作品。
1979年12月15日公開。
公開時のキャッチコピーは、
「前作をしのげないのなら2作目を作る意味がない」、
「巨大な城が動き始める! 影の軍団が襲ってくる!」、
「生きては還れぬ謎の古城で
ついにめぐり逢った最強の敵!」

ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター版 予告編

『ルパン三世 カリオストロの城』 あらすじ

世界的な怪盗ルパン三世と相棒の次元大介は、
モナコ公国の国営カジノの大金庫から売上金を盗み出すことに成功する。
車内で札束に埋もれた二人は浮かれていたが、
それがゴート札と呼ばれる史上最も精巧な出来を誇る幻の偽札であることに気づく。

次の仕事としてゴート札の秘密を暴くことを選び、
ゴート札の出処と疑われているヨーロッパのカリオストロ公国に入国したルパンは、
そこでウェディングドレスを身につけた少女が何者かに追われているのに出くわす。
ルパンは追手を撃退したものの、少女は別の一団に連れ去られてしまった。

少女の正体はカリオストロ公国大公家の継承者、クラリス・ド・カリオストロ。
幼少の頃、駆け出しだったルパンが、若気の至りでゴート札に手を出し、
カリオストロ城から逃げて負傷していたところを助けた少女であった。

公国は7年前の大公の急逝に伴い、大公位は空位のままで公国の実質的な統治者には、
伯爵家出身で大公の摂政を務めていたラザール・ド・カリオストロ伯爵が就いていた。
亡き大公の一人娘クラリスを妻として迎えることで合法的な大公位の獲得を狙っており、
クラリスはそれを拒絶して逃亡、伯爵の部下達に追われていたのだ。

クラリスは、伯爵の居城であるカリオストロ城の一室に閉じ込められてしまう。
ルパンは彼女を救出するため石川五ェ門を呼び寄せるが、
ルパンが伯爵の元へ送った予告状のことを聞きつけた銭形警部も、
警官隊(埼玉県警察本部の機動隊)を引き連れてやってくる。
別途、ゴート札の原版を狙い召使いとして城内に潜入していた峰不二子も加わり、
カリオストロ城を舞台にクラリス姫の救出とゴート札の謎をめぐっての大混戦が展開される。

忙しい人のための『ルパン三世 カリオストロの城』

『ルパン三世 カリオストロの城』 日本国内外の評価

出典: matome.naver.jp

映画監督 スティーヴン・スピルバーグ

カンヌ国際映画祭で本作を
「史上最高の冒険活劇の1つ」と評し、
特に冒頭のカーチェイスを
「映画史上最も完璧なカーチェイス」と評した
との噂が存在する。
スピルバーグ自身がインタビュー等で
発言した記録が無く事実関係が不明だったが、
北米版のDVDをリリースしたMANGA社は
記載に足ると判断し、
DVDパッケージ及びDVDに収録された予告編で、
このスピルバーグの発言に言及している。

出典: matome.naver.jp

原作者 モンキー・パンチ

「日本国外のルパン三世ファンの95%は
「ファンになったきっかけ」として
本作を挙げる」と述べながらも、
2007年7月「ルパン三世シークレットナイト(新文芸坐)にて「『これは僕のルパンじゃない』って言ったんですね。『僕には描けない、優しさに包まれた、
宮崎くんの作品としてとてもいい作品だ』と。
僕のルパンは毒って言うか、
目的のためなら手段を選ばないところとか、
欲望とか人間の汚いところとか持ったキャラクターですからね。あんなに優しくは描けないなぁ」と、
原作と映画の違いも述べている。

出典: girlschannel.net

映画監督 宮崎駿

宮崎本人は自著『出発点』で、
「汚れきった中年のおじさんを使って、新鮮なハッとする作品は作れないですよ。こういうことは二度とできないなって、思ってやりました。」と語っている。
また公開当初から、「鬱屈がある」と発言しており、『風の谷のナウシカ』公開時のの対談では、第二次世界大戦でモスクワを前にして撤退せざるを得なかったドイツ軍を例に挙げ、「独ソ戦のドイツみたいだといつも思うんですよ」と比喩。制作スケジュールの問題で、本作のDパートでは仕上げに手間がかからないよう絵コンテを切ったとも述べており、ルパンがクラリスを誘拐した後にはオートジャイロによる空中戦も予定されていたが、本編では割愛された。

『ルパン三世 カリオストロの城』 テレビや学校・集会所、全国津々浦々で繰り返し上映される名作

興行成績は配給収入10億円の成功を収めた前作『ルパンVS複製人間』より下回ったが、
関係者間での評価は公開当時から高く、
商業アニメ作品が受賞することが少なかったアニメーション賞大藤信郎賞を受賞。
宮崎の演出手法やレイアウト、場面設計に注目が集まり、
当時出された絵コンテ集はアニメ制作現場での教科書として使用されていた。

公開当時は『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』といったSF作品全盛期だったが、
テレビでの放送が繰り返されたり、地方の学校や集会所、ファンの集まりなどへ
フイルムが借り出されて上映会が開催された。
アニメグランプリの歴代作品部門で1位を連続受賞し、
情報雑誌『ぴあ』の年間アワード企画「もう一度見たい過去作品ランキング」では
2年連続首位といった成績を残す。

日本テレビ系列の『金曜ロードショー』では数年に一度放送され、安定した視聴率を記録。
初放送は『水曜ロードショー』時代の1980年12月17日。
宮崎駿監督作品ということもあり、
他の数あるルパン映画と比べても再放送される回数が極めて多く、
2012年3月30日の放送で13回を数え、
1999年2月26日に『金曜ロードショー』で放送された際は視聴率23.4%を記録した。
これは同作がテレビ放送された中で最高で、劇場版作品としては1位である。

『ルパン三世 カリオストロの城』 伝説的名シーン

出典: girlschannel.net

「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です」

ルパンについて行く事を拒まれたクラリス。

去るルパン一味を追う銭形。

残されたクラリスに銭形の一言。

銭形警部の名言 ルパン三世 カリオストロの城

『ルパン三世 カリオストロの城』 楽しむための雑学

歳をとったルパン

宮崎は「善人ルパン」を描くため、ルパンの年齢をそれまでのイメージよりかなり高く設定し、「ファンの知っているルパンよりも人生経験を積んできたのだから、当然これまでのイメージと異なっていても不思議ではない」とした。物語の中盤あたりから、16歳のクラリスがルパンを「おじさま」と呼んでおり、ルパンを演じた山田自身もこの作品でのルパンに「歳をとったおじさんルパン」という認識で臨んでいた。

出典: blogs.yahoo.co.jp

ヒロイン

作中に登場するクラリス姫は、宮崎駿の作品に登場するヒロインの典型とされる。清楚でいじらしく、主人公による救出を待つ受動的な立場にありながら、自ら積極的に行動する気丈さと勇気も持ち合わせている。クラリスを演じた島本須美は、後に宮崎が脚本・監督を手がけた『TV第2シリーズ』最終話「さらば愛しきルパンよ」のヒロイン・小山田真希や、映画版『風の谷のナウシカ』の主人公・ナウシカを演じている。

出典: matome.naver.jp

古典からの下敷き

多くの古典的冒険活劇を下敷きにしたDamsel in distress(囚われの姫君)というストーリーとなった。監督の宮崎も『アニメージュ』のインタビューで、『緑の目の令嬢』に出てくる湖とローマ遺跡、そして『幽霊塔』の時計塔や地下室をモチーフにしたと答えている。

計算されたアクション構成

ルパンが崖から落ちて失神し、クラリスが手当てをしようとして手袋を脱いだ時に指輪が外れ、彼女が走り去った後に残された手袋の中から指輪が出てきて、それを見たルパンが記憶をよみがえらせる、といった具合に、「偶然」を積み重ねてストーリーが進行するような段取りがなされている。

出典: gossip1.net

絵コンテ

キャラクターのアクションや建築物の崩壊、車、メカ、武器、水の透明感、モブシーン、建物の構造を利用して垂直方向への移動と、ドラマの進行を重ね合わせた演出など、他作品でも宮崎駿が用いる表現が使われている。登場人物の性格も、宮崎独自の解釈で肉付けされている。

『ルパン三世 カリオストロの城』 物語の舞台「カリオストロ公国」

カリオストロ公国の人口は3,500人で、世界で一番小さな国連加盟国。
壮麗な塔を持つカリオストロ城と城下町、古代ローマ時代に作られた水道橋を持ち、
美しい山々と湖に囲まれている。主な産業は観光と牧畜。
そしてコレクター向けの記念切手の発行。

一方で、海外で流通する紙幣を精巧に真似た偽札を製造しているとされ、
東西冷戦下においては国際的に無視できない影響力を与えていた。
世界最高レベルの偽造技術を誇り、時に本物以上と称されるその幻の偽札は「ゴート札」と呼ばれている。古くはブルボン王朝を破滅させ、ナポレオン軍の資金源となり、1929年の世界恐慌の引き金となるなど、中世以降の世界情勢の裏に常にその影を見せていた。
「偽札界のブラックホール」の通り名で知られる通り、400年もの間、偽札製造の秘密を守るため世界中の政府機関、諜報機関、軍部の調査をかいくぐってきた。調査に訪れた者は一人として生きて戻ってきた者はおらず、その者たちは証拠隠滅のために「地下」に葬られ、大量の死骸として今も残っている。
しかし、現代ではその偽札製造の技術力は往年に比べて落ちている。

カリオストロ家の紋章はヤギをモチーフにしており、大公家では青地に左向きの銀のヤギ、伯爵家では赤地に右向きの金のヤギが用いられている。

カリオストロ大公家が代々の統治を務め、カリオストロ伯爵家は公国の影の部分である暗殺等の謀略を司っていたが、大公夫妻が謎の火災によって死亡し、摂政を務めていたラザール・ド・カリオストロ伯爵が、大公家最後の姫であるクラリス・ド・カリオストロ姫を統治権を大公家に戻すためという名目で強制的に妻として迎え、公国の独裁を狙う。

出典: sumally.com

kotake0917
kotake0917
@kotake0917

Related Articles関連記事

【ルパン三世】ルパンが女を殺すシーンまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 主人公のルパンは根っからの女好きで、特に美女ともなれば自分を裏切ろうと許してしまう。しかし、そんな彼でも“どうあっても許してはならない”、“世のためにならない”と判断した時は女性を手にかけることもある。

Read Article

【ルパン三世】次元が吸っているタバコまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 日本のアニメ作品では非常に珍しく登場人物の大半が大人で、そのため飲酒や喫煙シーンが頻繁に登場する。中でもルパンの相棒の次元大介は愛煙家で、作中でも様々な銘柄のタバコを手にしている。その一覧を紹介する。

Read Article

ルパン三世にまつわる都市伝説・豆知識まとめ

狙った獲物は逃がさない天下の大泥棒ルパン三世とその仲間たち、そしてルパン逮捕にすべてを掛ける銭形警部とのドタバタ劇を描いた大人気作品『ルパン三世』。コミックス以外にも多くのアニメ作品や映画作品が創られている。そんなルパン三世にまつわる都市伝説や、ちょっとした豆知識をまとめてご紹介する。

Read Article

『LUPIN the Third -峰不二子という女-』キャプチャ画像壁紙まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 50年以上続く人気作品で、テレビアニメシリーズも断続的に製作されている。『LUPIN the Third -峰不二子という女-』は、本作のヒロインである峰不二子にクローズアップした作品で、彼女を中心とした悪党たちの様々な駆け引きが見所となっている。

Read Article

ルパン三世の名言・名セリフまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 少年少女の活躍を描くことが多い日本のサブカル作品の中では非常に珍しく、登場人物のほとんどが大人である。それだけに彼らが口にするセリフは大人としての魅力や含蓄に溢れたものが多く、多くのファンを魅了している。その一部を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】ルパンと峰不二子の画像まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 そんなルパンが熱を上げているのが、ヒロインの峰不二子である。策略と姦計を用いて、時にルパンすら欺いて宝を横からかっさらう油断ならない美女だが、それも含めてルパンは彼女に惚れ込んでいる。駆け引きか本心か、そんなルパンと不二子の仲睦まじい姿を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】峰不二子のコスプレ画像まとめその1

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 峰不二子は作品を通してのヒロインで、策略と姦計を用いて、時にルパンすら欺いて財宝をかっさらうしたたかな美女。味方とも敵とも言い切れないそのユニークな人物像に魅了された者は多く、非常に人気の高いキャラクターである。

Read Article

【大人のルパン】LUPIN the Third -峰不二子という女-の感想まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 断続的にアニメが製作されている長寿作品であり、『LUPIN the Third -峰不二子という女-』はヒロインである峰不二子にクローズアップしたシリーズ。姦計と駆け引きを用いて悪党を出し抜く不二子の活躍が描かれている。

Read Article

【ルパン三世】銭形突撃隊コスプレへの反応まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 『コミックマーケット87』にて、『ルパン三世 カリオストロの城』に登場する銭形刑事とその部下たち、通称“銭形突撃隊”のコスプレイヤーが登場。名作として世界的に知られる『カリオストロの城』のワンシーンの再現に、ファンは様々な反応を見せた。

Read Article

『ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜』のキャラクターデザインへの反応まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 1971年にアニメの放送が始まって以来、断続的に新作が作られ続けている人気作品。2013年には『ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜』が公開されるも、そのキャラクターデザインがネットで話題となった。当時の反応を紹介する。

Read Article

映画評論家・町山智浩の語る「ルパン三世に影響を与えた映画」まとめ

途中で降板されるまで、『ルパン三世』第1期シリーズの演出を手掛けた大隅正秋(おおすみ まさあき)。時にダークで時にセクシー、スタイリッシュで荒唐無稽な大人の世界という、それまでの日本のアニメには存在しなかったものを『ルパン三世』という作品に持ち込んだ人物である。 そんな彼に影響を与え、後のルパンシリーズの流れを決定づけていった映画作品を、映画評論家の町山智浩さんが推測。「大人の世界を描いてもいい」という、日本アニメ界に大きな影響を与えた作品群を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】峰不二子のコスプレ画像まとめその2

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 峰不二子は作品を通してのヒロインで、策略と姦計を用いて、時にルパンすら欺いて財宝をかっさらうしたたかな美女。味方とも敵とも言い切れないそのユニークな人物像に魅了された者は多く、非常に人気の高いキャラクターである。

Read Article

目次 - Contents