ルパン三世の映像作品タイトルまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。
1971年からはアニメの放送が始まり、国民的作品と呼ばれるほどの人気を獲得。映画も多数制作されている。そのタイトル一覧を紹介する。

【1995年】『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』(映画)

本作品は、1995年4月22日に封切られ、前作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』以来、10年ぶりに製作された作品。
内容は湾岸戦争後のアメリカの覇権を意識したものであるが、カルト教団が予言に従って自作自演のテロを行なうというストーリーが、結果的にオウム真理教事件と同時進行する形となって一部で話題になった。ただし製作途中の段階まで一連の事件がオウム真理教によるものとは一般には知られておらず、オウム真理教事件に便乗したものではなかった。
なお、本作品製作中にルパン三世の声優を演じてきた山田康雄が死去したことから、ルパン三世の声優が栗田貫一に変わり、ヒロインの少女の声を安達祐実が演じたことも話題になった。

【声の出演】
ルパン三世 -
特報、予告編、TVスポット - 山田康雄
予告編(第二弾、第三弾)、本編 - 栗田貫一
次元大介 - 小林清志
石川五ェ門 - 井上真樹夫
峰不二子 - 増山江威子
銭形警部 - 納谷悟朗

ジュリア - 安達祐実
ダグラス - 阪脩
マリア - 檀ふみ
ライズリー - 小松方正
クリス - 大塚明夫
セルジオ - 日吉孝明
フィリップ - 八奈見乗児
マリオ - 荒川太郎

【スタッフ】
原作 - モンキー・パンチ
企画 - 武井英彦
製作総指揮 - 漆戸靖治
総監督 - 伊藤俊也
脚本 - 柏原寛司、伊藤俊也
音楽 - 大野雄二

1999年第1の月、地中海で原子力潜水艦が爆発事故を起こす。その事故こそ、有名な予言者であるミッシェル・ド・ノストラダムスの残した預言書の第2章第3節にある「海を照らす太陽に似た灼熱のせいで、ネグロポントの魚が灰焼きにされよう」という予言が的中した証拠である、と新興集団であるノストラダムス教団の指導者ライズリーは観衆に説く。さらにライズリーは、「世界の滅亡は近く、その大災難から逃れるにはこの手にある“失われた予言書”に従うしかない!」と説く。

一方、ブラジルのリオデジャネイロでは、サンバカーニバルが開催されていた。そのどさくさに紛れ、150万$のダイヤを手に入れたルパン三世は、銭形警部との鬼ごっこから逃れたアトランタ行きの旅客機の中で、ダイヤを隠した人形を生意気な少女ジュリアに奪われてしまう。さらにジュリアの教育係として同乗していた不二子にも返り討ちにされる始末。

しかし、この機にもノストラダムスの予言は降りかかる。その予言とは、予言書の第7章62節にある「11人の勇者の乗った大鷲が姿を消す」というもの。その旅客機にはサッカーのブラジル代表チームが同乗しており、機はハイジャックされてしまう。一路、旅客機はハイジャックグループの指示でモロッコへと向かう。

身代金の要求を待つ間、ひとまず女性と子供が解放される。しかし、数分後にハイジャックグループの所持していた時限爆弾が突然、作動を始める。ルパンと乗客らは、この混乱に乗じて犯人を取り押さえ、脱出することに成功。直後に旅客機は機体もろとも大爆発した。それを旅客機のそばから見守る不二子とジュリア。すると突然、後方からヘリコプターが現れ、2人のもとへ飛来する。不二子が抵抗を試みたが、ジュリアはヘリコプターに乗せられ連れ去られてしまう。
不二子の話によると、ジュリアはアトランタに本部がある巨大財閥であるダグラス財団の一人娘で、父親であるダグラスは、次期大統領候補に出馬するほどの大物。そのダグラス財団が所有する高さ1000mの世界最大のビル「アースビル」の最上階に秘蔵されている“失われた予言書”を5000万$の報酬で欲しがっている富豪がいるという。そのためには、どうしてもジュリアが必要になるのだ。不二子のIDでアースビルの下見に訪れたルパンであったが、ハイテクビルの警戒システムは他のビルには類を見ないほどの厳重さであった。

そこでルパンは、過去このアースビルへ唯一潜入に成功した老泥棒フィリップからネタを頂戴しようと、あえて重犯罪者収容施設、通称「処刑島」へ潜り込む。フィリップに出会ったルパンであったが、同じく秘密を狙うノストラダムス教団のクリス率いる実行部隊の手によって、フィリップは殺されてしまう。

かろうじて島から脱出したルパンは、アマゾンの河畔の村で少年セルジオに助けられ、別人として教団に従事していた不二子から、腕につけられたミサンガの遠隔操作によって洗脳されていたというカラクリを知る。フィリップが残したメッセージによると、彼の残した義眼こそが金庫室の認識キーを解錠するための、ダグラス親子3人だけが持つ固有網膜情報のコピーだったのだ。勝負はアースビルの最上階。

これまでも予言書のままに事件をデッチ上げてきたノストラダムス教団は、アースビルの崩壊を予言し、ビル全体に時限爆弾をセットした。ジュリアの誘拐脅迫にもかかわらず大統領選に出馬を表明しようとするダグラスと、ダグラスの妻にしてジュリアの母親でもあるマリアの葛藤も他所に、クリスはライズリーを裏切り、“失われた予言書”を自分のものにしようとアースビルへ強行突入する。人間のありとあらゆる感覚器を欺くバーチャル防衛システムの脅威に守られた金庫室へと潜入するルパン。

爆弾による連鎖爆発によって、アースビル倒壊のカウントダウンが進行する中、“失われた予言書”をめぐって、ルパン、クリス、ライズリーによる三つ巴の争奪戦が展開する。

ジュリア・ダグラス

ダグラスとマリアの一人娘。性格は両親に似てわがままで口が悪く、ルパンのことは当初「ロリコンおじさん」と呼んでいた。クリスに誘拐され、アマゾンのノストラダムス教団本部に監禁されていた。その後、ルパン達に救出されるが、再びクリスに捕らわれ、アースビル最上階の金庫室を開ける為に利用されるが再びルパンに救出され、ようやくダグラス夫妻と再会した。

マリアとダグラス

アトランタにある「アースビル」を所有するダグラス財団の総帥で、次期大統領選にも出馬するほどの大物。財団の総帥愛娘であるジュリアをノストラダムス教団に誘拐され、大統領選への出馬を取りやめるように脅迫されるが、誘拐犯の企みに感づき、ジュリア救出を警察に任せっきりしている。大統領選への出馬を最優先にするが、ジュリア救出のため、身代金を出そうとするなど決して家族愛がないわけではない。ルパンの呼び掛けにより次期大統領より家族が大事だと改心し、関係は元に戻った。

ライズリー

声 - 小松方正
ノストラダムス教の教祖。自作自演で作った教典の内容を秘密裏にクリスに実行させることで信徒の信頼を集め、世界の富と権力を手に入れようとする。その策略で不二子を騙し、夫に愛想を尽かしたマリアを味方に付けるも、破壊衝動に駆られるあまり、富と権力を手に入れる事しか興味ないクリスに裏切られてしまい、対立の末に自身が自作した予言にあった「恐怖の大王が断末魔をあげる」の内容どおり、崩れ行くアースビルの倒壊に巻き込まれて死亡した。

出典: www.geocities.jp

クリス

傭兵経験を持つ、ノストラダムス教団実行部隊隊長。ダグラスの娘であるジュリアを誘拐し、ダグラスに大統領選立候補を取りやめるように脅迫する。しかし、肝心のライズリーが破壊衝動に駆られた行動に出るようになった為、ライズリーを裏切って「ノストラダムスの預言書」を手に入れようとしたが金庫室のヴァーチャルルームで混乱状態に陥り、血迷ってアースビルに仕掛けられた爆弾を作動させてしまう。その後は正気に戻り、得意の白兵戦でルパンを追い詰めるが、崩れてきたアースビルの破片に気を取られていた隙にルパンに蹴り飛ばされ、そのまま下敷きとなって死亡する。

【予告編】 ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス

【1995年】『ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!』(TVスペシャル)

歴代テレビスペシャルでは珍しく格闘のシーンが多く、ルパンはおなじみのワルサーP38を使用する場面が存在しない珍しい作品となっている。また、今作は歴代の作品に比べ、会話や演出などにコミカルなやりとりが多いのも特徴である。

【声の出演】
ルパン三世 - 栗田貫一
次元大介 - 小林清志
石川五ェ門 - 井上真樹夫
峰不二子 - 増山江威子
銭形警部 - 納谷悟朗

アーチャー卿 - 中村正
ダイアナ - 岡本麻弥
ラッセル - 鈴置洋孝
ネオナチリーダー - 田中真弓
ゲーリング - 天田益男
ハリマオ - 楠大典

【スタッフ】
原作 - モンキー・パンチ
企画 - 山根義紘、武井英彦
監督・絵コンテ - 出崎統
脚本 - 柏原寛司、藤田伸三、米村正二
演出 - 佐藤真人、松園公
音楽 - 大野雄二

第二次世界大戦中、マレー半島を舞台に暴れまくった強盗団のボス、ハリマオが残した時価800億ドルともいわれている財宝。その財宝のありかは、熊・鷹・猿の三体の像に隠されている。そこでルパンはアラスカの美術館に保管されている熊の像を盗み出し、次元にバイト(時給980円)として雇われた五ェ門も連れて、鷹の像があるアムステルダムへと向かった。だが、その財宝を狙う人物がもう1人いた。

元イギリス情報部の諜報部員で、あの007のモデルにもなったイギリス貴族のアーチャー卿である。アーチャーはユーロトンネルの爆発落盤事故によってロイド保険に70億ドル以上の負債を抱えていた。そこで、その返済のためにハリマオの財宝をあてようと考えたのだ。

早速アーチャーの孫娘である考古学助教授のダイアナは、ルパンより先に鷹の像を盗み出すことに成功。ルパンはアーチャーとダイアナを追いかけるが、そこへカルト軍団ネオ・ヒムラーのゲーリングが操縦する武装ヘリが現れて鷹の像を奪われ、さらにダイアナまでもが人質として連れ去られてしまう。ルパンはダイアナを助け、鷹の像も奪い返してアーチャーと手を組むことにする。アーチャーの手引きによって、ついに最後の猿の像をタイで手に入れた。

一方、ロイド保険の顧問弁護士であるラッセルの様子を探っていた不二子は、ラッセルの真の正体を知ることになる。実は彼はネオナチを操る総統で、ハリマオの財宝を探させるためにアーチャーに負債を負わせた犯人だったのである。それを見た不二子はラッセルと手を組んで、ルパンらと対立する。

三体の像を手に入れたルパン・次元とアーチャー・ダイアナは、財宝が眠っているニコバル諸島付近の海底神殿へと向かう。それを知ったラッセル・不二子も五ェ門を用心棒として雇い、財宝を奪うべくネオ・ヒムラーを率いてルパンのもとへやって来る。

アーチャー卿

声 - 中村正
口ひげの生えた老紳士で、英国秘密諜報部に50年間在籍した経験があり、自らを007のモデルと豪語している粋なところもスケベなところもドジなところもある老練の手だれ。第二次世界大戦に英国軍として参戦した際に日本軍のゼロ戦に撃墜されて墜落、意識不明になっていたところをハリマオに助けられる。その後はハリマオ盗賊団と親交を深め、熱病で死期を悟ったハリマオから3体の像と財宝の秘密を託される。

出典: www.geocities.jp

ダイアナ

声 - 岡本麻弥
アーチャー卿の孫娘で、ロンドンの大学で考古学の助教授をしている。性格は極度なまでに強気で、自分にセクハラをするルパンの事も常に見下し、良い様にあしらっている。アーチャーと共にハリマオの財宝を求めてニコバル諸島に乗り込む事になる。ラストで何度か拒んでいたルパンとディナーの約束をしていた。

ゲーリング

声 - 天田益男
「ネオ・ヒムラー」の幹部の巨漢で、乱暴者。ルパンと殴り合いの決闘をし、一度は勝利したものの、再度の襲撃時には攻撃を次々と見切られて返り討ちに遭い、墜落したヘリの爆炎で火達磨にされ、辛うじて生還するも総統に過激な制裁を食らった。その後、ルパン達を追ってタイのバンコクに向かうが、またしてもルパンに敗れてしまい、最終的には盗掘団に間違えられて軍に逮捕される。

【1996年】『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』(映画)

本作品は、原作者であるモンキー・パンチがシリーズ史上初めて監督を担当した作品でもある。また、前作『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』より、2代目ルパン三世の声優としてデビューした栗田貫一が、本作品でもルパンを演じている。他の映画やTVシリーズと比較して、キャラクター全員が最も原作に近い風貌で描かれている。

タイトルの意味は直訳すれば「死んでいるのか? 生きているのか?」だが、転じて「生死を問わず」となり、作中でルパンが「生死を問わず」指名手配されたことにも関連する。しかし、裏の意味は直訳のまま「死んでいるのか? 生きているのか?」であり、劇中の首狩り将軍、パニシュの正体につながる暗示でもある。

【声の出演】
ルパン三世 - 栗田貫一
次元大介 - 小林清志
石川五ェ門 - 井上真樹夫
峰不二子 - 増山江威子
銭形警部 - 納谷悟朗

オーリエンダー - 高山みなみ
パニシュ - 古谷徹
首狩り将軍 - 銀河万丈
クライシス - 野沢那智
エメラ - 横山智佐
スパンキー - 千葉繁

【スタッフ】
原作・監督 - モンキー・パンチ
企画 - 武井英彦
脚本 - 柏原寛司
音楽 - 根岸貴幸
メインテーマ - 大野雄二
キャラクターデザイン・総作画監督 - 江口摩吏介

ズフ国は国王と王子パニシュが殺害されて以来、首狩り将軍による独裁政権が敷かれていた。将軍は国王が漂流島に隠したといわれる財宝を狙っていたが、今まで軍隊をもってしてもその財宝を手に入れられなかった。無数の白骨の転がるこの島にルパン達も足を踏み入れたが、島に備えられた驚異的な防御システムを前に撤退を余儀なくされたのだった。

この島の防御システムの正体は何なのか。ルパン達はその鍵を握るとされる将軍の娘エメラに接近するが、銭形が仕掛けたおとり作戦にはまってしまい、アジトを将軍の軍隊に急襲される。そしてエメラの囮となってルパンのアジトに潜入した女性工作員オーリエンダーはルパンたちから奇妙な話を聞かされる。将軍に殺されたはずのパニシュ王子を街で見たというのである。王子に対して特別な感情を抱くオーリエンダーは彼を求めて街へ繰り出す。

同時期ルパンには100万ドルの懸賞金が懸けられ、銭形やズフ国家警察長官クライシスだけでなく、賞金稼ぎにも追われる身となる。そして物語は王子の出現に伴うズフ国の動揺とルパンの仕事とが並行して展開していく。

オーリエンダー

声 - 高山みなみ
ズフ国家警察の秘密工作員で、通称「オーリ」。また、エメラ(後述)と入れ替わり、ルパンを欺いた。実は前国王の息子パニシュと恋仲で、首から下げたペンダントにはパニシュの写真を忍ばせているが、パニシュと再会するまでは首狩り将軍に騙されており、国王がパニシュを殺し首狩り将軍がその仇を討ったと信じていた。

首狩り将軍

声 - 銀河万丈
ズフ国の現統治者。本名は不明。元はズフ国王の側近であったが、漂流島の財宝であるナノマシンを軍事利用するために、軍事クーデターを起こして前国王を殺害、さらにクライシスにパニシュを処刑させて政権を掌握し、独裁体制を敷いていた。ナイフ使いの達人であるうえに、ルパンに匹敵する化け物染みた身体能力の持ち主。冷酷非道な性格で、部下でも役立たずと見なせば容赦なく首を刎ねて殺害する事実から「首狩り将軍」という通称で恐れられている。

www.nicovideo.jp

【1996年】『ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密』(TVスペシャル)

s_kazun
s_kazun
@s_kazun

Related Articles関連記事

【ルパン三世】次元が吸っているタバコまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 日本のアニメ作品では非常に珍しく登場人物の大半が大人で、そのため飲酒や喫煙シーンが頻繁に登場する。中でもルパンの相棒の次元大介は愛煙家で、作中でも様々な銘柄のタバコを手にしている。その一覧を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】ルパンが女を殺すシーンまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 主人公のルパンは根っからの女好きで、特に美女ともなれば自分を裏切ろうと許してしまう。しかし、そんな彼でも“どうあっても許してはならない”、“世のためにならない”と判断した時は女性を手にかけることもある。

Read Article

ルパン三世の名言・名セリフまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 少年少女の活躍を描くことが多い日本のサブカル作品の中では非常に珍しく、登場人物のほとんどが大人である。それだけに彼らが口にするセリフは大人としての魅力や含蓄に溢れたものが多く、多くのファンを魅了している。その一部を紹介する。

Read Article

ルパン三世にまつわる都市伝説・豆知識まとめ

狙った獲物は逃がさない天下の大泥棒ルパン三世とその仲間たち、そしてルパン逮捕にすべてを掛ける銭形警部とのドタバタ劇を描いた大人気作品『ルパン三世』。コミックス以外にも多くのアニメ作品や映画作品が創られている。そんなルパン三世にまつわる都市伝説や、ちょっとした豆知識をまとめてご紹介する。

Read Article

『LUPIN the Third -峰不二子という女-』キャプチャ画像壁紙まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 50年以上続く人気作品で、テレビアニメシリーズも断続的に製作されている。『LUPIN the Third -峰不二子という女-』は、本作のヒロインである峰不二子にクローズアップした作品で、彼女を中心とした悪党たちの様々な駆け引きが見所となっている。

Read Article

【ルパン三世】峰不二子のコスプレ画像まとめその1

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 峰不二子は作品を通してのヒロインで、策略と姦計を用いて、時にルパンすら欺いて財宝をかっさらうしたたかな美女。味方とも敵とも言い切れないそのユニークな人物像に魅了された者は多く、非常に人気の高いキャラクターである。

Read Article

【ルパン三世】ルパンと峰不二子の画像まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 そんなルパンが熱を上げているのが、ヒロインの峰不二子である。策略と姦計を用いて、時にルパンすら欺いて宝を横からかっさらう油断ならない美女だが、それも含めてルパンは彼女に惚れ込んでいる。駆け引きか本心か、そんなルパンと不二子の仲睦まじい姿を紹介する。

Read Article

【大人のルパン】LUPIN the Third -峰不二子という女-の感想まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 断続的にアニメが製作されている長寿作品であり、『LUPIN the Third -峰不二子という女-』はヒロインである峰不二子にクローズアップしたシリーズ。姦計と駆け引きを用いて悪党を出し抜く不二子の活躍が描かれている。

Read Article

『ルパン三世 カリオストロの城』を100倍楽しむ方法まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。1971年にアニメの放送が開始して以来、断続的に新作が作られ続けている。 『ルパン三世 カリオストロの城』は、そんな『ルパンシリーズ』の中でも傑作として名高い劇場用映画。宮崎駿が初めて監督を務めた作品でもあり、世界的にも評価されている。そんな『ルパン三世 カリオストロの城』をさらに楽しむ方法を紹介する。

Read Article

映画評論家・町山智浩の語る「ルパン三世に影響を与えた映画」まとめ

途中で降板されるまで、『ルパン三世』第1期シリーズの演出を手掛けた大隅正秋(おおすみ まさあき)。時にダークで時にセクシー、スタイリッシュで荒唐無稽な大人の世界という、それまでの日本のアニメには存在しなかったものを『ルパン三世』という作品に持ち込んだ人物である。 そんな彼に影響を与え、後のルパンシリーズの流れを決定づけていった映画作品を、映画評論家の町山智浩さんが推測。「大人の世界を描いてもいい」という、日本アニメ界に大きな影響を与えた作品群を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】銭形突撃隊コスプレへの反応まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 『コミックマーケット87』にて、『ルパン三世 カリオストロの城』に登場する銭形刑事とその部下たち、通称“銭形突撃隊”のコスプレイヤーが登場。名作として世界的に知られる『カリオストロの城』のワンシーンの再現に、ファンは様々な反応を見せた。

Read Article

『ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜』のキャラクターデザインへの反応まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 1971年にアニメの放送が始まって以来、断続的に新作が作られ続けている人気作品。2013年には『ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜』が公開されるも、そのキャラクターデザインがネットで話題となった。当時の反応を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】峰不二子のコスプレ画像まとめその2

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 峰不二子は作品を通してのヒロインで、策略と姦計を用いて、時にルパンすら欺いて財宝をかっさらうしたたかな美女。味方とも敵とも言い切れないそのユニークな人物像に魅了された者は多く、非常に人気の高いキャラクターである。

Read Article

目次 - Contents