ルパン三世の映像作品タイトルまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。
1971年からはアニメの放送が始まり、国民的作品と呼ばれるほどの人気を獲得。映画も多数制作されている。そのタイトル一覧を紹介する。

▼どんなまとめ?▼

このまとめでは、ルパン三世の映画・OVA・テレビスペシャル・実写版の作品にはどのようなものがあるのかがわかるようにしていこうと考えています。

出典: blogimg.goo.ne.jp

出来るだけ画像や動画を掲載していきたいと思っていますが、ナイものに関しては文章だけになってしまうこともありますので、その時は”残念”ということで…

掲載の順序は
公開の年代順がわかりやすいですよね?

年代順に掲載していきますっ!!

2000年代以降の一部はまだ未完成ですので、順次作成していきますね。

DVDを買ったり借りたりして月に1度、いやいや、週に1度ルパンの世界に浸ってみるのも良いのでは?

▼もくじ▼

【1974年】
・『ルパン三世 念力珍作戦』(実写)
【1978年】
・『ルパン三世 ベネチア超特急』(映画)
・『ルパン三世 ルパンVS複製人間』(映画)
【1979年】
・『ルパン三世 カリオストロの城』(映画)
【1985年】
・『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(映画)
【1987年】
・『ルパン三世 風魔一族の陰謀』(映画)
【1988年】
・『ルパン三世 風魔一族の陰謀』(OVA)
【1989年】
・『ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』(TVスペシャル)
【1990年】
・『ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎』(TVスペシャル)
【1991年】
・『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』(TVスペシャル)
【1992年】
・『ルパン三世 ロシアより愛をこめて』(TVスペシャル)
【1993年】
・『ルパン三世 ルパン暗殺指令』(TVスペシャル)
【1994年】
・『ルパン三世 燃えよ斬鉄剣』(TVスペシャル)
【1995年】
・『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』(映画)
・『ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!』(TVスペシャル)
【1996年】
・『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』(映画)
・『ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密』(TVスペシャル)
【1997年】
・『ルパン三世 ワルサーP38』(TVスペシャル)
【1998年】
・『ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜』(TVスペシャル)
【1999年】
・『ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜』(TVスペシャル)
【2000年】
・『ルパン三世 1$マネーウォーズ』(TVスペシャル)
【2001年】
・『ルパン三世 アルカトラズコネクション』(TVスペシャル)
【2002年】
・『ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト』(TVスペシャル)
・『ルパン三世 生きていた魔術師』(OVA)
【2003年】
・『ルパン三世 お宝返却大作戦!!』(TVスペシャル)
【2004年】
・『ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜』(TVスペシャル)
【2005年】
・『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』(TVスペシャル)
【2006年】
・『ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ』(TVスペシャル)
【2007年】
・『ルパン三世 霧のエリューシヴ』(TVスペシャル)
【2008年】
・『ルパン三世 sweet lost night 〜魔法のランプは悪夢の予感〜』(TVスペシャル)
・『ルパン三世 GREEN vs RED』(OVA)
【2009年】
・『ルパン三世VS名探偵コナン』(TVスペシャル)
【2010年】
・『ルパン三世 the Last Job』(TVスペシャル)
【2011年】
・『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』(TVスペシャル)
【2012年】
・『ルパン三世 東方見聞録 〜アナザーページ〜』(TVスペシャル)
・『ルパン三世 Master File』(OVA)
【2013年】
・『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』(映画)
・『ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜』(TVスペシャル)
【2014年】
・『LUPIN THE 3RD 次元大介の墓標』(映画)
・『ルパン三世』(実写)

【1974年】『ルパン三世 念力珍作戦』(実写)

出典: blogs.c.yimg.jp

『ルパン三世 念力珍作戦』は、モンキー・パンチの漫画『ルパン三世』を原作とし1974年8月3日に公開された実写版映画。

【キャスト】
ルパン三世 - 目黒祐樹
次元大介 - 田中邦衛
峰不二子 - 江崎英子
銭形警部 - 伊東四朗

謎の女 - 安西マリア
殺し屋 丸高太 - 前川清
ドラゴン・シスターズ - ポピーズ

国際放映作品。赤塚不二夫、中山千夏が企画に名を連ねているが、名義を借りただけで、実際にはノータッチだったという。監督は東宝クレージー映画シリーズを手がけた坪島孝。公開当時の併映作品は『ノストラダムスの大予言』。

本作品でのルパンファミリーは、ルパン三世を目黒祐樹、次元大介が田中邦衛、峰不二子を江崎英子、銭形警部を伊東四朗がそれぞれ演じた。なお、原作の石川五エ門に相当する役は本作に登場しない。

ルパン役を演じた目黒は後年テレビ番組で「監督とも話し合った結果、原作の通りに作るのはまず無理との判断になったので、原作を意識せず好きなように作ってみようということになった」「個人的にはとても気に入っている役」「再び映像化するなら是非演じてみたい」とコメントしている。

原作で頻出する「♂マークと♀マークを絡ませた濡れ場表現」を、忠実に映像化している。
内容とあまり関係のないタイトルの「念力珍作戦」は、東宝側からの「何か時代性のあるタイトルにしろ」との指示で、当時流行の超能力ブームにかこつけてスタッフがつけたものである。
本作品のルパンの銃はワルサーP38ではなく、ワルサーPPK(消音器の付いたゴールドモデル)を使用している。

【予告編】ルパン三世 念力珍作戦

【1978年】『ルパン三世 ベネチア超特急』(映画)

『ルパン三世 ベネチア超特急』は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』で1977年11月21日に第8話として放送されたものを劇場用35ミリ版フィルムにブロー・アップ再編集して、1978年度春の「東宝チャンピオンまつり」にて併映したものである。

出典: usagi.be

【声の出演】
ルパン三世 - 山田康雄
次元大介 - 小林清志
峰不二子 - 増山江威子
石川五ェ門 - 井上真樹夫
銭形警部 - 納谷悟朗
ドン・マルチーノ - 島宇志夫
ドン・マルチーノの手下 - 沢りつお、石丸博也
その他 - 木原抄二郎、作間功

【1978年】『ルパン三世 ルパンVS複製人間』(映画)

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』の劇場映画第1作。
オープニングのタイトルクレジットなど劇場公開時の題名は『ルパン三世』であったが、家庭用ビデオソフト発売の際、パッケージタイトルとして『ルパンVS複製人間』という副題がついた。

【声の出演】
ルパン三世 - 山田康雄
次元大介 - 小林清志
石川五ェ門 - 井上真樹夫
峰不二子 - 増山江威子
銭形警部 - 納谷悟朗
マモー - 西村晃
警視総監 - 富田耕生
スタッキー - 大平透
ゴードン - 柴田秀勝
フリンチ - 飯塚昭三
エジプト警察署長 - 三波春夫(特別出演)
大統領 - 赤塚不二夫(特別出演)
書記長 - 梶原一騎(特別出演)

一人の男が処刑された。その男がルパン三世であることは、鑑識の結果確実だったが、当然銭形が信じるはずがない。銭形はルパンが埋葬されているドラキュラ城へと赴き、そこでルパンの生存を確認する。銭形はルパンを捕まえようとするが逃げられてしまう。

ルパンはエジプトでピラミッドから「石」を盗み出した。その石は人間に永遠の生命を与えるとの言い伝えがある「賢者の石」と呼ばれるものだった。それは不二子の依頼だったが、賢者の石を持ってきたルパンに対し、不二子はいつにも増す形で冷淡な態度で応対し、硬化ガスを吹き付けて賢者の石を持ち去ってしまった。そんな不二子もまたある人物に依頼されていたが、マモーを名乗る彼はルパンを使って不老不死に関する品物を集めていた。しかし、ルパンは盗聴器付の偽物を渡したため、マモーに狙われる。

不二子はマモーの手を逃れてルパンの前に現れ助けを乞うが、次元と五ェ門は不二子の密告によって痛い目に遭っていたため不二子を許さない。不二子をかばうルパンに愛想をつかした二人は、ルパンのもとを去ってしまう。ルパンと不二子は2人だけの一夜を過ごすことになったが、不二子はまたもルパンを欺き、麻酔薬で眠らせてマモーの部下に引き渡した。

捕らえられたルパンは、マモーの島でナポレオンやヒトラーなどの歴史に大きな影響を与えた人物らしき人々に出会う。彼らはマモーのクローン技術によって複製された人々だった。マモー自身も1万年前から自己を複製し続けてきた複製人間(クローン)、永遠の命を得た「神」だと自称するが、ルパンは信じない。そこに助けに来た次元の手によりマモーは射殺され、ルパンたちは逃げ出すことに成功する。

コロンビアの田舎町にあるホテルへやってきたルパン一行だったが、そこへ死んだはずのマモーが現れ不二子を連れ去り、直後ルパンの挑発に答えるかのごとく地震が発生する。ルパンはマモーの力に心が折れてしまった次元の制止を振り切り、単身マモーの本拠地に乗り込み、ついに「自称神」マモーとの決闘を迎える。

マモー

不二子に賢者の石を持ってくるように依頼した謎の怪人物。その正体はクローン技術によって1万年を生き、歴史を影から動かしてきたと自称する者。次元曰く「並みの人間では到底勝てねえ化物」。130代目になってからは巨大な脳が本体となり、念動力を送り込む事で、小型機械を埋め込まれた自分の分身となるクローンを操っていた。部下には科学者やフリンチの様な大男達、自分のクローンの不良品等がいる。

【予告編】ルパン三世vs複製人間(海外ver)

【1979年】『ルパン三世 カリオストロの城』(映画)

『ルパン三世 カリオストロの城』は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』の劇場映画第2作。宮崎駿の映画初監督作品。1979年12月15日公開。 公開時のキャッチコピーは、「前作をしのげないのなら 2作目を作る意味がない」、「巨大な城が動き始める! 影の軍団が襲ってくる!」、「生きては還れぬ謎の古城でついにめぐり逢った最強の敵!」。

【声の出演】
ルパン三世 - 山田康雄
次元大介 - 小林清志
石川五ェ門 - 井上真樹夫
峰不二子 - 増山江威子
銭形警部 - 納谷悟朗

クラリス・ド・カリオストロ - 島本須美
カリオストロ伯爵 - 石田太郎
ジョドー - 永井一郎
グスタフ - 常泉忠通
園丁(庭師の老人) - 宮内幸平

【スタッフ】
製作 - 藤岡豊
原作 - モンキー・パンチ
監督 - 宮崎駿
プロデューサー - 片山哲生
脚本 - 宮崎駿、山崎晴哉
音楽 - 大野雄二

世界的な怪盗ルパン三世と相棒の次元大介は、モナコ公国の国営カジノの大金庫から売上金を盗み出すことに成功する。車内で札束に埋もれた二人は浮かれていたが、それが「ゴート札」と呼ばれる、史上最も精巧な出来を誇る幻の偽札であることに気づく。

次の仕事としてゴート札の秘密を暴くことを選び、ゴート札の出処と疑われているヨーロッパのカリオストロ公国に入国したルパンは、そこでウェディングドレスを身につけた少女が何者かに追われているのに出くわす。ルパンは追手を撃退したものの、少女は別の一団に連れ去られてしまった。

少女の正体はカリオストロ公国大公家の継承者、クラリス・ド・カリオストロ(クラリス姫)。幼少の頃、駆け出しだったルパンが、若気の至りでゴート札に手を出し、カリオストロ城から逃げて負傷していたところを助けた少女であった。

公国は7年前の大公の急逝に伴い、大公位は空位のままで、公国の実質的な統治者には、伯爵家出身で大公の摂政を務めていたラザール・ド・カリオストロ伯爵が就いていた。亡き大公の一人娘クラリスを妻として迎えることで合法的な大公位の獲得を狙っており、クラリスはそれを拒絶して逃亡、伯爵の部下達に追われていたのだ。

クラリスは、伯爵の居城であるカリオストロ城の一室に閉じ込められてしまう。ルパンは彼女を救出するため、石川五ェ門を呼び寄せるが、ルパンが伯爵の元へ送った予告状のことを聞きつけた銭形警部も、機動隊を引き連れてやってくる。別途、ゴート札の原版を狙い召使いとして城内に潜入していた峰不二子も加わり、カリオストロ城を舞台にクラリス姫の救出とゴート札の謎をめぐっての大混戦が展開される。

クラリス姫とカリオストロ伯爵の婚礼が行われる。その式典の最中に城内へ、ルパン一味が登場。さらには銭形警部率いる機動隊がルパン一味を逮捕するために城内へ突入、続いて結婚式典を生中継するためにいた放映スタッフが城内に突入し、それまで噂とされていた幻の偽札「ゴート札」の製造元と思われる巨大な印刷工場が城の地下から発見され、そのままスクープとして世界中のテレビに生中継された事で遂にインターポールの査察が入る事になった。

結婚式典の翌日、湖の水が引き、湖底から古代ローマの大規模な都市遺跡が良好な保存状態のまま発見された。

クラリス・ド・カリオストロ

声 - 島本須美
ヨーロッパ・カリオストロ公国の公女で、大公家最後の姫。大公家に伝わる「銀の山羊の指輪」の所有者。7年前の火事により両親である大公夫妻を亡くして以来、長らく修道院に入っていたが、両家を統一し国を手中に収めようとする伯爵に結婚を強いられる。非道な行為を続ける伯爵に反発し、婚礼衣装の仮縫いの隙を突いて脱走する。伯爵の部下達が運転する特殊車から逃げていた際にルパンと出会い、一時は助けられるが、再び捕らわれる。

出典: blogs.c.yimg.jp

カリオストロ伯爵(ラザール・ド・カリオストロ)

声 - 石田太郎
カリオストロ公国の事実上の支配者。伯爵家当主で、表向きは傲岸不遜ながらも紳士的な人物を装っているが、冷酷非道な本性をもち、裏では本物以上といわれた偽札「ゴート札」の製造を取り仕切っており、世界各国の闇の部分と深くつながっている。7年前の火事で大公が死亡したため、それ以降は摂政としてカリオストロ公国の実権を握っている。

s_kazun
s_kazun
@s_kazun

Related Articles関連記事

【ルパン三世】次元が吸っているタバコまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 日本のアニメ作品では非常に珍しく登場人物の大半が大人で、そのため飲酒や喫煙シーンが頻繁に登場する。中でもルパンの相棒の次元大介は愛煙家で、作中でも様々な銘柄のタバコを手にしている。その一覧を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】ルパンが女を殺すシーンまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 主人公のルパンは根っからの女好きで、特に美女ともなれば自分を裏切ろうと許してしまう。しかし、そんな彼でも“どうあっても許してはならない”、“世のためにならない”と判断した時は女性を手にかけることもある。

Read Article

ルパン三世の名言・名セリフまとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 少年少女の活躍を描くことが多い日本のサブカル作品の中では非常に珍しく、登場人物のほとんどが大人である。それだけに彼らが口にするセリフは大人としての魅力や含蓄に溢れたものが多く、多くのファンを魅了している。その一部を紹介する。

Read Article

ルパン三世にまつわる都市伝説・豆知識まとめ

狙った獲物は逃がさない天下の大泥棒ルパン三世とその仲間たち、そしてルパン逮捕にすべてを掛ける銭形警部とのドタバタ劇を描いた大人気作品『ルパン三世』。コミックス以外にも多くのアニメ作品や映画作品が創られている。そんなルパン三世にまつわる都市伝説や、ちょっとした豆知識をまとめてご紹介する。

Read Article

『LUPIN the Third -峰不二子という女-』キャプチャ画像壁紙まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 50年以上続く人気作品で、テレビアニメシリーズも断続的に製作されている。『LUPIN the Third -峰不二子という女-』は、本作のヒロインである峰不二子にクローズアップした作品で、彼女を中心とした悪党たちの様々な駆け引きが見所となっている。

Read Article

【ルパン三世】ルパンと峰不二子の画像まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 そんなルパンが熱を上げているのが、ヒロインの峰不二子である。策略と姦計を用いて、時にルパンすら欺いて宝を横からかっさらう油断ならない美女だが、それも含めてルパンは彼女に惚れ込んでいる。駆け引きか本心か、そんなルパンと不二子の仲睦まじい姿を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】峰不二子のコスプレ画像まとめその1

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 峰不二子は作品を通してのヒロインで、策略と姦計を用いて、時にルパンすら欺いて財宝をかっさらうしたたかな美女。味方とも敵とも言い切れないそのユニークな人物像に魅了された者は多く、非常に人気の高いキャラクターである。

Read Article

【大人のルパン】LUPIN the Third -峰不二子という女-の感想まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 断続的にアニメが製作されている長寿作品であり、『LUPIN the Third -峰不二子という女-』はヒロインである峰不二子にクローズアップしたシリーズ。姦計と駆け引きを用いて悪党を出し抜く不二子の活躍が描かれている。

Read Article

『ルパン三世 カリオストロの城』を100倍楽しむ方法まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。1971年にアニメの放送が開始して以来、断続的に新作が作られ続けている。 『ルパン三世 カリオストロの城』は、そんな『ルパンシリーズ』の中でも傑作として名高い劇場用映画。宮崎駿が初めて監督を務めた作品でもあり、世界的にも評価されている。そんな『ルパン三世 カリオストロの城』をさらに楽しむ方法を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】銭形突撃隊コスプレへの反応まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 『コミックマーケット87』にて、『ルパン三世 カリオストロの城』に登場する銭形刑事とその部下たち、通称“銭形突撃隊”のコスプレイヤーが登場。名作として世界的に知られる『カリオストロの城』のワンシーンの再現に、ファンは様々な反応を見せた。

Read Article

『ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜』のキャラクターデザインへの反応まとめ

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 1971年にアニメの放送が始まって以来、断続的に新作が作られ続けている人気作品。2013年には『ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜』が公開されるも、そのキャラクターデザインがネットで話題となった。当時の反応を紹介する。

Read Article

映画評論家・町山智浩の語る「ルパン三世に影響を与えた映画」まとめ

途中で降板されるまで、『ルパン三世』第1期シリーズの演出を手掛けた大隅正秋(おおすみ まさあき)。時にダークで時にセクシー、スタイリッシュで荒唐無稽な大人の世界という、それまでの日本のアニメには存在しなかったものを『ルパン三世』という作品に持ち込んだ人物である。 そんな彼に影響を与え、後のルパンシリーズの流れを決定づけていった映画作品を、映画評論家の町山智浩さんが推測。「大人の世界を描いてもいい」という、日本アニメ界に大きな影響を与えた作品群を紹介する。

Read Article

【ルパン三世】峰不二子のコスプレ画像まとめその2

『ルパン三世』とは、大泥棒ルパン三世の奇想天外な活躍を描いた、モンキー・パンチ原作の漫画作品。 峰不二子は作品を通してのヒロインで、策略と姦計を用いて、時にルパンすら欺いて財宝をかっさらうしたたかな美女。味方とも敵とも言い切れないそのユニークな人物像に魅了された者は多く、非常に人気の高いキャラクターである。

Read Article

目次 - Contents