まつりスペシャル(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『まつりスペシャル』とは2007年から2009年まで、集英社『ジャンプスクエア』で連載された青春漫画である。作者は神尾葉子。主人公の羽生まつり(はにゅう まつり)は女子高校生でありながら、覆面レスラーとして日々実家の「まごころプロレス」のリングにあがる。プロレスラーとしての顔は秘密にしているが、ある日クラスメイトの重松荒太(しげまつ あらた)に正体がバレてしまう。少女漫画要素の「恋愛」と、少年漫画要素の「格闘技」を織り交ぜた作品である。かつ神尾が初めて少年漫画として連載した漫画だ。

『まつりスペシャル』の概要

『まつりスペシャル』とは2007年から2009年まで集英社の『ジャンプスクエア』で連載された青春漫画である。作者は少女漫画のベテラン作家、神尾葉子でだ。神尾は『花より男子』をはじめとする少女漫画を長年にわたり連載してきたが、『まつりスペシャル』は初めての少年漫画作品だった。
神尾は、幼い頃からプロレスが大好きだった。WWE(ワールド・ワイド・エンターテインメント)をメインとしたプロレスや格闘技が好きで、少女漫画はほとんど読んでいない。『あしたのジョー』などの少年漫画を愛読し、模写もしている。その影響もあり、神尾が描くほかの漫画にも男同士の乱闘シーンや、女の子であっても強く逞しい精神をもつキャラクターが描かれている。
『まつりスペシャル』は、そんなプロレス大好きな神尾がプロレスへの愛と情熱を詰め込んだ作品になっている。作中には、実際に存在するプロレス技が丁寧に描かれている。神尾にとっては、初めての少年漫画としての連載だったため、プロレス技を研究した。特に動きのある描写を描くことに、神尾は苦戦した。これは少女漫画とは決定的に違うポイントである。なぜなら少女漫画では、静止した絵でコマがすすめられていくことが多いからだ。神尾は『まつりスペシャル』を描く際に、プロレスのビデオを一時停止して取り組み合いのスケッチも行っている。さらに、連載中には「阿佐ヶ谷ロフトA」という小さい会場で行われている女子プロレスも観に行った。神尾の徹底した研究と観察力が描写にも反映され、技の掛け合いの場面は違和感がなく、美しい。さらに、単に乱闘するだけではなく、主人公であるまつりの恋愛も描いているので、「少年漫画と少女漫画の融合」ができた漫画である。
また、この作品は2008年11月6日から集英社サイト内のデジタルコンテンツ『VOMIC』(ヴォミック)で配信されていた。『VOMIC』とは、カメラを漫画のイラストに固定したままフレームの位置を水平や垂直に移動させて、撮影された動画である。その動画に声優たちが声をあてるので、読者は漫画を読みながらキャラクターの声を聴くことができる。『まつりスペシャル』の『VOMIC』は全4話であり、2008年11月6日から2008年11月27日の間に発表された。
作品が連載された雑誌は少年漫画が多く連載されている『ジャンプスクエア』であったが、女性の読者も多い。「プロレス漫画」と聞いて戸惑う女性読者もいたが、神尾の作風の一つである終盤にかけて話が面白くなっていく展開に好感をもつ読者が多かった。「この漫画をきっかけに『ジャンプスクエア』から発行される『SQコミックス』を初めて購入した」というレビューも見受けられる。
主人公である羽生まつり(はにゅう まつり)は、同じクラスのイケメン、諸角渉(もろかど わたる)に恋する女子高校生。いつも女子が群がる諸角を見つめるのが、まつりの小さな幸せだった。しかし、まつりには誰にも言えない秘密がある。それは実家が「まごころプロレス」というプロレス事務所で、放課後は覆面レスラー「ハニープリンセス」としてリングにあがっていることだ。ハニープリンセスであるまつりは、本当は強いにもかかわらず、決して本気で闘わない。なぜならまつりは、プロレスが大嫌いでプロレスは時代遅れだと思っているからだ。家業がプロレスだということを恥じており、本当の自分をさらけ出すことのできる友達はいなかった。また、諸角に「ごつい女好みじゃない」や、「キモイ」と言われたりと、まつりは涙が出るほどうまくいかない毎日を送っていた。
そんな中、近所の河原で不良に絡まれたまつりは、1人でその不良たちを投げ飛ばす。大の男がすっ飛んでいく様を、偶然にも同じクラスの転校生、重松荒太(しげまつ あらた)が目撃していた。重松は、どんな大男が喧嘩をしているのかと興味本位で見たところ、そこに立っていたのはまつりだったのだ。重松はまつりに「まごころプロレスのハニープリンセス」でないかと問い詰める。なぜ重松が「ハニープリンセス」を知っているのかというと、重松は大のプロレスオタクで「ハニープリンセス」のファンだからである。まつりの父が元帝国プロレスの「ハニーギャング」であることも知っており、重松はまつりの父や、まごころプロレスに居候するレスラーから気に入られる。まつりが必死で隠そうとしているにもかかわらず、重松はまごころプロレスの門下生として入門までする。まつりは小学生の時から格闘技の世界で生き、強いということだけで、クラスメイトから避けられていた。しかし、重松は違った。「強いハニープリンセスを見てみたい。おまえはかっこいい」とまつりに言ったのである。こうして、まつりにとって初めて秘密を共有する友達ができた。
加えてまつりは、諸角が付き合っていた女からの復讐でボコボコにされる危機から諸角を救う。そのことで諸角が少しずつ「ハニープリンセス」に興味を持ち始める。諸角に絶対バレないようにとハラハラするまつりだが、それに比例するように重松とは仲良くなっていく。そして重松はまつりに本気で恋をする。プロレスでの乱闘シーンも見物だが、まつりの恋愛のときめきや切なさも充分に描かれており、男女関係なく楽しめる作品になっている。

『まつりスペシャル』のあらすじ・ストーリー

おまつり人生は完敗中

羽生まつり(はにゅう まつり)(上)が、諸角渉(もろかど わたる)(下真ん中)を見つめる場面。

羽生まつり(はにゅう まつり)は、同じクラスの諸角渉(もろかど わたる)をギラギラの目つきで見つめていた。まつりの頭の中では、この諸角のことでハートが飛んでいる。諸角はサーファーである。どこか冷めたところがあるが、諸角の周りには常に数人の女の子がくっついていた。「渉サーフィンどこまで行ってるの?」と片方の女子が聞き、「千葉。波いーし」と諸角が答える。すかさずもう一人の女の子が「え~遠くないの?電車でボート持って行ってるの?」と聞く。まつりはこの会話の中には入れない。ただ毎日諸角を遠くの席から眺めることがまつりの唯一の楽しみだった。

転校生の重松荒太(しげまつ あらた)(右上)が席に着く。するとニュース好きの知子(ともこ)(一番下)が、重松の噂をまつり(左下)に話す。

まつりが席に座って諸角を見つめていると学ラン姿の男が教室に入ってきた。転校生の重松荒太(しげまつ あらた)である。まつりが通う学校ではブレザーが制服なので、学ランの重松は浮く。また目つきも悪い重松は、教室に入っただけでクラスメイトがひそひそ話をする。「やだ…。また来てるよ」「こえ~」とクラスメイトは言い、誰も重松に話かけない。重松がどかっと座るその席はまつりの隣である。「ああ席替えしてくれないかな…」とまつりは思った。大きい重松が横に座ると、大好きな諸角が見えないからである。「まつりちゃん大丈夫?隣の席で何かされてない?」とクラスメイトの知子(ともこ)が話しかけてきた。ニュース好きな知子は「ニュースよまつりちゃん。あたしこの間噂で聞いたの。この重松って人の転校してきた理由。隣の学区の極悪高校の人を半殺しにしたんだって!!」とまつりにささやく。「まって知子ちゃん、この前農家の牛を半殺しにしたからって言ってなかった?」とまつりは知子に聞き返した。「それはガセネタだったみたい。こっちが本当!!」と知子は言った。まつりにとっては知子が言う噂はどうでもいい。ただまつりの日々の光である諸角が、重松のせいで見えないことが憂鬱だった。

諸角(上)が本読みをしている最中、まつり(左下)は知子に秘密がバレそうになり大声で叫ぶ場面。

現代国語の授業が始まる。すると知子が突然、まつりの腕をもんできた。「まつりちゃんって部活入ってないのに筋肉質だよね、腕とか足とか」とまつりが気にしていることを言う知子。「なーんかまつりちゃんって謎が多い。いっつも放課後直帰しちゃうし。おうちの手伝いって言ってたけどお父さんって何してる人?」と知子はずかずかまつりに質問する。「な、何って青年実業家だよ」とまつりは誤魔化すが「青年て…どんな事業?どんな職種?」としつこい知子は止まらない。「ねえまつりちゃん。今度遊びに行っていい?」と聞いた知子に「だ、だめ!ぜったいだめっ」とまつりは大声で言った。ちょうどその声と諸角が教科書を読むタイミングがかぶり、まつりの大声で諸角の本読みがかき消された。諸角はまつりを睨んだ。まつりはただ呆然と諸角を見るしかなかった。

レスラーのコスチュームに着替え、「ハニープリンセス」としてリングに登場するまつり。(上)相手のジャンプ丸田(まるた)(下)が腕を組んで待つ。

まつりが知子に知られたくないこと。それはまつりが「現役の女子高生レスラー」ということである。家業はプロレス事務所で「まごころプロレス」とでかでかと看板が上がっている。「姫、おかえんなさい」「今日も姫目当てのお客さんいっぱい入ってますよ」と事務所の居候レスラーたちがまつりを出迎えた。「―ただいま。だから姫はやめてって言ってんでしょ」とまつりは嫌々ながら言う。恥ずかしいのである。居候レスラーはまつりのことを「姫」と呼ぶ。「おうまつりっ。てめ学校終わったらすぐ帰ってこいって言ってんだろが。サッサと準備してこいっ。」と父が檄を飛ばす。「うるさいな、わかってるよ」とまつりは父をあしらいながら部屋に入って着替える。制服を脱ぎ、コスチュームを頭からかぶる。そして目を隠す面を装着した。まつりは、覆面レスラー「ハニープリンセス」に変身した。
リングでは早くも客が「ハニ―!」「姫~!」と叫んでいる。ハニープリンセスは赤コーナーから姿を現した。「待ってました!!」「ひめ―」と客の興奮が最高潮になる。今日の相手は他団体のジャンプ丸田(まるた)である。「親父…なにもこんな体格のいいひとをレンタルしてこなくたって…!!」とハニープリンセスは息を吞む。試合開始のゴングが鳴る。ジャンプ丸田はいきなり「うらあっ!」と言いながらハニープリンセスを垂直に持ち上げ、落下させた。「うわあ!いきなりブレーンバスターか」「大丈夫か」「姫最高っ」と客は盛り上がる。「あいたたた」と痛がるハニープリンセスにおかまいなしで、ジャンプ丸田は技を決める。「今日もすげぇやられっぷりだ!」と観客は歓声をあげた。

ジャンプ丸田(左上)はハニープリンセス(下)に次から次へと技をかける。試合をしながらまつりは、諸角(真ん中)のことを考えた。

「ほんとにすごい人気だな…」とリングの外からまごころプロレスの居候レスラーたちがハニープリンセスを見守る。「勝てないところがむしろいいんだろうな」と若い衆の一人である斉藤(さいとう)がつぶやいた。ハニープリンセスが出場するようになってからやっと客が入るようになったまごころプロレス。そのおかげで、父親の借金返済が出来ている。「かわいそうに、普通の高校生なのに。おれらも頑張ろう」ともうひとりの居候レスラーのまさおは、ハニープリンセスのやられっぷりを見て思うのであった。
ハニープリンセスはジャンプ丸田にやられながら頭のなかで思う。「プロレスなんて大キライ。絶対に知られたくない、知られるわけにはいかない。こんな所で肉団子のように転がってる姿を見られるわけにはいかない」と試合に取り組む。試合をしながら、「大好きな諸角には絶対知られてはいけない」と思うまつり。毎日こんなことを繰り返すまつりは、プロレスのことが嫌いで毎日が楽しくなかった。
試合後、まつりはジャンプ丸田にファイトマネーを渡した。すると「あんた体柔らかいね。受け身もちゃんとできてる。なんで本気でやらないんだ?」とジャンプ丸田はまつりに問う。「あ、あれが本気なんで!」とまつりはそそくさと着替えに行った。

諸角(真ん中)に偶然会うまつり(上)。だが、諸角と横にいた女(右端)からバカにされる。

試合が終わって、Tシャツに着替えたまつりは1人になりたくてコンビニへ向かう。「なんで今時プロレスなんか。あんなバカみたいな仮面つけて―」とまつりが物思いにふけっていると、前からカップルらしき男女が歩いてきた。よく見ると諸角だ。まつりは急に会ったことで照れて固まる。「誰?知り合い?すごいTシャツのロゴ…」と諸角の横にいる女はまじまじとまつりを見た。まつりのTシャツには漢字で大きく「力」と書かれている。急いでロゴを隠しながら「こ、こんばんは」とまつりは諸角に言った。「うわあ、こんな所で―」とまつりが嬉しくなったのもつかの間、諸角が「おんなじクラスで―。いっつも俺のことを見てる」と冷たく言った。「マジで―うざくない?」と女はまつりを見ながら嘲笑する。「べつにゴツい女好みじゃねーし。バイバイ」と諸角は女に腕を回しながらその場を離れた。「何あの子のカッコ。マジでありえないんだけど」と去り際に言う女の言葉が胸に刺さった。だがもっと悲しかったのは、諸角が「ゴツい女好みじゃない」と言ったことだった。「だから嫌なんだ。こんなうまくいかない毎日」とまつりは呆然と立ちすくむ。学校では知子にプロレスのことを隠そうとして、大声で叫んでしまい諸角の本読みをさえぎってしまった。そして今の諸角の態度である。まつりは自分がみじめで、悲しくなりその場から動けなかった。

絡んでくる不良を投げ飛ばすまつり(真ん中)。不良たちは、力尽きる。

「おいおい兄ちゃん、金貸してくれよ」と見知らぬ不良の男3人がまつりに絡んできた。「あれ?女?」「ありえねぇこのカッコ!!こんなごつい女遊ぶ気にもなんね~」とまつりことを見ながらバカにしてくる。「いこーぜ。こいつ手ぶらじゃん」と不良たちが去ろうとした時「あほが」とまつりは言い返した。「あ?なんだとコラ。女だからって手加減しねーぞ」と不良の一人が声を荒げる。「何よ…」とまつりは涙目になりながら「好きこのんで誰がこんな人生を!!」と大声で言った。「ごちゃごちゃうるせ…」とパンチをしかける不良の一人をさっとかわし、蹴りを入れるまつり。そして不良一味を一人ずつちぎっては投げ、ちぎっては投げの繰り返しでやっつけた。不良たちは力尽きて道に転がる。「お…おまえなにもんだ…」と不良たちは手も足も出ない。「ゴ…ゴツいってゆーなっ」とまつりはそれだけ言って家に帰った。

秘密の友達

まつりは翌朝、朝ごはんも食べないで学校に行こうとした。「おいまつり、飯食え」と父親は言うが「いらない」とまつりは拒否した。「あほかおまえは。朝飯とらない奴が一日元気に過ごせるか。だいたい今日のノルマのスクワット200回はどうした!?」と朝から父親はまつりに厳しい。「太ももが太くなるからやらない」とまつりは言い返す。売り言葉に買い言葉で「太いから太ももっつうんだ。ばかやろうっ。毎回毎回みっともねぇ試合しやがって!!一回くらい本気で戦って勝ってみろっ!!」と父はまつりに言った。無視するまつりだったが、壁に貼ってあるアイドルのポスターが破られていることに気づいた。しかもその上から体格の良いレスラーのポスターが貼られている。「ちょっとあたしのポスター破いたの!?絶対に許さない!!リングにあがりなさいよっ」とまつりは父に言い放った。「よっしゃー!」と父もノリ気である。結局こうやって父にひっかかり、朝練習をするまつりであった。

諸角が休みでため息をつくまつり(上)に、「…リバースホイップ」とつぶやく重松(下)。

学校に行き、昨日のことを思い出すまつり。昨日の晩は一晩中泣いた。諸角の、嫌いな動物を見るような瞳がまだ鮮明に脳裏に残っている。でも諸角の視界に自分が入れたと思うと「ゴツい女好みじゃない」と言われたことも忘れるくらい嬉しかった。ドMなところがあるまつりである。しかし今日は諸角は欠席だ。「好きな人が休みの学校なんてこれほどつまんない空間はないなぁ…」とまつりはため息をついた。すると隣の席の重松が「…リバースホイップ」とつぶやいた。その言葉にまつりは固まる。「―あんたもしかして、まごころ…」と言いかけた重松を「な何言ってるかわかんないですけどっ」と止めた。「そうか…」と重松はまつりから視線を外す。まつりは嫌な予感がした。「リバース・ホイップ」とは別名「裏投げ」といい、昨日不良に絡まれたときにまつりが使った技である。「もしかして重松に見られた…?」と予測したまつりは席を立って教室から出た。これ以上詮索されると自分が覆面レスラーであることがバレる。まつりは授業が始まるにもかかわらず、屋上へと向かった。

まつり(左)に、「キモ」と言い放って教室へ行く諸角(右)。

まつりは廊下で「あいつ、あたしのこと知ってる…?」と思った。重松が「まごころ…」と言いかけたので、まごころプロレスのことを知っている様子だ。まつりが息を整えようと深呼吸していると、「あんたM女の子とも付き合ってんの!?」と女の子が叫ぶ声がした。びっくりして見ると、女の子は学年一可愛い子で、言い争う相手は今日教室にいなかった諸角である。「だから?それがなんだってんだよ」と諸角は冷たく言い返す。「一回ヤッたくらいで彼女面されるんまじで面倒くさい」と諸角は女の子に言い放った。女の子は涙で溢れた目を隠しながらその場から走り去った。タイミング悪く、諸角が「またあんたかよ」とまつりに気づいた。「あ、あの立ち聞きするつもりはなくて…」とまつりは釈明する。諸角は「あんた昨日見た時思ったけど、あんなカッコしてスポーツかなんかしてんの?」とまつりに質問してきた。「諸角渉がわたしを見て質問してる…!」とまつりは嬉しくて固まる。「ええと、ウォーキングですっ!」と笑顔で答えるまつり。その様子に「キモ」と言い捨て、諸角はまつりを放って教室へ行ってしまった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents