龍宮寺堅/ドラケン(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)/ドラケンとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する、東京卍會/東卍の創設時メンバーの一人で、副総長。金の辮髪と左のこめかみに彫られた、龍の入れ墨が特徴。
『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

龍宮寺堅/ドラケンの概要

龍宮寺堅/ドラケンとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』に登場する、東京卍會/東卍の創設時メンバーの一人で、副総長。金の辮髪と左のこめかみに彫られた、龍の入れ墨が特徴。総長の佐野万次郎/マイキーの相棒で、東卍のメンバーの中でも圧倒的な強さを誇っている。仲間からの信頼は厚く、東卍の集会でも仕切ることが多い。腕っぷしだけでなく、仲間思いの熱い男。幼い頃から両親がおらず、ファッションヘルスに住んでいるためか、年齢よりも大人びた印象。抗争のときには特攻服を着用しているが、普段はトライバル模様のカーディガンを羽織っていることが多い。強面のキャラクターではあるが、銭湯で髪の毛を洗う時には泡が目に入るのを怖がり、シャンプーハットを使用している一面も。
武道がタイムリープした、とある未来では稀咲鉄太に唆され、ドラケンは殺人を犯す。稀咲は裏から東卍を操るため、幹部の座を狙っており、現代で、東卍が犯罪組織になる元凶である人物。東卍を守るため、不本意ながらも殺人に手を染めてしまったドラケンは、スキンヘッドになり、死刑囚として、刑務所で過ごしている。武道は、橘ひなが死んでしまう未来を変えようとしており、ドラケンの発言からヒントを得て行動することも多い。最終章ではバイク屋を経営しており、元東卍メンバーはマイキーと決別しているが、ドラケンだけは、犯罪組織の手からマイキーを救うために梵/ブラフマンの一員となっている。
梵/ブラフマンは、初代黒龍の創設メンバーを筆頭に構成されている愚連隊で、港区を拠点とする六波羅単代とは、対立する組織である。六波羅単代は、組織力の強化を図る目的で、ドラケンを勧誘しようとする。その際、ドラケンは六波羅単代の総代、寺野南と対決するが、武道も同席しており、武道が襲われそうになった時には必死に守ろうとする。

龍宮寺堅/ドラケンのプロフィール・人物像

画像右側の人物が龍宮寺堅。

年齢:15歳 (現代は27歳)
身長:185cm
体重:75kg
誕生日:1990年5月10日
血液型:O型
担当声優:鈴木達央
実写版キャスト:山田裕貴

東卍の副総長であり、総長マイキーの右腕。マイキーからはケンチンと呼ばれている。喧嘩の強さは東卍の中でもトップクラス。抗争の際には100人を一人で倒してしまうほどの強さを誇る。ドラケンはマイキーと行動を共にしていることが多く、マイキーがお子様プレートの旗が無いと、ごねている時に、どこに忍ばせていたのか、そっと旗を挿してあげる気が利く一面も。また、東卍メンバーの友人の彼女が襲われ、お見舞いに行くと、両親からは罵声を浴びせられた。この出来事に東卍は関与しておらず、マイキーは怪我を負った女性の両親に対して、反抗的な態度をとっている。しかし、ドラケンはどんなに罵声を浴びせられても、頭を下げ続け、マイキーにも頭を下げさせる。反抗的な態度のマイキーに”人を思う心を持て”と諭す。この二人の関係が東卍のメンバーにも伝染し、「不良の時代を創る」というマイキーの野望に向かって、不良界を突っ走る。
自分の信念・仲間を守るという意識が強く、暴走族同士の抗争には金や薬物がつきまとうが、道をハズレ無いように、一歩引いて、マイキーを支えている。
武道との出会いは、中学時代につるんでいた仲間5人組である、”溝中五人衆”の一人、タクヤの代わりとして、喧嘩賭博でのこと。武道は、清水将貴/キヨマサとタイマン勝負をしている時である。キヨマサは東卍の参番隊の隊員で、喧嘩賭博を主催しており、武道達を奴隷のように扱い、武道の人生を狂わせる要因となった人物である。二人のタイマン勝負はキヨマサが優勢であったが、諦めない武道を相手にバットを使おうとしているところを、仲裁に入ったのがドラケンだった。武道が憧れを抱く人物の一人。

龍宮寺堅/ドラケンの来歴・活躍

生い立ち

ドラケンの自宅に、武道を招いた場面

渋谷の風俗街で産まれ、元々父親はおらず、母親は風俗嬢で2歳のドラケンを残し、失踪している。自宅はファッションヘルスで、そこのオーナーと風俗嬢に育てられ、プレイルームを装飾して住んでいる。マイキーだけを自宅に招いたことがあり、その後、命を救ってもらった武道も招いている。

東京卍會を創設

後列、左側が羽宮一虎。真ん中が場地圭介。右側が三ツ谷隆。
前列、左側が龍宮寺堅。真ん中が佐野万次郎。右側が林田春樹。

東京卍會は、羽宮一虎が黒龍と個人的に喧嘩していることを知り、場地圭介が設立を提案して、誕生した暴走族チーム。”一人一人がみんなの為に命を張れる”という理念を掲げている。創設メンバーは佐野万次郎/マイキー、ドラケン、羽宮一虎、林田春樹、三ツ谷隆の6人で、ドラケンのポジションは副総長。集会では仕切ることが多く、マイキーの相棒として貢献する。
黒龍/ブラックドラゴンは、マイキーの兄である、佐野慎一郎が創設した、暴走族チーム。東卍と対立したのは九代目の黒龍である。
佐野万次郎/マイキーは東卍の総長で、東卍一の強さを誇る。
羽宮一虎は、東卍の創設メンバーの一人で、場地圭介と特攻隊を努めた。場地圭介はマイキーと幼馴染で、マイキーの祖父の道場で、格闘技を幼い頃から一緒に習っている。ある時、マイキーが欲しがっていたバイクを盗もうとした際に、マイキーの兄である佐野慎一郎が経営している、バイクやに盗みに入ってしまう。場地は慎一郎と面識があったが、一虎は知らずに殺してしまう。これがきっかけで、一虎は少年に行き、マイキーは一虎を恨む。場地は、二人に以前の関係に戻ってほしく、マイキーに懇願する。
林田春樹は、参番隊の隊長で、旗持ちを任されている。頭で考えるよりも、体が先に動くタイプで、副総長の林良平とは、強い絆で結ばれている。
三ツ谷隆は、弐番隊の隊長。冷静だが、メンバー思いの兄貴肌。ドラケンとは小学生の時に出会う。

8.3抗争(2005年8月3日)

画像左が愛美愛主、右が東卍。
抗争の開始シーン

武道が2回目のタイムリープ後の現代では、2005年8月3日に、東京卍會の内部抗争の末、ドラケンが死亡していた。3回目のタイムリープで、過去に戻ると、愛美愛主/メビウスと抗争することがわかったため、その愛美愛主を調べるために現代へ戻る。そして、愛美愛主の総長だった、長内に出会い、8.3抗争は何者かの策略であったことを知り、4回目のタイムリープで過去に戻る。
8.3抗争の発端は、東京卍會の参番隊隊長の林田春樹/パーちんの親友が、愛美愛主の総長である長内信高とモメたことである。林田の親友と、その彼女は重傷を負い、藁にもすがる思いで林田に相談してきた。林田はその件をマイキーに相談すると、8月3日の武蔵祭りで、愛美愛主と決戦することを宣言する。しかし、マイキー達が話している時に、愛美愛主のメンバーを引き連れて、総長の長内が現れる。そこで、林田は長内とタイマンを張るが、負けてしまう。代わりにマイキーが長内の相手をしようと前に出ると、長内を蹴り一撃で倒してしまう。激昂した長内は、瓶でマイキーを突き刺そうとするが、ドラケンによって止められる。しかし、復讐心が強かった林田は、長内をナイフで刺してしまう。
林田は自首したが、金を使って出所させようとしたマイキー派と、林田の自首を尊重しようとしたドラケン派に別れてしまう。しかし、武道が仲裁に入り、内部抗争は落ち着くが、林田を慕っていた林良平/ペーやんはマイキーとドラケンの和解には納得していなかった。そこで稀咲は、ドラケンは林田を裏切ったと、林良平を唆し、ドラケンを襲うように仕向ける。林は”ドラケン狩り”と称し、愛美愛主の残党とグルになって、20人で襲いかかる。ドラケンが、一人で20人を倒し、そこにマイキーや武道達が駆けつけ、林田に刺された長内の代わりに、愛美愛主の副総長を仮で務める半間修二も現れる。他の東卍メンバーも集まり、愛美愛主100人と大乱闘に発展する。大乱闘の中で、マイキーが林を説得し、林の怒りは収まるが、喧嘩賭博で恥をかかされたキヨマサは恨みを晴らすために、混乱に乗じて、ドラケンを刺してしまう。武道は刺されたドラケンを担ぎ、病院へ運ぼうとするが、キヨマサの一派が武道の行く手を阻む。そこで、武道はなんとか時間を稼ぎ、パトカーのサイレンを聞いた、キヨマサ達は退散し、武道はドラケンを救急車に乗せることができた。ドラケンは救急車の中で、心肺停止に陥るが、搬送先の病院で、なんとか一命を取り留めた。
4回目のタイムリープ後の過去では、8.3抗争でドラケンが死ぬことなく、終えることができたが、その後、現代ではドラケンが死刑囚になっていた。

ドラケンが刑務所に収容されている理由

4回目のタイムリープ後の現代で、死刑囚になっていたドラケン

東卍の林田春樹の親友とその彼女が、愛美愛主/メビウスのメンバーから暴力を受ける。それがきっかけで、8月3日の武蔵祭りの日にメビウスとの抗争に発展した。この、8.3抗争が終結した後に、武道が戻った現代(4回目のタイムリープ後の現代)で 、ドラケンは稀咲に唆され、東卍に敵対する組織の人物を殺めた罪で、死刑囚となっている。
現代の東卍が巨悪な犯罪組織になった理由は、稀咲であり、過去に戻れるなら、必ず殺すべき人物と語っている。この発言をヒントに、武道は過去に戻ってから、稀咲と接触することになる。

血のハロウィン(2005年10月31日)

一虎からマイキーを守るドラケン

5回目のタイムリープの過去で、武道は東卍に加入する。その後武道は羽宮一虎に芭流覇羅/バルハラのアジトへ連れて行かれた。そこでは場地の踏み絵が行われており、武道は場地が東卍を裏切り、芭流覇羅へ加入することを知る。そして、芭流覇羅が東卍に宣戦布告。武道は不明な点が増えたことで一度現代へと戻り、刑務所に収容されている、ドラケンと面会する。そこで、”血のハロウィン”でマイキーが一虎を殺し、稀咲が身代わりを犯人に仕立て上げたことを知る。武道は、マイキーに一虎を殺させないために、6回目のタイムリープで過去へ。
血のハロウィンは、東卍150人対芭流覇羅300人という、圧倒的な戦力差の抗争。バルハラは8.3抗争の後に、愛美愛主の残党と反東京卍會のメンバーで構成されている。”首のない天使”という異名を持つ元愛美愛主の半間修二が副総長を務める。元々、東卍創設メンバーの羽宮一虎がマイキーを憎んでいるのは、マイキーの兄である、真一郎が死んでしまったことが原因である。マイキーの誕生日プレゼントにバイクを盗もうとしたら、それが真一郎のバイク屋で、マイキーの兄であることは知らず、とっさに殺してしまったのだ。一虎はマイキーのために、マイキーの兄を殺してしまったことを、受け入れられず、バイクを盗もうとしたのはマイキーのためだからという理由でマイキーを恨む。その後、少年院を出てからは、バルハラのメンバーとなり、東卍と対立することになる。元々、ドラケンはこの抗争に納得しておらず、一虎を説得しようとするが、聞く耳を持たない。
抗争が始まる前、ドラケンは一虎に「東卍が勝利した暁には場地を返してもらう」と強く意思を伝える。激昂した一虎は、この抗争の仕切り役を殴り倒し、決戦の火蓋が切って落とされた。一虎はマイキーを狙い突進するが、ドラケンはそれを跳ね退ける。150人対300人の大乱闘になると、人数差で東卍は劣勢になるが、ドラケンは味方を鼓舞し続ける。さらに、10人を一瞬でぶっ飛ばし、副総長の半間とタイマンに持ち込む。大人数を相手にした後だが、バルハラ副総長で実力者である半間修二をガードの上から殴り飛ばす。1対多数の圧倒的に不利な状況でも、力の強さを相手に見せつけ、東卍メンバー士気を上げたのだった。抗争は死亡者1名、逮捕者1名という形で終了し、芭流覇羅が東卍の傘下に入り、半間が隊長に就任し、新たに"陸番隊"が設立された。

その後の6回目のタイムリープ後の現代では、武道の指示でひなが殺され、東卍創設メンバーの多くが幹部となっていた。しかし、闇落ちしたマイキーの指示で、次々殺されていく。

聖夜決戦/クリスマス決戦(2005年12月25日)

黒龍に勝利し、歓喜する東卍メンバー

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは週刊少年マガジンで連載中のヤンキー漫画にSF・アクションを織り交ぜた作品である。最大の特徴はヤンキー漫画としてはめずらしいタイムリープの設定。2017年と2005年の二つの世界を描いたタイムリープと暴走族東京卍會の魅力的なキャラクターたちが繰り広げるバトルシーンが見どころである。連載から徐々に人気を集め、アニメ化・実写映画化も決定している。

Read Article

花垣武道(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

花垣武道(はながきたけみち)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京卍リベンジャーズ』の主人公である。大人になってどん底の人生を歩んでいたある日、中学生時代の彼女である橘ヒナタが東京卍會に殺されたことをテレビのニュースで知る。そんな彼女を救うため、またダメダメな自分の人生を変えるため、12年前の中学生時代に何度もタイムリープし、未来を変えようと奮起する。武道は、喧嘩は強くないがピンチの時ほど自分や仲間を奮起させ何度もピンチを乗り越えたくさんの勇気を読者に与えてくれる主人公だ。

Read Article

佐野万次郎/マイキー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野万次郎(さの まんじろう)/マイキーとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、東京卍會/東卍の創設メンバーの一人にして総長。愛称はマイキーで、喧嘩の腕前は、強者揃いの東卍の中でもトップ。高いカリスマ性を放ち”無敵のマイキー”の異名を持つ。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

河田ソウヤ/アングリー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

河田ソウヤ(かわたそうや)/アングリーとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する、東京卍會/東卍の肆番隊の副総長。隊長の河田ナホヤ(かわたなほや)/スマイリーとは双子で、肆番隊を盛り立てる。泣くとリミッターが外れ、鬼となる一面を持っている。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

NEW

九井一(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

九井一(ここのいはじめ)/ココとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する人物。元々は黒龍の十代目親衛隊長だったが、その後東京卍會に加入し、更に天竺へ移り幹部として、力を誇示している。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り、そして、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。

Read Article

LOST SONG(ロスト ソング)のネタバレ解説・考察まとめ

『LOST SONG』(ロスト ソング)とは、LIDENFILMS・ドワンゴ共同制作によるアニメ作品。 緑豊かな辺境の村に住む元気な女の子・リンと、王宮の奥深くで孤独な毎日を過ごす歌姫・フィーニス。生まれも育ちも異なる彼女達は『歌』を歌うことによって、傷を癒し、水を生み出すという、さまざまな奇跡を呼び起こす不思議な力を持っていた。それは彼女達の、そしてこの星の、運命すら揺り動かしてしまうものだった。

Read Article

寄宿学校のジュリエット(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄宿学校のジュリエット』とは、金田陽介による漫画作品。2015年8月号~2017年7月号まで『別冊少年マガジン』で連載し、その後『週刊少年マガジン』に移籍。2018年にライデンフィルム製作でアニメ化。本作はウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を翻案し、対立する東和国の少年「犬塚 露壬雄」とウェスト公国の少女「ジュリエット・ペルシア」の恋模様を描いた作品。ある日、露壬雄がペルシアに告白したことで、二人は敵同士でありながら秘密の恋仲になる。

Read Article

ロクでなし魔術講師と禁忌教典(ロクアカ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』とは羊太郎によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ・漫画等のメディアミックス作品。2017年4月よりアニメ制作会社「ライデンフィルム」によるアニメ化を果たした。授業のやる気のないグレン=レーダスが非常勤魔術講師としてアルザーノ帝国魔術学院に勤めることになった。そこでロクでなしと呼ばれた男の破天荒な授業が始まる。

Read Article

ロクでなし魔術講師と禁忌教典(ロクアカ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』とは羊太郎によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ・漫画等のメディアミックス作品。 暗示特化専用言語のルーン言語を用いた魔法能力を持つ人間がいる異世界が舞台で、主人公のグレンは前職を辞めて以来、育ての親であるアルザーノ帝国魔術学院教授セリカの下で、一年に渡り引きこもり生活を送っていた。しかし業を煮やしたセリカに脅され、嫌々ながら同学院の非常勤講師として勤める所から物語は始まる。 生徒と教師、互いに学び合いながら成長する過程で様々な名言が生まれている。

Read Article

うどんの国の金色毛鞠(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『うどんの国の金色毛鞠』とは、“うどん県”とも呼ばれる香川県を舞台にした、ハートフルファンタジー。2016年10月にアニメ化された。 原作は篠丸のどかによって2012年から連載されている同名のコミック作品。 父親の死をきっかけに故郷に帰った宗太は、実家のうどん屋で釡の中で眠りこける子どもを見つける。 一見ふつうの人間の子どものように見えるが、実はその子は人間の姿に化けたタヌキだった!?

Read Article

はたらく細胞BLACK(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『はたらく細胞BLACK』とは原作原田重光、作画初嘉屋一生で『モーニング』で2018年27号から2021年8号まで断続的に連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。ブラック企業のような劣悪な体の中で働く赤血球を主人公に、喫煙や飲酒などで蝕まれていく体の健康問題を細胞視点で綴っていく。擬人化された細胞やロボット兵器のような薬剤や抗生物質が登場し、シリアスかつ殺伐とした雰囲気の中奮闘する様子は、不摂生な生活をする人に警鐘を鳴らすディストピア作品。

Read Article

はねバド!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『はねバド!』とは、濱田浩輔によって『good!アフタヌーン』にて連載されている高校女子バドミントン漫画、およびそれを原作としたアニメ・小説などのメディアミックス作品。 神奈川県の公立高校である北小町高校バドミントン部を舞台にインターハイを目指す部員達の成長を描いた作品であり、インターハイを目指す部員同士の本音のぶつかり合いの中から数多くの名言が生まれている。

Read Article

LOST SONG(第12話『始まりの歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

星歌祭の日、満を持してフィーニスは「終滅の歌」を歌う。それは空に浮かぶ星に届き、その星はゆっくりとリン達の住むエテルジオイドへと迫って来る。そしてついに、リンはフィーニスの元へと辿り着く。リンのまっすぐな言葉は、次第にフィーニスの心を解きほぐしていく。星が目前に迫った時、リンとフィーニスの歌は世界に響き渡り、本当の奇跡を生み出す。 今回は「LOST SONG」第12話『始まりの歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第8話『悠久の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

禁忌とされる「終滅の歌」を歌ってしまったことで、フィーニスは有限の命を失ってしまう。 それは世界が始まり終わるという歴史を、何度も繰り返し一人で見続けるという呪いだった。 気の遠くなる歴史の中で、彼女はある目的を果たすために「星歌祭」と「太古の歌姫」という二つの伝説を創り上げる。 そして空に浮かぶ星がもっとも近付くその日は、目前に迫っていた。 今回は「LOST SONG」第8話『悠久の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第7話『終滅の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

コルテの計らいによって、一緒に逃げることを決意するフィーニスとレオボルト。 しかしルード王子の謀略によって、それは儚い夢となって消え失せてしまう。 レオボルトを失って絶望したフィーニスは、全てを終わらせるために「終滅の歌」を歌う。 一方リン達は、フィーニスと出会うために訪れた「灰の街」で、世界を作り滅ぼしたという女神の伝説を知ることになる。 今回は「LOST SONG」第7話『終滅の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第1話『癒しの歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

辺境の村で、遥か遠い王都への憧れを抱いていたリンとアルは、ある日森で怪我を負った王都の騎士・レオボルトと出会う。一方、王都では歌姫として慕われる少女・フィーニスは、王都軍を前にその姿を現していた。リンは瀕死のレオボルトを救うため、フィーニスは戦地に向かう兵士達のために、「癒しの歌」を歌う。 今回は「LOST SONG」第1話『癒しの歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Phantom in the Twilight(第1話『黄昏に生きるもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

親友のムー・シンヤオとともにロンドンにきたバイルー・トンは、到着早々、盗難の被害にあう。犯人を追いかけて迷い込んだ店『カフェ・フォービドゥン』は、なんとトンの曽祖母が設立したカフェだった。カフェの店員であるヴラッド、ルーク、トウリュウの3人と犯人を捜すトンは、彼らの正体である吸血鬼、人狼、キョンシーという人ならざる者に変貌する所を目撃する。 今回は「Phantom in the Twilight」第1話『黄昏に生きるもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第9話『郷愁の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

フィーニスを救うために、ポニー達は歌奏兵器を奪取することを思い付く。 リンは一人馬車に戻って彼女達を待つことになるのだが、その途中、黒い精霊に導かれてレオボルトの剣へと導かれる。 そこでフィーニスの過去と彼女の目的を知り、思わぬ真実に遭遇する。 その頃ポニー達は危機に陥るが、レオボルトを筆頭にして集まった、王都軍に反旗を翻す者達に救われる。 今回は「LOST SONG」第9話『郷愁の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第11話『無響の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

リン達はレオボルト率いる傭兵団と共に、一時ドクター・ヴァイゼンの研究所に身を寄せる。 そこでフィーニスの過去と、彼女の本当の目的をポニー達に明かし、なんとしても阻止してみせるとリンは決意を新たにする。 アルは自分の非力さを痛感し、それに共感したレオボルトはある女性について語り始める。 そしてリンの方でも、ドクターにしか打ち明けられなかった悲しい真実を胸に秘めていた。 今回は「LOST SONG」第11話『無響の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第10話『覚悟の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

フィーニスの過去によって、自身の出自を知ることになったリン。 同時に、祖父のタルジアや姉のメルが自分に惜しまない愛情を注いでいてくれていたことに涙する。 そして過去のフィーニスが自分になにかを訴えていることを悟り、繰り返し彼女の声を聴こうと奮闘する。 一方レオボルトはフィーニスと出会うが、バズラ将軍によって阻まれ絶体絶命の危機に陥る。 今回は「LOST SONG」第10話『覚悟の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第6話『別れの歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

ようやくレオボルトと再会したフィーニスだったが、その肉体は既に限界を迎えていた。 そんな彼女を救うため、レオボルトは歌の力を使わずして前線基地の戦闘を終わらせようとする。 一方、リン達は、レオボルトに教えられたドクター・ヴァイゼンという人物の研究所を訪れていた。 そこで歌の力と、王都軍が有している兵器についての真実を聞かされることになる。 今回は「LOST SONG」第6話『別れの歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第2話『旅立ちの歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

たった2人だけになってしまったリンとアルは、辿り着いた村でかつて王都に仕えていた宮廷吟遊詩人だと名乗る女性・ポニーと出会う。 そして王都では、久しぶりの散歩を許されたフィーニスが、ひょんなことから剣術大会で出会ったレオボルトと再会する。 リンはポニーから「精霊の歌」のことを尋ねられ、フィーニスはレオボルトとの縁をより一層深いものにしていく。 今回は「LOST SONG」第2話『旅立ちの歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第3話『愛慕の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

王都軍による「吟遊詩人狩り」によって、囚われの身となってしまうリン達。 そこで起死回生の一手として、リンは奇跡を起こすと呼ばれる精霊の歌の一つ、「風の理」を歌う。 一方フィーニスは何者かによる襲撃を受けるが、身を挺して守ってくれたレオボルトへのお礼として、「炎の鼓動」を歌う。しかし精霊の歌を歌うことには、ある曰くが付きまとっていた。 今回は「LOST SONG」第3話『愛慕の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第4話『堕ち行く歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

リン達三人は、ひょんなことからアリューとモニカという二人の姉妹に出会う。 いつか宮廷楽団に入って演奏をすることが夢である彼女達は、母の病気を治すために軍属である律動士をしていた。そのことを聞かされたリンは、彼女達のために「癒しの歌」を歌う。 一方フィーニスはルード王子から、今度は歌によって敵軍を殲滅せよという命令を下されて愕然とする。 今回は「LOST SONG」第4話『堕ち行く歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents