東郷一二三(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

東郷一二三(とうごう ひふみ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公の仲間であるペルソナ使い・喜多川祐介(きたがわ ゆうすけ)と同じ高校に通う、女子高生棋士。『ペルソナ5』のサブ要素・コープの「星」枠を担当している。棋士の腕前と美麗な容姿が認められ、「美しすぎる棋士」として人々の注目を集めている。そんな一二三の棋士としての戦術の腕前に興味を持ったP5主人公が、彼女に声をかけた事から2人の交流が始まるようになる。

プロ棋士であった父とアナウンサーの母の間に生まれた一二三。父の棋士としての姿に憧れた彼女は、幼くして将棋に興味を持ち、父からその術を教えて貰うようになる。だがその父が、将棋に精も根も費やした結果倒れてしまった事をきっかけに、東郷家の平穏は崩れてしまう。母は病気になってしまった父の代わりに家を支える為、アナウンサーの仕事を辞め、さらに稼げる仕事へと転職。そして棋士としての才能がある一二三に、夢半ばでアナウンサーを辞める事になった自分の代わりに夢を叶え、成功して貰おうと考えるようになる。一二三もそんな母の願いに応えるべく、棋士としての実力をあげながら、少しでも家計の足しになるならばと、母が取ってきたグラビア雑誌の取材等も受け始める。だが、実力を上げれば上げるほど、棋士の先輩からは目をつけられ、グラビア等に出れば人々からやらしい注目を集めるようになったりしてしまう。しまいには、いつからか「美しすぎる棋士」という肩書まで生まれる事になる。そんな周囲の反応に、一二三は次第に疲弊していくようになるが、それでも母親を支えたい気持ちや、自分が前に出る事で将棋界が盛り上がるのであればという想いで、女流棋士として奮闘を続ける事を決意する。

P5主人公が一二三の棋士としての技量に目をつける

教会で戦術を考えていた一二三に、将棋を教えてほしいと頼み込むP5主人公(メガネの少年)。

美しすぎる女流棋士として、母の為、将棋界の為と奮闘を続ける一二三。しかしそうして頑張れば頑張る程、周囲から向けられる目が歪んでいく。結果、マスコミやネットメディア等であらぬ噂までたてられるようになった一二三は、将棋界でも煙たがられる存在となってしまい、高校生になった頃には、一緒に対局をしてくれる相手すらいなくなってしまう。仕方なく1人静かに落ち着いて新たな戦術を考案する為、神田にある教会の神父に頼み、教会内に場所を借りる形で1人将棋と向き合う時間を過ごすようになる。そんなある日、彼女の前に本作の主人公であるP5主人公が現れる。
その頃P5主人公は、「ペルソナ使い」としての力に目覚めていた。傷害事件の犯人という濡れ衣を着せられていたP5主人公は、その冤罪が原因で地元に居る事ができなくなり、両親の知り合いを頼る形で都会に避難してきていた。だがその先で「認知世界」という異世界と彼は出会う事になる。そうして認知世界を通して、ペルソナ使いとしての力を覚醒。ペルソナ使いとは、心の底に潜む「もう1人の自分」が実体化した存在「ペルソナ」を使役する者の事をさす。ペルソナは「困難に立ち向かうための人格の鎧」、この力を手にする事で認知世界に蔓延る異形の怪物・シャドウと戦う事ができるようになる。また認知世界には、現実世界の人々の「歪んだ欲望」が形となったダンジョン「パレス」が存在しており、このパレスの中にあるお宝を奪う事でパレスの主を改心させる事ができるようになっていた。P5主人公は、自分と同じようにペルソナ使いに覚醒した仲間達と「怪盗団」を結成し、彼らと共に歪んだ欲望を持つ「悪人」の改心を行っていく事を決める。そして怪盗団のメンバーの1人である喜多川祐介を通して、一二三の存在を知ったP5主人公は、彼女の棋士としての戦いを見極める目に惹かれる。シャドウと戦う時に役立つ力を身につけられるのではないかと考えた彼は、神田の教会にいる彼女のもとへ通い始める。突如現れたP5主人公に一二三は戸惑うが、2度3度と、日をまたいで何度も話しかけられた為に、彼の存在を気にするようになる。そこで一二三は自分からP5主人公に「一体なんの用があるのか」と訊ねる。訊ねられたP5主人公は、戦い方、つまりは将棋を教えてほしいと一二三に頭を下げる。最初はP5主人公の頼みを断る一二三だったが、彼が何度も頭を下げる為、一度P5主人公と将棋をさす事にする。結果、P5主人公は惨敗。だが、その勝負を通してP5主人公の中にあった勝負師としての力を感じ取った一二三は、彼の頼みを受け入れる。そして同時に、頼みを受け入れる代わりに自分の新たな戦術を編み出す研究に付き合って欲しいと取引をする。P5主人公は一二三の頼みを了承。2人はお互いの利益の為、手を取り、交流を図るようになる。

P5主人公との交流の中で自分の将棋への想いに気づく

一二三に厳しくあたる一二三の母(青いドレスの女性)と、それを目にしたP5主人公。

互いの利益の為に交流を図り始めた一二三とP5主人公。最初はただの利害関係にあった2人だったが、P5主人公はこの交流を通して彼女が抱えている悩みに気付いていく事になる。一二三の方もP5主人公が、今まで自分を追いかけてきたどの人間とも違う事に気づき始めてか、次第に心を開いていくようになる。そうしてP5主人公に自分の心の内に抱えているものを吐き出していくようになる。実はその頃一二三は、今の自分の状態に不安を持ち始めていた。どんどんと歪んでいく周囲からの評判に、自分のやり方が間違っているのではないか、もう将棋は辞めて家の助けになる事をした方が良いのではないか、そんな風に考えるようになっていたのである。だがP5主人公に励まされた事により、自分がやはり将棋が好きで、将棋をやっていきたいと思っている事に気づく。そして、もうアイドル扱いは嫌だと、とP5主人公に宣言。世間に棋士としての実力を見せつける為、母が用意したプロの棋士とのエキシビジョンマッチに本気で挑む事にする。だがそんな一二三の決意を潰すかのように、母が「エキシビジョンマッチでは負けるように」と一二三に言ってくる。母曰く、今の一二三は、グラビア雑誌等のおかげで男性人気は高いが女性人気は低い。だから女性人気を獲得する為、プロに負ける事で女性の同情を買い、女性からの支持も手に入れようというのである。その後、どん底から這い上がれば、さらに話題の棋士として人々の目を惹きつける事は確実だとのこと。流石の一二三もそれはおかしいと母に訴えるも、母は聞く耳を持たず、2人は喧嘩をしてしまう。さらにその際、「将棋はそこまで頑張らなくていい」「ルックスだけで充分」という母の本音を聞かされてしまい、一二三は母もまた、世間と同じように自分を棋士として認めてくれていなかったのだという事実を知る事になる。ショックを受け、落ち込む一二三。そんな彼女の姿を見たP5主人公は、「怪盗団」として彼女の母親を「改心」する事を決心する。

怪盗団として一二三の母の改心を試みるP5主人公

怪盗団として仲間達と共に一二三の母の改心を行おうとしているP5主人公(画面真ん中、黒いコートの男性)と、一二三の母の歪んだ欲望が具現化した敵「シャドウ東郷」(画面奥、青いドレスの女性)。

怪盗団として暗躍する事を決めたP5主人公は、仲間達に協力して貰い、一二三の母を改心する為にダンジョン「メメントス」へ向かう。メメントスはパレスとは別に存在している、『ペルソナ5』のサブダンジョンである。実はパレスは、よほどの歪んだ欲望を持つものしか出現させる事が出来ない。それ以外の人々の歪んだ欲望は、全てメメントスに集約されており、P5主人公達はパレスを出現させるような大物な悪人の改心を行う傍らで、メメントスに出現する人々の改心も行っていた。一二三の母はメメントス内に出現するタイプの人物であった為、P5主人公達怪盗団はメメントス内にいる彼女の歪んだ欲望を具現化した存在「シャドウ東郷」を探す。そうして見つけ出した時、P5主人公はそこで、実は一二三の母が一二三を勝たせる為に様々な八百長をしていた事を知る。シャドウ東郷曰く現実世界の彼女は、一二三のライバルになりそうな相手を見つけると金を渡して負けるように言いつけたり、夜の店で働いている事をいいことに、そこで知り合った裏社会の人に頼んで相手を潰すように頼んだりとしていたのである。週刊誌にも自分の家の事をネタとして売りつけたりと、一二三を使って自分を勝ち組の人間にしようと目論んでいたのだ。P5主人公達は、シャドウ東郷との戦闘を開始。激闘の末、彼女に勝利し、「改心」は成功に終わる。P5主人公達に負けたシャドウ東郷は、自分が一二三に強いてきた酷い行いに気づき、反省。P5主人公達の前から消えていった。

「本当の実力」で挑んだエキシビジョンマッチ

怪盗団の「改心」によって心変わりした母の事を、P5主人公に告げる一二三。

後日、P5主人公のもとに一二三から「信じられない事が起きた」と連絡が入る。その後、教会で一二三と落ち合ったP5主人公は、そこで彼女から「母から今まで八百長をしていた事を告白された」と告げられる。自分を金づるとして利用していた事を告げてきた母に、ショックを受けるが正直に話してもらえた事は嬉しかったという一二三。そして、エキシビジョンを受ける前に、母がしてきた事を全て世間に公表しようと決意した事をP5主人公に宣言する。
後日、エキシビジョンマッチ当日。P5主人公が一二三に話しかけると、母の事を公表した結果、色んな人から散々こき下ろされてしまった事を彼女から教えられる。だが、エキシビジョンに本気で挑むという一二三の気持ちは変わっておらず、これが本当の自分の実力での戦いだ、とP5主人公の前で意気込みながら試合会場へと向かっていく。P5主人公も会場の外で、テレビ中継されている試合をスマホ越しに見る。押される一方の一二三の様子だが、意外にもいい手を打つ一二三の姿に周囲の雑誌記者達は「意外と本物かもしれない」とざわつく。だが、結局一二三が負けてしまった為、そのざわつきも収束する事になる。
そんな会場外の反応など知らない一二三は、落ち込みながらP5主人公のもとへやってくる。人生初めての投了と、自分の実力が思っていたのものではなかったという事実にショックを受ける一二三だったが、同時に憑き物が落ちたような晴れ晴れとした心地よさも彼女は感じていた。しかし指南をしていたP5主人公の前で負けてしまった事は、ショックだったらしい。さらに現状の一二三に対する世間のあたりの強さもあり、これ以上自分と居るとP5主人公までは嫌な思いをするのではないかと考え、一二三は彼に「今日限りで指南をやめないか」という事を告げる。だがP5主人公はそれを拒む。もっと彼女の傍で強さを学びたいという気持ちを彼女に訴える。そんなP5主人公の訴えが一二三の心に届いた結果、指南という形ではなく今度はプライベートな関係で2人は交流を図っていく事になる(なお、この時の「プライベートな関係」は、P5主人公の選択肢によって生まれる関係性が変わってくる。「友達」としての友好関係を築くか、「恋人」という特別な関係を築くかは、プレイヤー次第である)。

P5主人公の正体に気付いた一二三

アマチュアからやり直す決意をした事をP5主人公に告げる一二三。

エキシビジョンマッチ後、一二三はもう一度アマチュアからやり直す事を決意する。そうしてその事を、今までずっと自分の傍に居てくれたP5主人公に伝えに行く。その事を聞いたP5主人公は一二三を応援する旨を伝える。そして同時に、一連の出来事が自分自身を見つめ直すきっかけになった事をP5主人公に伝える。ずっとアイドルのように扱われるのが嫌だった一二三。だが、それも自分が棋士としての実力があるからだと驕っていたからのものだった。今回の事件を通して、自分に実力はない事を知った彼女は、きちんと自分の実力で這い上がれる人間になれるように努力をする事を決心したのである。
さらに一二三は、一連の出来事、特に母が急に心を入れ替えた件を通して、P5主人公が怪盗団の一員である事実に気づいていた。彼女に正体がバレていた事に驚くP5主人公。そんなP5主人公に一二三は「貴方の成すべき事を応援している」と告げ、P5主人公の正体を知る数少ない怪盗団の支援者になったのだった。

東郷一二三の関連人物・キャラクター

P5主人公/ジョーカー

本作の主人公。プレイヤーの分身でもある。他のペルソナ使いには存在しない、複数のペルソナを使いこなせる「トリックスター/ワイルド」と呼ばれる能力を持っており、「心の怪盗団」のリーダー兼切り札として活躍している。ゲーム内での決まった名前は存在しない。ただしコミカライズ版では来栖暁(くるす あきら)、アニメ版では雨宮蓮(あまみや れん)という名が与えられている。怪盗団内でのコードネームは「ジョーカー/JOKER」。傷害の濡れ衣を着せられてしまった事で「保護観察処分」となる。通っていた高校からも退学処分を受けてしまい、故郷にも居づらくなった事から、ほとぼりが冷めるまでと都会に住む両親の知り合いに預けられる事になる。
一二三とは、怪盗団として活動している最中に知り合う。一二三の持つ、棋士としての腕前が敵・シャドウと戦う時に役に立つのではないかと思い、彼女から「戦術」を学ぶ為に交流を図っていくようになる。コープシナリオの後半に出る選択肢によっては、一二三と恋人になる事も可能。

一二三の母

画面右、青色のドレスを着た女性が一二三の母。

一二三の母。穏やかな性格の一二三とは反対に、攻撃的で傲慢な態度の女性となっている。
昔はテレビアナウンサーだったが、一二三にとっては父にあたる自分の旦那が病気で倒れ、プロ棋士として仕事ができなくなってからはアナウンサーをやめて、「夜の店」で働くようになる。そのような経緯からか、自分の事を「負け組」と認識している。結果「勝ち組」になる為、容姿のいい一二三を利用し、彼女を有名にさせようと躍起になってしまう。働いている店で知り合った裏稼業の人々やお金を使って、一二三のライバルを潰していき、一二三の知らないところで勝手に八百長を繰り返していくにようになる。
後に、そんな一二三の母の様子を目にしたP5主人公と、その仲間達・怪盗団の手によって「改心」される。なお、「改心」される際に、彼女の歪んだ欲望が具現化した存在「シャドウ東郷」が語った話によると、最初は単純に一二三が将棋で勝てていた事が嬉しかっただけとのこと。周囲から「天才少女」ともてはやされた事で鼻が高くなり、次第に図に乗り始めてしまったのだという。

東郷一二三の名言・名セリフ/名シーン・名場面

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

ペルソナ5(P5・Persona 5)のネタバレ解説・考察まとめ

心の力「ペルソナ」を召喚する能力に目覚めた主人公たちの活躍を描く「ペルソナシリーズ」の第5弾。 腐った大人たちにより未来を奪われようとしている主人公達は、ターゲットを改心させるべく「心の怪盗団」を結成し、暗躍する。 システム面においても従来のシリーズ作品より強化されており、やり込み要素も豊富。 スタイリッシュに綴られる学園ジュブナイルは中毒性抜群で何度もプレイしたくなる作品に仕上がっている。

Read Article

ペルソナ5(P5)のペルソナ使い・ペルソナ能力まとめ

『ペルソナ5』とは、株式会社アトラスの大人気ジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズの5作目にあたるゲーム作品である。「悪人の『改心』を行う怪盗団」の活躍を描く物語となっており、従来の『ペルソナ』シリーズがもつ「ジュブナイル」の要素に「ピカレスクロマン」の要素を足した作品となっている。 怪盗団のメンバーはそれぞれ「ペルソナ」と呼ばれる力を用いて「悪人」やダンジョン内をうろつく敵と戦う。この「ペルソナ」とは、自分の中に眠る「もうひとりの自分」が神や悪魔の姿となって出現したものである。

Read Article

【ペルソナ5・P5】モルガナの正体と事件の真相のネタバレ解説・考察まとめ

ATLUSのRPGシリーズ「ペルソナ」の五作目にて、主人公らと共に「怪盗団」の一味として活躍する謎の黒ネコ・モルガナ。主人公らに怪盗としてのノウハウを教えつつ、日常生活にも溶け込み、悪人を改心すべく活躍する。怪盗団として彼が見つけ出した自身の正体と、真相について解説する。

Read Article

明智吾郎(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

明智吾郎(あけち ごろう)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。巷で人気の高校生探偵であり、数々の事件を解決してきた実力をもつ。初めて登場した際は警察と共に主人公達「心の怪盗団」を追いかける側のキャラクターであったが、後にペルソナ使いであった事が判明し、「心の怪盗団」のメンバーとして主人公達と共に行動するようになる。怪盗団仲間入り時のコードネームは「クロウ」。

Read Article

芳澤かすみ(ペルソナ5)のネタバレ解説・考察まとめ

芳澤かすみ(よしざわ かすみ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目、そのリメイク版の『ペルソナ5 ザ・ロワイル』(P5R)にて追加されたキャラクターである。物語序盤、P5主人公と共に都内の高校「秀尽学園(しゅうじんがくえん)」に転入してくる。美しい容姿と新体操選手としての優秀な成績がある事から、人々に将来を期待されている。物語後半、ペルソナ使いに覚醒してからは心の怪盗団の協力者となる。「3学期中」に起こる騒動の際は、心の怪盗団と共に黒幕の目論見を止めに向かう。

Read Article

ジョーカー/P5主人公(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

ジョーカー/P5主人公とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の第5作目の主人公である。ゲーム内での決まった名前はない、ネームレスキャラクター。ただしコミカライズ版では来栖暁(くるす あきら)、アニメ版では雨宮蓮(あまみや れん)という名が与えられている。コードネームは「ジョーカー/JOKER」。様々なペルソナを自由自在に使いこなしながら、「心の怪盗団」のリーダー・切り札として、悪人の心を盗み「改心」させている。

Read Article

イゴール(ペルソナ)の徹底解説・考察まとめ

イゴールとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』に登場するキャラクターである。『ペルソナ』シリーズ全作品に登場しており、ペルソナ使いである主人公達の活動を手助けしていく役を担っている。1・2ではフィレモンと呼ばれる人物に従っている存在だったが、『ペルソナ3』以降では、不思議な青い部屋・ベルベットルームの主として登場するようになる。長い鼻が特徴のキャラクターとなっており、公式にてネタとしていじられてもいる。

Read Article

丸喜拓人/アザトース(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

丸喜拓人(まるき たくと)/アザトースとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目、そのリメイク版である『ペルソナ5 ザ・ロワイル』(P5R)にて追加されたキャラクターである。物語序盤、とある事件がきっかけで、非常勤スクールカウンセラーの拓人がP5主人公の通う高校「秀尽学園(しゅうじんがくえん)」に赴任する。アザトースの方は拓人の持ちペルソナであると同時に、『P5R』で追加された時間軸「3学期」の中で起こる事件の黒幕にあたるキャラクターとして、物語終盤に登場する。

Read Article

佐倉双葉(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

佐倉双葉(さくら ふたば)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場する女性キャラクターである。「心の怪盗団」のダンジョン探索、戦闘時のサポート役を担うペルソナ使い。人間離れした計算能力と天才的なプログラミングスキルを持つハッカー。世界的ハッカー集団「メジエド」の創始者でもある。母を亡くした事をきっかけに、引きこもりとなる。母亡き後は、P5主人公の居候先「喫茶店ルブラン」のマスター佐倉惣治郎(さくら そうじろう)に引き取られ暮らしている。コードネームは「ナビ」。

Read Article

高巻杏(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

高巻杏(たかまき あん)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公が通う「私立秀尽学園高校」に通う高校2年生。アメリカ系クォーター。学業の傍ら、読者モデルもしている。「悪人」な大人によって親友が傷つけられた事をきっかけに、ペルソナ使いに覚醒。その後、同時期にペルソナ使いとなったP5主人公達と共に「心の怪盗団」を結成し、ペルソナ使いの力を使い、悪人の「改心」を行っていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「パンサー」。

Read Article

新島真(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

新島真(にいじま まこと)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目の女性キャラクターである。「私立秀尽学園高校」の生徒会長。検事の姉、新島冴(にいじま さえ)と2人で暮らしている。当初は校長からの指令により、「心の怪盗団」の調査を命じられ、怪盗団であるP5主人公とその仲間達の行動に目を光らせていたが、後にペルソナ使いとして覚醒。「心の怪盗団」の作戦参謀役として、P5主人公達と共に悪人の心を盗み「改心」させていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「クイーン」。

Read Article

奥村春(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

奥村春(おくむら はる)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。大手ハンバーガーチェーン「オクムラフーズ」の社長令嬢であり、P5主人公達が通う「秀尽学園高校」の3年生。父、奥村邦和(おくむら くにかず)が「悪人」であった為、彼の「改心」を行おうとしていたP5主人公達「心の怪盗団」と知り合う。父の一件をきっかけにペルソナ使いに覚醒。以降は怪盗団に加わり、「悪人」の「改心」を行っていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「ノワール」。

Read Article

喜多川祐介(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

喜多川祐介(きたがわ ゆうすけ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。日本画家、斑目一流斎(まだらめ いちりゅうさい)の下で住み込みの門下生として暮らしている。しかし実は斑目が悪人であった事から彼を「改心」させようとしているP5主人公達「心の怪盗団」と関わるようになる。その結果ペルソナ使いとして覚醒。「心の怪盗団」に加入し、P5主人公達と共に悪人の心を盗み「改心」させていくようになる。怪盗団内でのコードネームは「フォックス」。

Read Article

坂本竜司(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

坂本竜司(さかもと りゅうじ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公が通う「私立秀尽学園高校」に通う高校2年生。P5主人公が最初に仲良くなる親友、または悪友ポジションのキャラクターとなっている。P5主人公と共に「心の怪盗団」を発足させたペルソナ使いでもある。「怪盗団の切り込み隊長」を自称している。怪盗団内でのコードネームは「スカル」。

Read Article

モルガナ(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

モルガナとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の第5作目に登場するキャラクターである。P5主人公達がペルソナ使いになる前からその能力を覚醒させ、認知世界で怪盗業に従事していた。猫の姿をしているが、本人曰く「ニンゲンである」とのこと。とある事件で生身を失い、それを取り戻すべくダンジョン「パレス」内にあるオタカラを求めているのだという。P5主人公達と出会ってからは、「心の怪盗団」の先導役として現実世界の悪人の「改心」を行っていく。怪盗団内でのコードネームは「モナ」。

Read Article

ジュスティーヌ&カロリーヌ/ラヴェンツァ(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

ジュスティーヌ&カロリーヌ/ラヴェンツァとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。P5主人公の手伝いをする不思議な青い部屋・ベルベットルームの住人。本作のベルベットルームは「監獄」がテーマの為、ジュスティーヌ&カロリーヌは「双子の看守」としてP5主人公の「更生」を手伝っていく事となる。元はラヴェンツァという1人の少女であったが、本作の黒幕・聖杯/ヤルダバオトによって、ジュスティーヌ&カロリーヌの2人に分断されてしまう。

Read Article

聖杯/ヤルダバオト(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

聖杯/ヤルダバオトとは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。本作の一連の事件の黒幕・元凶として、ボスキャラクターを務めている。元は大衆の願いを叶える為に存在していた「聖杯」であったが、大衆が「誰かに全てを任せて、自分は特に何もせず何も考えず生きていきたい」という怠惰な願いを抱くようになった事で歪んでしまい、統制の神・ヤルダバオトになってしまった。人間を管理する存在となり、現実世界をサブダンジョン・メメントスのような世界にする事を目論む。

Read Article

吉田寅之助(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

吉田寅之助(よしだ とらのすけ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。渋谷駅前で街頭演説をしている政治家の男。『ペルソナ5』のサブ要素・コープの「太陽」枠を担当している。過去に何度も不祥事を起こしており、7回連続で選挙に落選している。だが本人は過去の事を悔やんでおり、それ故に真剣に国の未来と向き合おうとしている。P5主人公とは街頭演説中に知り合う。自分の演説を訊いてくれたP5主人公を見込んで、演説の手伝いを頼むようになる。

Read Article

岩井宗久(ペルソナ5)の徹底解説・考察まとめ

岩井宗久(いわい むねひさ)とは、株式会社アトラスのジュブナイルRPGシリーズ『ペルソナ』の5作目に登場するキャラクターである。渋谷の裏通りに店を構えているミリタリーショップの店長。本作の「武器屋」の店主にあたる人物であり、サブ要素・コープ「刑死者」枠を担当してもいる。モデルガンのカスタムが得意で、P5主人公達「怪盗団」が使う銃のカスタムもしてくれる。P5主人公とは、彼が客として店にやってきた時に知り合う。宗久作の改造銃を欲しがるP5主人公を利用し、己の「シゴト」を手伝わせるようになる。

Read Article

ペルソナシリーズの音楽・BGMまとめ

『ペルソナ』とは、株式会社アトラスより発売されているジュブナイルRPGシリーズである。全世界累計売上本数が1300万本越えの大人気ゲームとなっている。その人気の理由の1つにあるのが、ゲーム本編を彩る楽曲達の存在がある。魅力的な楽曲で多くのファンの心を掴んでいったペルソナの音楽は、人気が高まった結果両国国技館を舞台にライブを行ったり、リズムゲームまで発売するまでに至っている。ペルソナの魅力を語る上で外せない要点である。

Read Article

PERSONA5 the Animation(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『PERSONA5 the Animation』とはアトラス製作のゲーム『ペルソナ5』を原作としたアニメ作品である。 ある出来事をきっかけに“ペルソナ”使いとして覚醒した蓮は、新たに出会った仲間達とともに「心の怪盗団」を結成。 悪しき欲望に塗れた大人達の“歪んだ欲望”を盗んで改心させていく。 大都会“東京”を舞台に高校生として日常生活を送りながらも、放課後は「心の怪盗団」として暗躍する。 壮大なピカレスクロマンの幕が切って落とされる!

Read Article

PERSONA5 the Animation(第1話『I am thou, thou art I』)のあらすじと感想・考察まとめ

とある事件に巻き込まれ、前歴が付いてしまった高校生の雨宮蓮は、一年間の保護観察処分を受け、身元引受人佐倉惣治郎の元での生活を開始する。そんな中、転入先の秀尽学園へ向かう途中、異世界へと迷いこんでしまう。 今回は「PERSONA5 the Animation」第1話『I am thou, thou art I』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ペルソナ5主人公の初期ペルソナはアルセーヌ!そこからわかる主人公の人物像は?【解説・考察】

『ペルソナ』において、主人公たちが召喚する「ペルソナ」の姿かたちには当人の思いや考えなどが反映される。『ペルソナ5』主人公の初期ペルソナは「アルセーヌ」だった。アルセーヌはフランスの小説家モーリス・ルブランの小説に登場する怪盗である。それを踏まえ、主人公がどのような人物であるのか考察してみた。

Read Article

ペルソナ5主人公・ジョーカーの魅力とは?【P5解説・考察】

『ペルソナ5』の主人公は困っている人を放っておけない性格の持ち主だ。しかし本作の物語が始まる前、道路で酔っ払った男に絡まれていた女性を助けた結果、冤罪をかけられてしまう。そのような苦い経験をした後でも彼の正義感が鈍ることはなく、窮地に陥った人々を「心の怪盗団」として救い出していく。

Read Article

ペルソナシリーズ歴代主人公の不幸な要素まとめ

『ペルソナシリーズ』では、主人公や仲間が困難に立ち向かい、成長していく様子が描かれる。主人公はストーリーの導入として序盤から不幸な目に遭っている場合が多い。中でも『ペルソナ2』の周防達哉は最後まで報われないことで有名である。 ここでは『ペルソナシリーズ』歴代主人公の不幸な要素をまとめた。

Read Article

目次 - Contents