魔導冒険ファンタジー「マギ」1期のあらすじと見所まとめ(その2)

長い連載期間の中で若干忘れがちになっている初期の物語を振り返るべく、主要キャラが多く登場した「バルバッド編・シンドリア王国編」のあらすじと見所をまとめてみました。

④ バルバッド編(第7話~第17話)

偶然の出来事から再会したアラジンとモルジアナは、共に旅を続けてきた隊商と別れ、
それぞれの目的のため2人でバルバッドを目指す。
旅の途中、彼らは商売のためにバルバッドへ向かう途上で盗賊に着る物まで奪われ困窮しているという男・シンに出会い、助けられた礼にと彼の宿泊するホテルへ案内される。
そこで何気なくアリババのことを尋ねたアラジンは、「怪傑アリババ」と名乗る盗賊が一味を率いてバルバッドを荒らし回っているという話を聞く。

出典: ja.wikipedia.org

気になるバルバットの情勢は?

アリババの祖国バルバットですが、先王亡きあと長男のアブマド(アリババの長兄)が治めています。
しかし彼の政治能力が皆無である事や、「銀行屋」と名乗る見るからに怪しげな男の存在。そして煌帝国からの軍事圧力など、様々な不運が重なった結果、国のありとあらゆる利権が差し押さえられ、国の力は弱まり、極めて危うい状態に陥っています。
そこへ登場したのが今回のキーパーソンである「怪傑アリババ」率いる霧の団。

果たしてこれがバルバットにとって吉と出るか凶と出るか…。
まぁそのへんは、今回明らかになるアリババの過去とセットで本編にてお楽しみください。

シンドバットが我が物顔で街の紹介をする際に映し出されるバルバットの風景も
中東チックで実に良い!いいですよ!!これぞ旅(アニメ視聴)の醍醐味ですよ!

アリババが二転三転ww

ぶっちゃけてしまうと、「怪傑アリババ」の正体はやっぱりあのアリババだったわけです。

アモンのダンジョンで『一緒に世界を見に行こう』と約束したアラジンとアリババは思わぬ所で再会を果たしますが、霧の団を率いるアリババは『約束は守れない。』と一言。

なんでだよ!お前ちょっと前までノリノリだったじゃん!なに”昔の俺とはもう違うんだよ”みたいな雰囲気醸し出してんだよ!
とか初見の時は思いましたが、まぁそれにはここで語りつくせないほどの(筆者の文章能力的に)深い深い訳があった様で…。
親友であるカシムとの対立は必然的なものもありますが、歯がゆくもあり…。

正義や感情に正直なアリババだからこそ”過去の過ちや仲間”と”現在”の狭間で葛藤するわけですが、そのせいか半ばテロリストのごとく振舞ったり、ケツをモルジアナに見せつけたりと(違う!不可抗力だッー!アッー!!)、彼の言動はちぐはぐになっています。

「アリババ編」と言っても過言ではないバルバット編。
悩むアリババにガツンと言えるアラジンと、実行力の塊であるモルジアナの関係性が羨ましくもあり、頼もしいです。旅を通しての成長っていいもんですね。

今後も登場する主要キャラが続々登場

バルバットへ向かう道中でアラジンとモルジアナが出会ってしまった葉っぱ男・シンドバットは、後々新興シンドリア王国のシンドバット王であることが判明します。
持っている金属器の数も7つと他を圧倒しており、謎の高スペック設定と作中最強キャラ設定で読者・視聴者には人気が高いようです。
まぁ、腹に一物抱えていそうなのが引っかかりますが…。

とにもかくにもこのシンドバットが登場する事によって、アラジンたちの世界は一気に広がっていく訳です。

黒いルフを使用する煌帝国のマギ・ジュダル。
飄々とした言動と、見るからに悪役っぽいその風貌から「なんかヤバイやつ出てきたぞ」と思った視聴者の方も多いのではないでしょうかw
その期待を裏切ることなく初対面のアラジンに拳骨をぶち込む非常さは、中々のドSっぷりです。

そういえばシンドバットとも面識があるようですが、その辺どうなんでしょうね?

銀行屋としてバルバットの中枢に入り込み、何かを画策していたイスナーンという男。
アル・サーメンの一員で、ジュダルと行動を共にしている様子が見受けられますが…。
果たして彼の目的とは?

煌帝国の第八皇女・練紅玉。
金属器ヴィネアを用いてウーゴくんを消滅させたので登場時は嫌われキャラ確定だったのですが、
その後の怒涛の巻き返しで一気に好感度の高い人気キャラクターに。

今まで居そうで居なかったキャラクター性。ツンツンしていますがその何倍も可愛いらしいです。

シリアスな内容でありながらギャグも多めのバルバッド編。無邪気なアラジン達にも和ませられつつ
アリババの過去や、新たなマギの登場、バルバッドに迫る黒い影を巻き込みながら広がりを見せる世界感は、抜かりなく作りこまれた設定との相乗効果で歴史モノとしても楽しむことができます。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

マギ(Magi: The Labyrinth of Magic)のネタバレ解説まとめ

中東をモチーフにした魔導冒険ファンタジー「マギ」は、作者の大高忍(おおたかしのぶ)が週刊少年サンデーで連載している漫画作品。古の滅びた世界から干渉を試みる謎の組織「アルサーメン」の暗躍により滅びの兆しを見せ始める世界で、創世の魔法使い「マギ」の少年・アラジンは、迷宮攻略を目指すアリババらと出会い、世界の異変や悲劇、戦争を止めるべく奔走していく。

Read Article

マギの金属器・眷属器まとめ

『マギ』とは、大高忍による漫画作品である。 千夜一夜物語をモチーフにした、架空の世界が舞台の冒険活劇。 魔法や精霊などの魔導ファンタジー要素や世界各地を巡ったり迷宮を踏破するなどの冒険譚要素がある正統派な側面を持つ一方で、人種差別や奴隷問題・国家間の戦争など心を穿つような側面を持つ作品となっている。 金属器・眷属器とは精霊の力が宿った金属製の武具のことである。強大な力を秘めており、この力を発揮する瞬間が作中のバトルにおいて最大の魅せ場となっている。

Read Article

マギ(Magi: The Labyrinth of Magic)の名言・名セリフまとめ

『マギ』とは週刊少年サンデーで連載されていた、大高忍によるファンタジー漫画である。古代の架空の世界をモチーフとした冒険譚で、主人公のアラジンがアラビア風の都市や中華風の国、魔法に満ち溢れた国や自然豊かでとても栄えた国など、各国を冒険する中で様々な価値観や人の思いに触れていく。 マギの世界では、現実の世界と同じように貧困や差別、戦争や国や価値観の違いなどで溢れている。苦しい現実の中で前向きに頑張って生きようとするキャラクターの数々のセリフは、多くの読者を感動させた。

Read Article

目次 - Contents