ドラクエのルーツが垣間見える『堀井ミステリー三部作』

41tcxtvcngl

堀井雄二氏が制作した『堀井ミステリー三部作』の紹介。
RPGとはまったく違うアドベンチャーゲームですが、後のドラクエに繋がっている事が分かります。

堀井雄二氏が手がけたアドベンチャー(ADV)ゲーム

『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親として有名な堀井雄二氏ですが、かつてはアドベンチャーゲームも作っていた事をご存知でしょうか。
堀井氏の堀井節と呼ばれる文章センスはライター経験で培われたものであり、当初は文章が中心のアドベンチャーゲームも制作しています。
以下の3タイトルは堀井ミステリー3部作と呼ばれています。

ポートピア連続殺人事件

41tcxtvcngl

ADVゲームの黎明期において宝探しもの、冒険もののゲームが主流な中、ミステリーをテーマとしたADVゲームとして発売された

出典: www26.atwiki.jp

システムは当時一般的だったコマンド入力式。ただし、英語入力のゲームも少なくなかった当時での日本語入力となっている。
(中略)
コマンド自体は比較的少なく、コマンド入力式にありがちな言葉探しはそう手間がかかるものでもなかった。またよく使われる用語はファンクションキーに割り当てられているため、コマンド入力をある程度省く事ができた。

出典: www26.atwiki.jp

Img 1

堀井ミステリー三部作の第1作。 探索ADVものが多かった当時に登場した推理ADVです。

実は、本来なら世に出る事がなかったかもしれない作品です。 当初はRPG(後のドラゴンクエスト)を制作する計画でしたが、プロデューサーの千田が「アクションゲームしか知らない子供たちに、いきなりRPGをやらせるのは敷居が高過ぎる」と予想し、まずはコマンド形式のゲームに慣れてもらう為に本作が作られました。 探索ADV中心の時代に推理ADVを出したのはこれが理由です。

ミステリーがゲームで楽しめるという方向性は新鮮なものであり、またコマンド入力式を可能な限り簡単にしようとするなど、この頃からゲーマーが遊びやすくなるよう工夫されています。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

コマンド選択式を初めて導入したADV。
本作はコマンド選択性を採用する事により、ADV本来のゲーム性とは関係ない言葉探しを排除した。これによりプレイテンポは格段に良くなり、プレイヤーはよりストーリーや謎解きに集中する事ができるようになったのだ。

出典: www26.atwiki.jp

ストーリーとしては非常に良く練りこまれている。所々無駄な情報があるかのようで、実はそれが後への伏線だったりと、なかなか考えさせられる。さらには一連の事件に潜む暗い物語。昭和という雰囲気がよく出ている。

出典: www26.atwiki.jp

昔のアドベンチャーゲームは”コマンド入力式”というシステムでした。 これは選択式と違い、自分で何をするかをキーボードで入力する方式です。 当然、TRPGなどと違って、入力された言葉全てが対応している訳ではありません。 正しい言葉が分からず先に進めなくなるという問題も起きていました。

こういった問題を解決する為、コマンド選択方式が発案され、これ以降アドベンチャーゲームのシステムは大きく変わっていきました。 (前作『ポートピア連続殺人事件』も元々はコマンド入力型でしたが、本作を受けてコマンド選択式に変更したという経緯があります)

コマンド選択式のおかげでテンポがよく進む上、堀井氏らしいお遊び的な選択肢も多い所がポイント。 ストーリーもうまく出来ており、関連性の見えない事件が次々と起こり、それらがやがて一つへと収束していく様はプレイしていて事件の盛り上がりを感じさせます。

軽井沢誘拐案内

730

サスペンスを主題としつつ、刑事を主人公にした殺人事件の調査がテーマではなく、誘拐事件に巻き込まれた一般人である主人公とその恋人を操作して行方不明になった恋人の妹を探し出す。
RPG風のゲームシステムを取り入れた実験的なシステムやコメディ要素が含まれており、世界観そのものの雰囲気も含め、前二作と比較してかなり異色な作風になっている。

出典: www26.atwiki.jp

これまでの作品のような地名を選択して移動する形式ではなく、RPGのスクロールマップの様な画面で移動をするという形式となっている。
従来のように地名を選択して移動する事も可能。
特に後半戦はどういうわけかRPG要素が更に強まり、「スタミナ」「ストレングス」「ディフェンス」 *1 といったステータスや敵との戦闘シーンまでが追加され、もはやRPGといっても遜色がない程。更にヒロインの2人が援護攻撃を行ってくれるようになっている。
本作の発売は初代ドラゴンクエストの前年であるため、発売前段階の実験的な色合いもあったのかもしれない。

出典: www26.atwiki.jp

ドラクエ開発に向けての最終実験的な作品です。 引用にあるとおり、RPG要素が多く組み込まれています。
シナリオもコメディチックであり、お色気シーンの多さも特徴です。 一昔前のサスペンスドラマにあったような濡れ場やパンチラなどのアダルトなシーンがかなり多く収録されています。

ドラクエのルーツが垣間見える『堀井ミステリー三部作』

ドラクエが開発される前に作られたアドベンチャーゲーム3本。 こうして見ると、後のドラクエ開発につながっている事が分かります。 ゲーム面は文章が中心という事で、堀井氏の文章センスが楽しめるかと思います。

現在は携帯アプリ版が『ポートピア』『オホーツク』と共にプレイ可能で、性的な表現は大人しめになっています。未経験のユーザーは挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連まとめ

renote.jp

renote.jp

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ(Dragon Quest Builders、DQB)のネタバレ解説まとめ

ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストの舞台・アレフガルドの復興のため、ものづくりの才能を持った主人公が奮闘していくブロックメイクRPG。ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストにて「勇者が竜王の仲間になる選択をした」その後の未来が描かれている。従来のドラゴンクエストの世界観を踏襲しながらも、まったく新しいストーリーやシステムが搭載されたシリーズ外伝である。

Read Article

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説まとめ

「クロノ・トリガー」は、1995年に発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 ファイナルファンタジーの坂口博信、ドラクエの堀井雄二、ドラゴンボール等の漫画家鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。 主人公クロノは、未来の世界を滅ぼす元凶ラヴォスを倒すため、過去、現代、未来を行き来しながら冒険する。

Read Article

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(DQ7、ドラクエ7、Dragon Quest VII)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第7作目。これまでのシリーズで初めて任天堂以外のゲーム専用機で発売された作品。 今作は、魔王の封印を逃れ唯一世界に残っている島「エスタード島」から始まる。主人公たちは「ふしぎな石版」を台座に揃えて過去の時代に行き、その地の封印を解くことで大陸を復活させる冒険に出る。4人の精霊を目覚めさせた後、世界を救うために魔王との最終決戦に挑む。

Read Article

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(DQ3、ドラクエ3、Dragon Quest III)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第3作目。 1作目や2作目の主人公の先祖である伝説の勇者ロトの物語。 マリアハンの勇者オルテガは、魔王バラモスを倒す為に旅立ち、消息を絶った。オルテガの子供である主人公は、父のあとを継ぐために王に願い出て、魔王バラモスを倒す旅へと出発する。

Read Article

星のドラゴンクエスト(星ドラ、Dragon Quest of the Stars)のネタバレ解説まとめ

「星のドラゴンクエスト」とはスクウェア・エニックスより配信されている、スマートフォン用のロールプレイングゲームです。 略称は「星ドラ」で、仲間と共にクエストをクリアし、レベルアップしながらボスを倒していきます。 過去のドラゴンクエストシリーズのストーリーや、キャラクターなども登場するので、ドラクエファンの方はもちろんですが、初心者の方でも楽しめるゲームになっています。

Read Article

ドラゴンクエストV 天空の花嫁(DQ5、ドラクエ5、Dragon Quest V)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第5作目。 また、天空シリーズの第2弾でもある。 今作は、今までの主人公=勇者の図式を覆し、魔王を倒すことが目的ではなく、主人公の父親と共に母親を探すことが冒険の目的であった。 主人公の幼少期から物語は始まり、主人公の人生を追っていく。

Read Article

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(DQ8、ドラクエ8、Dragon Quest VIII)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第8作目。 同シリーズにおいて初めて後方視点の3Dグラフィックスが導入され、従来のドット絵からリアルなアニメ風の描画に変化した。また、リメイクとして2015年にニンテンドー3DS版が発売された。 呪われた王国を元の姿に戻すべく、王国を呪った張本人、道化師ドルマゲスを倒すため主人公とその仲間が奮闘するストーリーとなっている。

Read Article

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-(ドラゴンクエスト ダイのだいぼうけん、ダイ大)のネタバレ解説まとめ

エニックスの人気RPG「ドラゴンクエストシリーズ」の世界観を元に描かれた、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。かつて世界征服を目論んだ魔王「ハドラー」が勇者とその仲間によって倒されてから十数年。この物語は、復活を果たした魔王ハドラー率いる「魔王軍」と、かつての勇者の弟子「アバンの使徒」との戦いを描くバトルテイスト冒険ファンタジーである。

Read Article

ドラゴンクエストII 悪霊の神々(DQ2、ドラクエ2、Dragon Quest II)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第2作目。 ドラゴンクエスト1から100年後の世界。前作の主人公の子孫であるローレシアの王子は、同じく前作の主人公の子孫であるサマルトリアの王子、ムーンブルクの王女と共に、悪の大神官ハーゴンを倒す為に旅をする。

Read Article

ドラゴンクエストVI 幻の大地(DQ6、ドラクエ6、Dragon Quest VI)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第6作目。ドラゴンクエストIV、Vと同じ天空シリーズであり、「天空三部作」最古の時代、天空城の始まりの物語が描かれる。 物語は従来の作品での最終目的であった魔王との決戦から始まり、過去のドラゴンクエストシリーズとは一味違うプロローグとなっている。また、夢の世界と現実の世界という2つの世界を行き来したり、魔王を倒した後に大魔王を倒すという2段構えのシナリオも特徴である。

Read Article

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DQ4、ドラクエ4、Dragon Quest IV)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第4作目。 前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。 この作品からドラゴンクエスト独自のシステムが本格的に導入され始める。 今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。

Read Article

ドラゴンクエストIX 星空の守り人(DQ9、ドラクエ9、Dragon Quest IX)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第9作目。同シリーズ初のマルチプレイ要素を取り入れた作品で、主人公やパーティーメンバーの自由度の高いキャラクターメイキングができることでも有名な作品である。人間界と天使界が存在し、天使である主人公にしか見えないもの、できないことが多くあり、それらを駆使して世界を危機から救うといったストーリーになっている。

Read Article

ドラゴンクエストI(DQ1、ドラクエ1、Dragon Quest I)のネタバレ解説まとめ

ロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストシリーズの第1作目。 世界を支配していた魔王ゾーマが倒され、数百年後。アレフガルドは竜王によって再び支配され、ローラ姫がさらわれてしまう。王の命令で伝説の勇者ロトの子孫である主人公は、新たな勇者としてローラ姫を救出するために一人、冒険へと出発する。

Read Article

ドラゴンクエストX オンライン(DQ10、ドラクエ10、Dragon Quest X)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第10作目。同シリーズナンバリング作品としては初のオンラインゲームである。「エテーネの民」と呼ばれる主人公たちの村が冥王ネルゲルの攻撃により滅びを迎え、アストルティア大陸にて五つの種族のうちいずれかに転生した主人公が、元の人間の姿を取り戻し冥王ネルゲルを倒すため旅を始めるといったストーリーになっている。

Read Article

(2015年 芸能・経済ver)ドラクエ・復活の呪文ーーいでよ!勇者たち!!

ドラクエの復活の呪文とは、ドラクエ1である特定の文字を入力すると、セーブした勇者が復活するというシステムのことです。ファミリーコンピューターの時代はセーブデータなどほとんど存在せず、基本は一回きりの一発勝負の片道ゲーム。セーブという概念が入ったのは、このドラクエ1が初に近かったです。今回は、2015年の芸能・経済出来事を入力したときの勇者たちを、まとめてみました。

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents