ゼルダの伝説 夢をみる島がNintendo Switchでリメイク!その魅力に迫る!

『ゼルダの伝説 夢をみる島』は1993年にゲームボーイ向けに発売されたアクションアドベンチャーゲームである。『ゼルダの伝説シリーズ』では珍しい、泣けるエンディングで好評を博した本作。発売から20年以上たった2019年に、なんとNintendo Switchで3Dグラフィックとしてリメイクが発売した。
ここでは『ゼルダの伝説 夢をみる島』の魅力をまとめた。

『ゼルダの伝説 夢をみる島』にはかなりの魅力がある

出典: www.amazon.co.jp

GBの名作の

一つで、シナリオも独特です。

最初はマリンスライムみたいなグラフィックのヒロインのマリンちゃんにびっくりして、私、こんなグラのゲームできるのかな、って思ったけど、1時間くらいやったら、全然大丈夫でした。

出典: yumemana.com

やっぱゲームってグラじゃないですね。

出典: yumemana.com

移動の遅さとか、わらしべイベントの面倒さとかはあったけど、なんとなく快適さを感じるのがやっぱニンテンドーのゲームだなと思います。

出典: yumemana.com

泣けるくらい

切ないシナリオ

他のゼルダとは一風変わったストーリー。

出典: zelda-blog.hatenablog.jp

世界を滅ぼす魔王を倒しに行くわけではない。

出典: zelda-blog.hatenablog.jp

涙した人も多いと思う。
これをゼルダ史上最高傑作に上げる人も多い。

出典: zelda-blog.hatenablog.jp

なんとswitchで蘇る!!

出典: www.amazon.co.jp

switchなら

外でも楽しめる!!

任天堂は、Nintendo Switch向けタイトル『ゼルダの伝説 夢をみる島』を発表した。

出典: headlines.yahoo.co.jp

「Nintendo Direct 2019.2.14」にて、『ゼルダの伝説 夢をみる島』を2019年に発売予定であると発表しました。

出典: news.denfaminicogamer.jp

本作は、1993年にゲームボーイで発売した『ゼルダの伝説 夢をみる島』のニンテンドースイッチ版です。

出典: news.denfaminicogamer.jp

あの頃の

感動を思い出そう

ゲームプレイ映像も少し公開されている。

出典: jp.ign.com

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の後で、2Dゼルダの開発ラインがどうなってるのか不透明でしたが、ちゃんと存続されていたようです。

出典: gamerlife.blog.jp

ゼルダの伝説 夢をみる島 [Nintendo Direct 2019.2.14]

曲もいいですし、世界観も素晴らしい!!

しかも3Dリメイクで、コホリント島が描かれるという…!!

出典: www.amazon.co.jp

先に

これもやってみる?

発表トレーラーは、リンクが山の頂上に巨大なタマゴを抱く島「コホリント島」に流れ着くカットシーンから始まり、新たなアートスタイルと3Dモデルのキャラクターが披露。

出典: jp.ign.com

2Dゼルダを最新のテクノロジーでリメイクしており、ゲーム画面は2013年に登場したニンテンドー3DS用ゲームの「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」に似ている感じ。

出典: gigazine.net

楽しみだ!!

ゲームというよりはおもちゃのような独特のテクスチャが採用されています。

出典: gigazine.net

bcfree
bcfree
@bcfree

Related Articles関連記事

ゼルダの伝説 夢をみる島(夢島)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゼルダの伝説 夢をみる島』とは、1999年に任天堂『ゼルダの伝説シリーズ』の第四段として発表されたゲームボーイ用アクションアドベンチャーゲーム。『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の後日談となっている。主人公のリンクがハイラル王国へ帰る途中、嵐に巻き込まれて漂着した自然豊かな不思議な島「コホリント島」から脱出を目指す。初めてゼルダ以外のヒロインが出た作品であり、任天堂の他作品のキャラクターがゲスト出演している。ゲーム誌の『ファミコン通信』のクロスレビューではゴールド殿堂を獲得している。

Read Article

ゼルダの伝説 夢をみる島の徹底解説・感想まとめ

『ゼルダの伝説 夢をみる島』は『ゼルダの伝説シリーズ』第4作目にあたるゲームである。ガノンを倒してハイラルを救ったリンクが修行の旅から帰る途中で嵐に遭い、遭難して不思議な島で目覚めるところから物語が始まる。他のシリーズ作品とは違ってやや物悲しいエンディングであることが魅力で、Nintendo Switchでリメイク版が発売されるほど人気を博している。

Read Article

目次 - Contents