ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』とは2016年に公開されたロマンチック・コメディである。ブリジット・ジョーンズシリーズ最後の完結作ということで大きな話題を呼んだ。43歳になっても相変わらずシングルトンのブリジット・ジョーンズだったが、今回はイケメン億万長者ジャックと元恋人マークのと間で恋の三角関係を繰り広げる。果たしてブリジットはどちらを選ぶのか。そして今度こそ彼女は幸せをつかめるのだろうか。世界中の女性に愛されたブリジット・ジョーンズのドタバタ恋愛劇がついに完結する。

真実の告白

メディアショーで男性の裸の画像を披露してしまったブリジット(中央)

マークにもジャックにも真実を言い出せなかったブリジットだったが、2人とも父親として協力すると申し出てくれた。そこでブリジットはドクター・ローリングスに頼んで、赤ちゃんの定期健診に2人とも別々に立ち会わせる。赤ちゃんの性別は男の子で、2人とも大感激した様子だった。ブリジットはまずはジャックに真実を伝えるため、メディアショーに彼を招待する。しかしそこにはサプライズで駆け付けたマークの姿もあった。動揺したブリジットはパソコンの操作を間違え、ショーの大きなスクリーンに、裸の男達の写真を映してしまう。聴衆には大失笑を買い、上司のアリスには叱責を受けたブリジットは仕事もプライベートも大ピンチに陥る。ブリジットは落ち着いて話すため、マークとジャックを行きつけのイタリア料理店に連れていく。そしてブリジットはついにどちらが父親かわからないことを告白する。申し訳なさそうに謝るブリジットを、ジャックは戸惑いながらも受け入れてくれた。しかしマークは憮然とした態度で席を立ち、いきなり帰ってしまった。

ブリジットにはもう1つ気の重くなる問題があった。それは母パメラへの報告だった。突然村議会選挙に立候補した母の選挙キャンペーンを手伝うため、ブリジットはパメラの元を訪れた。娘が父親のわからない子を妊娠したことを恥じる態度を見せた母に、ブリジットは「古い価値観に囚われていると投票者も娘も離れていく」と言い放って、その場を後にする。

競い合うマークとジャック

両親学級に参加したブリジット(左)とジャック(中央)とマーク(右)

そして初の両親学級の当日。ジャックは勿論、思い直したマークも笑顔で参加してくれた。2人ともやる気マンマンで、競うようにブリジットの体を気遣ってくれる。パパが2人という説明しづらい状況に、学級ではゲイカップルの夢を叶えるために妊娠した代理母、という設定で自己紹介をした。アルゴリズムを開発するほど恋愛に熟知したジャックは、ブリジットの付き添いをとてもスマートにこなす。しかし生真面目なマークは戸惑うばかりだった。ある日マークはジャックの作った恋愛アプリで、自分とブリジットの相性を確かめてみる。2人の相性はさんざんで、ジャックとブリジットは理想のカップルという結果が出た。しかもブリジットが体調を崩した時、マークは裁判中で病院にすぐに駆け付けることができず、ジャックがまたブリジットの大きな助けとなったのだった。上手く立ち振る舞えない自分にイライラが募ったマークは、ジャックに「(こうなったのは)コンドームのせいだ」と怒りをぶつける。そこでジャックは、自分がブリジットと関係を持った時コンドームは付けなかった、と嘘をつく。マークは衝撃を受け、それ以来ブリジットと連絡を取らなくなってしまった。そんな状況の中ジャックはブリジットに、一緒に暮らし家族になろうと提案する。ブリジットが「もしマークの子だったら?」と尋ねると、それならば「考え直す」とジャックは答えた。逆にジャックに「マークを愛してる?」と問われ、「ずっと、愛してた」とブリジットは告白する。次に「俺は?」と聞かれ、「いつか愛せるかも」と正直に胸のうちを話す。ブリジットの心は2人の男性の間で揺れ動いていた。そこでジャックはコンドームを付けなかったと嘘をつき、マークの子ではないと彼に思わせたことを打ち明ける。それでも自分とブリジットの相性は計算上バッチリだと自信ありげなジャックに、ブリジットは「計算で人を好きになるんじゃない」と言い返し、誤解を解くためすぐさまマークに会いに行く。しかしそこには妻カミラと共にいる彼の姿があった。結局マークに会うことはなく、落胆したブリジットは1人で子どもを育てようと決意する。

母の応援

保守的から革新的に変化したパメラの選挙ポスター

時は過ぎ、またクリスマスの季節が到来する。毎年恒例の実家で行われるパーティーに、今年のブリジットは大きなお腹で参加した。今年はただのパーティーでなく、選挙キャンペーンパーティーに様変わりしていた。しかしなんとそこには「シングルマザーに支援を」と書かれているパメラの選挙ポスターが貼られていたのだ。保守的だったパメラはブリジットのために考えを改めてくれ、「その子はあなたが母親で世界一幸せよ」とブリジットの背中を温かく押してくれた。

ドタバタな出産劇

ジャックの手(右)でなくマークの手(左)を選んだブリジット(中央)

母に元気づけられたブリジットは、張り切って仕事をこなす。その日はある国の将軍をゲストに招いて、インタビューする予定だった。しかし将軍でなく間違えて彼の運転手にインタビューし、それを生放送で放映してしまったのだ。メディアショーでの大失態と今回の責任を問われ、ブリジットはアリスにクビを言い渡される。混乱したブリジットは財布も携帯も家と車のキーも置き忘れてきてしまい、アパートの外で雨に降られながら途方に暮れた。

ずぶ濡れのブリジットが朦朧としていると、まるで白馬の王子さまのようにマークが現れる。マークは「ずっと世界を救いたいと思ってきたが、君が僕の世界だ」と改めて愛の告白をした。あの日見かけた妻カミラは、ただ荷物を取りに来ただけだったのだ。安心したブリジットだったが、無理がたたったのか急に破水し、すぐに陣痛が始まる。しかも仕事先から電話が来たマークは、イラついて自分の携帯を投げ捨ててしまい、タクシーを呼べなくなってしまった。そこで行きつけのイタリア料理店の配達車に便乗させてもらい、ブリジットを病院に運ぼうとする。しかし道路が渋滞してしまい、マークはブリジットを抱きかかえて、病院に急ぐ。間もなくイタリア料理店店主から連絡を受けたジャックも駆け付け、2人でブリジットを抱えながら病院に運ぶ。陣痛の痛みで朦朧となったブリジットは、無意識のうちにジャックではなくマークの手を握っていた。そこでブリジットが「あなたの子じゃなかったら?」と問うと、「それでも愛せる。君への愛と同じ。ありのままの君をずっと愛せるのは僕だ」とマークは答えた。そしてブリジットは無事、男の子を出産する。命の誕生を前に、マークとジャックも仲直りし、しっかりと抱きしめ合う。そしてついにどちらが親なのか検査をすることになった。

バージンロードの先に

息子を抱えながらほほ笑むブリジット

それから1年後。ブリジットはみんなに祝福されながらバージンロードを歩いていた。その先にはジャックとマークの姿があった。しかし最終的にブリジットが選んだのは、子どもの父親であるマークだった。ジャックは息子の子守役として2人の結婚式を温かく見守っている。澄み渡った青空の下、お祝いのガーデンパーティーが開かれた。ブリジットは長年書き綴ってきた日記に向かって「親愛なる日記。こうしてついに私ブリジット・ジョーンズはシングルトンを卒業」と心の中で語り掛けた。愛する者に囲まれ、幸せを掴んだブリジットの心も青空のように晴れ晴れとしていた。

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の登場人物・キャラクター

主要人物

ブリジット・ジョーンズ(演:レニー・ゼルウィガー)

吹き替え:松本梨香

前作まではヘビースモーカーで太っちょなブリジットだったが、今作では禁煙しワークアウトで理想の体重を手に入れ、以前とは比べ物にならない程スマートな女性となった。
仕事上ではテレビ局のレポーターからテレビプロデューサーに転身し、ベテランとして活躍している。
しかしドジな面は相変わらずで、大事なメディアショーで恥をさらすなど大失態を繰り返す。
プライベートでは、元恋人マークと知り合ったばかりの億万長者ジャックと同時期に関係を持ってしまい、父親がどちらか判別できない子を妊娠してしまう。
そこで2人とも定期健診に立ち会わせたり、両親学級に参加させたりするが、ブリジットの心は揺れに揺れた。
しかし最終的にはマークを愛していることに気付き、お腹の子も彼の子だと判明する。
そして長きに渡って繰り広げたシングル生活を卒業し、ついにマークと幸せを掴んだ。

マーク・ダーシー(演:コリン・ファース)

吹き替え:井上倫宏

前作でブリジットにプロポーズしたマークだったが、すれ違いが続き、結局彼女とは別れてしまう。
その後カミラという女性と結婚するが、現在は離婚協議中だ。
そんな中ブリジットと思いがけなく再会し、焼け木杭に火が付き、一夜を共にする。
ブリジットがジャックとマークどちらの子を妊娠したかわからない状況には戸惑ったが、ブリジットとお腹の子の支えになろうと奮闘する。
しかし元来の生真面目さが出てしまい、スマートなジャックにどうしても敵わず、すっかり自信を失くしてしまう。
ジャックがついた嘘で一時期ブリジットと疎遠になるが、やはりブリジットを愛していることに気付き、彼女の出産に立ち会う。
そして生まれた赤ちゃんも自分の子であることが判明し、ついにブリジットと結婚式を挙げる。

ジャック・クワント(演:パトリック・デンプシー)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ブリジット・ジョーンズの日記(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記』とは、2001年に公開されたロマンティック・コメディ映画。原作は作家ヘレン・フィールディングの同名コラムで、結婚相手が見つからない女性の寂しい本音を赤裸々に描いている。ブリジットはちょっと太めのシングル女性で、お酒と煙草が止められず、恋も仕事も失敗ばかり。そんなブリジットの等身大の姿が、世の女性の多くの共感を呼び、異例の大ヒットとなった。温かくて親切で正直な愛すべきキャラクター、ブリジットの恋と仕事を巡るドタバタ劇を描いたコメディ満載のハートフルストーリーだ。

Read Article

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』とは2004年に公開されたロマンティック・コメディ映画。前作『ブリジットジョーンズの日記』(2001)の続編としてイギリスとアメリカに共同制作され、またもや大ヒット映画となる。相変わらずドジでぽっちゃり女子のブリジットと、堅物だけど真面目で温かいマークは、恋人として蜜月の日々を送っていた。しかしお互いの育ちや環境の違いで衝突したり、美人な同僚に嫉妬したり、と波乱万丈なブリジットの恋模様がキュートなコメディタッチで描かれている。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

キングスマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マーク・ミラー原作のコミックを「キック・アス」に続きマシュー・ボーンが監督した、常識破りの超過激ノンストップ・スパイアクション。亡き父の後を継いでスパイ組織「キングスマン」の一員としてスパイとなる道を選んだ青年が、ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、最強の敵相手に奮闘する姿を描く。「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースが激しいアクションに挑戦。2015年公開のイギリス映画。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

シカゴ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シカゴ』とは、監督ロブ・マーシャルメインキャストにレニー・ゼルウィガー、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの3人を起用したミュージカル映画。 1920年代、ショービジネスと犯罪の町シカゴを舞台に、スターを夢見る主人公が、殺人を起こし刑務所に収容されながらもスターへの道を上る様子を描いている。 キャッチコピーは「この街では、銃弾一発で有名になれる」 近年のアメリカ映画において、ミュージカル映画はヒットしないと言われていたが、そのジンクスを覆した作品ともいわれている。

Read Article

キングスマン:ゴールデン・サークル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングスマン:ゴールデン・サークル』とは、2017年に制作されたアクション映画。 『キングスマン』の続編であり、前作と同じくマシュー・ヴォーンが監督を務め、タロン・エガートン、コリン・ファースが出演する。 日本では2018年に公開され興行収入17億円を超えるヒット作となった。 イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅してしまい、キングスマンのエージェントであるエグジーは同盟を結んでいるアメリカスパイ機関ステイツマンに協力を求める。

Read Article

1917 命をかけた伝令(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『1917 命をかけた伝令』とは、名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に全編ワンカット風に描く戦争ドラマ。若きイギリス兵のウィルとブレイクの2人は、敵軍の罠にかかりそうな前線の味方を救うべく伝令を届ける命を受け、危険な道のりを必死に進んでいく。コリン・ファースやマーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチなどイギリスを代表する俳優が共演しており、世界中で高い評価を受け、アカデミー賞では10部門のノミネートとなった。

Read Article

マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マンマ・ミーア!』とは、2008年にイギリス、ドイツ、アメリカが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。 エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナに育てられたソフィが自身の結婚式でヴァージン・ロードを一緒に歩いてもらうために本物の父親を探し出す物語。 今作は世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAのヒット曲で構成されており、見てるだけで思わず歌い出してしまうハッピーミュージカル映画である。

Read Article

目次 - Contents