緑黄色社会(リョクシャカ)の徹底解説まとめ

緑黄色社会とは愛知県出身の4人組バンド。愛称は”リョクシャカ”。高校の同級生である長屋晴子(Vo/Gt)、小林壱誓(Gt/Cho)、peppe(Key/Cho)に小林の幼馴染である穴見真吾(Ba/Cho)が加わり2012年に結成。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のエピックレコードジャパン。長屋晴子の透明かつ力強い歌声と、個性・ルーツの異なるメンバー全員が作曲に携わることにより生まれる楽曲のカラーバリエーション、ポップセンスにより、同世代の支持を多く集める。

小林「僕がグッとくるのは”陰”の感情を歌った曲なんです。」

楽曲「Mela!」についてのインタビューでの小林の一言。「『Mela!』のような曲を世に出していくことが、リョクシャカにとっての役割意識にもなっていくのでしょうか?」という質問に対して小林は「それが難しいところなんですよね。僕らの真髄は、長屋というソングライターがいて、長屋の声で歌うというところにあって、そこで僕がグッとくるのは”陰”の感情を歌った曲なんです。長屋の歌声にはポジティブなエネルギーもあるし、僕らの曲の中で『Mela!』が一番聴かれているとなると、周りにそういうものを求められることが多くなるような気もしていて。」と答えている。世間から求められている「緑黄色社会」と自分たちの思う「緑黄色社会」のズレに少し悩んでいる様子がうかがえる。

長屋「歌詞は、私にとっての相談相手なのかもしれません。」

緑黄色社会の楽曲の歌詞についてのインタビューでの長屋の一言。「歌詞とは晴子さんにとってどんな存在のものですか?」という質問に対して「歌詞は、私にとっての相談相手なのかもしれません(笑)。完全に“主人公=私”ではないからこそ、自分の歌詞に勇気をもらったり、聴き返して溜まっていた愚痴を吐き出したり。あんまり人に話せないから、歌詞を話し相手にしている感じなんですよね。」と答えている。自分の気持ちをなかなか外に出せない長屋にとって歌詞を考えることは間接的に自分を表現する役割も果たしていることが読み取れる。

緑黄色社会の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

バンド名は聞き間違いから生まれた

バンド名をどうしようかと考えていた時に長屋が当時飲んでいた野菜ジュースの「緑黄色野菜」という言葉をメンバーが「緑黄色社会」と聞き間違えたことからこのバンド名に決定した。ラジオをはじめ、テレビや雑誌でもバンド名の由来について説明している。

長屋とpeppeはモデル経験あり

長屋(左)peppe(右)

緑黄色社会がメジャーデビューする前の2017年、アパレルブランド『WEARTHEMUSIC』のモデルとして長屋、peppeが起用される。当時からルックスの高さには評価が高かったが、それを証明されるような経験となっている。

主題歌の担当だけでなく実際にドラマに出演していた長屋

ドラマ『G線上のあなたと私』で婚活パーティーに出席する女性の役として長屋が出演している。

大原櫻子とDISH//に楽曲提供をしている

長屋晴子の作詞作曲によって制作された配信シングル。爽快感のあるメロディーで等身大の自分を表現した長屋晴子の楽曲と大原櫻子の透明感のある歌声がマッチした一曲となっている。

DISH//の4枚目のアルバム『X』に収録されている一曲。長屋晴子が提供したこの楽曲は”20代になった僕たちの青春”がテーマとなっており、緑黄色社会のポップな世界観とDISHのクールな世界観が絶妙に混ざり合った作品となっている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents