ユニークなピープロ特撮の世界

特撮制作会社と言えば、東映、円谷プロといった企業が有名であるが、かつて、様々なユニークな企画で存在感を持った企業があった。ピー・プロダクション、通称「ピープロ」である。そんな、ピープロの特撮作品の中から、代表的なものを紹介したい。

1974年4月6日に放映開始された作品。
ピープロ作品でも人気がが高く、2011年にはスピンオフの劇場版も作られている。
秘密刑事・大門豊と、犯罪組織Σ団(シグマだん)や恐竜軍団との戦いを描く作品。
ザボーガーは、豊の父親が作った犯罪捜査用ロボット。
豊とザボーガーは、兄弟とも言える存在だ。

ザボーガーは、大門豊の「怒りの電流」の指令で、オートバイ形態から人間形態に変形する。

1年10ヶ月ぶりのコメント編集。皆さんはリメイク版もう見ましたか?うp主はまだ見てません。BDで出てからゆっくり見ます。

nakano_makoto
nakano_makoto
@nakano_makoto

目次 - Contents