殺し屋1(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『殺し屋1(いち)』とは日本のバイオレンスアクション漫画である。原作は山本英夫で1998年から週刊ヤングサンデーに掲載されていた。過激な暴力表現が特徴であり、2001年に三池崇史監督で実写映画化された時にはあまりにも激しい暴力シーンのため、性描写以外では初のRー18指定となった。元いじめられっ子の主人公「城石一(イチ)」は謎の男(ジジイ)のマインドコントロールによって凄腕の殺し屋に仕立て上げられていた。新宿歌舞伎町にある「ヤクザマンション」を中心にした暴力団との攻防・混沌を描く問題作。

『殺し屋 1』の概要

『殺し屋1』とは山本英夫原作のバイオレンスアクション漫画である。週刊ヤングサンデーに1998年の12号から2001年18号まで掲載されており、単行本全10巻の累計発行部数は約500万部。過激すぎる暴力表現が特徴で、一巻がAmazonのkindleストアで無料配信になった際にはアダルト本として分けられていた。(現在は終了)
2001年には三池崇史監督によって実写映画化された。その際本作のあまりにも激しい暴力シーンを考慮してR-18に指定されており、性描写以外のバイオレンス映画として初めてのR-18となった。
映画の主演は垣原役に浅野忠信、イチ役に大森南朋でキャッチコピーは「愛はかなりイタイ」である。
本作は新宿歌舞伎町を舞台に、そこにある住人の八割が暴力団関係者という集合住宅通称「ヤクザマンション」を中心に広がるストーリーだ。
謎の男ジジイは組などの組織から破門されたハグレ者を集め、ヤクザマンションで一番危険な武闘派暴力団「安生組」の壊滅を計画していた。ジジイは自信がマインドコントロールで殺人兵器に仕立てた元いじめられっ子の「イチ」を使い組長の安生芳雄を殺害、3億円の強奪に成功した。
イチは普段は大人しく気弱な性格だが、いじめを受けたトラウマを思い出すと子供のように泣きじゃくりながら相手を惨殺する「泣き虫の殺し屋」だった。
安生組の若頭・垣原芳雄は組長を殺した殺した犯人を暴力と拷問を駆使して捜索していた。犯人がジジイ一派と「殺し屋イチ」の仕業だと知り、垣原は安生を殺害したイチに復讐することを誓った。
イチの残虐さに恐れ慄く住人は次々ヤクザマンションを後にする。しかし真性マゾヒストの垣原はイチの残虐性にどんどん惹かれていく。イチもまた、人が痛めつけられるところを見て興奮する真性サディストであった。
いつしか垣原はイチとの対決を心待ちにしていくのだった。

『殺し屋1』のあらすじ・ストーリー

泣き虫の殺し屋

安生組長暗殺計画をするジジイ一派のジジイ(上)井上(左)龍(中)昂(右)

歌舞伎町に新人の警察官が配属された。先輩の警官は歌舞伎町について案内する。ここはヤクザや裏組織、マフィアの巣窟であり犯罪が絶えない街だった。住宅街に入ると大きなマンションにぶつかった。新人警官は「こんな歌舞伎町のど真ん中に普通のマンションがあるんスね」と言う。先輩警官はそれを見て「ここにはあまり関わんねー方がいいな」と言った。ここは「ヤクザマンション」と呼ばれ恐れられている場所であった。
あるワゴン車の中で「ヤクザマンション」の部屋割の表を広げて話し合いがされていた。話の中心にいるのはジジィと呼ばれている小柄で初老の謎の男だ。ジジィは三人の仲間、昇(のぼる)・井上(いのうえ)・龍(りゅう)にこれから実行する計画の内容を説明する。ジジィは「ヤクザマンション」の住人の八割は暴力団関係者だと言った。この中でも一番恐れられているのはこの十三階に住む武闘派暴力団「安生(あんじょう)組」だった。ジジィは今日この日、安生組組長の安生芳雄(あんじょうよしお)を殺し金庫の金を強奪する計画を立てていた。三人の男は黙ってジジイの話を聞いている。組長はちょうど11階の17歳の愛人の部屋にいることがわかっており、その部屋にある隠し金庫を襲う手筈だと言った。仲間の一人、坊主頭の昂は戦いに備えて銃を整えていた。それを見たジジイはその計画を「わかってねぇじゃねーか」と昂を咎めた。あのマンションで銃を使うのはいくらサイレンサーをつけていたって命取りな行為だった。なぜならこのマンションでの暗黙のルールは「チャカ(銃)の使用はたとえ抗争が起きようが使ってはいけない」と言うものがあった。「じゃあどうやってやるんだよ」と言う昇にジジィは「1(イチ)が殺る」と言った。
ジジィと三人はその後始末をするだけだった。三人はイチの存在は知っていたが実際に会ったことはなかった。ジジィも三人にイチを会わすつもりはなかった。それは三人の誰かがジジィを裏切ったらイチがその人物を殺せるようにという考えがあってのことだった。
今まさに仕事をすでに終わらせたイチからジジィの携帯に着信があった。電話口から嗚咽を漏らし泣きじゃくる声が聞こえる。「ヒック…終わったよ……ヒック」と泣きながらイチは言った。それを聞いたジジィは「仕事しにいくぞ」と三人に言い動き始めた。
黒い戦闘スーツに身を包んでいる青年・イチは電話を終えて電話ボックスから泣きながら出てきた。おでこを手で押さえている少年・タケシはそんなイチを見て「なんで大人なのに泣いてんの?」と話しかけた。タケシはイチの足に血がついてるのを見て興味津々でイチに質問した。タケシの話を聞きながらイチはの頭の中にジジィから教え込まれた「姿を見られたものは…全て殺せ!!」と言う言葉を思い出す。イチは涙を拭い、タケシに向けて気味の悪い笑みを浮かべた。それを見たタケシはその異常な顔に顔面を強張らせ逃げ出した。イチはそのタケシの後ろ姿を複雑な表情で見送った。

イチが殺害した17歳の愛人(左)と安生組長

ジジィと三人の男は清掃用具を持ってヤクザマンションの螺旋状の非常階段を登っていた。ジジィは盗聴器で安生組の連中が組長殺害に気づかず麻雀に夢中になってることを確認した。一行は防犯カメラを回避しながら安生がいた十一階の部屋にたどり着く。部屋入るとそこは真っ暗で、家中血の匂いが充満していた。ジジィは暗闇で血の匂いをたどり死体のある部屋を探し当てた。灯を付けるとその寝室には大量の血が広がり、裸で惨殺された男女の遺体があった。
その頃イチは高級ホテルの一室の風呂場で鼻歌を歌いながら「殺人シューズ」の血を洗い流していた。「殺人シューズ」の左足の踵には恐ろしく鋭い刃が仕込まれていた。
殺害現場を見た昇と龍はそれを見て絶句していた。あまりにも惨たらしい死体を見てどうやったらこんな酷い殺し方ができるのかと思った。しかしヤク中の井上は女の裸の死体を見て興奮していた。
四人は防護服を着て部屋の後始末に取り掛かる。ジジィは一人、部屋にある金庫の解錠に取り掛かった。大量の血を拭っているとカタコトでしゃべる中国人の龍が床に精液があることに気付いた。イチは毎回殺しをした後、必ず精液を残していた。そんなイチに対して龍は「イチって……とんでもない変態ね……」と呟いた。
部屋はみるみるきれいに清掃されていった。落ちづらい血や精液をちゃんと消せる薬剤はジジィがアメリカの殺人現場処理会社用のものを取り寄せていた。そんな会社があること自体に昇は驚いたが、海外ではそういった需要が増えてきているのが現状だった。
完全に綺麗になった現場を後にし二つの遺体を車に運び込む。ジジィは遺体を産業廃棄物処分場に埋めてくるように指示を出した。三人に任せてジジイはイチに会いに戻った。
ジジィとイチはは高級ホテルでディナーをとっていた。イチは食事には手をつけず、窓から見える夜の街を見つめていた。その悲しそうな目をしているイチにジジィは心配して話しかけた。するとイチは「僕…また人を殺しちゃったよ……」と俯いた。それを見たジジィは「いいんだよ!気にするなって」と笑顔で言った。イチにはいじめに遭っていた過去があり、いじめてるヤツらやそれを黙って見ていた連中に復讐すると決めていた。ジジィはそれの決意を思い出させ説得する。イチには今日殺した組長が中一の頃自分のことをいじめた「カズオ君」に見えて頭に血が上がったのだと話した。ジジィはイチにどうやって奴らをやっつけたのか見せてくれと頼んだ。イチは立ち上がり、ジジイに向けて構え、素早く空中を何度も蹴り、最後に思いっきり勢いをつけた蹴りをジジィの顔面ギリギリに寸止めさせた。それを見たジジィは「そうか……」と言いながらその蹴りの鋭さに冷や汗をかき息を呑んだ。
死体を埋めるための穴を掘りながら昇と龍は「イチってどんなヤツだろうな」と話していた。龍はイチのことを「殺し屋って言うよりただの殺人鬼ね」と言った。そして案外ただの普通の人ではないかと予想していた。その頃ワゴンの中では井上が女と安生の死体をせっせと犯していた。
自転車で帰ろうとするイチにジジィは分厚い封筒を手渡した。イチはここから十時間かけて家に帰っていく。それは電車賃をケチっているのではなく、足腰の鍛錬だと言った。イチはまだ強くなりたいと思っていた。

消えた組長と金の行方

口が大きく裂けている安生組若頭の垣原。

翌朝、安生と金庫の金が消えていることに気づいて慌ただしくしているヤクザマンションの様子を、ジジィはカップラーメンを啜りながら聞いていた。
十一階の部屋で黒服で大柄な若頭補佐・高山(たかやま)が誰もいなくなった部屋を確認すると、麻雀に明け暮れていた下っ端の組員連中を殴り責め立てた。高山は「若頭、このふたり…どうオトシマエつけます?」と椅子に座って眺めていた男に声をかけた。若頭と呼ばれた男は垣原雅雄(かきはらまさお)といい、「ピアスのマー坊」という呼び名通り顔面ピアスだらけだった。垣原はタバコを深く吸い込み煙を吐き出した。垣原の口は頬の辺りまで大きく裂けており、裂けている部分をピアスで留めていた。煙を吐き出すと裂けている部分から煙が漏れ出す。垣原はわざとそこから煙を出してみせた。そして咎められた二人に対して服を脱げと命じ裸で立たせ昨夜の様子を問いただした。そのうちの一人、下っ端組員の藤原(ふじわら)は怪しい人物を見たものはいなかったが、隣の部屋の住人は子供の鳴き声を聞いたと答えた。「まあいい…」と垣原はスーツの内ポケットから細い鉄の棒を取り出した。その棒はピアスを開ける際に使う先端が鋭利になった長いニードルだった。垣原はニードルを二人の性器に突き刺し血だらけの穴にピアスをつけた。組員の一人、金子はベッドの下から血痕を見つけた。それは数字の「1」のように見えた。垣原はその血を舐め取り、なぜかそれが安生組長のものだと気がついた。そこで改めて「1」の形に見える血痕を見つめた。
話を聞きつけた本家・三光連合の会長中沢俊至(なかざわしゅんじ)が安生組の事務所を訪れた。中沢は昔頭に弾丸を食らったことがあり、それ以来常に酔っ払いのようにフラフラしていた。垣原は中沢に事情を説明し、それを聞いた中沢は無くなった金のことばかり気にかけていた。金庫には最低三億円入っていたというが、垣原はそれよりも安生の身の心配をしていた。垣原は中沢に「安生は何者かに拉致されたんじゃないか」と必死に訴えるが、中沢はもう「確実に消されちまってる」と感じていた。それを聞いた垣原は肩を震わせて泣き始めた。安生の「ケンカ一本、暴力に生きてきた生き様」に惚れ込んでるという垣原は、安生が生きていると信じたかった。垣原は新宿中何人殺してでも安生の行方を追い、犯人を生け捕りにしてなぶり殺すことを心に決めていた。
組織に迷惑をかけることを恐れている中沢は新宿で面倒な争い事を起こすことには反対だった。しかし垣原は「組長(オヤジ)を見捨てるようなことがあったら…安生組は黙っちゃいませんよ」と中沢を睨みつけた。
ある海岸沿いにポツンとあるログハウスに帰宅したイチはサンドバッグの中に報酬として貰った札束を詰めた。すでに札束で膨れていたサンドバッグが更にパンパンになった。イチはそれに蹴りを入れ「うんっ、やっぱりお札が一番当たりがいい!」と言った。
新宿の街では安生組がしらみつぶしに安生の行方を追っていた。そんな中組員の一人、金子は今こそ組に認めてもらうため組の鉄砲弾として命をかけようと意気込んでいた。
垣原は組員を引き連れ歌舞伎町のパブ「ヒランドゥ」に向かった。そこにいる安生の愛人でホステスのカレンを訪ねるが、カレンは他のヤクザの接客中だった。ロン毛の丈二というヤクザは邪魔に入った垣原に苛立って絡んだ。何を言われても反応しない垣原に丈二は垣原の口に留めてあるピアスに手をかけ皮膚を引きちぎった。垣原の口から血が滴り落ちた。垣原はピアスが外れたせいで大きく開けられるようになった裂けている口を、パカッと開いてニヤリと笑った。垣原は素早く懐からニードルを出し丈二の頬の横から突き刺し反対側に貫通させた。そしてそれを一気に手前に引き、垣原のように口が頬まで裂けた。あまりの痛みに丈二は泣き叫び連れと共に店を後にした。
垣原はカレンと話しているとふと目の前のテーブルに座る四人組の男たちが気になった。その連中はジジィ一派だった。カレンによればその連中はなんでもやる外道だと言った。
垣原はジジイたちのテーブルに向かい喧嘩腰に話しかけた。ジジィは垣原の威圧的な態度に怯え、下手に出て大人しく店を出ようとする。垣原はジジィの抱える重そうなカバンが気になった。藤原が無理矢理カバンを確かめようとすると昇が銃を藤原に向けた。揉め事になるのを恐れたジジィは観念したようにカバンの中身を垣原に見せた。そこには大量のヤクが詰められていた。それを見た垣原はジジィたちに「1って知ってるか?」と聞いた。ジジィはとぼけた顔をしてなんのことがわからないと答えた。垣原は自分の名刺をジジィに差し出し「なんか情報があったら高く買ってやる」と言い去っていった。
ジジィ一派はアジトにしているラブホテルに移動した。そこでヤクザマンションに仕掛けたカメラで様子を盗み見た。ジジィは奪った金・二億九千六百万円を四人で公平に分けた。事前にイチにも同等の額を渡していた。
ジジィはスキマ産業であるヤクザのスキマを狙ってまだ儲ける気だった。ジジィたちはそのスキマがたくさんあるヤクザマンションをぐちゃぐちゃにすることに狙いを定めていた。

元いじめられっ子のサディスト

蹴った相手が痛がっているところを複雑な表情で見つめるイチ

イチは中学時代の夢を見た。中学生のイチは校舎の陰でいじめられっ子に囲まれていた。いじめっ子の杉本はイチに殴りかかる。杉本は下手なパンチで手首を捻ってしまった。それを殴られたイチのせいにしてイチの股間を蹴り上げ顔にも蹴りを入れた。足技が自慢の杉本はうずくまるイチの顔を踏みつけ「アイムチャンピョン」と言った。イチは泣きながらそこで目を覚ました。
イチは働く海鉄機工に三日ぶりに出勤した。上司に無断欠勤をこっぴどく怒られ、職場の仲間にも疎まれながら仕事をしていた。
イチは通っている空手道場に誰よりも早く着き一人練習していた。イチはサンドバックに蹴りを入れていたが、その摩擦でサンドバッグに焼け跡ができてしまった。その時道場に傷だらけの小学生がやってきた。ついさっきいじめられたという少年・ノリオはイチに今していた足技を教えて欲しいと言った。
イチは少年に稽古をつけた。少年はイチがこんなに強いのになぜ白帯のままなのか聞いた。イチは「オレみたいな人間が、黒帯なんかつけちゃいけないんだ…」と言った。
その夜、空手のスパークリングをしているイチはボクシングをやっていたという男を相手にしていた。イチは自分から攻撃せず黙って相手の攻撃をガードしていた。立て続けに相手の威勢のいい攻撃を受けるうちにイチは相手の男の顔がいじめっ子の杉本に見えてきた。それを機にイチの中でスイッチが入り、ガードを解いて攻撃を交わし素早く飛び蹴りを食らわせた。それは周りで見ていた者の目には空振りに見えていたが、直後相手の身体が崩れ落ちた。イチのケリを掠めた男の頭部はスパッと抉れて髪が肉ごと剥がれていた。
それを見ていたノリオはイチに駆け寄り「イチ兄ちゃんヤッタね!」と声をかけた。しかしその時、イチは唇を噛み締め何かを我慢しているように顔をグチャグチャにしかめたまま黙って男を見つめていた。少年はイチの股間が道着越しにも膨らんでいることに気づいた。周りの空手仲間にやりすぎだと咎められ、ひたすらに謝るイチはいつものイチだった。
イチはその後、欲望を処理するため風俗店へ行った。そこでDVを受けて顔面が腫れ、全身傷だらけの風俗嬢・セーラを指名していた。セーラの傷跡が酷ければ酷いほどイチは性的に興奮していった。セーラはそんなイチの性癖を見抜いていた。

仕掛けられた内部抗争・安生組VS船鬼組

803号室で拷問を受ける鈴木。

相変わらず安生組は組長の消息が掴めず慌ただしくしていた。
そんな中ジジィは一人、正面から堂々とヤクザマンションに乗り込んだ。ジジィは垣原の元を訪ね情報(ネタ)を提供すると持ちかけた。ジジィは金庫を襲うという話を中国の爆窃団が目論んでいると話した。そしてその中に日本人が一人案内人として混ざっており、その人物は船鬼組の幹部鈴木なのだと嘘の供述をした。船鬼組というのは安生組と同じ傘下にある組で、船鬼組もまたヤクザマンションの十一階に事務所を構えていた。ジジィは垣原の狙いを船鬼組に向けさせるため、言葉巧みに垣原を誘導した。更にジジィはその爆窃団もこのマンションの六階に住んでいると言った。
その様子はホテルで待機しているはぐれ者たち三人も聞いていた。ヤクザマンションには各部屋に元安生組員だった井上によって盗聴器が仕掛けられていたため、全室盗聴可能だった。
垣原はジジィに案内させ608号室にやってきたが、中はもぬけのからだった。
垣原はすぐに船鬼組の幹部鈴木の情報を集めさせていたカレンに電話した。カレンは、垣原に裏ビデオ屋のシキリを奪われたことを鈴木が根に持ち愚痴をこぼしていたというのは事実だと言った。部屋を捜索していた金子が風呂場から金歯を発見して垣原に手渡した。垣原はそれを鼻に詰め思いっきり息を吸った。「…親父……」と安生組長のものだと確信した垣原は鈴木を捕獲することを決意した。
高山はマンションの駐車場で車から降りる鈴木を待ち伏せした。拉致された鈴木は803号室のSMクラブ「ウィスパー」に運び込まれた。鈴木は全裸でうつ伏せになっており、壁から垂れている無数の釣り針のようなものに皮膚を吊りあげられベッドから数十センチ浮いていた。この部屋は垣原が拷問に使う部屋であり、完全に防音になっていた。身に覚えがない鈴木は必死に抵抗する。垣原のさらなる拷問は続くが鈴木は608号室にいた中国人は爆窃団ではなくただの仕事の取引先の連中だと話す。ジジィの嘘がバレたかと思ったが、ジジィはそれでも説得力のある言葉で鈴木を貶める。どちらが正しいこと言ってるのかの判断をするのは垣原だった。垣原はジジィの言い分を信じ、熱した油を鈴木の背中と頭にかけ更に痛めつける。
組長の所在を聞き出そうとするが、鈴木は知らないので答えられなかった。最終段階で垣原は油の鍋に陰部を浸からせようとする。
そこに船鬼組の組長・船鬼がやってきた。
垣原が安生組の組長の行方について船鬼と口論をしている隙に、ジジィはその場から逃げ出していた。
垣原はジジィの魂胆だったことに気づいても何も悪びれずにいた。船鬼はそんな垣原に鈴木をめちゃくちゃにされたことに激怒し銃を取り出したが、内部抗争を恐れ垣原を手にかけることはできなかった。
手をさせずにいる船鬼を垣原は煽った。船鬼はその挑発に我慢できず、銃を垣原の足元に撃ち放った。銃禁止のヤクザマンションで銃を放つということは実質的に開戦の合図だった。
ジジィは無事逃げ出しホテルに戻る。そして拷問を受けた鈴木の恨みに大変な金額がつくと踏んでいた。

沸々と顔を出し始めるサディストの欲望

イチの優しさに喜ぶセーラ。

イチ代わり映えのしない日常を送っていた。ノリオとの稽古でイチは相手の目を見ると足が震えて闘えないことがわかった。しかし以前のスパークリングではなぜか相手を睨みつけることができたのを思い出した。
イチはまたセーラの店へ行った。セーラは今度はガラスの灰皿で鼻を殴られていた。絶望して泣くセーラにイチは鼻を治す金を手渡す。そしてイチは相手を「殺したい」と言ったセーラに「殺してあげるよ」と言った。イチが足を震わせてそう言っているのに気づいたセーラは微笑み、優しくしてくれたイチに身体を許した。しかし、イチはなかなかイケなかった。
イチは仕事終わりに自宅へ帰るセーラの後を自転車で尾けた。セーラは家に帰ってすぐ稼ぎが少ないと男に暴力を振られてた。タバコを額に押し付けられたセーラは思いっきり男の鼻に齧り付いた。男はガラスの灰皿を手に取りセーラの後頭部に打ちつける。その様子を盗み見ていたイチの股間はめいいっぱい腫れ上がっていた。
男は項垂れたセーラのズボンを引き下ろし、尻に容赦無く男根を突き立てた。痛みに絶叫するセーラを見て、イチは自分の手のひらをカッターで切り血のついた手で夢中で性器を扱いた。
気配を感じた男が窓の外を見るとそこには誰もいなく、窓下の壁には何者かがいた証拠に精液がついていた。

垣原のケジメと始まったジジイの捜索

詫びとして自らの舌を切る垣原。

鈴木の運ばれた病院で垣原は中沢を交えて船鬼と話し合いをしていた。中沢は二人の間を取り持ち、今回の件を和解させようとした。船鬼は鈴木の治療費を含め2千万円で手を打つなら水に流しても構わないと言った。しかし、垣原はそれに乗らなかった。
実際、安生組の金は奪われ唯一のデカイ資金源(シノギ)の裏ビデオ屋は組の存続のため手放す訳にはいかなかった。垣原は一連の騒ぎの詫びとして自ら小刀で舌を切り始めた。小刀を小刻みに動かし先端にピアスが付いた分厚い舌を切断していく。その間垣原は恍惚とした表情で股間を腫れ上がらせ、切り離された頃には射精していた。
改めて今度はジジイを探すために動き出した安生組だったが、その様子を聞いてるはずのホテルで待機している井上はヤクのやり過ぎで意識を手放していた。
垣原は「ヒンドゥ」でカレンとジジィについて話していた。カレンはジジィがカモフラージュに持っていたヤクに目をつけていた。その麻薬がヘロインだと推測しているカレンはその入手ルートからジジィを捜索することができるのではないかと垣原に提案した。

安生組長殺しの真犯人

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents