40年ぶりに新しいオスカル様に会える!「ベルサイユのばら」が再始動

『ベルサイユのばら』は、池田理代子によって描かれた国民的ともいっていいほど有名な少女マンガです。フランス王妃マリー・アントワネットとフェルゼンの恋と、男装の麗人オスカルとその恋人アンドレの悲劇的な運命は日本だけでなく、世界中の少女たちの涙を誘いました。40年以上も前に連載が終了していた「ベルばら」ですが、2014年から今年にかけて再び新作が発表され、マンガ界に衝撃を与えました。

「ベルサイユのばら」は、1972~1973年にかけて「週刊マーガレット」で連載されました。大人っぽく流麗な絵柄と、フランスの歴史を題材にした珍しさ、男装の麗人オスカルのキャラクターの秀逸さなどが話題を呼び、大ヒットしました。

連載終了後の宝塚歌劇団による舞台化が人気に拍車をかけ、「ベルばらブーム」とよばれる社会現象となりました。その後、1979~1980年にかけてテレビアニメと劇場版アニメになり、当時のブームを知らない世代にまで人気が浸透していきました。今では祖母から孫まで3世代に渡るベルばらファンも数多くいます。

作者の池田理代子はベルばら発表後、少女マンガやレディースコミックで活躍していましたが、45歳の時に今後の人生を自分の好きなように生きてゆくことを決意、音大を受験して見事合格しました。その後は音楽や講演をメインに活動していきました。

2006年から「ベルばら」の登場人物たちをデフォルメしたシリーズを発表。単行本はコメディー風の4コマと、ベルばら連載当時の裏話などを折りこんだコラムを合わせて発行されました。

そして2014年、ついにあの「ベルばら」が帰ってきました。内容は番外編的なエピソードを中心にしています。オスカルやアンドレ、ジェローデルなどの懐かしい登場人物たちの過去の物語や、革命後の行く末が描かれます。第2巻ではオスカルの両親と、オスカル誕生の逸話などが紹介されています。

ベルサイユのばら 全5巻セット (集英社文庫(コミック版)) 文庫
革命の嵐に揺れる18世紀のフランス。美貌の女性騎士・オスカルと従者アンドレの愛は時代の波に翻弄されて…。
王妃マリー・アントワネットの悲劇を織りまぜて描く感動巨編!

www.ikeda-riyoko-pro.com

とんとん
とんとん
@tonton

Related Articles関連記事

ベルサイユのばら(ベルばら)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ベルサイユのばら(ベルばら)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ベルサイユのばら』とは、池田理代子が描いた少女漫画で、1770年から17789年頃のフランスを舞台とした物語である。週刊マーガレットで連載以来、少女たちを中心に人気に火が付き、アニメ化や宝塚化などを果たした。 ロマンチックな恋のセリフや、時代の波に飲まれながらも必死に生き抜こうとする格好良いセリフの数々は、読者に長年愛され続けている。

Read Article

ベルサイユのばら(ベルばら)のネタバレ解説・考察まとめ

ベルサイユのばら(ベルばら)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベルサイユのばら』とは、池田理代子原作の漫画作品である。通称「ベルばら」。1972年から1973年にかけて、『週刊マーガレット』(集英社)で連載された。フランス王妃マリー・アントワネット、男装の麗人オスカル、スウェーデンの貴族フェルゼンの三人を中心に、ルイ15世末期からアントワネット処刑の頃までを描いている。1974年に宝塚歌劇団でミュージカル版が上映されると、続々とテレビアニメ化・劇場版アニメ化され、爆発的な人気となった。発行部数2,000万部を突破し、今もなお愛され続ける作品である。

Read Article

あしたのジョー(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

あしたのジョー(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あしたのジョー』とは、高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による日本の漫画作品、もしくは漫画原作のアニメーション。講談社の『週刊少年マガジン』に、1968年(昭和43年)1月1日号(発売日は1967年(昭和42年)12月15日)から1973年(昭和48年)5月13日号にかけて連載された。 野生の本能を持った孤児矢吹丈が、ボクシングの才能を買われ孤独な戦いを繰り広げる。ボクシングにかける男の美学が、美しくも切なくもある。

Read Article

今年で25周年の1991年のアニメ作品10本

今年で25周年の1991年のアニメ作品10本

今年2016年は、「きんぎょ注意報!」「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」などの作品の、25周年、四半世紀にあたる。1991年は、サンライズのロボットアニメが活況な年だった。エルドランシリーズの「ライジンオー」、勇者シリーズの「ファイバード」のほか、ガンダムシリーズも「F91」「0083」が競い合うかのように作られた。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article