涅ネム(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

涅ネム(くろつち ねむ)は、久保帯人によって『週刊少年ジャンプ』で連載されていた『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊十二番隊副隊長。同隊隊長の涅マユリによる改造魂魄計画・眠(ネムリ)によって生み出された被造死神である。主のマユリに従順で感情は見せなかったが、尸魂界に侵攻してきた見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)のペルニダとの戦闘において、自らが盾となってマユリを庇い、大脳以外すべて食い尽くされてしまった。その後、大脳を回収したマユリの手によって眠八號として幼い新個体となって復活した。

涅ネムのプロフィール・人物像

性別:女性
一人称:私
所属:護廷十三隊・十二番隊副隊長 兼 女性死神協会理事(副会長代理)
出身:技術開発局
身長:167cm
体重:52kg
誕生日:3月30日
斬魄刀:不明(未登場)
趣味:実験
特技:人体実験
好きな食べ物:秋刀魚
嫌いな食べ物:ネギ
休日の過ごし方:瀞霊廷通信を隅々まで読む

CV:釘宮理恵

涅ネム(くろつち ねむ)は護廷十三隊・十二番隊副隊長、女性死神協会の理事を務めており、同隊隊長の涅マユリの改造魂魄計画・眠により生み出された被造死神である。身体能力は極めて高く、性格はおとなしくマユリに従順である。千年血戦篇までは、マユリからの暴力や、敵もろとも斬られるなど、理不尽な命令にもすべて従っていた。マユリから血液を与えてもらって作られたため、マユリの娘とされている。眠計画では壱號から順に作られ、六號まで研究が上手くいかなかったが、七號であるネムが初めて劇的な成長を見せて研究が成功した。千年血戦篇の見えざる帝国・星十字騎士団(シュテルンリッター)のペルニダ・パルンカジャスとの戦いの中では、マユリが命令していないにも関わらず、マユリを守るためにネム自身の考えで行動し、マユリを攻撃から守った。マユリはなぜ命令してないのに加勢したのかネムに問うが、ネムは「わかりません」となぜその行動に至ったのか自覚していない。これまでの戦いでは、マユリが命令することで戦闘に加勢し、マユリがネムに教えることでネムの知識としてインプットされていた。しかし、黒崎一護たちや破面等との戦闘を数多く経験することにより、ネム自身で勝手に学ぶことができるようになるまで成長していたことが明らかとなる。マユリと共闘し、ペルニダとの戦闘になるが、ペルニダに大脳以外を食い尽くされてしまう。見えざる帝国との戦いから10年後、マユリが回収した大脳とこれまでの研究により、新たな眠計画の個体・眠八號として再び登場した。年齢は幼児~小児相当である。

涅ネムの能力

所持する斬魄刀については原作でも未登場であり、公式ファンブック『BLEACH 13BLADEs.』でも不明とされている。斬魄刀戦術の最終奥義・卍解は未習得のようで、原作では登場しない。卍解は斬魄刀始解時の5倍から10倍の戦闘能力が出せるが、奥義というだけあってその習得は難しい。護廷十三隊副隊長以下の席官で卍解を習得しているものは数名しかいないとのこと。

涅ネムの必殺技

義魂重輪銃(ぎこんじゅうりんじゅう)

見えざる帝国のペルニダ・パルンカジャスとの戦闘の中で使用した技。自身の魂魄の6%を消費して直接敵に打ち込んで破壊する。

涅ネムの来歴・活躍

原作では十二番隊副隊長を務め、マユリの登場シーンに合わせて登場していた。千年血戦篇まで戦闘するシーンは見られなかったが、マユリとの掛け合いなどで存在感を出していた。

涅ネム(眠七號)の誕生

幼少期の涅ネム(眠七號)

涅ネムは、無から新たな魂を作るという全死神の夢を叶えるための被造魂魄計画(通称・眠計画)により生み出された、被造死神である。ネムは眠計画の七個体目・眠七號(ネムリななごう)が正式名称であり、自身の娘としてマユリがネムと名付けた。眠計画では一號から三號まで立て続けに失敗し、四號で初めて脳髄が完成した。その次の五號は胎児まで成長し、マユリはこの技術を応用して自身の斬魄刀を改造し、相手の四肢の自由を奪う能力を有する疋殺地蔵(あしそぎじぞう)を作ったとされている。その後、六號は2歳相当まで成長したが、細胞分裂を起こさずに亡くなっている。これが被造魂魄細胞の寿命であるとされていたが、ネムの脳下垂体に被造魂魄細胞の細胞分裂の限界を突破するための加速器官を埋め込み、大脳で制御しながら脳下垂体の加速器官を暴走させて細胞分裂させることで、劇的に成長する七號であるネムを誕生させた。寿命を超えて七號が成長したときのマユリの喜びようは半端ではなかったと、後に同隊三席の阿近(あこん)が幼少期のネムに話している。このことからも、ネムはマユリにとっての最高傑作としている。また、千年血戦篇の中で、ネムが自ら成長して進化する魂魄になっていたことも含め、浦原を超える研究が成功したことをマユリは喜んでいる。

なお、無から新たな魂を作るという夢は全死神の夢ではなく、マユリの夢とされている。もし被造死神が完成した際には、起きたまま夢を見ている(=夢が叶う)という皮肉から、眠計画とマユリ自身が名付けている。そして最高傑作のネムが完成し、そのネムが日々何かを学び、成長していくことで夢が叶ったマユリはずっと夢の中におり、それをネムに悟られるのが恥ずかしいため、眠七號とは呼ばず、ネムと呼ぶのではないかと、阿近の口から話されている。

尸魂界篇

尸魂界篇では、処刑執行される朽木ルキアを助けるため、現世から瀞霊廷内に侵入した黒崎一護の仲間・石田雨竜の前に涅マユリと共に登場した。雨竜との戦闘においては、マユリの攻撃をサポートするため雨竜を捕らえた状態で一緒にマユリに斬られるなど、異常な従順さが描かれていた。その際に斬られた傷により、機能が維持できなくなるため、身体の一部を再生させる補肉剤(ほじくざい)を投与してもらえないかマユリに懇願するが、その程度の傷でマユリが作ったネムの体が動けなくなる訳がないと、かえって逆上したマユリから暴行を受け、戦闘から離脱する。その後、雨竜の滅却師(クインシー)としての能力が消滅するほどの一撃により、負傷したマユリが逃走。マユリの卍解状態の斬魄刀・金色疋殺地蔵(こんじきあしそぎじぞう)の能力により、毒を浴びた雨竜に解毒剤を与え、マユリを殺さないでくれたことへのお礼を告げる。直に駆けつける十二番隊の隊員からも逃げるよう言い、侵入者である雨竜を逃がす。藍染惣右介、市丸ギン、東仙要らの謀反を聞いた後も、(駆けつけるか)どうするかをマユリに尋ねるが、興味がないと発言したマユリに従う。

破面篇

詳細な描写は無いが栄養を注入され復活するネム

破面篇では、現世と尸魂界の狭間にある虚圏(ウェコムンド)に涅マユリと共に登場した。破面とは、死神と虚(ホロウ)両方の能力を有する虚のことで、浦原喜助が生み出した崩玉(=死神と虚の境界線を取り払うもの)を藍染惣右介が使用し、数多くの破面達が作られた。破面の中でも戦闘能力の高い上位10体が順に数字を与えられ、彼らは総称して十刃(エスパーダ)と呼ばれている。なお、藍染率いる破面(アランカル)達は、虚圏にある宮殿のような建物の虚夜宮(ラスノーチェス)に住んでいる。虚圏では、石田雨竜と阿散井恋次が第8十刃(オクターバ・エスパーダ)のザエルアポロ・グランツに苦戦する中、交代する形でマユリとネムが参戦した。ザエルアポロは敵と同じ体内構造をした人形を作り出し、その人形の体の一部を破壊すると、同期してその人形の元となった敵の体の一部を破壊することができる。マユリとネムは、そのザエルアポロの能力により、ザエルアポロを油断させるため負傷したフリをしていたが、能力が効いておらず、またマユリにより馬鹿にされたことに腹を立てたザエルアポロにネムが捕らえられる。マユリはネムが捕らえられた状態であったが、卍解状態の斬魄刀・金色疋殺地蔵(こんじきあしそぎじぞう)により、ザエルアポロに毒を浴びせる。ザエルアポロは毒を回避するためネムの体内に自身を産み付け、ネムの栄養や霊圧すべてを奪い、復活。ネムは干からびたような状態になり、戦線離脱となる。その後、ザエルアポロに勝利したマユリにより、青年漫画のような音を立てて栄養を与えられ、干からびた状態から復活する。

ザエルアポロとの戦闘の後、現世(空座町)の壊滅を企てる藍染が虚圏と現世を行き来するための黒腔(ガルガンダ)と呼ばれる道を封じた。これにより護廷十三隊員や黒崎一護たちは虚圏に閉じ込められることになったが、マユリがザエルアポロの研究室から黒腔の解析データを収集したため、黒腔を開くためのエネルギー(恐らく霊圧)をネムが提供し、一護を現世へと送った。

千年血戦篇

滅却師の一団・見えざる帝国の星十字騎士団が尸魂界を襲撃する中、護廷十三隊の居る瀞霊廷が一瞬でかき消される。千年もの間、死神が最も警戒していなかった瀞霊廷の影の中に霊子空間を作り、瀞霊廷の影にできた見えざる帝国を表在化させることで瀞霊廷を消したのである。見えざる帝国は影の中に作られているため、影がなければ消されないことを察知した涅マユリとネムは、全身ピカピカに輝く、影を作らないスーツに身をまとって登場した。マユリとネムが居た研究室も、影をすべてなくしたために消されずに済んでいる。護廷十三隊と星十字騎士団の戦闘が行われる中、滅却師の始祖・ユーハバッハは霊王を殺害し、自身の体内に取り込む。霊王とは、世界の均衡を維持する尸魂界の絶対的な存在であり、瀞霊廷の遥か上空にある霊王宮に住んでいる。霊王を取り込んだユーハバッハは、霊王宮も自身の力によって新たな城に作り替えてしまう。後にユーハバッハは、霊王宮を作り替えた新たな城を真世界城(ヴァールヴェルト)と名付けている。ユーハバッハおよび見えざる帝国を壊滅させるため、真世界城に黒崎一護たち旅禍と、護廷十三隊隊士が同時に到着する。この時、マユリ、ネム、十一番隊隊長の更木剣八、三席の班目一角、五席の綾瀬川弓親らは別行動を取り、真世界城の別の地点に到着する。そして到着してすぐ、見えざる帝国・星十字騎士団の一員、ペルニダ・パルンカジャスと出会い、戦闘となる。ペルニダは霊王の左腕であり、自身の神経を敵の体に潜り込ませて、強制的に動きを制御する能力を持つ。星十字騎士団のメンバーは、ユーハバッハから聖文字(シュリフト)と呼ばれる、A~Zのアルファベット1文字で始まる能力を与えられる。ペルニダは強制的に相手の動きを制御することから、頭文字Cの強制執行(The compulsory)の聖文字を与えられている。なお、霊王の左腕の形をしたペルニダの五本の指のうち、切断された指は新たな左腕となって分身が作られる。

最初は能力を見せないペルニダに、真っ向から剣八が斬りかかるが、ペルニダの能力により神経を打ち込まれ、剣八の右腕が折り畳まれる。このままだと全身が折り畳まれると咄嗟に判断した剣八は、自身の右腕をもぎ取る。マユリは能力がわからないペルニダに挑む剣八を制止するが、剣八は聞く耳を持たず、再度ペルニダを斬ろうとする。これによって次は両足を折り畳まれる剣八に対し、マユリは自身の斬魄刀・疋殺地蔵により剣八の四肢を麻痺させ、剣八の動きを封じる。麻痺によって剣八の両足が折り畳まれなくなったことから、マユリはペルニダの能力が神経に由来するものであると気づき、マユリは新たに改造した卍解を使用してペルニダと戦闘する。新たに改造したマユリの卍解は、戦闘の中でマユリが得た情報を元に、それに対応した疋殺地蔵を産みだすことが出来る。この方法により、七万の神経層を持つことでペルニダの神経攻撃を七万回無効にできる疋殺地蔵を産みだし、疋殺地蔵にペルニダ本体(指を2回もがれ分身が別に2体おり、計3体のペルニダがいる)を丸呑みさせ殺そうとする。しかし、疋殺地蔵が内部から爆発し、ペルニダが生きていたことにマユリは驚く。そして剣八と戦っていた当初、言葉も発することが出来なかったペルニダは戦闘の中で進化し、知能が高くなっていることにマユリは気づく。最初は神経や滅却師の矢で単調に攻撃していたペルニダも高度な攻撃を行うようになり、ついには神経でつないだ滅却師の矢を操作してマユリを襲う。空中で身動きが取れず、確実に矢が刺さると認識したマユリであったが、刺さる寸前のところでマユリが命令をしていないにも関わらず、ネムが盾となってマユリをかばい加勢する。マユリはなぜ命令してないのに加勢したのかネムに問うが、ネムは「わかりません」となぜその行動に至ったのか自覚していない。これまでの戦いでは、マユリが命令することで戦闘に加勢し、マユリがネムに教えることでネムの知識としてインプットされていた。しかし、黒崎一護たちや破面等との戦闘を数多く経験することにより、ネム自身で勝手に学ぶことができるようになるまで成長していたことが明らかとなる。そしてこの時、原作で初めてマユリがネムのことを「眠七號」と呼び、ネムはこの名前で呼ばれたことに驚きを見せる。なお、この時マユリはネムに死んでほしくないという想いから、ネム自身の判断で行動してはならないこと、マユリの命令以外で死んではならないと叱りつける。

ネムがマユリに加勢した元々の理由は、ペルニダとの戦いで負傷したマユリの腕を修復するため、補肉剤をマユリに手渡すためであった。マユリは、いつも出撃の際に必ず薬品棚から補肉剤を持っていくが、今回の見えざる帝国との戦いではマユリが補肉剤を持っていかず、マユリの感情に何らかの変化があったことをネムが察知し、代わりに補肉剤を持って出ていた。マユリはそんなネムを気味が悪いと言いつつも、次なる作戦でペルニダを倒すため、ネムと共闘する。ネムが加勢する前、ペルニダを斬ると血液が流れたことから、神経で操っている矢を無力化させて血液凝固剤を打ち込み、血液を凝固させて殺すことをマユリは計画する。そして、マユリが麻酔薬を散布しながら神経で繋がれた矢を無力化し、ネムが矢を通じて血液凝固剤をペルニダに打ち込むことに成功し、2体のペルニダの分身を殺すことに成功する。しかし、知能が高くなっている本体のペルニダは、危険を察知して凝固した指を自ら切り落とした。この時、ペルニダが剣八のような話し方をしていたこと、そして剣八がペルニダにより折り畳まれた右腕の危険を察知して右腕をもぎ取っていたことから、ペルニダは神経を流し込んだ敵の情報を吸い出すことができる能力も持っていることにマユリが気づく。剣八のレベルまでペルニダの神経のレベルが進化していれば、ネムが攻撃を躱しきれないとすぐに察したマユリであったが、時すでに遅く、ペルニダは先に爆発させたマユリの卍解の能力を使いながら、マユリとネムに攻撃を始めた。

戦いの最中、眠七號が誕生した回想シーンが描かれ、ネムは自身がマユリの最高傑作であり、今よりも更に進化できることを改めて認識する。そして、自身の肉体が組織崩壊する0.8%手前のレベルまで力を引き出し、マユリを飲み込もうとするペルニダを貫いてバラバラにするが、ペルニダは分身せず再び1体に戻る。マユリはネムの進化した力に驚き、そしてまた命令をしていないにも関わらず飛び出したネムを責めようとする。しかし、ネムは命令ではなくマユリを守るという使命で動いていると答える。マユリはネムの使命は成長だと言うが、ネムはマユリを守ることでその成長を体現できると答え、マユリが初めてネムに言い負かされる。ネムは自身の魂魄を消費して打ち込む義魂重輪銃により、ペルニダをバラバラにするが、粉々になったペルニダの各々の指が分身となり、神経をネムに打ち込む。神経を多方から打ち込まれたネムの体は爆発し、バラバラにされてしまう。マユリは娘であり、最高傑作であるネムが爆発してしまったことに絶望した。しかしその刹那、夢の中でマユリを見下すように、ザエルアポロが現れ、マユリの目を覚まさせて現実に引き戻すのだった。マユリはネムの研究を今後も継続するため、ネムの大脳だけを回収する。ネムの脳下垂体には、被造魂魄細胞の細胞分裂限界を突破するための加速器官が埋め込まれており、ネムの大脳でこの器官を制御しながら細胞分裂させることで問題なく成長させている。したがって、ネムの脳下垂体の加速器官は、大脳による制御がなくなると、過剰な細胞分裂を起こし続けてしまう。マユリはこれを逆手に、ネムの大脳以外の組織をすべてペルニダに食べさせることで体内で過剰な細胞分裂を起こさせ、ペルニダを爆発させ戦いに勝利する。

眠八號の誕生

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

山本元柳斎重國(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさいしげくに)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊総隊長にして一番隊隊長。死神の中でもかなりの高齢だが、護廷十三隊の中でトップクラスの実力者が集まる一番隊の隊長を1000年以上も務めてきた。尸魂界(ソウルソサエティ)を守るために非情な決断をすることもあるが、付き合いの長い隊士たちを我が子のように思う面もある。滅却師(クインシー)の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」との戦いの中でユーハバッハにより殺害される。

Read Article

雀部長次郎忠息(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

雀部長次郎忠息(ささきべちょうじろうただおき)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の一番隊副隊長で、天候を操る強力な卍解を持ち、何度となく隊長への昇進を打診されても頑なに断り続け、一番隊隊長山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさいしげくに)を支えるために副隊長でありつづけた忠義の男だ。無口な性格で、作中での会話シーンは少ない。滅却師の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」が尸魂界に宣戦布告した際、卍解を奪われて殺害される。

Read Article

市丸ギン(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

市丸ギンとは(いちまるぎん)とは、久保帯人によって『週刊少年ジャンプ』で連載されていたバトル漫画作品『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊三番隊元隊長。 その実力は護廷十三隊の中でも相当なもので、たったの一年で真央霊術院を卒業している不世出の天才。 市丸ギンは「尸魂界(ソウルソサエティ)篇」の終盤で護廷十三隊を裏切り、藍染惣右介と共に虚圏(ウェコムンド)に行く。だが市丸ギンの行動はすべて幼馴染である松本乱菊のためであった。最期は藍染惣右介との決闘に敗れ、黒崎一護に思いを託し死亡する。

Read Article

銀城空吾(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

銀城空吾とは、『BLEACH』に登場する完現術者(フルブリンガー)の集まりである「XCUTION」のリーダーで、死神の力を失った一護の前に現れて完現術(フルブリング)を身に着けさせる。一護の前に代行証を得ていた初代・死神代行で、一度は死神と協力関係を結んだが代行証を捨てて姿をくらまし、仲間を集めて復讐の機会をうかがっていた。一護が身に着けた完現術を奪い、護廷十三隊に挑もうとするが、死神の力を取り戻した一護に敗れて死亡し、魂は尸魂界へ送られた。千年血戦篇では月島と共に一護に手を貸している。

Read Article

月島秀九郎(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

月島秀九郎(つきしま しゅうくろう)とは、『BLEACH』に登場する完現術者(フルブリンガー)の集まりである「XCUTION」の元リーダーで、他人の過去を改変する能力「ブック・オブ・ジ・エンド」の使い手。一護の仲間や家族の記憶に「自分が大切な人である」過去を挟み込み、味方につけることで一護を孤立させ、追い詰める。その後、尸魂界から一護の救援に駆けつけた朽木白哉に敗れて死亡する。千年血戦篇では銀城と共に一護の前に現れ、手を貸している。

Read Article

BLEACH 獄頣鳴鳴篇(20周年記念読切)のネタバレ解説・考察まとめ

『BLEACH 獄頣鳴鳴篇(ごくいめいめいへん)』とは、久保帯人の人気作『BLEACH』20周年を記念して描かれた、同氏による読切漫画である。 『BLEACH』の物語が完結して10数年。黒崎一護は、阿散井恋次から死神たちの墓参りに参列するよう声を掛けられていた。かつての仲間たちとの再会に沸く一同だったが、そこに以前倒したはずのザエルアポロと、彼に率いられた謎の怪物たちが襲い掛かる。そのザエルアポロの口から、尸魂界の秘密に関する驚愕の真実がもたらされることとなる。

Read Article

吉良イヅル(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

吉良イヅルとは、久保帯人によって『週刊少年ジャンプ』で連載されていた『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊三番隊副隊長。阿散井恋次、雛森桃は真央霊術院時代の同期で、檜佐木修兵は先輩にあたる。生真面目、気弱な性格で、元上官・市丸ギンに忠誠を誓っていた。尸魂界に侵攻してきた見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)のバズビーの攻撃を食らい、右上半身に大ダメージを負い死亡。その後、涅マユリの実験により復活、滅却師との攻防を繰り広げた。所有している斬魄刀は侘助(わびすけ)、解号は「面を上げろ侘助」。

Read Article

NEW

斑目一角(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

斑目一角(まだらめ いっかく)とは、久保帯人(くぼ たいと)が『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画『BLEACH』の登場人物。 スキンヘッドの強面で、目尻に赤い化粧を入れている。護廷十三隊の十一番隊所属の第三席。粗野で好戦的な性格をしており、血の気がとても多い。 死ぬならば隊長である更木剣八の元で戦って死ぬと誓っており、昇進を兼ねた他の隊への異動も受ける気はないらしい。その為、隊長の就任条件である卍解の習得を果たしているにも関わらずそれを他人に隠している。

Read Article

日番谷冬獅郎(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

日番谷冬獅郎(ひつがや とうしろう)とは週刊少年ジャンプで連載していた『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊の十番隊隊長。史上最年少で隊長の座に就いた天才で、氷雪系最強の斬魄刀「氷輪丸」の所持者。女性死神からの人気も高く、元々の実力は高いもののそれに驕らず、鍛錬に励む努力家。 少年のような見た目で銀髪の翡翠眼が特徴的。主人公、死神代行の黒崎一護(くろさき いちご)からは「冬獅郎」と呼ばれ、なぜか慕われているが、本人は必ず「日番谷隊長だ」と頑なに訂正している。

Read Article

石田雨竜(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

石田雨竜とは、『BLEACH』に登場する滅却師(クインシー)の少年で、主人公・一護の友人。死神との戦いでほとんどの滅却師が死亡した後の数少ない生き残りとされていた。冷静沈着な頭脳派で滅却師としての誇りが強く、一護とは衝突しがちだが最終的には腐れ縁のような仲になる。「金にならない」と言って滅却師の仕事を毛嫌いする父に反発し、祖父に師事した。そのため父と同じ医者にはならないと言っていたが、最終的には和解し、医者になって父の病院に勤めることになった。

Read Article

兵主部一兵衛(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

兵主部一兵衛(ひょうすべいちべえ)とは、『BLEACH』に登場する王属特務・零番隊に所属するリーダー格の男であり、異名は「真名呼和尚(まなこおしょう)」。尸魂界の万物に名前をつけた人物であり、すべての斬魄刀の真の名前を知っている。「名前」を支配する力を持ち、死亡しても名前を呼ばれることで、呼んだ者の力を借りて復活することができる。同じ手段で零番隊の面々を蘇らせることも可能。霊王宮に攻め込んだユーハバッハと交戦するが、敗北して死亡し、ユーハバッハを追ってきた一護に名前を呼ばれて復活する。

Read Article

更木剣八(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

更木剣八(ざらきけんぱち)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の中でも武闘派が集まる十一番隊の隊長を務める男だ。「剣八」とはその代の最強の剣士の呼び名で、生まれたときに名前を持たなかった剣八は自分で自分に「剣八」と名付けた。名前の通り非常に好戦的で、強い者との戦いを至上の幸福としている一方で、自身が強すぎるあまりに対等に渡り合える敵がなかなか現れず、主人公の一護と出会うまで退屈しきっていた。最終章「千年血戦篇」で初代剣八の卯ノ花との戦いを通して初めて自身の斬魄刀の名前を知る。

Read Article

ウルキオラ・シファー(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

ウルキオラ・シファーとは、久保帯人によって『週刊少年ジャンプ』で連載されたバトル漫画作品『BLEACH』の登場人物で、藍染惣右介によって作られた十刃(エスパーダ)の内の一人であり、第4十刃(クアトロ・エスパーダ)として登場した。作中で黒崎一護が最初に出会った破面(アランカル)にして、最初に出会った十刃の一人。藍染からの信頼も厚く、井上織姫を連行する命を受けその後監視役と教育を兼ねた世話役となる。その後、井上織姫を連れ戻しに来た黒崎一護と対峙し、その戦いに敗れ死亡する。

Read Article

志波海燕(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

志波海燕(しばかいえん)とは、久保帯人によって『週刊少年ジャンプ』で連載されたバトル漫画作品『BLEACH』の登場人物で、死神であり元十三番隊副隊長。没落した名門貴族志波家の長男で、死神の学校である真央霊術院(しんおうれいじゅついん)をたった2年で卒業した天才。護廷十三隊に入隊してからもわずか6年で十三番隊副隊長の地位に就いた実力者である。自身の妻を殺した虚(ホロウ)との戦闘で霊体ごと体を乗っ取られ、当時の部下であった朽木ルキアに刺されて死亡する。

Read Article

朽木白哉(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

朽木白哉(くちきびゃくや)とは『週刊少年ジャンプ』で連載していた『BLEACH』の登場人物で護廷十三隊六番隊の隊長であり、同作の準主人公である朽木ルキアの義理の兄である。現世で罪を犯したルキアを尸魂界に連行し、ルキアを奪還しようとした同作の主人公、黒崎一護(くろさきいちご)に立ちはだかった。それ以降は一護と共闘し破面篇ではルキアのピンチに駆けつけ敵の十刃を撃退した。死神代行消失篇では記憶を操作されたにも関わらず一護の味方となり、危機を救った。

Read Article

ユーハバッハ(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

ユーハバッハとは、『BLEACH』に登場する滅却師の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」を率いる人物で、すべての滅却師の始祖。自身のために部下を殺すことを躊躇わない冷酷な男だ。この世とあの世のバランスを破壊し、生と死の区別のない世界を作るべく、尸魂界に侵攻し、全面戦争を起こす。あらゆる未来を見通し、干渉、改変する「全知全能(ジ・オールマイティ)」という力を持つ、『BLEACH』最強の敵。

Read Article

ユーグラム・ハッシュヴァルト(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

ユーグラム・ハッシュヴァルトとは、『BLEACH』に登場する滅却師(クインシー)の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」の皇帝補佐、星十字騎士団最高位(シュテルンリッター・グランドマスター)、星十字騎士団団長を務める男で、ユーハバッハの腹心の部下だ。通常の滅却師とは違って霊子を収束できない特異体質で、幼い頃は弓矢を作れない落ちこぼれの滅却師だったが、ユーハバッハに見出されて側近となる。ユーハバッハに絶対の忠誠を誓う一方で、幼い頃に親友だったバズビーを切り捨てた後悔を抱えている。

Read Article

卯ノ花烈/卯ノ花八千流(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

卯ノ花烈(うのはなれつ)/卯ノ花八千流(うのはなやちる)とは、『BLEACH』に登場する護廷十三隊の四番隊隊長で、当初は卯ノ花烈として登場した。四番隊は救護や補給を主な任務とする部隊で、卯ノ花の斬魄刀「肉雫唼(みなづき)」には治癒能力がある。卯ノ花の正体は初代「剣八」にして初代十一番隊隊長、当時の名は卯ノ花八千流という。少年の頃の更木剣八が唯一「こうなりたい」と憧れた人だ。滅却師の軍団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」との決戦のため、剣八との一騎打ちでその真の強さを引き出し、死亡する。

Read Article

涅マユリ(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

涅マユリ(くろつち まゆり)とは週刊少年ジャンプで連載していた『BLEACH』の登場人物で、護廷十三隊の十二番隊隊長であり、技術開発局二代目局長を兼任している。 容姿は白い肌に奇抜な黒い化粧を施したような姿で、髪型も特徴的だ。また、姿はどんどん変化している。 隊長として理知的に隊をまとめているが、その本性はかなりのマッドサイエンティストである。強い好奇心の持ち主のため、人体実験を特に好んでいる。

Read Article

黒崎一護(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

黒崎一護(くろさきいちご)とは『週刊少年ジャンプ』で連載していた『BLEACH』の主人公で、死神代行。ある時、家族を虚(ホロウ)から守るため、死神の朽木ルキア(くちきるきあ)から死神の力を譲り受け危機を打破。それ以降は死神代行として活動する。「尸魂界篇」「破面篇」では自らに虚の力が宿っていることを知り、破面篇での戦いで死神の力を失うことになるが「死神代行消失篇」で完現術(フルブリング)を会得し、戦う力を得る。「千年血戦篇」では虚の力だけではなく滅却師であった母の力も受け継いでいたことが判明した。

Read Article

黒崎一心(BLEACH)の徹底解説・考察まとめ

黒崎一心(くろさきいっしん)とは、『BLEACH』の主人公・黒崎一護の父親で、元死神。死神の名門、志波家の分家に生まれ、護廷十三隊十番隊の隊長を務めていた。現世で滅却師(クインシー)の女子高生、黒崎真咲に命を救われ、魂に虚が混ざって死にそうになった真咲を助けるために死神の地位を捨てて現世で人間として生活することになる。その後、真咲と結婚し、一護、夏梨、遊子が生まれた。子煩悩の愛妻家で、子どもたちにはウザがられがち。死神代行として敵に立ち向かう一護を見守り、時に導く。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

NEW

BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【BLEACH】一護の声優がCMで歌声披露!?爆笑の嵐!!【剣と魔法のログレス】

『週刊少年ジャンプ』で連載された大人気漫画『BLEACH』と大人気アプリゲーム『剣と魔法のログレス』のコラボ企画をアピールするテレビCMが放送された。『BLEACH』のアニメで主人公、黒崎一護(くろさきいちご)を演じた声優・森田成一の歌うCMソングはゲームのファン以外にも笑いを届けている。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】【BLEACH】実は恋愛漫画を描いていた意外な漫画家【マギ】【バキ】

大ヒット漫画『BLEACH』の作者である久保帯人の最新作『BURN THE WITCH』はなんとラブコメ。しかし『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博、『マギ』大高忍、『バキ』シリーズの板垣恵介など、有名漫画家が描いたラブコメの名作は実は多い。本記事では有名漫画家の隠れた名作ラブコメを紹介していく。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

【あつ森】BLEACHの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大人気漫画『BLEACH』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

BURN THE WITCH(バーン・ザ・ウィッチ)のネタバレ解説・考察まとめ

『BURN THE WITCH(バーン ザ ウィッチ)』とは、久保帯人による日本の漫画及びそれを原作とするアニメ作品。 ロンドンの裏側に存在する街リバース・ロンドンで、ドラゴンと呼ばれる異形の存在への対処を担う組織ウイング・バインド。ニニーとのえるはそこに所属する魔女であり、それぞれ実力は確かながら噛み合わない名物コンビだった。彼女たちの知己でドラゴン憑きでもある青年バルゴが処分対象とされたことを発端に、ニニーとのえるは組織の上層部や伝説の怪物を敵に回して大立ち回りを演じていく。

Read Article

【BLEACH】iPhone&スマホ用待ち受け壁紙画像まとめ【ブリーチ】

『BLEACH』とは、死神代行の力を与えられた少年・黒崎一護が、仲間たちと共に様々な敵と戦う様を描いた久保帯人の漫画作品である。 キレのあるセリフ、スタイリッシュなキャラクター、謎めいたストーリーで世界的な人気を博し、関連グッズも多数作られている。ここではその中でもiPhoneとスマホ用の壁紙画像について紹介する。

Read Article

【BLEACH】スマホ用待ち受け壁紙画像まとめ【ブリーチ】

『BLEACH』とは、死神代行の力を与えられた少年・黒崎一護が、仲間たちと共に様々な敵と戦う様を描いた久保帯人の漫画作品である。 キレのあるセリフ、スタイリッシュなキャラクター、謎めいたストーリーで世界的な人気を博し、関連グッズも多数作られている。ここではその中でもスマホ用の壁紙画像について紹介する。

Read Article

【BLEACH】歴代美女キャラクターまとめ【ブリーチ】

『BLEACH』(ブリーチ)とは、ひょんなことから死神代行となった高校生・黒崎一護が、悪霊たちとの熾烈な戦いに巻き込まれていく様を描いた久保帯人による漫画作品。 スタイリッシュな画風と斬新な設定で多くのファンを獲得し、現役の漫画家の中にも影響を受けていることを明言する者がいるほどの人気作。作中には様々なキャラクターが登場し、その言動、思想、活躍によって読者を魅了していった。その中でも特に人気の高い女性キャラクターについて紹介する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents