【アルバム】究極のヒューマン・ビート・ボックス!ビョーク『メダラ 』の魅力を今改めて振り返る

アイスランド・レイキャビク出身の歌姫ビョーク。その独特の世界観に魅せられ、ビョークに影響を受けたと公言するトップアーティストは挙げだしたらキリがないほど。革新的な音楽を次々と世界に打ち出し、進化し続けるビョークですが、本日は、2004年に発表された5thアルバム『メダラ』の魅力を改めて振り返ります!

音楽を聴きたくない時でも聴けます。
ジャケットも素晴らしくて、曲に合ってます。

真っ暗な部屋か、夜に外で聴いてみてください。
声が感覚の先に触れて、
一本一本の神経の先が枝分かれしていくようです。

身震いします。

出典: www.amazon.co.jp

まとめ

本日は、ビョークの5枚目のアルバㇺ『メダラ』を紹介しました。最初聴いたとき、人間の声のみで創られたとは思えないほどいろいろな音が奏でられていて衝撃を受けました。と同時に、機械では決して創り出せないであろう不思議な温かみも感じ、ビョークの底なしのクリエィティビティを改めて実感したのを今でも覚えています。またの機会に、ビョークの他作品についても紹介していきたいと思います!

まだ『メダラ』を聴いたとこがないみなさま、ぜひ聞いてみてください!ビョークワールドを堪能できるおススメの一枚です!

abcde
abcde
@abcde

目次 - Contents