ロック・コール(ファイナルファンタジーVI)の徹底解説・考察まとめ

ロック・コールとは、スクウェアから1994年に発売されたロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーVI』の主要キャラクター14人の中の1人であり、世界を旅しながら幻の財宝を探し続けるトレジャーハンターである。冒険家の傍ら「反帝国組織リターナー」の一員としても活動し、生まれながらに「魔導」の力を持つ少女ティナとの出会いにより、ロック自身も世界を守るという大きな運命を背負うことになる。

ベクタの町の中は幻獣達の襲撃によって、一面火の海と化していた。自国の首都を襲われたガストラ皇帝は憔悴しており「もう戦う気はない」と一行に告げると、リターナー側に対して和平を申し出た。ガストラ皇帝はリターナーを迎えて会食を開くと、帝国側も幻獣達との和解を望むと伝え、そのためにティナに協力を求めた。会食は順調に進み、リターナーとガストラ帝国は協力関係となった。ロックはティナと共に幻獣達が向かったとされる大三角島へ同行することにした。同時に、帝国をたやすく信用するのは難しいと判断し、他の仲間達にはベクタに残って監視を続けるよう依頼した。
アルブルグの町で帝国のレオ将軍と合流したロック達は、レオから帝国側に雇われたアサシンのシャドウと、魔導研究所で姿を消したセリスを紹介された。その夜、町に一人たたずむセリスを見つけたロックは声をかけようとするが、魔導研究所での出来事に傷ついていたセリスは、目を合わせずにその場から走り去ってしまった。二人の関係には溝ができてしまっていた。
ロックとセリスの関係は修復できないまま、アルブルグから出港した船は大三角島に到着した。ティナ、シャドウと共に下船しようとするロックに、今度はセリスが声をかけようとする。しかし、ロックはセリスを無視して船を下りてしまうのだった。
ロック達が訪れた「サマサの村」の住民達は、どこかよそよそしい雰囲気を漂わせていた。民家の裏で「ファイア」を唱える子供も、子供の手当てに「ケアル」を唱えようとする母親も、ロック達の姿を見るなりそそくさとその場から去って行った。村の老人ストラゴスは「魔法」も「幻獣」も何も知らないと言うが、ストラゴスの孫娘リルムはロック達を見るなり「この人も魔法を使う人なの?」と口にし、ストラゴスは慌てる様子を見せた。ロック達はストラゴスの様子を怪しく思いながら、この村に何か「魔法」にまつわる秘密があることを感じ取った。
その夜、ロック達が休む宿屋にストラゴスが慌てて駆け込んできた。民家が火事になり、リルムが巻き込まれてしまったという。騒ぎを聞きつけた村人達が火に包まれた民家を見守る中、ストラゴスは突然民家へ向けて魔法を放った。村長は「魔法は禁じたはず」とストラゴスを叱るが、大事な孫を思うストラゴスの意志に沿い、村人達で一斉に魔法を唱え始めた。それでも火の勢いは衰えず、ロック達はストラゴスと共に火事の民家に入り、リルム救出へ向かった。民家の最深部で火を放った「フレイムイーター」を倒したのも束の間、倒壊が始まった民家に残されたロック達は、リルムを救出する前に気を失ってしまった。後から助けに駆けつけたシャドウと彼の愛犬インターセプターにより、リルムと一行は民家から救い出された。
火事の後、ロックがストラゴスに改めて魔法のことを尋ねると、ストラゴスは、サマサの村が「魔導士」の血を引く者達の住処であるという事実を打ち明けた。魔大戦後に魔法を恐れた普通の人間達による不当な裁判から逃れるため、ストラゴス達の先祖がこの地に移り住んだのだった。ストラゴスは、リルムを助けてもらった恩返しとして幻獣探しに協力すると申し出た。ストラゴスを仲間に迎えたロック達は「幻獣の聖地」と呼ばれる西の山へ向かった。

幻獣との和解を目指す

幻獣達と和解した後の平安な時間で、関係を修復できたロックとセリス。

西の山には、幻獣の神とも言える「三闘神」の像の力を感じ取った幻獣達が集結していた。幻獣達に警戒されたロック達は囲まれてしまうが、幻獣の若者であるユラとティナが反応したことで話ができるようになった。幻獣達は、封魔壁の外に出た途端に力をコントロールできなくなったことや、ベクタを破壊してしまったことを申し訳なく思っていることを打ち明けた。それを聞いたロックは、帝国側も幻獣との和解を望んでいると伝え、幻獣達と共にサマサの村へと戻った。村ではレオ将軍が幻獣達を出迎え、帝国と幻獣の間でも和解が成立する。ロックとセリスもようやく話すことができ、リルムとストラゴスに冷やかされながらも、和やかなで幸せな空気が漂った。しかし、束の間の平和は村に到着したケフカと魔導アーマー兵達によって、すぐに壊されてしまう。
ケフカは幻獣達が魔石化する様子を面白がり次々と幻獣を殺害した。ロック達リターナー側の人間も魔導アーマーの攻撃によって気を失ってしまう。自軍の仲間とはいえ、人道を無視したケフカの行いを許すことができないレオ将軍はケフカに剣を向けるが、逆にケフカが造り出したガストラ皇帝の幻影によって殺害されてしまうのだった。
レオ将軍と多くの幻獣達の死後、一行はレオ将軍の墓前に花を手向けた。そこにシャドウの愛犬インターセプターが怪我を負った状態でやってくる。ロックはインターセプターの手当てをしてやるが、帝国に雇われていたはずのシャドウまでもが裏切られたことを知る。ベクタから駆け付けた仲間達によって帝国が裏切ったと耳にしたロック達は、改めて帝国と戦う作戦を固めるべく村を後にした。ちょうどその頃、封魔壁に向かい「三闘神」の像を手に入れたガストラ皇帝とケフカは、三闘神の強大な力によって「魔大陸」を浮上させた。三闘神の像を自らの手にしたガストラ皇帝は、魔導帝国を築き世界を征服するつもりであった。一行は、ガストラ皇帝の野望を止めるべく魔大陸へと向かう。魔大戦の終わりに自らを石化することで自分達の力を封じた「三闘神」は、それぞれが合わせている視線のバランスが崩れた時に世界を崩壊させる程の恐ろしい力を発揮する。その力を手玉に取ったはずのガストラ皇帝だったが、皇帝もまた乱心したケフカによって殺害されることになった。ケフカは三闘神の像を動かし、三闘神の視線がそれたことで、世界は「裁きの光」によって焼き尽くされ、崩壊の一途をたどることになった。飛空艇ブラックジャックも真っ二つに裂かれ、仲間達は散り散りになってしまう。ロックはセリスの手を掴んでいたが、飛空艇が避けた際の爆風により、その手は離れてしまうのだった。

世界崩壊後・フェニックスの洞窟

出典: i0.wp.com

フェニックスの洞窟最深部で伝説の秘宝を見つけ、仲間達と再会したロック(上)

世界崩壊から1年が経過し、リターナーも帝国も解体し、共に旅をしていた仲間達は皆離ればなれになっていた。帝国と戦っていた仲間達は、旅を続ける者もいれば希望をなくした者もおり、皆がそれぞれの生活を送っていた。ロックは世界崩壊前と変わらず、命を蘇らせるという伝説の秘宝を求めて旅を続け、「フェニックスの洞窟」を訪れていた。フェニックスの洞窟の最深部に辿り着いたロックは、ついに伝説の秘宝である「フェニックスの魔石」を見つけ出したのだった。ようやく見つけ出した「フェニックスの魔石」だったが、ひびが入ってしまっていた。奇跡は起こせないかもしれないと心配しながらも、ロックは秘宝を手に、再会を果たした仲間と共にコーリンゲンの村へと向かった。伝説の秘宝によって、ロックがレイチェルの魂を呼び戻すつもりだと察知したセリスは、複雑な面持ちでロックを見守った。
コーリンゲンの村に到着し、レイチェルの遺体を前にしたロックは、レイチェルのそばにフェニックスの魔石を置いた。しかし何も起こらず、レイチェルの遺体を保管し続けていた老人にも「ヒビがはいっていちゃあ、魂をよみがえらすことはできないね」と笑われてしまう。更にその直後、フェニックスの魔石は光を放つと砕け散ってしまった。諦めかけたロックだったが、その時レイチェルの目が開いた。レイチェルは、目を覚ますなりロックの名を呼ぶと、フェニックスから最後の力で少しだけ時間をもらったことを伝える。レイチェルは、ロックへのこれまでの感謝の想いによって、ロックの心を縛っている鎖を断ち切ってほしいと言う。最後には「あなたの心のなかの、その人を愛してあげて」という言葉を告げて、永遠の眠りについた。レイチェルの「ありがとう」という言葉によってロックの心からは迷いが消え、ようやく本当の意味で前を向くことができた。晴れやかな気持ちになったロックは、セリスに笑顔でフェニックスの洞窟で手に入れたお宝を見せ、再び平和な世界を取り戻す決意を固めた。
ケフカの待つ瓦礫の塔に辿り着き、最終決戦の前に生きる糧について一行に問いかけるケフカに対し、ロックは「守るべき人」と答えた。ケフカとの闘いの後、三闘神の力をも吸い取ったケフカが不在となったことにより、世界からは魔導の力が消え始めていた。ティナは、幻獣としての最後の力を使い仲間達を導き、一行はティナの案内で瓦礫の塔から脱出する。その途中、バンダナを落としたセリスが道を戻ろうとする。セリスの足下の瓦礫が崩れ、危うく落下してしまいそうになったが、ロックはセリスの手をしっかりと掴みながら「絶対に離さない」と告げた。ロックはレイチェルとの約束を果たし、今度こそ守ると決めた愛する人を救うことができたのだった。

ロック・コールの能力

ぬすむ

序盤から終盤まで活躍する「ぬすむ」によって、レアアイテムが手に入る可能性もある。

「ぬすむ」はその名の通り、モンスターからアイテムなどを1つ盗むコマンド。モンスターの多くは通常枠とレア枠のアイテムをそれぞれ所持しているが、モンスター1体から盗めるアイテムは1つのみで、既に「ぬすむ」が成功したモンスターに対してもう一度「ぬすむ」を試みると「何も持っていない!」というメッセージが表示される。成功率はモンスターとのレベルの差が関係しており、ロックのレベルが上がれば通常枠のアイテムはほぼ確実に盗めるようになるが、盗む対象よりもこちらのレベルが50以上低い場合には成功率は0%となる。また、レアアイテムに対する成功率は12.5%と低く、通常枠のアイテムをモンスターが持っている場合の難易度が非常に高い。
アクセサリの「盗賊の腕輪」を装備することで成功率がアップするので、レアアイテムを入手したい場合にはロックをレベルアップさせた上で盗賊の腕輪を装備するのが良い。

ぶんどる

「盗賊の腕輪」で成功率を上げ、「盗賊の小手」で「ぶんどる」ことで、盗む+攻撃を効率良く行える。

「ぶんどる」はアクセサリ「盗賊の小手」を装備した際に使用できるコマンドで、アイテムを盗む際に敵の懐に入り込み、そのついでに装備した武器による攻撃を加えることができるようになる。「ぬすむ」と同様、モンスター1体から盗めるアイテムは1つのみで、「皆伝の証」を装備した状態で4回のぶんどるを実行した場合でも、手に入るアイテムは1つだけである。ぶんどる際の攻撃で与えるダメージは、武器の特殊効果や防御無視効果は無視され、装備している武器の攻撃力のみで計算される。攻撃力255のアルテマウェポンを装備した状態で「ぶんどる」を実行すると、高い攻撃力が活かされる。逆に、防御力が非常に高いモンスターが対象の場合には、アルテマウェポンの持つ防御無視の効果については無視されてしまい、ダメージは期待できないので注意。「盗賊の小手」以外では「盗賊のナイフ」を装備している場合にも、25%の確率で「ぶんどる」を発動することがある。

武器

盗賊のナイフ

出典: img.gamewith.jp

盗賊のナイフはゾゾに出現する「ベールダンス」から盗むこともできる

盗賊のナイフは攻撃する際に25%の確率で「ぶんどる」を発動し、ロックの他にシャドウも装備可能な短剣である。攻撃力は88で、装備ボーナスとして素早さが3、物理回避率、魔法回避率が10アップする。ゲーム中盤に炭鉱都市ナルシェの宝箱から入手が可能。また、ゾゾに出現する「ベールダンス」から盗める他、ゾゾ初訪問時に登場するボス「ダダルマー」がまれに落とすことがある。アクセサリ「勲章」を装備すれば、ロックとシャドウ以外のキャラクターも装備が可能になる。レア枠のみにアイテムを持つモンスターから盗みたい場合には、盗賊のナイフを装備した上でアクセサリに「皆伝の証」と「盗賊の腕輪」をセットしておくことで、最大で4回の「ぶんどる」を発動させることができる。盗めるアイテムは1つのみだが、ぶんどる回数を増やすことで盗む確率を上げられる。

バリアントナイフ

出典: blog.cnobi.jp

バリアントナイフはフェニックスの洞窟攻略後に、洞窟から持ち出していたロックから入手することができる。

バリアントナイフはロック専用の武器で、装備している者のHPが低いほど高いダメージを与えることができる短剣。攻撃力は145とずば抜けた高さではないが「防御力無視」がバリアントナイフの大きな強みである。HP減少量に1.2倍の数値を掛けた値をダメージに加算することができ、装備ボーナスとして回避率が10アップする。SFC版ではフェニックスの洞窟でロックが既に開けていた宝箱の他、獣ヶ原の洞窟のボス「キングベヒーモス」が落とすことで2本入手することが可能で、アクセサリ「源氏の小手」と「皆伝の証」を装備した状態での二刀流乱れ打ちは特に強力。レベル99で力が119以上で隊列が前列の場合の二刀流乱れ打ちならば、HPの減少量には関係なく9999ダメージ×8回攻撃というとんでもない攻撃を繰り出す。
PS版と海外版では「キングベヒーモス」の落とすアイテムが変更されており、バリアントナイフによる二刀流はできなくなってしまったが、こちらの場合はアクセサリ「ガントレット」による両手持ちでダメージをアップさせることが可能。また、GBA版とスマホ版では、戦闘中で逃げようとする状態の際にシャドウのコマンド「投げる」で「ラストリゾート」を選択し、「投げる」が実行される前に戦闘から逃走できると、ラストリゾートがバリアントナイフに変化するというバグの存在が明らかになっている。

アルテマウェポン

アルテマウェポンは世界崩壊前に封魔壁の洞窟で手に入る。

「アルテマウェポン」は今作で初めて登場した最強クラスの強さを誇る剣である。装備した者の生命力が刃となる剣であり、攻撃力は255。青白い長い剣だが、HP次第で剣の外見や威力が変化するという特徴を持っており、HPが多い時は大剣で威力も強く、HPが少ない時はナイフのように短く攻撃力が弱くなる。攻撃力は装備している者の「HP残量の割合」に比例しており、使用するキャラクターのレベルやHPが低い場合には大きなダメージは期待できない。また、与えるダメージについてはコマンド入力した瞬間のHPの割合で決まるので、アルテマウェポンを装備しているキャラクターのHP回復が済んでから攻撃できるようにすると、よりダメージを与えることができる。
世界崩壊前に「封魔壁への洞窟」内の宝箱から入手することができるが、宝箱の位置が分かりづらい上に、魔大陸が浮上した後は手に入れられなくなるため、取り逃さないよう注意が必要である。GBA版ではラスボスのケフカ出現前に登場する「ねむり」から盗んだ後にクリアすると、クリア後のデータを保存できるようになったため、アルテマウェポンを増やすことができるようになった。
ロックに装備させた場合、アルテマウェポンで「ぶんどる」を選択すると、相手が防御力が非常に高いモンスターでなければHPが低い場合でも剣自体の攻撃力255が発揮されるため、アイテムを盗みながら強力な攻撃を繰り出すことができる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ファイナルファンタジーVI(FF6)のネタバレ解説・考察まとめ

スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに1994年に発売したゲームソフト。FFシリーズ6作目。今作では、FF5までのシステムを踏襲しつつ、キャラクターによるストーリー性を重視した群像劇を描き出す。 失われた魔法と幻獣、機械文明世界が舞台となる。世界征服を企むガストラ帝国と、それに立ち向かう抵抗組織に属する者たちの戦いを描く群像劇。

Read Article

ファイナルファンタジーVI(FF6)の魔石まとめ

「魔石」とはFF6に登場する重要アイテムのこと。 装備することで強力な魔法が使用できるようになる他、装備する魔石によってキャラクターのレベルアップ時のステータスが変わるなど、バトルシステムと大きく結びついてる。 魔石によってキャラクターの成長方向や得意・不得意をプレイヤーの自由にでき、キャラクターの自由なカスタマイズが可能となっている。

Read Article

ティナ・ブランフォード(ファイナルファンタジーVI)の徹底解説・考察まとめ

ティナ・ブランフォードは、スクウェアから1994年に発売されたロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーVI』の主要キャラクターの1人であり、1000年前に失われたはずの「魔導」の力を生まれながらに持つ不思議な少女である。魔導の力によって世界支配を目論むガストラ帝国に操られていた。自我を抑えられていたために、自分が何者で、なぜ自分だけが魔導の力を持っているのかと苦悩するが、仲間達との出会いや自身の出生の秘密を通して、自分の力を帝国と戦うために使うことを決意する。

Read Article

ファイナルファンタジーX(FF10)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーX」(FF10)は、スクウェア・エニックスが2001年7月にプレイステーション2用ソフトとして発売したロールプレイングゲーム(RPG)。FFナンバリングタイトルの10作目。 ザナルカンドに住む青年ティーダはある時異世界「スピラ」に飛ばされてしまう。そこで出会った召喚士のユウナとともに、この世界の脅威である「シン」を倒すための旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジー 零式(FF零式)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 主人公の14人の少年少女たちは、アギトと呼ばれる救世主になるために厳しい訓練をこなしながら、戦争に身を投じていく。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の裏ボス・隠しボスまとめ

裏ボス・隠しボスとはストーリー展開上は倒す必要の無いボスモンスターのこと。基本的に、知らずに挑めば一瞬で壊滅する強さを持っており、倒すためには対策を講じたり、レベルカンストなどプレイヤーキャラクターを強化したりする必要がある。 歴代ファイナルファンタジーシリーズにも裏ボス・隠しボスにあたるボスモンスターは存在しており、そのどれもが強力なモンスターである。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII(FF13)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXIII」(FF13)は、スクウェア・エニックスからPlayStation 3(PS3)及びXbox 360のマルチプラットフォーム向けに発売されたFFシリーズの第13作目。 「FABULA NOVA CRYSTALLIS」という神話世界を共有するプロジェクトの1つ。 パルスとコクーン、2つの世界を舞台にライトニングたちは「神」のような存在ファルシと戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーX-2(FF10-2)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーX-2」(FFX-2)はスクウェア・エニックスより2003年にPlayStation2用ソフトとして発売されたRPGで、「FFX」からの正当な続編。 世界観は「X」から引き継いているが、キャラクター演出などのノリはかなり軽い。ドレスアップなど新たなシステムを搭載している。 「FFX」から2年後、ユウナはティーダに似た青年が映ったスフィアを見て、再び旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーVIII(FF8)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーVIII(FF8)はスクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年にPlayStation用に発売したロールプレイングゲーム(RPG)で、シリーズ8作目。 今作ではシリーズ初の主題歌が採用され、その主題歌「Eyes On Me」は50万枚を超えるセールスを記録した。 兵士養成学校に所属する青年スコールがその仲間たちと共に、世界の脅威となる魔女と戦う物語。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のラスボスまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの最後の敵として登場するラスボス。その姿は個性的で独特の異形のものが多く、時に名ゼリフを残したりもする。 単なる悪役としてだけではなく、その背景にある心情や物語も丁寧に描かれ、プレイヤーの心を捉えた。 ゲーム機の性能のアップとともに、そのグラフィックも進化していき、よりリアルなラスボスが描かれるようになった。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1997年にプレイステーション用ソフトとして発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(RPG)である。 獅子戦争と呼ばれる内戦の最中、その裏で活躍した主人公ラムザと、その親友だったディリータの栄光と暗躍を描く物語。

Read Article

ファイナルファンタジーIX(FF9)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジーⅨ』(FF9)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より2000年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト。FFシリーズ9作目。 今作のテーマは原点回帰。中世欧州風の王道ファンタジー的世界観に加え、過去のシリーズのオマージュ的な要素が盛り込まれている。 主人公ジタンと世界を滅ぼそうとするクジャとの闘いを通して、命と絆の大切さと生きる意味を問う物語。

Read Article

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII(LRFF13)のネタバレ解説・考察まとめ

「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(LRFF13)は、スクウェア・エニックスより2013年に発売されたPlayStation 3・Xbox 360向けゲームソフト。 「FF13-2」の続編にあたり、「FF13」から続く三部作の最終章となる。 前作から500年後の終末に向かう世界で、「FF13」の主人公ライトニングが再び主役となり人々を救うため戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII-2(FF13-2)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXIII-2」(FF13-2)とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーション3・Xbox 360向けゲームソフトであり、「FF13」の続編である。 「FF13-2」は「FF13」のエンディング後から始まる。今作では「FF13」の主人公だったライトニングの妹セラが主人公となり、時空の歪みを正すために、未来から来たノエルと共に時空を超えた旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のヒロイン・女性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒロインたちは、強く美しく物語を彩ってくれる存在である。ヒロインたちは主役として、あるいはヒーローを支える存在として活躍する。時には恋をしたり、別離を経験したり、過酷な運命に立ち向かったりする。 作品ごとに様々な魅力を持つヒロインが登場し、プレイヤーを魅了する。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FF12)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売された、PlayStation 2専用ロールプレイングゲームで、FFシリーズの12作目。2017年7月13日にはリマスター版「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」がPS4版として販売される。 帝国の支配下となった小国に住む少年ヴァンは、物盗り目的で王宮に忍び込んだことから大国同士の戦乱に巻き込まれていく。

Read Article

銀剣のオルシュファン(FF14)の徹底解説・考察まとめ

オルシュファンとは、FF14に登場するキャラクターの一人。最初はメインストーリーにおける端役の一人だったが、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」でのシナリオによりメインキャラクター化し、プレイヤーからの人気を得たキャラクターである。女性プレイヤーを中心に男性プレイヤーからも人気であるオルシュファンはFF14の代表的なキャラクターであるといえる。

Read Article

ファイナルファンタジーI(FF1)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーII(FF2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIIは、FFシリーズの第2作目。 FF2は、従来のゲームにあったレベルや経験値という概念を無くし、戦闘中にとった行動によって、キャラクターを好きなように成長させられる新しいシステムを採用した意欲作である。 パラメキア帝国が世界を侵略しようとしている世界で、帝国軍と反乱軍との戦いを軸に、出会いと別れ、命の絆の物語が展開される。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のヒーロー・男性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒーローたちは物語の鍵を握る人物として活躍するが、時には悲しい運命をたどる者や、裏切り者がいたりとその魅力は作品ごとに違う。美形が多いのも特徴である。 シリーズごとにリアルさを増していくそのビジュアルは他の追随を許さない。

Read Article

クソゲーだったFF14が作り直しを経て新生エオルゼアとして生まれ変わるまで

ネットワークを通じて多くの人々がコミュニケーションを取り、広大な世界を冒険するMMORPGとしてサービスを開始した「ファイナルファンタジーXIV」。大人気MMORPGとしてその名が知れ渡るまでの道は、けして順風満帆ではなかった。一つのゲームを、まるまる「作り直す」という異例の取り組み。大人気RPGの世界が「新生」し、注目を集めるまでの経緯について解説。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「大迷宮バハムート」のネタバレ解説まとめ

「大迷宮バハムート」とは、FF14内に実装されている8人インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:大迷宮バハムート」としてシナリオが展開される。ストーリーは旧FF14から新生FF14に至るまでの間にあった大災害「第七霊災」の真実に絡む内容であり、他のシリーズ物コンテンツとくらべてもプレイヤーから高い評価を受けている。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「機工城アレキサンダー」のネタバレ解説まとめ

「機工城アレキサンダー」とは、FF14内に実装されている8人インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:機工城アレキサンダー」としてシナリオが展開される。通常難度のノーマル版、そしてエンドコンテンツである高難度版「零式」の2つの難度があり、ストーリーを楽しみたい人はノーマル版だけをプレイし、エンドコンテンツを楽しみたい人は零式版に挑戦できるようになっている

Read Article

ファイナルファンタジーIII(FF3)のネタバレ解説・考察まとめ

1990年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたシリーズ第3作。本作は、前2作から大幅に進化したグラフィック、広大なマップ、さらにキャラの職業(ジョブ)を増やし、当時の最大限のシステムを盛り込んだ、やり込み要素満載のゲームである。また、シリーズの名物となった「召喚魔法」が初登場した記念すべき作品でもある。4人の孤児達はクリスタルの啓示を受け、世界の闇を払う為に「光の戦士」として旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FF14)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ファイナルファンタジーXIV』とは、株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPGのことである。ファイナルファンタジーシリーズのナンバリング作品としては14番目にあたる。プレイヤーはひとりの冒険者として惑星ハイデリンの大陸のひとつ「エオルゼア」地方を救っていくストーリーとなっている。その話の中で個性あふれるキャラクターたちが名言を残している。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FF14)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジーXIV(FF14)』とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。 2010年に発売された最初のFF14はゲームの不備により、2年でサービスが終了した。その後2013年に、ストーリーや世界観を引き継ぎつつ、大幅リニューアルし、新生FF14として発売。 プレイヤーはエオルゼアという世界を自由に冒険し、世界を侵略しようとする帝国と戦う。

Read Article

ヤ・シュトラ(FF14)の徹底解説・考察まとめ

ヤ・シュトラとは、FF14に登場するNPCの1人。メインストーリー序盤では「神秘的な女性」として登場しプレイヤーと関わることになる。その後、名前が明かされた後は狂言回し役として重要な役割を果たす。他作品のキャラクターと差別化しやすい風貌もあるからか、歴代FF作品のキャラクターが集合するメディアなどではFF14代表キャラクターとして活躍する機会が多い。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「クリスタルタワー」のネタバレ解説まとめ

「クリスタルタワー」とは、FF14内に実装されている24人レイドダンジョン・インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:クリスタルタワー」として、突如出現した謎の塔、クリスタルタワーにまつわるシナリオが展開される。ダンジョンのフィールドや敵、シナリオに登場するキャラクターなどはFF3をオマージュしており、FF3愛好者には嬉しいものとなっている。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のジョブまとめ

ファイナルファンタジーシリーズのジョブとは、プレイヤーが任意にキャラクターのジョブ(役割)を決定し、その能力をもってバトルやダンジョンを攻略していくシステムである。代表的なものにナイト、モンク、白魔道士、黒魔道士がいる。状況によってジョブを切り替えていくことをジョブチェンジといい、ジョブを取得、切り替えしていくゲームシステムをジョブシステムや、ジョブチェンジシステムなどと呼ぶ。

Read Article

目次 - Contents