【2016年度版】気になるカレンダー達に注目! ~世界の絶景編~

1年中部屋に飾るカレンダーはこだわりの1冊を選びたいものです。ということで、今回は飾るだけ・見るだけで妄想旅行ができそうなカレンダー5つについてまとめてみました。

夜の街にともる灯りー灯りの数だけ人生があります。
郷愁を誘う、温かくせつない思いがあふれるカレンダー。

出典: www.amazon.co.jp

価格:¥ 972
タイプ:卓上
サイズ:横幅182mm×高さ142mm×奥行き70mm(使用時)

コロニアル・シティ(メキシコ)。画像は壁掛けタイプ。
コロニアル・シティの事はよく知らない筆者ですが、日本では見られない景色が好奇心を刺激しますね。
今までにない視点から街の輝きが一望できます!

港町とテーブル・マウンテン(南アフリカ)。画像は卓上タイプ。
紺と白を基調とした街並みに浮かぶ暖かな灯りが美しい1枚。

サンプル写真を見ているだけでもその場にいるような感覚に陥る写真が多く掲載されているこのカレンダー。
妄想旅行したい人にピッタリです。

自然の絶景を楽しむカレンダー

想像をはるかに超えた圧倒的な驚異の世界。
富井義夫が命がけで撮影した写真だからこそ、感動があるのです!

出典: www.amazon.co.jp

価格:¥ 1,512
タイプ:壁掛け
サイズ:縦594mm×横380mm(使用時)

黄龍の争艶彩池(中国)。
広大な土地を有する中国は、未だ公に知られていない絶景の宝庫なのかもしれません。
中国本来の美しい水の色が堪能できます。

幻想的に舞うオーロラ(グリーンランド)。
シンプルな背景を下地にするからこそ、オーロラ独特の美しい色がより引き立ちます。

絶景だらけのこのカレンダーは、ありのままの自然に癒されたい人にオススメです。

まとめ

¥2,000近いカレンダーはちょっと買う気が引ける、という方もいるかもしれませんが、
今回ご紹介したカレンダーはお値段が張る分、大迫力の美麗な絶景が楽しめます。

1年に1度の買い物、カレンダー。
自分の好みの商品を見かけたら、時に吟味し、時に思い切って買ってみるのもいいかもしれません。

renote.jp

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents