クロコダイルは女だった?アマゾン・リリーの元女帝説やノーランドの子孫説をまとめて考察【ONE PIECE(ワンピース)】

クロコダイルは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。元王下七武海で周りからは「サー・クロコダイル」と呼ばれている。
大柄で屈強な体つきをしており、いかにも男性といったかんじのキャラクターのクロコダイルだが、もともと女性であり、革命軍のエンポリオ・イワンコフに女性変えられたという説がある。そしてその過去はアマゾン・リリーの元女帝であり、冒険家モンブラン・ノーランドの子孫であるというのだ。この記事ではクロコダイルの正体、過去などを考察する。

厄災のクイーン

46歳のクロコダイルなので、28歳の息子があり得る。16歳出産ならば、30歳も可。
デブなので年代特定が難しいが、オッサンではなく27歳くらいだとすると、クイーンの正体はクロコダイルの息子。

共通点だが
●モノクロ漫画では黒髪
●クイーン=女帝の関連ワード
●ブラキオサウルスに変身=爬虫類属性
●葉巻
●ゴミクズ共のような他人を見下した言葉(愚民共とも繋がる)
●男なのにクイーン(性転換したクロコダイル属性)

息子である他の証拠としては
●白ひげのように立派なヒゲ
●白ひげの他の息子のように編み髪

【ホワイティベイとクイーン】
ホワイティベイは実はおでんの過去編に若い姿で登場している。
当チャンネルが素性を特定したので、作者が「過去に飛んだ設定」もしくは「幼児だったので、ボニーと同等の能力で、父の白ひげと旅できる年齢にしてもらった設定」を追加したと考察。

クイーンは過去編には影絵くらいしか出ていないが、仮に45歳級の年齢が公式になった場合、「ボニーの能力で老いた設定」を追加しただけ。

出典: bibi-star.jp

旱害のジャック(年齢28歳)

年齢が出るまでは当チャンネルでも息子だと分からなかったが、白ひげとクロコダイルの息子だと特定。

ジャックはタマカイの魚人。はいはい、白ひげもクロコダイルも人なのに、何で息子が魚人なのかでしょ。クロコダイルの祖母が人魚バッキンで、白ひげの祖父はスルメ(クラーケン)。先祖に魚人や海王類がいるから。ジャックの牙はイカの足にも見える。

旱害とは日照りによる害のこと。クロコダイルの特性と完璧に一致。女帝の息子なのでジャック。

renote.jp

クロコダイルの兄弟

出典: www.amazon.co.jp

弟はモンブラン・クリケット

共にノーランドの子孫となれば、名前も近い方だし兄弟でいい。アイルが姉でクリケットが弟。姉のクロコダイルとはタバコが共通。

後述するが、父はクロッカスで、母はグロリオーサ。クリケットの厚い唇は母グロリオーサ譲り。栗は花が咲く。

「女ヶ島で生まれるのは女の子のみ」という設定しか存在しない。女ヶ島以外で産めば、すなわち恋わずらいで夫の側で産めば、男の子も出ると考察。

現実の話、環境で雌雄が偏る動物は多数。特に爬虫類や魚類。

ちなみに、クリケットというのは、コオロギの意味。

出典: www.amazon.co.jp

兄はヤソップ

クリケットと髪の色が全く同じの上、ポーズまで同じ。

妻はバンキーナで、息子はウソップ。

ソップ=オランダ語のスープ

ヤ→カ ※下手な字だと見分けがつかない
フ→ク ※下手な字だと見分けがつかない
゜→ロ ※拡大
↓↓↓
文字を並び替えると、クロッカソ。

出典: www.amazon.co.jp

弟はドン・クリーク

バラティエを襲ったクリークはアイルの弟。
悪役だし、ホワイティベイとソックリな髪の色。
クロコダイルとはオールバックが共通。

ドンはもちろん首領の意味で、苗字ではない。
母はクリケットと同じくグロリオーサだろう。

クリークというのは、「入江」の意味。クロコダイル(入江ワニ)と極めてマッチ。誰がなんと言おうと、兄弟!

www.youtube.com

クロコダイルの父はクロッカス

出典: www.amazon.co.jp

クロコダイルから直接、父親を導くことは難しいが、兄弟のクリケットの父という方向で結論。名前もちゃんと似ている。クロッカスは73歳。

クロッカスこそが、モンブラン・ノーランドの子孫で、ウソップの祖父。ウソップがノーランドの子孫という伏線が回収できる。クロッカスの非戦闘的な態度は、ウソップと血縁者だと作者が伝えている。

元ロジャー海賊団の船医で、彼自身がDだと考察。娘のアイルや孫息子のウソップもD。

モンブラン・D・クロッカスが考察でのフルネーム。

ウソップとクロッカスは物語では会っているが、自分の子供がヤソップだとは知らないし、その息子の名前や姿を知るよしもない。

renote.jp

出典: onepiece.wikia.com

クロコダイルの弟モスカート

母違いで、母親はビッグ・マム。父親はクロッカス。
モスカートはイタリア系の言語ではマスカットの意味だが、英語だとモスキート(蚊)と極めて近い。クリケット(コオロギ)との関連ワードとなる。

色は違うがクロコダイルやノーランドと同じような衣装。

クロコダイルは爬「虫」類だとして、モスキートやクリケットは虫という関連ワード。

モスカートの娘はノルマンド(虫みたい)で、ノーランドの子孫としてバッチリと名前がマッチ。

クロコダイルの母はグロリオーサ(ニョン婆)

出典: www.amazon.co.jp

厚い唇が息子クリケットに出た。孫娘のホワイティベイにも少し出ている。髪質もホワイティベイと近い。

クロコダイルが女帝の娘となれば、アイルは女帝の資質を持つ。要するに、先代女帝とはクロコダイルの女時代のこと。

恋わずらいになった娘アイルは、恋破れて男になってしまったので、「先代女帝は死んだ」とグロリオーサは語る。

renote.jp

【アマゾン・リリーとクロコダイル】
●アイルが薔薇の名前なので、それだけでもうアマゾン・リリー関係者

●クロコ自体がクロコダイル(ワニ)の意味で、ボア・ハンコックのボアは大蛇。共に獰猛な爬虫類。2代前のシャクヤクも喫煙者なので、女帝アイルが喫煙者でもOK。

●現女帝はハンコックで、クロコダイルの前はシャクヤク。
グロリオーサ……クロッカスに恋わずらい
シャクヤク……レイリーに恋わずらい
アイル……ニューゲートに恋わずらい
ハンコック……ルフィに恋わずらい
と続き、ハンコックは「クコ」だとして、全て花の名前。
女帝不在時には、代行していたのがニョン婆。(シャクヤクが代行してもいいけれど)

ついでだが
くれは……ロックスに恋わずらい
くれはは漢字で「紅葉」で、花の咲く植物。

【女帝の血縁者】
グロリオーサの娘がクロコダイルだとして、シャクヤクの娘がハンコックでは? 父親はレイリー。レイリーは女ヶ島に上陸を許されている。男禁制とはいえ、ハンコックは自分の父親が来たら、一時的に許可するのは自然。また、レイリーの鼻をつまんでおり、惚れた男一筋の女帝が他の男にボディータッチというのは、父親だからこその態度。また、ハンコックの覇王色の覇気は、女帝だからではなく、レイリーの娘だからだと結論。

グロリオーサとシャクヤクも、姉妹など血縁者の可能性。程度は違うが唇の厚さが特徴の二人。シャクヤクとレイリーの息子にシャンクスがいると堅く考察。シャンクスとハンコックは兄と妹! 前髪の髪型が一致。ミホークもハンコックの兄。ミホークはレイリーとエルミーの息子。レイリーは元は剣士で、エルミーも剣士。

【医者クロッカスの素性】
以前のアマゾン・リリーにドクトリーヌ・くれはがいたと考察。その子孫がクロッカス、花の名前で医者。オハラのクローバー博士もくれはの子孫だと考察。クロッカスの父もしくは兄がクローバーだろう。

【黒ひげとクロコダイル】
インペルダウンでは黒ひげの事を知らないような素振りを見せたが、2つ以上想定できれば理解できる。
●白ひげ配下にいた黒ひげ知っている表明は、女帝アイルに繋がってゆくので、知らない振りをすべきシーン。
●ブサメンで目立っていない黒ひげなんて、女帝アイル様の眼中にあるはずもない。
●一般的に物語上では、知っている相手でも気まずいとか軽視している場合、「知らない」と語って蔑んだり、ごまかすシーンがある。知らない振りをしていることを読者に明かすか否かであって、セリフそのものはそう違わない。つまり、尾田トリック。
●単にクロコダイルが白ひげ団を抜けた後に黒ひげが入団

【ルフィとクロコダイル】
イトコのハンコックの想い人だと知ってか、ルフィとも打ち解けたクロコダイル。イトコの恋わずらいを邪魔する程に無粋ではない男(女心を持つ)がクロコダイル。

【ウソップとクロコダイル】
直接の殴り合いとかは、もちろんない。お互いにオバ甥だとは知らない。クロコダイルは他人を信用しないが、甥と知ったならばバロックワークスに誘うくらいはしたかも。一応、下っ端のモグラ女を倒す実力はあるのだし。

クロコダイルの家系図

拡大必須。
スマホの場合には画面を横向きに。

renote.jp

【結論】

クロコダイルの真の名はアイル
アマゾン・リリーの先代女帝
先祖はノーランドとドクトリーヌくれは
父はクロッカス、母はグロリオーサ
兄はクリケットとヤソップ、弟はクリークとモスカート
娘はホワイティベイとベティ
夫は白ひげニューゲート
甥にウソップ
姪にノルマンド
叔母にシャクヤク
祖父にクローバー(ロビンの祖父でもある)
母方イトコにロビン、ハンコック、シャンクス、ポーラ、ダズ・ボーネス、クラハドール、シャーリー、ドレーク……全てシャクヤクとレイリーの子達(ポーラとボーネスは共にバラの名前、クロは黒バラ、シャーリーはチューリップ、ドレークはマンドレーク)
父方イトコにカタクリ、ダイフク、オーブン、オペラ5つ子、クラッカー、デン、オルビア……全てリンリンとクローバーの子

【考察のポイント】
伏線というのは回収のためにあるのであって、クロコダイルが元女という伏線だけや、白ひげとの過去があるとだけ単独で語っても、物語がカオスに向かってしまう。当まとめのように、補完しつつ伏線を統合することで、伏線はちゃんと回収可能という指針で結論を出した。白ひげ2番隊隊長の空白の伏線も回収。ビッグ・マムの夫は43人だが、残りの42人の内、白ひげとクロッカス、クローバーの3人を回収しているという副産物もある。ビッグマムの子の空欄も3人回収(アルビダ、デン、オルビア)。

【疑念に対して】
違うかな……とか語る人もいるが、違う証明は「クロコダイル以外に、もっと説得力のある先代女帝」を示した場合のみ成立。だからこそ、違うことに自信がないのだろう。なお、2代前がシャクヤクという前提としたい。(シャクヤクは女として生きているので、「死んだ先代女帝はシャクヤク」という説は成立しない。)

【クロコダイルが元女帝である証拠】
●グロリオーサが過去に恋わずらい→子供が居る→近い名前はクロコダイル、夫はクロッカス
●アイルはバラの名前
●女ヶ島は爬虫類属性……環境で雌雄が偏る
●恋に破れた程度で女から男になった……ビッグ・マムは女のままで海賊王を目指す
●女から男になること自体が爬虫類属性……雌雄が変わる種が自然界にある
●64歳のシャクヤクと、31歳のハンコックの丁度、間の年齢
●他人を見下す態度……「愚民ども!」など
●女帝としての風格
●ハンコックと髪の色が同じ
●イワンコフ、くいななど、女を捨てて死んだとか、墓がある別例がある

www.youtube.com

出典: blogs.yahoo.co.jp

人格は劇的に変わる

クロコダイル女説に対し、「元女性らしさが微塵もないので女ではなくゲイだ」とか疑念をぶつける思考もあるが却下。
性転換の副作用で、好戦的な男でも、女になることで瞬時に裸を見られることすら恥ずかしがる。元男らしさが無くなるくらい強力な能力というのが正解。

【その他疑念を潰す】
●アマゾン・リリーの女たちは皆、覇気を使えるのにクロコダイルは使えないザコ →
覇気を持っているように見えなくても元女帝である理由。3つの考え方を挙げよう。

1.クロコダイルの登場当時は覇気という概念があやふやだった。もっと言うならば、作者は覇気という設定を用意していなかった。

2.ちゃんと使っていた。「クロコダイルは覇気を持っていない」という設定が明示化されたわけではないのだし。クロコダイルには金剛宝刀という技があるが、武装色の覇気と言える。

3.性転換により、充分には使えなくなっていた。

要するに、作者がどう言い訳するのかや、何を裏設定に加えるかの違いであって、「覇気が無いかも」では「女帝ではない」という証拠にはならない。当チャンネルの管理人ですら、言い訳を3つも見つけたのだ。作者ならば、10個くらい作り、その中から1つ選ぶ程度の話。

●ハンコックは覇気を使える →
ハンコックの父親はレイリー。レイリー由来で覇気が使えるということ。

●先代は死んだという表現がある →
男になってしまった以上、女帝が死んだという表現は充分に当てはまる。精神的に落ち込んだ人に対しても、「あいつは死んだ」みたいな表現はできるのだし、体力方面で極度に疲れた場合にも「死んだ」という表現が特に漫画では多い。「命が存在しない」という意味だけが死ではない。

他には、恋する少女が男に裏切られて、男はもちろん生きているのだが、「彼は死んだわ。私の心の中で」のような使い方もある。そして、そのような使い方があり、読者が騙されることを熟知しているからこそ、作者の尾田氏は「先代女帝は死んだ」と作中で語らせた。

死の意味の1つ……そのものの持つ力が発揮されなくなる。役に立たなくなる。「右の利き腕が死んでいる」 「素材の持ち味が死んでいる」

アニメ868話のフランペの台詞より。
フランペ「みんなが憧れた、完璧なお兄様、シャーロット・カタクリは、もう死んだのよ。」
もちろん、カタクリ本人が死んだわけではない。「みんなが憧れた完璧な男」が死んだだけ。

●先々代も死んでいるので、シャクヤクというのはおかしい →
そのシーンでは、先々代も同じく病気になったという文脈であって、死んだとは表現されていない。また、女帝としては死んでいるので、死の解釈で成立。

Nina03
Nina03
@Nina03

Related Articles関連記事

サー・クロコダイル(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

サー・クロコダイルとは『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。社員約2000人を従える秘密犯罪会社”バロックワークス(B・W)”の社長であり、元王下七武海の一人。「理想国家の建国」を目標に掲げ、”アラバスタ王国”の乗っ取りを目論んだ。その真の目的は、アラバスタ王国に眠っているとされている古代兵器”プルトン”を探し出し手中に収めることであり、”歴史の本文(ポーネグリフ)”を解読できる”ニコ・ロビン”と手を組みB・Wを起ち上げた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊船・軍艦・客船まとめ

『ONE PIECE』は1997年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始された、尾田栄一郎による海賊を題材とした海洋冒険漫画。 世界中の海を海賊が行き交い、様々に活躍する大海賊時代。主人公モンキー・D・ルフィは海賊王になることを夢見て故郷を飛び出し、仲間と共に大海原へと、冒険の旅へと臨んでいく。 舞台が海洋であるだけに、作中には数多くの海賊団、海軍、民間の船乗りが登場し、それぞれが個別に個性豊かな船舶を所有している。本記事では『ONE PIECE』に登場する多種多様な船舶を紹介していく。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のDの一族まとめ

Dの一族とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場するキャラクターたちである。海賊王を目指す少年モンキー・D・ルフィを始め、作中で時たま「D」のミドルネームを持つ者が現れる。彼らは「Dの一族」或いは「Dの意思を継ぐ者」とも称される。Dの一族には、権力に縛られない自由な気風を持つ人物が多く、世をひっくり返すほどの海賊や革命家が多く存在する。たびたび「Dはまた嵐を呼ぶ」との意味深な表現がされており、作品世界を支配する組織・世界政府からは危険視されている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊旗まとめ

『ONE PIECE(ワンピース)』とは、尾田栄一郎による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 海賊王に憧れるモンキー・D・ルフィが「ひとつなぎの大秘宝(=ワンピース)」を見つけるために仲間と共に冒険を繰り広げる。迫力のあるバトルシーンだけでなく、ギャグシーン、仲間との友情を描いている。『ONE PIECE(ワンピース)』において、1つの海賊団につき1つの「海賊旗」が存在し、作中では様々な海賊旗が登場する。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の革命軍まとめ

『ONE PIECE』とは、尾田栄一郎による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。海賊王を目指す少年・モンキー・D・ルフィが、ひと繋ぎの大秘宝ワンピースを求め仲間たちと冒険を繰り広げる。夢、冒険、バトルと少年漫画王道の要素に、差別や戦争といった社会問題を加えた独自の作風で世界的人気を得る。革命軍とは、『ONE PIECE』に登場する組織であり、800年に渡りこの世界を支配してきた世界政府の打倒を目的とする。直接の敵対関係である世界政府からは、海賊以上に危険視されている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海軍まとめ

海軍とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場する海上治安維持組織である。海軍本部は「偉大なる航路(グランドライン)」の三大勢力の一つとして世界の均衡を保っている。主な任務は海賊を始めとする違法行為の取り締まりや罪人の逮捕で、悪魔の実の能力者、覇気使いといった猛者が多く所属する。「正義」の名のもとに民間人を守る立場だが、海兵の中には自らの正義を暴走させる者、正義よりも己の利益や権威を重視する者もいる。不都合な事実の隠蔽や奴隷売買の黙認など、海軍には闇も多い。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の最悪の世代・超新星まとめ

最悪の世代・超新星とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場する海賊たちである。主人公のモンキー・D・ルフィも含め、海賊として旗揚げして1年も経たぬうちに懸賞金額が億を超えた11名を「超新星」と呼ぶ。これに海軍と最強の海賊白ひげとの戦争のきっかけを作ったマーシャル・D・ティーチを加えた12名が後に「最悪の世代」と呼ばれるに至った。最悪の世代たちは、互いに同盟を組む、四皇と呼ばれる大物海賊の傘下に入りながら彼らの隙を伺うなどして各々の野望に突き進む。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、は、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。偉大なる航路(グランドライン)を制覇し、海賊王と呼ばれた男。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。 ロジャー海賊団解散後、海軍に自首し故郷・東の海(イーストブルー)のローグタウンで公開処刑された。死の間際に放った遺言は多くの人間を海へ駆り立て、世に大海賊時代を巻き起こす。主人公のルフィもその一人である。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ビッグ・マム/シャーロット・リンリンは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。 偉大なる航路(グランドライン)の後半の海・新世界に皇帝のように君臨する4人の大海賊・四皇の内の1人。お菓子の為なら一国を滅ぼしてしまう凶悪な人物。43人の夫を持ち、その夫との間に85人の子供を産んでいる。その子供達とビッグ・マム海賊団を結成しており、その船長を担っている。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

トラファルガー・ロー(本名:トラファルガー・D・ワーテル・ロー)とは、『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。主人公モンキー・D・ルフィと同時期に台頭してきたルーキー海賊・超新星(最悪の世代)の一人。ハートの海賊団の船長であり、新世界編突入時は王下七武海になっていた。 新世界編では、ルフィ率いる麦わらの一味と同盟を組み、強敵たちと激戦を繰り広げる。ルフィと同じく「D」を名に持つ「Dの一族」であり、物語の重要人物である。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ジンベエ(ONE PIECE)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『週刊少年ジャンプ』で大人気連載中の海賊漫画『ONE PIECE』。 長い連載の中で、魅力的なキャラクターが多数登場しており、それらのキャラによる夢・絆・信念に基づくセリフは読者の心を震わせてきた。 今回は、その侠気ある性格から人気が高い「海峡のジンベエ」の名言について紹介する。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゾロとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の三刀流の剣豪。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な剣術を用いて戦闘を行う。 黒い手ぬぐい、左目の傷、腹巻き、左耳のピアスが特徴。冷静沈着で、剣士としての誇りを持っている。一味の中では副船長のような立場にある。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ヴィンスモーク・サンジとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』のコック。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な脚技を用いて戦闘を行う。大の女好きであり、綺麗な女性に対してはたとえ敵であっても目をハートにして優しく接する。幼少の頃に極度の飢餓を経験した事から、食べ物を粗末にする事を決して許さない。全ての海の魚が集うとされる『オールブルー』を夢見ている。

Read Article

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

マーシャル・ D・ティーチ(通称:黒ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 かつては大海賊・白ひげ海賊団の船員であり、今では『新世界』に皇帝のように君臨する海賊『四皇』の1人に数えられている。ルフィの義兄弟・エースが死ぬことになった原因を作った、ルフィ宿敵の相手である。作中で唯一、悪魔の実の能力を2つ所持している人物である。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ナミとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の航海士。幼少から学んできた航海術と、身体で気候の変化を感じ取る才能で『偉大なる航路(グランドライン)』のデタラメな気候を乗り越える。 整った顔立ちと、魅力的なスタイルの持ち主。金には意地汚く、金銀財宝を目の前にすると、人が変わる。

Read Article

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

カイドウとは、【ONE PIECE】に登場する海賊である。 「偉大なる航路(グランドライン)」の後半の海「新世界」に皇帝のように君臨する4人の海賊「四皇」の1人。『世界最強の生物』と呼ばれる人物である。 ワノ国将軍・黒炭オロチと手を組み、ワノ国を牛耳っている。強大な軍勢を築いて世界を巻き込む戦争を引き起こそうとしている。

Read Article

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

白ひげ/エドワード・ニューゲートとは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。 海賊王ゴール・D・ロジャーと渡り合った大海賊。新世界に皇帝のように君臨する4人の海賊四皇の1人。悪魔の実「グラグラの実」の能力者で「世界最強の男」と称されていた。 ロジャー、エース、おでんといった重要人物と大きく関わっている。マリンフォード頂上戦争の戦いで死亡した。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ニコ・ロビンとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の考古学者。ハナハナの実の能力者で、自由に身体の一部を咲かせる事ができる。 考古学の聖地『オハラ』の唯一の生き残り。8歳にして考古学者になり、ポーネグリフの解読を可能にした天才。現状、ポーネグリフを解読できる唯一の存在であり、物語の中で重要な役割を担っている。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

モンキー・D・ルフィとは、『ONE PIECE』の主人公であり、麦わらの一味の船長である。 左目の下の傷と、麦わら帽子が特徴。『ゴムゴムの実』を食べ、全身がゴムの『ゴム人間』になった。命を救ってくれた恩人・シャンクスに憧れ、海賊となった。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した『ひとつなぎの財宝(ワンピース)』を求めて海に出て、様々な冒険を繰り広げる。

Read Article

目次 - Contents